ファン
検索
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
彦野純一郎さんの画像
彦野純一郎
ブログ
プロフィール
日別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年07月04日

1.IT業界だからこそ、仕事を楽しむノウハウが必要 (2)設計書を後回しにせざるを得ない状況

IT業界で働くプロジェクトマネージャーの皆さんへ

皆さんのお仕事が楽しく幸せに満ちたものになるための応援ブログです。どうぞ、ご活用ください。





1.IT業界だからこそ、仕事を楽しむノウハウが必要 (2)設計書を後回しにせざるを得ない状況

ビジネスのIT活用はどんどん進んでいると感じます。販売管理、在庫管理、顧客管理、流通管理、何をとってもITシステムが大前提になっています。

それほどITは最重要な社会インフラなのです。つまり、一人一人のITエンジニアの方々はITシステム構築を通して、しっかりと社会を支えているのです。

一方、ITシステムの構築がどのような仕事かと言えば、ビル建設や造船と同じくエンジニアと職人によるモノ作りの世界です。ですから設計書にもとずいて、工期があり、納期があります。何をどのように作るか設計書に書いていろいろな検証を重ねる。



しっかりできた設計書を元に職人が良いモノをつくるというプロセスをたどることがソフトウェア工学にも明記され、各大手ベンダー主導で標準開発手順が用意されています。

しかし、実際には、そのプロセスはあっさり壊されており、納期だけが存在しています。設計書はすぐに無いに等しい状態になり、仕様はコロコロ変わります。つまり、ビル建設のような設計に基づいた世界あるにも関わらず、設計書レスの状態で、いきなりモノ作りを余儀なくされています。

社会や企業の重要なインフラを担っているにもかかわらず、設計書がなくて口頭で言われた仕様で担当者がモノを作らざるを得ない状況です。



システムが稼働した時に社会やユーザ企業に与える影響は、システムを作っている担当者は心の底では感じていると思います。

モノを作る担当者は、目には見えないかなりの精神的負担があると思います。そしてその負担は設計書が満足に書かれていない状況で跳ね上がります。

その負担を一度モニターで見てみたいと思うのです。設計書を後回しにすると時間短縮出来ると思えますが、目先の時間が短縮されても、担当者のストレスが増加して頭の回転とフットワークがわるくなり、結果的に時間の浪費につながると思うのです。一番の時間効率化は、人が安心して心地よく仕事ができて楽しい状態です。

「書く」ことに関しては、ポイントを13章でお伝えしたいと思っていますが、大きなテーマですので、全般で触れると思います。規則として設計書を書くことになっているから設計書を書くという感覚を、大事なことをすべて紙に書いておけば、例えば、仕事が終わった後に好きなだけ酒を飲んで全てを忘れてしまっても、翌朝書いた紙を見たら全てを思い出せるから安心。という感覚に変えるだけで、「書く」ことが安心感とハッピーにつながる所を見てきました。
皆さんにお伝えします。
プロジェクトマネージャーさんの仕事が楽しくハッピーな方向に向かうと思います。

  











1.IT業界だからこそ、仕事を楽しむノウハウが必要 (1)ITエンジニアはもっと尊敬されていい

IT業界で働くプロジェクトマネージャーの皆さんへ

皆さんのお仕事が楽しく幸せに満ちたものになるための応援ブログです。どうぞ、ご活用ください。



1.IT業界だからこそ、仕事を楽しむノウハウが必要 (1)ITエンジニアはもっと尊敬されていい

まず最初に、IT業界でお仕事をされていることに心から敬意を表します。今さら言うまでもなく、ITは社会活動や企業経営、公共サービスなどおよそ考え付くすべての重要な活動において基幹的な使命を果たしています。

皆さんは、職業を聞かれることがあると思います。その時は「IT関連です」や「IT企業です」と答えられているかもしれませんよね。また、「コンピュータプログラマーです」とか「システムエンジニアです」と表現することもあるでしょう。

恐らく質問した人は、「具体的には何をするのですか?」と更に聞いてくるかもしれません。
いろいろ説明しても、「なんか良く判らない」という空気ではないでしょうか。
また、少々IT業界のことを知っている人は「知り合いのITの人がうつになった」と気の毒な顔をすることがありませんか。



ITシステムが存在しないと、私たちの生活は大きな支障を受けます。銀行にお金を預ける、お金を降ろす、クレジットカードで買い物をする、ポイントがたまる、具合が悪くなり病院で診てもらう、人間ドックを受ける、ここ数年のコレステロールや血糖値などの体のデータをグラフで表現されて見る、携帯電話やスマホなどのタブレット端末でライフスタイルはぐいぐい進化し続けています。

インターネットでは数多くのサイトが私たちにあらゆるサービスを提供してくれます。育児や介護で家を出られない時、ネットでの通販や食品宅配注文は本当に助かります。



ITエンジニアの方々が職業を説明しても「なんか良く判らない」や「知り合いのITの人がうつ病になった」と言われるだけでは、どこか割に合わないと感じずにはいられないのです。もしも、「医者です」とか「弁護士です」と言うと、人は尊敬の眼差しを向けると思います。それは社会的な責任の重い職業という印象からだと思うのです。

私はIT業界で尽力されているエンジニアも、職業を答えたら今以上に尊敬の眼差しで見られてしかるべきと感じるのです。そのためには、今よりも仕事が楽しくなって、ITの仕事がイメージアップされることが必要と思います。
仕事が楽しくなることが一番の目標としてやってきた私が気が付いたことを発信していきます。
目玉は、感覚のチェンジです。システム開発のルールの型に仕事を当てはめながら進める感覚を、関係者全員が楽しくなる様にしながら進める感覚に、出来る限り近づけることなんです。そのノウハウを3章以降で書いていきます。
プロジェクトマネージャーさんの仕事が楽しくハッピーな方向に向かうと思います。
















2016年07月03日

002 目次(ざんていです)


IT業界で働く人の仕事が楽しくなるようにノウハウをお伝えしていきます。そこで、どんな内容になっていくのか知りたい方もいらっしゃると思いますので、目次なるものを作りました。まずは、プロジェクトマネージャー編です。
書き進める途中で変わるかもしれません。その場合はご容赦ください。

※「プロジェクトマネージャー」は「PM」と省略形で表現することもあります。





 目次(ざんてい)


001 はじめに

〜プロジェクトマネージャー編〜

1.IT業界だからこそ、仕事を楽しむノウハウが必要

(1)ITエンジニアはもっと尊敬されていい
(2)設計書を後回しにせざるを得ない状況     
(3)時間が無くなって行く

(4)ITエンジニアがさらに元気に仕事を楽しむために
(5)メンタル不調は予防が大切
(6)ノウハウを伝えたい

2.PMをやれと言われた時の対応
(1)オファーへの感謝
(2)この時点で上司の協力をとりつける
(3)完璧主義を捨てる
(4)100%引き受けてはいけない

3.PMの心構え
(1)最初に感じるのは不安 不安を全て書き出して、すっきりすることから始める
(2)すっきりしたら、プロジェクトをお祭りとして楽しめるアイデアを募集する
(3)何があっても最後には笑って終わると決める

(4)ほとんどの映画やドラマはトラブル(不安)で始まって大ハッピーで終わる。それは何故か?
(5)どんな不安も取り組む「テーマ」とする。「テーマ」は全員で解決する。PMは解決策を持っていなくても全く構わない
(6)そのテーマを解消できた時のうっとり感を想像して味わってみる。プロジェクト内で共有する。するとどうなるか?

(7)不安を持たないPMは成功しない。楽しく不安を挙げていけるPMは成功する。 
(8)PMは支配者ではない ゴルフのキャディさん、芸能人のマネージャーさんの様な役割
(9)芸能人が最大のパフォーマンスを出せる時のマネージャーの立ち位置とは

(10)PMのこだわり 喜びを創り出し、無用な不安を解消する
(11)PMのこだわり ゆっくり、ていねいに、ほどほどに
(12)ノウハウに向き合うノウハウ

(13)PMは資産をベストに使ってプロセス(P)の面倒をみる人(M) それくらいで良いのです!
(14)「PMは鉄人」は間違い!喜怒哀楽を表現していい、ナマナマしい人間
(15)PMだから責任を取るというのは筋が違う 〜何故なら、PMは会社の力を最大限引き出したに過ぎない〜

(16)いざという時に笑いをとって開き直れるか? 大丈夫!練習しておけば大丈夫!
   優秀なPMより、笑いをとって開き直れるPMが一番人気がある!
(17)PMだって健康管理が必要
(18)プロジェクトの進行とともに、ルール・基準の「守・破・離」を意識する 





4.プロジェクトの開始
(1)やる気の出るプロジェクト計画とは
(2)すべてをオープンに!一切隠さない!
(3)失敗は予測できる 大切なのは失敗する前に手を打つ
(4)ドラマ曲線を作る
(5)成功イメージングの威力 〜 妄想パワー 〜
(6)ALL安心のアクションプラン一覧を作成する
(7)リアルなプロジェクト計画書を完成させる
(8)関係者を数多くあつめてレビューする

5.プロジェクトの成功はノウハウ
(1)プロジェクト内で一番偉いのは誰? それは「ノウハウさん」です。PMでも上司でもない
(2)プロジェクトを重ねる毎に「ノウハウさん」が力を付けて成長する様にする
(3)「ノウハウさん」のラインナップはみんなの誇り

(4)問題が発生したら解決できるノウハウが必ず存在すると信じる
(5)PMは社内から関係者から愛されよう!
(6)この1枚で全てが判ります。「ワンシートストーリ」を用意すると周囲の見る目が変わる

(7)いずれ、みんな疲れてくる。その時にモノを言うのは書いてあるもの。

6.プロジェクトの成功は週報
(1)週報にはすべてを書いて良い
(2)週報を上手に利用する  
(3)お世話になった人を週報で讃えると、、、何が起きたか? 





7.喜びを創り出せるのはPMのちょっとしたコツ
(1)言い訳癖から自然な会話へ
(2)不安と危機感 解決ノウハウを見つけるとヒーロー、人に押し付けると極悪人
(3)次の人のことを思って記録を残せばノウハウ、こうしたのは私の責任ではないという態度をとれば極悪人

(4)サクサク物事が解決されると気持ちが良い サクサクにならないとどうなるか
(5)PMの満点は何点? 100点は取り過ぎ
(6)担当者の手が空いてはいけないと良くいわれるが、PMは?

(7)必ずお礼をする
(8)勇気はかならず伝わる
(9)逃げるのと休息は違う 逃げる姿勢は伝染する

(10)好循環を維持するチェックリストを用意しておく
(11)いろいろなケースを想定して検証する どこまで?
(12)どこまで調査する?

(13)即答する価値とじっくり考える価値

8.やる気の育て方
(1)プロジェクトに入って来た人への接し方
(2)「仕事」の話をするときのポイント
(3)「信頼関係」を築く方法





9.関係者とのコミュニケーション 〜担当者〜
(1)協力し合う信頼関係を作る
    「仕事」の話とは別に「信頼関係を作る」会話をする。その際は、感情や人生ドラマには立ち入らない
(2)一方通行ではいけない。担当者の話を聞くことで、PMの話を聞いてもらえる

(3)目標(グリーンの位置)をいつも見せてあげる。称えてあげる(ナイスショット!)
(4)IT現場の「減点法」を「加点法」に変える  営業の「受注」の様な判りやすい成果を創り出す
(5)レビューは攻める場面ではない 出来ているところを承認して称えるチャンス

(6)プロジェクトに途中で参加する人への対応 〜初動で成功せよ〜
(7)担当者が仕事をするのは当たり前と思う前に 
(8)担当者をお客さまとしてとらえてみる

(9)優秀な担当者をスタンダートと思わない 人それぞれの作業に感謝する 人生ドラマを讃える 
(10)「簡単だから」と言わない。
(11)「とりあえずやってみろ」とは言わない

(12)残業すべきだという態度を取りたくなったら
(13)ミーティングは毎日が望ましい
(14)ミーティングでは「ストーリ」を共有する

(15)会社を出たら全てを忘れても大丈夫な状態にする
(16)口頭だけの説明は避ける
(17)担当者に区切りをつけてあげるとどうなるか? 元気を維持しやすくなります
今日の区切り、今週の区切り、今月の区切り、今年の区切り、プロジェクトの工程の区切り

(18)PMが協力して欲しいことを明確に依頼する

10.関係者とのコミュニケーション 〜お客様〜
(1)お客さまは不安を抱えている 成功ストーリーを提示する ベンダーの「私は悪くない」姿勢がすべてを壊す 
(2)お客さま折衝成功ノウハウを貯めていく
(3)お客さまに出す資料 心に伝わるのはコンセプト コンセプトって何?

(4)お客さまが訳もなく怒り出した 何故か?
(5)お客さまは人間味を求めている 嬉しい気持ちを小まめに伝える
(6)PMは自分の優秀さを認めて欲しい気持ちを一旦脇に置いておく

(7)不満と不安をいつでも教えてくださいという姿勢
(8)お客さまに提出する資料で大切な「ストーリー性」
(9)ワンシートストーリの価値 

(10)PMは社内から愛されて、誰を愛するの? それはお客さまです
(11)お客さまに「御社の事情、御社から受けた注意クレーム、御社へ出す資料のチェックすべき点をシートにまとめて職場に張り出します。」と言う。実行する。





11.関係者とのコミュニケーション 〜上司〜
(1)プロジェクトのアンテナ役としての発言力は上司・幹部以上で良い
(2)安心空間の維持に協力してもらう
(3)グチを言う練習をする。元気なうちから

(4)上司でも「逃げ」たら責任を追及する 甘やかしてはいけない
(5)要求に無条件に応じたら、お互いが死んでしまう 〜一旦ストーリを作ってから応じる〜


12.関係者との接し方 〜自分〜 「する」よりも「させてあげる」という感覚が大切
(1)自分を大切にする 喜怒哀楽を感情を表現させてあげる
(2)遊ぶ 
(3)PMを引き受けた自分をほめてあげる

(4)美味しいものを食べさせてあげる
(5)会議で愚痴を言わせてあげる
(6)5段階評価の「2」で良いよと定期的に言ってあげる。

(7)本音を聞いてあげる
(8)感情を表現   まずは感情を表現する
(9)感情を表現   喜ぼう

(10)感情を表現   怒ろう
(11)感情を表現   悔しくなったら涙をみせよう
(12)感情を表現   感動したら涙をみせよう

(13)感情を表現   行き詰ったら大声をだそう
(14)伝家の宝刀をさずけてあげる(キレる権利) 簡単には抜かないけれど
(15)ストレス回復手順を用意しておく(松・竹・梅)
時には大盤振る舞いで豪勢に
(16)理解できるけれど、何かモヤモヤする。その原因を知るには





13.PM成功のカギは書くスキル  何を思って書くか? それはわかりやすさ
(1)口先だけの人は沢山いる。
(2)書けるとどうなるか!その違い!書くための自主トレ!
(3)あるIT企業幹部が言いました。「知識を紙に書く事って出来ないよね」その会社はどうなったか。

(4)永年繁栄する会社の必須条件
(5)何を書くの?単純に本音を書くだけでいいのです。
(6)何を書くの?当たり前の事を書くだけなんです。凄いことを書く必要は無いのです。

(7)一生懸命ならば、下手でも良いのです。伝えるのは「安心」なんですから。

14.予兆と予防
(1)担当者が「そんなの楽勝ですよ!」と言ったら要注意
(2)上司が「なんとか」やって欲しいと言ったら、既にやばいかも
(3)サブリーダとの信頼関係 〜PMは一人で行動しない〜

15.強力なツール 〜ホワイトボード〜
(1)ホワイトボードの前はステージ そこに立つ勇気とは
(2)口先だけの人はホワイトボードの前に立てない

16.プロジェクトの終了
(1)関係者全員に感謝を伝える するとどうなるか
(2)担当者が口にしなかった苦労がある

17.忘れないで欲しい
(1)人として喜びを感じられる環境
(2)プロジェクトは平面ではない 喜怒哀楽のあるドラマ ドラマは必ずトラブルで始まりハッピーエンドで終わる
   どんな結果でもハッピーエンド

(3)目標はドラマ曲線を楽しめるように
(4)何があっても心の中は百花繚乱






18.健康管理
(1)何故、ITの仕事はストレスが多いのか?人はヒトでもあり、モノにもなっているから
(2)プログラマ、SEがギブアップできないのは何故か?それは、想定していないから
(3)最悪の事態を想定してギブアップシナリオを用意しておく 時々訓練実施してみる

(4)もうひとつの曲線 〜プロジェクトの進行と精神的負担曲線〜
(5)精神的負担をシミュレーションするスキル
(6)健康管理の決め手は書くスキル  何を思って書くか? それは安心

(7)IT業界以外の人と交流する価値
(8)自分の状態を確かめる
(9)ユーモアと仲良く

さいごに










2016年07月02日

001 はじめに

はじめに

1983年に高校を卒業して電機メーカー系のソフトウェア企業に就職しました。当時、ソフトウェア産業は花形として脚光を浴びていました。家庭の事情から大学進学をあきらめざるを得なかった私は、ふてくされたまま、花形だからという理由だけで会社を決めて、なんとなく入社しました。

2年程経った頃、自分が「コンピュータ」、「システム」というものに関心がまったく無いことに気が付きました。
自分の仕事そのものに関心も興味も持てなくて、やっていける訳がない。やばい。辞めたい。

辞めたらどうなるか?

血の繋がっていない私を、借金のどん底で必死に育ててくれた母親はとても悲しむだろうと思い、辞めるなんて出来ませんでした。
ここからが勝負の始まりでした。







だから、仕事が面白くなる方法を必死に探す以外にありませんでした。
お客様に喜んでもらうことに没頭すると、ハッピーになれるのではないか。一緒に仕事がしたいと言われるユーモラスな人になれたら、何かが始まりそうだ。という技術以外の面で、仕事を楽しくする方法を探す毎日でした。すると、ひとつ、又ひとつと仕事を楽しむ方法を発見して行ったのです。

気が付くと、辞めずに29年6ヶ月という長い期間在籍することが出来ました。しかも、心地良い充実した会社員生活だったと思います。仕事を楽しんでいる顔を母親にも見せられました。

数多くのシステム開発プロジェクトを経験させてもらい、大変なこともありましたけど、いろいろなドラマを楽しく乗り越えることが出来ました。チームメイトやお客様からお褒めの言葉を頂けるのは本当にハッピーです。「コンピュータ」、「システム」というものに関心が持てないという「危機感」は、むしろ幸運だったのかもしれません。






仕事の内容は、プログラマ、SE、プロジェクトマネージャーと変化していきました。その変化に応じて接する人が増えて行きます。仕事が面白くなる方法の多くは、接する人が多くなればなるほど威力を発揮した様に思います。 
結局、47歳で退社する頃には、お客様からのリピート受注bPのプロジェクトマネージャーになっていました。

改めて感じることは、ノウハウの力は大きいという実感です。
仕事を面白くしようと思って発見した方法を、必要としている方々にノウハウとして全てお伝えします

このノウハウはIT業界はもちろんのこと、違う業界でもそのまま活用できるものだと思います。
このノウハウを使って、皆さんのお仕事が少しでも楽しく、幸福に満ちたものになることを願っています。
どうぞ、このブログに注目してください。


  








×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。