2022年10月04日

2022年 凱旋門賞 回顧


2022年10月2日 凱旋門賞の回顧です。


2022年10月2日 フランス。
どんよりとした天気。
前日の天気の影響で、馬場は重馬場。
現地発表では10段階で7番目に重い「TRES SOUPLE」。
当日も今にも雨が降り出しそうな天気。

第101回 凱旋門賞。

今年はフルゲート20頭の参戦。
日本からは4頭の参戦。
ステイフーリッシュ、タイトルホルダー、ディープボンド、ドウデュース。


海外馬は、
前年の優勝馬、トルカータータッソ。
七連勝中(GT五連勝)、アルピニスタ。
タタソールズGC優勝馬、アレンカー。
ソードダンサーS優勝馬、ブルーム。
バーデン大賞優勝馬、メンドシーノ。
仏ダービー、エクリプスS優勝馬、ヴァデニ。
愛ダービー優勝馬、ウエストオーバー。
パリ大賞優勝馬、オネスト。
愛チャンピオンS優勝馬、ルクセンブルク。

欧州最強の呼び声高い、バーイードは回避したものの、錚々たるメンバー。


日本からもファンが応援に駆け付けた。
パドック周回中にゲリラ豪雨のような雨が降る。

各馬入念な打ち合わせ、返し馬をこなす。
ゲートイン完了。


スタート。レースが始まる。
まずはタイトルホルダーが押して、先頭を取りにいく。
ディープボンドも好スタート。
アルピニスタがディープボンドのやや後ろ。
ステイフーリッシュは中団。ドウデュースは後方。
各馬がぎっしりと一団になって進む。
タイトルホルダーは気分良く先頭を走るも、外からブルームが二番手でマーク。


雨はかなり降っている。
前半の1000m通過は63秒96。


タイトルホルダー、ブルームの二頭が後方を離して逃げる展開。

フォルスストレートに入る。
タイトルホルダーは楽な手ごたえ。
外のブルーム鞍上の手が動く。
内からは芦毛のアルピニスタがスルスルと上がってくる。
ディープボンドも手が動き始める。


各馬が追い上げ態勢に入る。
最後の直線。


タイトルホルダーが単独先頭。鞍上がここぞとばかりに仕掛け始める。
残り400m。
まだタイトルホルダーが先頭だ。

アルピニスタが馬なりのまま、タイトルホルダーに迫る。

残り300m。

タイトルホルダーが交わされ、アルピニスタが先頭。
ヴァデニも間から伸びてくる。
タイトルホルダーは完全に脚が止まってしまった。


アルピニスタが先頭。
二番手はヴァデニとアルハキームの競り合い。
その外から、前年の覇者、トルカータータッソが強襲。


残り100m。
アルハキームが脱落。
トルカータータッソに影響され、ヴァデニも一緒に追いあげる。
鞍上の必死のスパートにアルピニスタが応える。
二頭が並んで迫るも、アルピニスタが先頭でゴール。


アルピニスタが欧州の頂点に立った。
GT六連勝。
5歳の牝馬が優勝したのは、85年ぶり2頭目。(1937年のコリーダ以来)
牝馬としては、エネイブル以来。


重馬場の超力のいる馬場での牝馬の勝利。
ハイパワーの塊。
タイムは2分35秒71、上がり39秒91
最速の上りでも、ヴァデニの39秒39。

日本の馬場とは全くちがう馬場です。


日本馬は、
11着タイトルホルダー
14着 ステイフーリッシュ(日本)
18着 ディープボンド(日本)
19着 ドウデュース(日本)

日本馬にはかなり厳しい結果となった。

ーーーー

アルピニスタ号 Alpinista (GB)
父 Frankel
母 Alwilda
母父 Hernando
馬主 Miss K Rausing
調教師 Mark Prescott
騎手 Luke Morris
生産 Miss K. Rausing (GB)
勝ち鞍
 凱旋門賞(GT)
 ヨークシャーオークス(GT)
 サンクルー大賞(GT)
 バイエルン大賞(GT)
 オイロパ賞(GT)
 ベルリン大賞(GT)

ーーーー


【凱旋門賞全着順】
01着 アルピニスタ 2:35.71
02着 ヴァデニ
03着 トルカータータッソ
04着 アルハキーム
05着 グランドグローリー
06着 ウエストオーバー
07着 ルクセンブルク
08着 ブルーム
09着 アレンカー
10着 オネスト
11着 タイトルホルダー(日本)
12着 メンドシーノ
13着 ミシュリフ
14着 ステイフーリッシュ(日本)
15着 マレオーストラリス
16着 シリウェイ
17着 バブルギフト
18着 ディープボンド(日本)
19着 ドウデュース(日本)
20着 モスターダフ

[㏚]




20200202_180244_0000.png

10.1/10.2 週末結果


■■■■■■■■■■■■■■■■■■



10月1日(土)
シリウスS(GV)
1着 09.ジュンライトボルト ( 4番人気 )( 指数 3番手 )
2着 08.ハピ ( 2番人気 )( 指数 3番手 )
3着 03.オーヴェルニュ ( 7番人気 )( 指数 5番手 )

スタートして、16番レーヌブランシュが外にふられて立ち遅れ。
クリノフラッシュ、サンライズホープ、オーヴェルニュ、ダッシュをかましてレーヌブランシュが先団。
ジュンライトボルトは中団。ハピはやや後方。ハヤブサナンデクンやバーデンヴァイラーもこの位置。

前半の900mは55.2秒。ややスローか。

4角回って、外からジュンライトボルトが抜群の手ごたえ。
オーヴェルニュが粘るが、あっさりと先頭に。
ハピは内のせまいところから、なかなか抜け出せない状況。
勢いがよかったが届かずにジュンライトボルト号が優勝。

オーヴェルニュは地力を見せました。
上位二頭はチャンピオンズカップが楽しみですね。

バーデンヴァイラーはトモの踏み込みがイマイチらしいです。万全にもどってくれればいい勝負になりそうです。


[㏚]




10月2日(日)
スプリンターズS(GT)
1着 02.ジャンダルム ( 8番人気 )( 指数 5番手 )
2着 07.ウインマーベル ( 7番人気 )( 指数 3番手 )
3着 06.ナランフレグ ( 5番人気 )( 指数 3番手 )
4着 04.ダイアトニック ( 10番人気 )( 指数 5番手 )
5着 09.ナムラクレア ( 2番人気 )( 指数 2番手 )

テイエムスパーダ、メイショウミモザ、エイティーンガール、ナランフレグ、ラヴィングアンサーが立ち遅れ。
ジャンダルム、ダイアトニック、ファストフォースは好スタート。
押して、テイエムスパーダが先頭に立つ。
その後ろにメイケイエールが外目追走。ウインマーベルは中団。
ナランフレグは後方。シュネルマイスターは後方二番手。

前半32.7秒。後半35.1秒。なのでハイラップ。
テイエムスパーダとファストフォースが抜け出して先頭なので、これでは最後まで持たず。
三番手に包まれずジャンダルムが追走。

4角。
ジャンダルムは好位置で手ごたえ抜群。
メイケイエールは振られたのか、回りづらそうな感じに。その外のナムラクレアも振られる。

あっさりと早めにジャンダルム先頭。
メイケイエールは全く手ごたえの無い感じに見えます。
ウインマーベルがせまいところをつっこむがきつそう。
ダイアトニックはジャンダルムの通った後を追走。
ナムラクレアは外から追い上げがんばる。

坂を登ってウインマーベルが迫るがゴール。
ナランフレグは絶対に届かない位置から意地の3着。

ジャンダルムがついに初GT制覇。鞍上の荻野騎手も7年目にして初GT制覇。
池江調教師はアルアインの大阪杯以来のGT制覇。
母のビリーヴに続き、母子スプリンターズS制覇。

メイケイエールの敗因としては、中二週がよくなかったのかなぁと池添騎手はコメント。
次走はどこに行くのか注目です。

[㏚]




20200202_180244_0000.png

2022シーズン 新馬戦勝ち馬 10.1-10.2


今週の新馬戦勝ち馬です。


10月1日(土)
クイーンオブソウル
父 マインドユアビスケッツ
母 ビジューミニョン
生産 社台ファーム
中山 芝1600m 1:36.4(良) 5馬身
※当日芝1600mタイム、3勝クラス 1:33.3

オメガシンフォニー
父 ヘニーヒューズ
母 クレーデリンテ
生産 岡田スタツド
中山 ダート1200m 1:11.7(良) 7馬身
※当日ダート1200mタイム、1勝クラス 1:11.0

プラーヴィ
父 ドゥラメンテ
母 ワイメアビーチ
生産 チャンピオンズファーム
中京 ダート1800m 1:55.0(良) 3馬身
※当日ダート1900mタイム、2勝クラス 2:00.2

ダノンタッチダウン
父 ロードカナロア
母 エピックラヴ
生産 ノーザンファーム
中京 芝1600m 1:36.4(良) 3/4馬身
※当日芝1600mタイム、1勝クラス 1:33.5


[㏚]「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】


10月2日(日)
ミネヒメ
父 ヴィクトワールピサ
母 マウントフジ
生産 新井 昭二
中山 芝1200m 1:10.2(良) 5馬身
※当日芝1200mタイム、GT 1:07.8

セブンマジシャン
父 ジャスタウェイ
母 ハピネスダンサー
生産 ノーザンファーム
中山 芝1800m 1:50.0(良) 2馬身1/2
※当日ダート1800mタイム、2勝クラス 1:48.1

タガノエヴリン
父 マインドユアビスケッツ
母 ボディーダンシング
生産 (有)新冠タガノファーム
中京 ダート1400m 1:26.5(良) 1馬身1/4
※当日ダート1400mタイム、2勝クラス 1:23.5

ダノンペドロ
父 サトノダイヤモンド
母 セットスクエア
生産 ノーザンファーム
中京 芝2000m 2:03.6(良) 1/2馬身
※当日芝2000mタイム、2勝クラス 2:02.4

[㏚]



メイクデビュー.png



[PR] [PR] 新しい競馬の予想ファクター
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
ファン
最新コメント
馬券の券種による 当たる確率 by さぬきちゃんさ (11/18)
馬券の券種による 当たる確率 by 令和 (11/17)
菊花賞 予想 by カズ (10/27)
菊花賞 予想 by 讃岐太郎 (10/26)
菊花賞 予想 by カズ (10/26)
写真ギャラリー
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さぬきちゃんさんの画像
さぬきちゃん
競馬歴28年以上 競馬の楽しさ、奥深さを伝えたいと思います。 初めての方にも競馬を知ってほしい。 もちろん予想もしますよ。 あと日向坂46が好きです。
プロフィール