<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(5)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2012年11月26日

福島では“犯罪的”で“非道徳”なことが行われている


カルディコット博士 
「福島では“犯罪的”で“非道徳”なことが行われている」

2012年11月21日

 オーストラリアの小児科医で放射能障害に詳しい
ヘレン・カルディコット博士の記者会見が19日、
衆議院第一議員会館内で開かれた。
博士は日本各地で講演ツアーを行っている。

 衆院解散を受けメディアの関心が選挙一色になるなか、
会見には海外のテレビ局1社と数人の記者のみが集まった。
カルディコット博士は何度も“犯罪的”、“非人道的”という言葉を
多用し、これを伝えようとしないマスコミも批判した。
日本社会に対するいらだちが随所に感じられた。

 冒頭、カルディコット博士は
「福島の高線量地域で、子供や妊婦、妊娠可能な年齢の女性を
避難させないのは“医学的犯罪”だ。
18歳未満の子供に超音波検査を実施したところ、
約40%の子供に甲状腺異常が見つかったという。

これは小児科の見地からみて極めて異常だ。」と語り、
福島の被曝量が
チェルノブイリをはるかに上回っていることを指摘した。

 また、子供や妊婦、妊娠可能な女性の移住について
「国が費用を負担することが重要なのに、
弱い立場の人を守らず、TEPCOを守るために予算を使っている」
と述べた。
博士は「日本には放射能を帯びた食品を食べることに対する
規制がなく」、汚染した食品を「子供に食べさせていることは
“medically immoral (医学的に非道徳的)”だ」
と国と福島県、沈黙する医学界の不作為を批判した。

 博士の来日講演は医師向けのみならず、
一般向けにも行われたが、
いずれも数百人収容の会場が満員になったという。
博士は、聴衆が
「どうしたらいいのか必死に知りたいと思っている」
ことを感じたという。

 「広く一般に知らせる責任がメディアにはあるが、
(日本では)そうではないようだ」と、
メディアが放射能の被害に無関心であることにクギを刺した。

 博士は、「福島の事故は終わっていない。
40年かけてきれいにするというが、不可能だ。
これから300年以上、土地も人も食物も汚染されたままだ」
と警告し、安易な除染や帰還願望に疑問を呈した。
ガレキの焼却についても「犯罪行為だ」と断罪した。
http://tanakaryusaku.jp/2012/11/0005637

****************************************************
18歳未満の子供に超音波検査を実施したところ、
約40%の子供に甲状腺異常が見つかったという。
****************************************************
日本では尖閣諸島の問題に火が付けられた時期である。

このブログにも下の記事に韓国からの沢山のアクセスがあった。
9・11福島県3回目の甲状腺検査結果にただならぬ異変

世界中の市民がこの発表に注目したのである。

日本のメディアに踊らされた日本人以外は・・・。
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント