<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(6)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2012年07月04日

千葉県我孫子市から焼却灰を搬入することになった長野県のリサイクル業者について


遅くなりましたが、
先日我孫子市から焼却灰を受け入れることになった
長野県のリサイクル業者についての質問メールを送り、
県環境部から回答を頂きましたので、
私の誤字質問メールと御礼メールに挟んで
アップしておきます。

昨日、NHKで報道された焼却灰の件で、

以下のブログを読みました。

> > http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120627/t10013134061000.html
> > 上記の記事を拝見しました。
> > 長野県のリサイクル業者の名前と、所在地を教えて下さい。
> > 原発事故前は1キロあたり100ベクレル以下のものしか
> > 処理できなかったのに今は2500ベクレル以下までOKというのは
> > 全く納得いきません。
> > しかも、どうせ、ほかの線量の低いゴミとまぜて
> > 2500ベクレル以下にしてるだけだと思うので。
> >
> > 私は長野県で作られた化粧水を使っているのですが、
> > 焼却灰を長野に持ってこられたら、もうそこの化粧水は買えません。
> > 千葉の作物はとっくの昔に買うのをやめています。
> >
> > 私の消費生活に影響しますので、
> > 長野県のリサイクル業者さんの名前と所在地を教えて下さい。
> > 危険物を扱っていて、人の健康に影響が出ることですので、
> > 当然教えて頂けるものと思います。
> > ***************************************************
> > A我孫子市→私
> >
> >
> > いつもお世話になっております。
> > クリーンセンターです。
> >
> > お問い合わせの件につきましては、
> > 公表にあたって相手方の了承を得られませんので、
> > お答えいたしかねます。
> > 申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
> >
> > ♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'
> > 我孫子市環境経済部 クリーンセンター
> > リサイクル推進担当
> > 電話04−7187−0015
> > FAX04−7187−2379
> > E-mail abk_cleancenter@city.abiko.chiba.jp
> > ♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'
> > ***************************************************
> > B私→我孫子市
> > クリーンセンターご担当者さま、
> >
> > お世話になっております。
> > ご回答頂きありがとうございました。
> >
> > このようなご回答であったことは非常に残念ですが、
> > 危険物であるにも関わらず、我孫子市が回答を拒否したということで、
> > 周囲に伝えますね。
> >
> > ありがとうございました。
> >
> > ***************************************************
> > 以上下記ブログより転載させて頂きました。
> > http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927
> >
> > ということで、我孫子市からは受け入れる業者の意向により、
> > その名が公表できないとのことですが、
> > 受け入れる側の住民としては、寝耳に水の話であり、
> > 何処の業者が請け負い、一体何処にそれが持ち込まれるのか、
> > 全く知らされない状況では、不安は募るばかりで、
> > 決して納得のできる事ではありません。
> > この件に関しましては、県としてどこまで了解し、誰がそれを許可したのか、
> > 大変気になっておりますので、是非、御解答願いたいと思います。
> >
> > 焼却灰を受け入れる事になった経緯と、それを受け入れる業者の名前と、
> > 最終的に焼却灰が持ち込まれる地域が何処なのかについて、ご回答頂きたいと思います。
> >
> > 是非ともよろしくお願い申し上げます。
> >

*

お問い合わせのありました、放射性物質を含む焼却灰の受け入れについてお答えします。

NHKのニュース等で報道のあった内容は、千葉県我孫子市が、小諸市御影新田に管理型最終処分場を設置している(株)フジコーポレーションと、1キログラムあたり2500ベクレル以下の放射性物質を含む焼却灰の受け入れについて、合意したというものです。

フジコーポレーションは、従来から他県からのものも含め廃棄物焼却施設から発生する焼却灰を受け入れておりますが、放射性物質を含む焼却灰等については、同社が独自に受入基準(国の基準8000ベクレルより厳しい基準)を定めています。

県としては、国の示す基準以内ではありますが、県民の皆様の安全・安心を確保するため、同社に対して周辺環境への影響がないことを確認するため、敷地境界での空間放射線量や排水中の放射能濃度の調査を定期的に実施するよう指導しており、この結果は同社のホームページで公表されています。
http://www.pi.fuji-corp.co.jp/info/ippan/housha.php

また、県としても、同社の最終処分場に対する立入検査を行い、敷地境界での空間放射線量及び排水中の放射能濃度の測定結果を県のホームページで公表するとともに、放射性物質を含む焼却灰等の受入状況を公表するなど周辺住民の方に安心していただくための取組みを進めております。
http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/haiki/houshanou/kekka.htm

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、不明な点がございましたら、下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

〒380−8570
 長野県長野市大字南長野字幅下692-2
 長野県 環境部 廃棄物対策課 廃棄物審査係
   
 電 話 026-235-7164
 FAX  026-235-7259
 Email haikibut@pref.nagano.lg.jp

御解答に感謝致します。
フジ式直壁型最終処分場など、
放射性物質に関し、
他県に誇れる技術を持つ会社が、
請け負ったということで、
一応安心することができました。

ガレキの移動に関して、全国で反対運動が展開され、国民が神経質になる中で、
我孫子市が受け入れ先の公表を
拒んだのは、業者に対する不信感を募らせ
更には長野県に対する不信まで抱かせる行為だったと思います。

その点、今回ご回答頂いたことで、
県民としてどれだけほっとしたことか、
常会住民、にも説明できることに感謝致しております。

どう考えても、放射性物質を動かすべきではないと考えますが、

受け入れた以上は、全て公開して頂きたいと思います。

どうか今後とも、宜しくお願い致します。


*

既に焼却灰はこの会社が、昨年から受け入れて来たようだ。

東北地方への技術提供が新聞記事になっていた。
http://www.fuji-corp.co.jp/kiji/20111007.pdf

検査結果もあり、隠す様子もないのだが、

肝心の空間線量のページがエラーになってしまう。

放射能バラマキはもしかしたら、

すでに業者単位で、行われているのかもしれない。

取りあえず、我孫子市の焼却灰に関しては
>
小諸市御影新田に管理型最終処分場を設置
(株)フジコーポレーション
http://www.pi.fuji-corp.co.jp/info/ippan/housha.php

その他県内の放射線量等の気になる問題は

〒380−8570
 長野県長野市大字南長野字幅下692-2
 長野県 環境部 廃棄物対策課 廃棄物審査係
   
 電 話 026-235-7164
 FAX  026-235-7259
 Email haikibut@pref.nagano.lg.jp

http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/haiki/kashokai.htm

遠くの瓦礫デモに出かけている間に、
地元が放射能の焼却灰だらけ、などという話も
十分あり得る状況だと思います。
大切なのは、住民と、国をつなぐ行政の仕事をする人たちを
味方につけるような意識のあり方だと思います。

そして、ネットからの情報は、少しでも電話なりメールで
確認を取って見ることも大事だと痛感しました。

この質問メールの発端になったブログは、
【木下黄太のブログ】といって、
福島第一原発の事故後、早くから体調の変化を
全国から集め始めていて、ずっと注目してきたのですが、
どうもその集めた膨大であろうデータをどうしているのかが
見えてこないのです。
最近では、後援会のお知らせばかりで、
東北関東から逃げろ・・・以外に対処法は
示されず、最近では飯山一郎の
乳酸菌など駄目だと言っちゃってるようで、
お先真っ暗にしか思えないのです。

おまけに大飯原発再稼働反対デモで、
4万5千人集まった時、
10万人集まれば変わる!
と言っていたと思ったら、
翌週15万人は集まったデモに
まだ少ないようなことを言い出していて、
いまになって、デモにソッポを向いてしまいました。

本当に煽りやだったのか・・・?

私は一昨日具合が悪くなり、
昨日頑張って豆乳ヨーグルトを食べて、
今日はすっかり元気になったのです。

ちょっと長くなってしまったので今日はこの辺にします。
私は神奈川に住む娘に引っ越せと言って嫌われたので、
きのこさんの本・発行マニアの天然酵母を送りました。





posted by ケメ at 23:21 | Comment(0) | 被災地のガレキ
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント