アフィリエイト広告を利用しています
公式Webバナー.jpg
サイドバー書籍.jpg サイトバナー書籍余白付き.jpg 『木綿のことり』
著者 高森春恵
12種類の野鳥のデザイン
実物大型紙・作り方解説付き
amazonマーク100pix.jpg

木の芽月チャンネル
きみがら人形サイドバナー.jpg YouTubeロゴ.jpg

サイドバーカレンダー.jpg
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ブログ開設(2011年より)
広告 広告
最新記事
カテゴリー
サイドバーWebコンテンツ.jpg

結髪百選ブログサイドバナー用.jpg サイトバナーあねさま.jpg サイトバナー節気バナー.jpg サイトバナーボテカレ.jpg サイトバナーかわら版.jpg

サイドバーおすすめカテゴリ.jpg blogバナー三味線余白付き.gif blogバナー月ギャラリー余白付き.jpg blogバナー和菓子余白付き.jpg blogバナーコペちん余白付き.jpg blogバナーPAO余白付き.jpg blogバナー和裁日記余白付き.jpg

プロフィール
konomezukiさんの画像
konomezuki
グラフィックデザイナー・造形作家
紙・布のものづくり
作品はWEBで発表しています
https://konomezuki.com
自著『木綿のことり』
12種類の野鳥のデザイン
実物大型紙・作り方解説付き
日本全国の姉様人形を調査・復刻しています
プロフィール
リンク
検索
月別アーカイブ
2024年07月(16)
2024年06月(11)
2024年05月(8)
2024年04月(13)
2024年03月(17)
2024年02月(28)
2024年01月(12)
2023年12月(28)
2023年11月(16)
2023年10月(14)
2023年09月(20)
2023年08月(12)
2023年07月(14)
2023年06月(19)
2023年05月(15)
2023年04月(18)
2023年03月(19)
2023年02月(19)
2023年01月(26)
2022年12月(16)
2022年11月(21)
2022年10月(19)
2022年09月(15)
2022年08月(20)
2022年07月(18)
2022年06月(28)
2022年05月(22)
2022年04月(21)
2022年03月(24)
2022年02月(18)
2022年01月(23)
2021年12月(18)
2021年11月(17)
2021年10月(18)
2021年09月(22)
2021年08月(17)
2021年07月(19)
2021年06月(22)
2021年05月(21)
2021年04月(27)
2021年03月(41)
2021年02月(31)
2021年01月(26)
2020年12月(33)
2020年11月(29)
2020年10月(29)
2020年09月(28)
2020年08月(39)
2020年07月(22)
2020年06月(15)
2020年05月(29)
2020年04月(21)
2020年03月(21)
2020年02月(21)
2020年01月(23)
2019年12月(16)
2019年11月(24)
2019年10月(20)
2019年09月(24)
2019年08月(30)
2019年07月(14)
2019年06月(26)
2019年05月(24)
2019年04月(16)
2019年03月(25)
2019年02月(30)
2019年01月(35)
2018年12月(29)
2018年11月(22)
2018年10月(37)
2018年09月(19)
2018年08月(35)
2018年07月(46)
2018年06月(24)
2018年05月(51)
2018年04月(35)
2018年03月(29)
2018年02月(13)
2018年01月(27)
2017年12月(29)
2017年11月(28)
2017年10月(26)
2017年09月(16)
2017年08月(16)
2017年07月(14)
2017年06月(19)
2017年05月(17)
2017年04月(24)
2017年03月(9)
2017年02月(8)
2017年01月(12)
2016年12月(9)
2016年11月(11)
2016年10月(7)
2016年09月(3)
2016年08月(16)
2016年07月(8)
2016年06月(4)
2016年05月(6)
2016年04月(7)
これより以前のアーカイブは表示出来ません
古い記事は記事上の日付表示送りでご覧下さい
2011年から開設しています

2024年07月16日

木撥とプラ撥

7月の半ばになり、ようやく梅雨入りしたような雨の一日でした
このところ涼しくて助かります
ただし、暑くなった時の耐性がなくなりそう

私の前の生徒さん、ベテランの男の方
すごく難しい曲をスラスラ弾いていらっしゃる
いいなぁ・・・

20240716-1.jpg

末廣狩を通して弾きました
出だしは、強く弾くこと
最近目が悪くなって、細かい楽譜が見えにくい
ちょっと気を抜くとどこを弾いているのか見失うことがある
楽譜を拡大した方がいいのかもしれない

チンチリレンの合方は、先生が替手を弾いて合わせました
複雑に絡んでくる替手につられないようにするのが大変です

糸に負けてるので、頑張って強く弾く

今日は、先生がバチをチェック
どうやら、私の使っているプラ撥の先が薄くて力が入りにくいのかも知れない、ということになりました

長唄では木バチを使うのですが、木バチは握りのエッジが痛くて、
しかも持っていて滑るので白いプラ撥を使っていたのです

プラ撥は滑らないが、木バチより開きが薄くて軽い
軽くて薄いと、頑張って糸に押しつけないと強く弾けません

やはり、こんど木バチに戻すか・・・

握りにはめる滑り止めのゴムがあるので今度試してみようと思いました
この滑り止めゴムをはめるのは一苦労で、15分くらいかかるんだそうです

長唄の木のバチは、全体が樫の木バチと、先がツゲになっている2種類
ツゲの方が粘りがあってしなりがよいのだそうです
ただし樫よりは柔らかいので、若干減りが早いそうです

家に帰ってよく見たら、私が持ってる木バチは樫でサイズが25匁なのでした
本当は、一つ下の20匁サイズが良い
やっぱり20匁のツゲ撥、欲しいかも・・・

「11月のセールの時でいいじゃん」

確かに、別に急ぎはせぬ
メルカリで儲かったら買おう


雨のノウゼンカズラ
これを見ると夏って感じします

20240716-2.jpg



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

2024年07月09日

末廣狩とチンチリレンの合方

今日も全く暑い日でした
玄関一歩外出るとサウナ?
炎天の中、稽古へ
どこへ行っても冷房、
電車も冷房、駅も冷房、エスカレーターは高速と普通速の2連
すごい電力消費だろうなぁ

かき氷食べたい・・・
今日の合い言葉は「暑いね〜」です
ってか、まだ梅雨明けてませんよね?
雨はどこへ行ったの?
金華公園でセミの声聞きました

本日の稽古

・末廣狩
・娘道成寺の新合方(チンチリレンの合方)

末廣狩、に限らず出だしが大事
私は出だしが、最初が下手なんです
糸に負けないでしっかり弾く、慌てないでゆっくり弾く!
指使いをを間違えると先に進めないので注意

チンチリレンの合方は、楽譜が汎用タイプの楽譜なので、
音がちょっと違っているところがあるので、直してもらいました
細かいところは流派によっていろいろ違うんですね
練習頑張ります・・・
と言いながら暑くてなかなかやる気が出ない


帰り道の近所
民家の畑のヒマワリ
正しい田舎のおばあちゃんち風

P7091468.JPG

さて、黒本の修正の整理

この楽譜が紛らわしいのは、本手が下の段になってる(通常は逆)

目の悪い私は、ちょっと目を離すと見失うので、下の段に色付けちゃった

さすがの私でもこれならOK
頭悪い人は苦労しますな

P7091473.JPG




Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

2024年07月02日

末廣狩と松の緑

どんより蒸し暑い日
こういう暑い日は体に堪えます
しかし、肝心なハンカチを忘れてコンビニで買った・・・

いつも、ここだけは別世界

20240702-1.JPG

末廣狩の稽古を続けています
だいぶ弾けるようになりました

指使いの間違いが一カ所
「やりやすい指でいいから〜」なんて
今までのクセでうっかりテキトウになってしまうが、長唄はそうもいかない
みんな揃ってビシッと決めなければならないからね

人差し指と中指二本での移動、
9から5+4に行く時、二本一緒に動くところの感覚が狂ってしまうんですわ

最後の段切れの間が難しいです
楽譜にはない間で、唄と「ヨッ」のかけ声のタイミングをよく把握していなければなりません

末廣狩は、出だしとケシの部分を立三味線(たてじゃみせん)が弾きます
肝心の出だしを一人で弾くのはプレッシャーですね
長唄は舞台で弾くのですから力強く弾きます
端唄はお座敷だから静かに弾きます
「そんな強く弾かない!」「ドンはなるべく小さく!」みたいな感じでした
どうしても、静かめに弾くクセがまだ残っています

松の緑の前弾きを復習
松の緑は、短い前弾きの間に基礎的な技術が全部入っています
ときどき復習するとよいとのこと

この7月で三味線歴が6年となりました
6年やっててまだ下手ですが、まず、自分としては続いていることがすごい

来年は、音福15周年を迎えます
発表会も少し趣向を凝らし、いつもと違って盛大にやる予定です

日にちはもう決まっていて

2025年2月24日(月・祝
内幸町ホール

問題は、長唄は「暗譜しなければならない」
どっしゃー(^_^;)

リニューアルした金華公園にミストシャワーが設置されていました
もちろん、この下を通って公園を通り抜けて帰ってみる
ひんやりして気持ちいい〜
でも、髪の毛が湿気を吸ってボサボサになる

20240702-2.JPG

いつも通っている金華公園の横の坂道に「猿楽坂」という看板が立っていました
錦華公園の横の坂の通称名が「猿楽坂」に決まったそうで・・・
金華公園をVの字にはさんで両側が坂なのです
私ずっと両方「金華坂」だと思っていたけれど、金華坂はもう一本の方の坂道のことらしい
今まで名前がなかったので「猿楽坂」としたそうです

ところで、AppleIDを変更したらモバイルSuicaが使えなくなってしまった
改札口でビビる
モバイルSuicaは、IDひとつにつき一契約で変更引き継がないんですと!
思いっきり面倒くさい!!
いったん解約して残高を払い戻ししてもらってからじゃないと、再発行の手続きが出来ない
「現在お使いのモバイルSuicaに残高があるので、払い戻し手続きの後に再度お申し込み下さい」
的な画面になってしまい、先に進めなくなった
ほほう、同一人物が同一口座支払いでSuicaを再発行してもらおうとしてることはちゃんと分かってるのね

電車賃はカードのSuicaにチャージして使った
まだ財布に持ってて良かったわ
このカード貴重だから大事に持ってることにしよう(現在は販売中止)



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

2024年06月18日

末廣狩稽古

今朝からひどい降りの大雨でした
涼しくて良いのですが、髪はボサボサ、裾はびしょびしょ
こういう時はレインブーツがよいですね

20240618-1.jpg

今日は、末廣狩をようやく最後まで通して弾けました

いつも、つっかえるところが決まっています
マーカーで色を付けて注意しているのですが、
相変わらず、まちがえてしまう
弾く時は、なるべく手を離さないで弾きます
私は手が離れてしまってバタバタしてしまうのですが、
手や指の動きは最小限にして、効率よくします

曲が終わる最後は、「段切れ」といいます
最後から三つ目の音、一番最後の音には必ず合図があります
楽譜の通りにやってしまうと、全然違うことになってしまいます

そして「消し手」が譜面の三の糸に付いている時には、三の糸の開放弦を弾いてから消す
端唄では、ただ音の響きを消すだけでした
ナルホド
楽譜にない手法が隠れているので長唄は難しいです

「末廣狩」を初めて聞いた時はチンプンカンプンでした
しかし、最後まで通して弾けるようになった時、
全体の流れがようやく分かり、すごく変化があって、とても物語性があると思いました
長唄は奥が深いです


帰りは雨が上がりました

道ばたの花

20240618-2.jpg

20240618-3.jpg

うっすら虹が出ていました

20240618-4.JPG

金魚雲

20240618-5.JPG



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

2024年06月04日

丸6年経ちました

デジカメの充電が0のため、iPhone画像です
今日は爽やかな一日でした

IMG_2953.jpg

本日の稽古
「末広狩」の続きです

5ページあるので、少しずつ区切りながら進めて行きます
曲の雰囲気が途中から変わり、「口説き」という部分が出てきます
これは何も飲み屋でナンパするわけではない
唄いを強調して、三味線は少しゆっくりになるところです
スリに変更のところを書き込んだり、
私がつっかえてしまう手の所をゆっくり繰り返したりしました

ところで、今日は私の稽古時間のひとつ前の時間に変更になった方がいました
そう、見覚えのある、というか、忘れもしないお方
出囃子の発表会の時に、私の糸調子を見て下さったHさん!
初心者の多い出囃子クラスのために、長唄クラスの先輩方が後見役で付いてくださったのです
その節はお世話になりました
上級者なので、難しそうな曲を稽古してらっしゃいました
すごいなぁ

そして何と、来月で三味線稽古歴が7年目に突入
丸6年経ったのかあ
早いなぁ・・・何とか続けて来れましたわ(^_^;)
しかし6年経った割りには、まだまだ下手な自分!!

先は長い
焦ってはいけない、確実に少しずつ行かなければ



(C)Harue Takamori All rights reserved.