<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(5)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2012年06月08日

東京に地震雲・要注意!

黄金の金玉を知らないか?より


6/7に東京で以下のような立派な地震雲が見られたということのようです。


阪神淡路大地震の8日前には同じような雲が見られたのですた。
6.15関東要注意ですね。



posted by ケメ at 15:40 | Comment(0) | 地震

2012年06月07日

連帯しよう・オーストラリアからのメッセージ


13 Apr 2012 by uniontube55
http://tabimag.com/blog/archives/2487
オーストラリアが原発を持たない理由
2012 年 5 月 19 日 Miki

 世界一のウラン埋蔵量を誇り、世界有数のウラン輸出国でもあるオーストラリア。だが、国内に原子力発電所はひとつもない。

 しかし、過去にはオーストラリアでも原発を推進する動きがあった。2006年、当時のハワード首相は、人口当たりの二酸化炭素排出量が世界一とも言われるオーストラリアがその排出量を減らすためには、原子力発電が最も有効な手段であるとし、15年以内に最初の原発を、そして2050年までに国内に25基の原発を建設するという案を打ち出した。

 なにしろ、オーストラリアは火力発電の燃料でもある石炭も世界有数の埋蔵量を誇っており、???エネルギー安全保障の観点から「原子力」政策を打ち出すことは困難だ。????ちなみに石炭資源は、300〜500年分くらいは十分にあるという。
参考:世界各国の石炭埋蔵・採掘・輸出入量などをグラフ化

オーストラリアこそ原発に最適な地

 原発を推進し始めたハワード元首相は当時、「燃料になるウランは潤沢にあり、使用済み核燃料などのゴミがでても、人の住んでいない土地がたくさんある広大な国土に処分する場所はいくらでもある。(上記の案通り)2050年までに25基の原発が稼働すれば、国内の3分の1の電力をまかなうことができ、CO2排出量も18%削減できる」…と、まさに“いいことづくめ”だと強調。首相直属の原子力を検討する特別委員会を設置すると発表した。当時の産業界もこれに歓迎の意を示した。

 なのに、なぜ原発建設は具体的にならなかったのか?


国民が拒否した原子力発電

 それでもいまだにオーストラリアに原発がないのは、一言で言ってしまえば、国民が拒否したから。といえると思う。

 連邦政府による原発に対する政策転換の発表を受け、当時のクイーンズランド州知事は「連邦政府が強硬に原発を推進しても、州の民意に従い、州法によって断固阻止する」との談話を発表。2007年には実際に「原発及び核施設、放射性廃棄物を阻止する州法」の施行に踏み切った。(参照:New law bans nuclear power in Qld)ちなみに、当時の各州政府はすべて、連邦政府とは対局の立場にある野党=労働党であった。

 また2006年、特別委員会設置の発表前にインターネット調査機関Newspollが行った世論調査では、原発建設に賛成38%、反対51%と反対が根強かった。しかし、特別委員会発足後、Morgan Pollが行った世論調査では、反対37%、温室効果ガス排出削減のためならば原発を支持すると答えた人の割合は49%に達したが、87%が放射性廃棄物の処分に有効な手立てがないことを問題視した。

 つまり、使用済み核燃料をはじめとする「Nuclear Waste=核のゴミ」を安全かつ無害に処分できないならば、原発は困るという意見が大半だったのだ。国土のそこかしこに核のゴミがばら撒かれることを拒否したオーストラリア国民。放射性物質で土地が汚れることを嫌がったのである。

 放射性物質で土地が汚染されてしまう恐れを生む電気は要らない!

 …というわけで、オーストラリアの電力は、前回のエントリーにも書いた通り、再生可能エネルギーの割合を増やすことを模索しつつ、いまのところ主力は火力発電のまま、自国に豊富にある石炭を使っているにもかかわらず、日本よりも高い電気料金を払い続けている…ってわけです。。。(涙)
http://tabimag.com/blog/archives/2487



きのう夜、北九州市長タウンミーテイングは、1000人を超える参加で、多くの市民の反対の声で埋まりました。
2012-06-07 02:11:19 | 福島第一原発
 北九州のグループからの報告です。本日の北橋市長とのタウンミーティングはおそらく千人を超える人が詰めかけたようです。会場の定員の二倍以上の人が詰めかけました。それだけこの問題に関心があり、熱心な人々が、本当に多くなっているといういう事です。これは喜ばしいです。
posted by ケメ at 15:11 | Comment(0) | 被災地のガレキ

2012年06月01日

せめて止めよう電気代の自動引き落とし


田中龍作ジャーナル
*【東電不払い方法教えます】「窓口まで来い」と言われても
怯まずに請求書を要求する*
という記事から、跳んで引っ張ってきました。
上記記事には、1円の不払いに対して、
脅迫めいた東電からの手紙を貰っちゃった女性の話が載ってます。
こんなことされて困った時は、
下記ブログの管理人さんが、相談に乗ってくれます。
私達が楽して儲けさせてきた東電に
反省して貰うにはこれしかありませんね。
バンバン拡散しちゃいましょう!

☆☆☆

February 14(Tue), 2012
■[原発ダイアリー]滞納ブログを作りました。
 計画滞納中です。

「東電滞納・不払いプロジェクト」のブログを作りましたので、
ぜひ見てください。また、拡散もお願いします。
わかりやすいFAQもあります。
口座振替の中止は、
電力会社のカスタマーセンターへの電話一本でできますので、
ぜひあなたもやってみてください。
みんなで滞納すれば、電力会社としても無視できないことでしょう。

「なくそう原発、滞納・不払いしよう電気代!」

 http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/

2012-02-17(電気代不払い宣言)
原発で作った電気はいらない。自動引き落としをやめよう!

よびかけ・宣言

 東京電力・福島第一原子力発電所の破局的な事故によって、
私たちは目が覚めた。もう『原子力は安全です』というデマは信じない。
東電は誠実に被害者に向き合い、十分な賠償をすべきだし、
政府は子どもたちを安全な場所に避難させるべきだ。
そして何より、原子力発電をやめてほしい。
福島第二、柏崎刈羽はじめ、すべての原発の即時廃止は、
地震列島日本に暮らす大多数の人々の願いでしょう。

 ところがデモで原発反対をいくら叫んでも、
閉鎖された電力館(原発の巨大PR施設)の扉の前では
虚しく響くばかり。東電や政府や、当事者がデモの現場にやってきて、
私たちの意見に耳を傾けるなんてことはない。

 デモはデモだ。道行く人々のために、また、私たち自身のために
これからもやろう。ただ、それだけでは充分でないので、私たちは
各電力会社に対して電気料金を「不払い」することにした。
金持ちも貧乏人も、電気を使っていれば電力会社の「顧客」。
私たち一般の消費者は、独占企業である電力会社以外から
電気を買うことはできず、電気がなければ、憲法が言う
「健康で文化的な最低限度の生活」さえ営めない。

 電力会社は、独占企業として、
私たちの意見に耳を傾ける義務があるはずだ。しかし彼らは、
そんな声をひとつとして聞き入れようとしない。
それどころか『節電しないと計画停電する』とか、
『原発を再稼働させないなら電気代を上げる』とか。
私たちを脅迫してくるばかりだ。

 私たちは、原発で作った電気はいらない。

 その意思表示のために、電気代を不払いしよう。
もしあなたが、自動引き落としで払っているのなら、
それは原発推進に白紙委任状を出しているのと同じだ。
だから、「自動引き落としをやめる」のが最初の一歩になる。

1.自動引き落としをやめ、コンビニなどでの振替用紙払いに
切り替える 電気の領収書に書いてある番号に電話し、
「原発への抗議のために振替用紙払いにします」と言えば、
すぐ変更できます。→(電力会社)入金時期が不安定化する。
2.催促通知が来る。電気を切られる前に払う 
または家に来る集金人に、直接意見を言いながら払う。
→(電力会社)売掛金が滞留する。
3.原発でできた分の電気代の支払いを拒否する。 
郵便局のATMで一部だけ支払う。
たとえば1円だけ払うのをやめる
→(電力会社)再請求のため、督促コストがさらに増える。
 自動引き落としをやめるだけでも、意義は大きいです。
このささやかな試みに、ぜひ、あなたも続いてください。

 まずはお手元に、先月の電気の領収書のご用意を。

 3.の支払い拒否のくわしいやり方は、このビラに書きました。
ぜひご覧下さい。
(PDFファイルをダウンロードします)↓
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/files/fubarai_bira.pdf
電気代不払いプロジェクト
toudenfubaraiあっとgmail.com
http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20120217/1329440394

☆☆☆

東電社員 「福島第一原発2号機に再臨界の可能性あり」とメールで告発


水を入れたペットボトルで野菜を栽培できる画期的でエコな家庭菜園
posted by ケメ at 20:54 | Comment(0) | 原発
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント