<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(4)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2015年05月04日

核の夏



2015/05/03(日) 異常な夏日が続く東北:この原因は?

核の夏

O3の降下.jpg

4月の最高気温は、
例年だと九州や四国が上位なのだが、
今年は東北各地が連日の異常高温を記録し、
夏日が続いた。
この異常気象は、いったい、何が原因なのか?

鷲は、ある有能な気象物理学者と徹底した議論をしたが…、
東日本の異常気象は、
核の夏が原因である!という結論に達した。

以下、【事実】と【説明】を簡潔に書いてゆく。

【事実】:フクイチの地下から水蒸気の猛烈な噴出が
     3月以降、活発化していた。
【説明】:これは、溶融した100トンもの核燃料が
     地下で沸騰しているからである。

【事実】:東北関東の各地で、
     湿度100%という異常な気象状況が続いた。
【説明】:フクイチの地下から噴出した
     大量の放射性水蒸気が、
     東北関東の各地に吹き流されてきたからである。

【事実】:4月は全国的に異常に寒い日が続いた。
【説明】:放射性水蒸気による「核の冬」という現象だ。

【事実】:突発的な線量の急上昇(スパイク)が各地で連発。
     南相馬では通常線量の1000倍!
【説明】:放射性水蒸気に含まれる放射性物質が
     局地的に降ってきたためだ。

【事実】:東日本一帯で異常な高温日(夏日)が続いている。
【説明】:これこそが核の夏という現象だ。下に書く。

【事実】:東日本各地で光化学オキシダント濃度が
     急上昇している。
【説明】:ふつうは太陽光(紫外線と放射線)が原因だが、
     今回は、空中に浮遊する放射性物質が発する
     放射線や中性子線が原因!
     太陽光なくして
     光化学オキシダントは生成されるのだ。


さて、以下は、気象物理学者と鷲の議論の結論である。

フクイチ3号機はプルトニウムを燃やすプルサーマル発電だ。
この3号機の核燃料
(プルトニウムとウラニウム、合計:約数80トン)は、
メルトダウンし、メルトスルーし、メルトアウトして…、
現在、地下で臨界を繰り返しながら超高熱を発し、
液体状になり、一部は沸騰して気体となって噴出している。


動画に記録された間欠的な爆発・噴出現象は、
超高熱の核燃料が地下水と接触したときの水蒸気爆発だ。
この水蒸気には、溶融し沸点に達して沸騰ガス(蒸気)
となった核燃料の超微粒子(0.1ミクロン以下)
が含まれている。

深刻な問題は…、
プルトニウム240、プルトニウム239、
ウラン238、ウラン235など、
中性子線を出す核物質が蒸気化して
超微粒子となって大気中を浮遊していることだ。

大気中に浮遊する核物質は、
放射線や中性子線を発射しながら、オゾン(O3)をつくり、
空中に浮遊する物質を激しく酸化するだけでなく
放射化して放射性物質に変え、イオン化する。

そうして、重い核種と浮遊物質(NOxやVOC)が
イオン結合して、重くなって地上に降る!
これがスパイク(突発的・局地的な線量の急上昇)だ!

重い核種と浮遊物質が全て地上に降ってしまった後は、
空気が澄むので太陽光が強くなり、夏日となる!

以上の仮説で、東日本各地の湿度100%も、
東北の異常な夏日も全て説明がつくワケだが…、
この行く先は…、異常に早く到来する多死社会だ。

飯山 一郎


放射能を食べちゃう豆乳ヨーグルト

米のとぎ汁乳酸菌さえ作れば、
豆乳を買うだけで数百円で出来ちゃう豆乳ヨーグルトだけど、
最近は、スーパーにも並ぶようになりましたん♪



posted by ケメ at 12:21 | Comment(0) | 原発
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント