2021年03月27日

待つこと

以前、救われた時、イエスキリストを信じ始めた時といいましょうか、私が信じるために、神は、待っていてくださったと、思わされたことがありました。

 教会に行き始めた頃、ルカの福音書という聖書の書簡から、放蕩息子のたとえのメッセージが、語られていました。聖書の比較的、有名な箇所です。財産の分け前をもらって、遠いところに行って放蕩してしまった弟息子を、忍耐深いお父さんが、ずっと待っていて、ボロボロになって帰ってきたところを、愛を持って迎える、という感動的なお話のメッセージでした。

 たとえや、例話のお話を交えつつお話がなされて、そのメッセージを聞いていた時に、神が私を待っていてくれたということがわかりました。確かに、神は忍耐深く、いつも、私たちを待っていてくださるのです。
 私たちが、教会に来たり、神のところに来ることを待っていてくださいます。そして、私たちが、成長したり、神に従うのを待ってくださっています。

 「8年越しの花嫁」の結婚相手は、ずっと待っているんですね、誠実に。待つというのは、ある意味大変ですが、愛の現れでもあります。
 第一コリント13章に「愛は忍耐深い」とあります。

クリスチャンの話では、ありませんが、ずっと待ち続けた婚約者の誠実な態度は、私たちの心を打ちますね。
信じて待つというのは、大切なことなんだと思います。 
posted by hutarip at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会
リンク
ファン
検索
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)