2021年03月22日

私たちは死に向かうために産まれてきて生きているのでしょうか?

私の母も84歳になって介護が必要になりました。
20年以上前から私は「親の介護は自分がしなくてはならない」
と考えていました。
1998年うちの娘が産まれる頃、
介護保険制度が決定しました。
理学療法士協会では、介護支援専門員の資格を取ることを
しきりに推奨しました。
中には「介護支援専門員の基礎資格に理学療法士が入ったということは
国が理学療法士の開業を認めたことだ」という先生までいました。
私も子供が産まれるし上の資格をとっておいたほうが将来よいだろう
と思い受験勉強をして第一回介護支援専門員試験に合格しました。
試験内容は介護保険が何故必要なのか?
ということが問われました。
小泉純一郎が「聖域ない構造改革」
「より質の高い安い介護サービスに自由競争を導入する」
と言って郵政民営化、介護保険制度を実行しました。
介護支援専門員の勉強をすればするほど、
親の介護は避けられないと感じました。
他職種の人よりも私のような職種のほうが危機感を持っていると
思います。
現代人は死や老化を悪いものだと考えます。
産まれてから20歳から30歳に成長するのが正常の姿で、
それ以上歳を取るのは嫌なことだと感じてしまいます。
「いつまでも20歳から30歳の若さを保ちたい」
これは老若男女誰でも思うものです。
どこかの会社がディーパック・チョプラ博士を
老いない体、死なない永遠の心などと宣伝していますが、
それは嘘です。
私の瞑想の先生の渡邊愛子さんも
私がZOOM原初音瞑想上級瞑想講座を受講したときに
「人間は必ず死を迎えます」とはっきりおっしゃっていました。
瞑想をしたら「老いない・死なない」は嘘です。
渡邊愛子さんは「最強の瞑想法」で。


瞑想の効果にアンチエイジングをあげていますが、
これは本当です。
アンチエイジングは「老いない・死なない」とは違います。
アンチエイジングは歳を取っても気持ちはいつまでも
若々しいということです。
私は昨年8月に原初音瞑想講座を受講してから、
魂を意識し始めました。
肉体は歳を取ります。
しかし、魂は進化し続けるのです。
是非、原初音瞑想講座を受講してみてください。
私の母の介護観が変わりました。
親の介護が出来るということは子育てと同じで、
自分の魂が成長できることなのです。


思考は現実化する ナポレオン・ヒルより
逆境の中には、それがひどいものであればあるほど、
その中にその逆境のひどさに見合った、
強力な幸せの種子が隠れているのです。
不幸を幸運に変える、つまり、逆境であればあるほど、
貴重な体験を重ねることが出来るのです。
「自分の親はいつまでも元気で若々しくいてほしい」
これは誰でも思うものです。
子育てはポジティブで介護はネガティブでしょうか?
私は今からそれを確かめることができるでしょう。

こちらのホームページもどうぞ。
http://kaigo-trable.extrem.ne.jp/custom2.html

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10615693
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
IMG_20181110_112227.jpg
検索
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
神社仏閣
IMG_20180805_094022.jpg
IMG_20191014_103734.jpg
IMG_20191013_100032.jpg
IMG_20191013_093459.jpg
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
人間関係を良くするさんの画像
人間関係を良くする
介護の人間関係は難しそうですね。私の読んだ本から、介護だけでなく色々な心の疲れを取る本を紹介していきます。
プロフィール