ファン
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2019年09月24日

今すごく幸せだよ…八分音符男がドキッとする理想のイチャイチャ、ベスト4!!!

0B6EC7EE-25C4-45FD-B27A-2E414D729F1D.jpeg



こんばんは!

ぺぎそんです。

カップルにとって幸せいっぱいのイチャイチャタイム、、、

そんな瞬間をいつまでも大事にできれば、二人の関係も長く続いていくこと間違いなしですぺんっ!

そこで今回は、男性がドキッとする「理想のイチャイチャ」をご紹介していきたいと思います!

●1)第4位:自分を甘えさせてくれる

『彼女に甘えてイチャイチャしたいです』(27歳/マーケティング)

男性にも、多かれ少なかれ「甘えたい」という心理はあるものです。
癒してもらいたい、リラックスしたいなど、とくに疲れているときなどはそう思う男性は多いでしょう。

たまには彼女にたっぷり甘えさせてもらって、その優しいぬくもりに包まれたい……と男性は思っているものです。
普段甘えてばかりなら、たまには彼を甘えさせてあげることも意識してみては?

●2)第3位:デート中にイチャイチャ

『デートの時はめいっぱいイチャイチャしたいなぁ』(27歳/広告)

デート中のイチャイチャも、男性にとっては大事なイチャイチャシチュエーションの一つ。
外で手をつないだり、ハグしたりキスしたりするのは、ちょっと恥ずかしい気持ちもありますよね。

ですがそんな恥ずかしいと思う気持ちが、よりイチャイチャシチュエーションを盛り上げます。

人に見られているという感覚がよりドキドキ感を増幅させ、いつもより刺激的なイチャイチャが楽しめます。

●3)第2位:ソファでまったりしながら

『家のソファでまったりしながらイチャイチャできたら幸せですね』(29歳/建築)

おうちデートでソファに腰掛け、まったりしながらイチャイチャを楽しむのもいいですよね。
まさに休日のカップルのあり方という感じで、そんな何気ない日々の瞬間を理想的だと思っている男性は多いです。
家の中なら周りの目を気にせずに思う存分イチャイチャできるのが、やっぱり魅力的です。

●4)第1位:添い寝しながらイチャイチャ

『添い寝でイチャイチャすると2人の世界って感じで幸せ!』(28歳/SE)

二人でくっついて添い寝をしながら、イチャイチャするのを楽しみたいという男性はやっぱり多数。

カップルらしさたっぷりで、お互いに甘えられる雰囲気が出ていて盛り上がることは間違いなしでしょう。
そんな幸せムードのイチャイチャタイムを味わうことができれば、日々の疲れなんてきっと吹っ飛んでしまいますね。

やっぱりお互いにドキドキするシチュエーションで、イチャイチャを楽しめるのが理想的ですよね。
積極的に彼とのイチャイチャタイムを増やして、二人のラブラブ度を上げていきましょうぺんっ!





1日たった10分、90日間で一生使える株式投資スキルを身につける神レッスン
それがお金のジムです。

短時間で構成されたスマホ動画のオンラインレッスンなので、
毎朝の通勤時間や寝る前の隙間時間を有効活用できます。

「忙しくて勉強時間が確保できない」「土日はゆっくり休みたい」という方でも無理なく続けられます。

カリキュラムと講師は投資領域で圧倒的な実績のあるフィスコ社が監修しています。
個人投資家の有料サービス会員81,000人抱えるフィスコ社が監修した高品質な動画で勉強が出来ます。
また、同社所属の勝率約80%を誇る有名トレーナーが指導してくれるので、
知識ゼロの初心者でも理解しやすい内容となってます。

本来有料で提供しているレッスンを無料で体験できますので、
この機会にぜひご登録ください。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35NR6T+4EYRAQ+4A5Q+5YZ77
posted by ぺぎそん at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9233226

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ぺぎそんさんの画像
ぺぎそん
kouさん助手 兼 雑用係の僕ですが、   皆さんに、楽しい、ためになった! と言う一言を聞けたらいいなと思う、、、 ペギソンでした。
プロフィール