<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(2)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2017年04月07日

戦争・・・もうその手は食わない世界

t4.7.PNG

https://twitter.com/Mishimadou

(CNN) 米軍が6日、シリア政府軍の基地に対して行ったミサイル攻撃について、米国防当局者は、標的とした基地はロシアも使用していたことを明らかにした。米国はこの日、複数回にわたってロシアと連絡を取り、攻撃について事前に警告していたという。
シリア国営テレビも米軍による攻撃を確認した。
米当局者によると、米軍はトランプ大統領の命令を受け、巡航ミサイル「トマホーク」59発を、シリア政府軍の基地に向けて発射した。この基地は、民間人を化学兵器で攻撃した戦闘機の拠点だったとしている。


◆2017/04/07(金)  
米国の対シリア・ミサイル攻撃は
米軍の謀略

http://grnba.com/iiyama/
本日,米軍はシリアの空軍基地にミサイル攻撃を強行した.
シリアのイドリブで行われた化学兵器攻撃への報復だという.
しかし,露外務省は
2017年04月07日 16:46
「米国のシリア攻撃は,イドリブの一件より前に決定されていた!」と,
米国を激しく非難した.(記事)
一方,習近平との首脳会談の最中に
ミサイル攻撃の第一報を受けたトランプは狼狽気味だった,
という情報もあり…他の様々な情報中には,
今回のミサイル攻撃は『在中東米軍の"暴走"』 との有力な説もある.
トランプは先に「シリアの化学兵器使用は,度を越した」と発言した.
これは,真実情報が大統領に上がらず,
またトランプが今だに米軍を統制しきってないという現れだ.
いずれにせよ,今回のミサイル攻撃は,
跳ねっ返りの戦争屋軍人の無茶苦茶な無理筋だ.
ただし,最大の責任はトランプにあり,
また,次なる政治外交手段の選択と発動もトランプの責任である.
トランプが最善の選択するかどうか? 注目であるが…,
最悪の軍事的手段を発動してしまう可能性もある.
プーチンと習近平は,トランプを悠然と監視する立場にいる.
安倍晋三は,米国の同盟国の立場から,「米国政府の決意を支持」,
「トランプ大統領の関与を高く評価」,
「アサド政権は極めて非人道的」などとリップサービスを連発しているが…
内心は,「北朝鮮攻撃でなくて良かった…」,
「いや,北朝鮮へのミサイル攻撃もヤル…鴨」と,不安恐々だろう.
『スプートニク』は安倍晋三の「ジグザグ歩行」を心配したが,
しかし,プーチンともトランプとも緊密な連絡を取り合って…,
上手く(狡猾に)ヤッていくだろう.
安倍晋三の本質は,じつは,「バルカン政治家」なので…ww
飯山 一郎 (71)

posted by ケメ at 21:36 | Comment(0) | 革命
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント