<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(3)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2015年05月29日

各地に降る黄色い粉に注意!!もし放射性硫黄だったら・・!







先日、安曇野に住む人が、首をかしげながら言っていた。
最近黄砂なんだか、花粉みたいな粉がベランダとかに
いっぱいつくんだけど・・・、

それってもしかしたら、
原発から出てる放射性物質の可能性あるから、
気をつけた方がいい・・・

4年も経ってから、
いまさら公認された福島原発の
メルトスルー・・・してました、のさりげないニュースと
あまりにもそれに伴う空気の悪さで、
今まで耳を傾けなかった人々も、
ようやく真剣に聞く耳を持つようになったようだ。



◆2015/05/28(木)  


チャイナ・シンドロームが止まった!



デブリを冷却する大量の海水

フクイチの地下から連日のように噴き上がる大量の水蒸気
これは、フクイチの地下に高熱の熱源があるからだ。
噴出する水蒸気は半端な量ではない。

気流の流れに沿って風下に吹き流される水蒸気は、
風下一帯の湿度を何時間も100%にする。

九州の宮崎市も風下になったときは
何時間も湿度100%の気象状態になった。
5月なのに!である。

はるか太平洋上の八丈島は、
40時間以上も湿度100%の状態が続いた。

これは、途轍もない量の水蒸気が
フクイチから宮崎や八丈島まで
海上を這うように吹き流されて行ったからだ。

とにかく、フクイチの地下から噴出する水蒸気は
半端な量ではない。
おそらく何十万トンという膨大な量の水蒸気は、
陸地の山の方から流れてくる地下水脈の地下水ではない。

海水だ!

--------------------------------------------------------------------------------

これから鷲は、恐ろしいフクイチの現況について書く。
東海アマ氏が↓断定していたこと。


原発が全電源喪失すれば3時間でメルトダウンする
こと
一度メルトダウンすれば
チャイナ・シンドロームが避けられないこと

東海アマ氏の言うとおりに、
数千度の超高熱を発するデブリ
(溶融して地下に落下した核燃料の塊)は、
地盤を溶かしながら地下深くに沈みつつあった。

チャイナ・シンドロームである。

ところが、このチャイナ・シンドロームは昨年末までで…、
いま、フクイチの3号機のデブリは、
チャイナシンドロームが止まっている。

というのは、本年の3月、4月、5月と、
水蒸気が大量に噴出し続けているが、
この傾向が収まらないからだ。

鷲は、世界中の核物理学者・原子炉災害の専門家たちと
個別に内密な議論を重ねているが、
どの学者も「チャイナ・シンドロームが止まっている!」と、
答は一様である。

チャイナ・シンドロームが止まった原因は、発熱不足だ。

チャイナ・シンドロームとは、
数千度の発熱によって地盤・岩盤が溶かされて、
デブリが下へ下へと地下を沈んでいく現象だ。

しかし、現在、フクイチのデブリは
中心部は数千度の高熱を発しているが、
周辺部は1000℃前後だと言う。

このデブリの低温化の原因は、二つある。

ひとつ。
中性子を激しく発生させるプルトニウムMOX燃料が、
地下で臨界を繰り返すうちに劣化し、
中性子の発生が少なくなっていること。

ふたつ。
大量の海水がデブリを冷却するので、
デブリが地盤を溶かす温度にまで達しない。

上の二つの原因により、
3号機のデブリは現在の深さに居座ったまま、
放射性水蒸気を発し続ける!と。

東京大学の大学院で核物理学と高等数学を修め…、
現在は自営業を営むC氏は言う。
「関東・東北の各地に降る黄色い粉が
放射性硫黄(S35)だったら、
8月から人口が激減し始める!」と。

鷲も、そのように思う。

地下のデブリに触れて、
水(H2O)までが放射化してしまった放射性水蒸気には
中性子を発する核種が含まれていて、
この致命的な放射性水蒸気を、
いま現在も数千万人の日本人が吸っているのだから、
人口激減の開始時期は近い!
いや、それは、すでに始まっている。

国際社会も…、
「フクイチ発の放射性水蒸気の問題」を
放置することはないだろうし、
対策を打ち出してくる時期は近い。
われわれも、何としても生き延びねばならないが…、

どうしたら良いのか?!
稿を改めて書きたい。

飯山 一郎




posted by ケメ at 12:10 | Comment(2) | 原発
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント