exclamation×2 著者書別リスト exclamation×2

本のリスト
■医学・医療
血液と生命の知恵晴れ
医者が患者をだますとき晴れ
薬の9割はやめられる松田 史彦晴れ
パウル・シュミットのドイツ波動健康法
がん患者よ、近藤誠を疑え
あなたが知っている健康常識では早死にする・近藤 誠
健康診断は受けてはいけない
ワクチン副作用の恐怖 ・近藤 誠
医者の大罪・近藤 誠
インフルエンザワクチンはいらない
帯津良一のホメオパシー療法
医者が学んだ祈りの力
睡眠薬中毒 内海 聡
むし歯ってみがけばとまるんだヨ
名医は虫歯を削らない・小峰一雄
コレステロール 血圧 血糖値 下げるな危険! 薬があなたの体をダメにする・大櫛 陽一
くすりの害にあうということ
薬のやめどき・長尾 和宏
医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣・長尾 和宏
うつ消しごはん
ガンの疫学と血液・千島 喜久男
医療大崩壊 船瀬 俊介
不要なクスリ 無用な手術・富家 孝
橋本病・バセドウ病 夢21
■健康
次項有 現代病は塩が原因だった
一生使える脳 長谷川 嘉哉
健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵・鶴見隆史
花粉症は1週間で治る・溝口 徹
やってはいけないウォーキング
ヨガの喜び 沖 正弘
『らくらく毛管運動』で若返る
アワ歌で元気になる
活性酸素に負けない本
体が若くなる技術・ミトコンドリア
ねこ背は治る
精神科医が教える50歳からのお金をかけない健康術
あらゆる病気の原因は「お血」にある
病気の原因は汚血
病気にならない生き方
死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい
腸の力であなたは変わる
孟司と誠の 健康生活委員会
死ぬまで元気に生きるための七つの習慣

■食べ物
日本の長寿村・短命村晴れ
その食生活では若死する晴れ
長寿村・短命化の教訓晴れ
長寿村の秘食
自然治癒力が上がる食事:小峰一雄
すごい塩 白澤 卓二
鎌田式 健康ごはん
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物
家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法
食の堕落と日本人 小泉 武夫
食品の裏側2 実態編
安い食べ物には何かがある
長生きしたけりゃ肉は食べるな
こうして作れば医者はいらない
一汁一菜でよいという提案
若杉友子の一汁一菜
ジョコビッチの生まれ変わる食事
小麦は食べるな!
シンプルに暮らす
種子法廃止でどうなる?
世界の長寿食 森下敬一
パンと牛乳は今すぐやめなさい
■少食
甲田式健康道 決定版
長生きしたければ朝食は抜きなさい
朝食をを抜いたらこうなった
奇跡が起こる半日断食 すまし汁
一日一食のススメ
人の運は少食にあり
空腹こそ最強のクスリ
週1断食で万病が治る
■ナチュラル・ハイジーン
「フォークス・オーバー・ナイブス」に学ぶ超医食革命
フィット・フォー・ライフ
からだの力が目覚める食べ方
■味噌
体質と食物―健康への道
健康食みそ
■サラダ油は危険
オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい
認知症が嫌なら「油」を変えよう
サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!
その「油」をかえなさい
油を断てばアトピーはここまで治る
本当は危ない植物油
なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか?
病気にならない人は何を食べているのか
長命革命
■瞑想
お医者さんがすすめる すごい瞑想
瞑想メソッド100
マインドフルネス瞑想入門
瞑想のあすすめ
ヒマラヤ聖者のマインドフルネス
自信エネルギー開発法
■スピリチュアル
生きがいの創造
生命誕生の事実
アワ歌で元気になる
冥界からの電話
いのちのヌード
ゆるゆるの法則
金星人オムネク・オネクのメッセージ
地球人になった金星人オムネク・オネク
■携帯電話
携帯電話 隠された真実
コロナと5G
■世の中の真相
日本が売られる晴れ
離間工作の罠 池田 整治晴れ
未だ占領下にある日本の是非を問う
この国を操り奪う者たち
99%の人が知らないこの世界の秘密  内海聡晴れ
日本会議の正体 青木 理
25%の人が政治を私物化する国
STAP細胞の正体
政府はもう嘘をつけない
GHQ焚書図書開封
知らなかった、ぼくらの戦争
もう一つの「幕末史」
常識が変わる 200歳長寿!
秋山佳胤のいいかげん人生術
一生、薬がいらない体のつくり方
■人文・思想・暮らし
「炭」これは便利だ!102の使い方
生命誕生の真実
あきらめないUNSTOPPABLE晴れ
寂しい生活 稲垣 えみ子晴れ
人生はどこでもドア: リヨンの14日間
もうレシピ本はいらない
ぼくたちにもうモノは必要ない晴れ
国家と教養 藤原正彦晴れ
〇の近い△を生きる「正解」や「正論」にだませれるな
「農業を株式会社化する」という無理
日本農業再生論
ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉
思った以上の人生は、すぐそこで待っている
八正道
信じる力が幸運を呼ぶ
おかげさまで生きる
自分を休ませる練習
食べない、死なない、争わない
食べない人たち
発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方
老ける脳と老けない脳・友寄英哲
私の生活流儀 本多静六
「和の食」全史
元気に下山 五木寛之
孤独のすすめ 五木寛之
人間の芯 曽野綾子
ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ
ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が「豊か」なのか
幸せのメカニズム
アウトプット大全
本を読む人だけが手にするもの
ネット断ち
1冊読み切る読書術
トリノトリビア
1からわかるキネシオロジー
大河の一滴
今すぐしなくてはならないこと
幸せになる遺伝子の使い方
君のやる気スイッチをONにする遺伝子の話
命と人生を決める歯臓と遺伝子
進化する里山資本主義
目覚めよ、松果体
自粛バカ
知ってはいけない現代史の正体
人生で大事なことはみんなゴリラから教わった
新型コロナと巨大利権
永遠の0

■経済
お金の流れで読む 日本と世界の未来晴れ
資本主義の終焉と歴史の危機
国貧論
国富喪失
銀行消滅
あらゆる領収書は経費で落とせる
税金を払わずに生きてゆく逃税術
■菜園
タネの未来
現役サラリーマンの自給自足大作戦
畑が教えてくれたこと
野菜は小さい方を選びなさい
■IT
AI入門講座

オススメYou-Tube
次項有甲田光雄ラジオ深夜便 1/6
安田節子 種子法の廃止や食べものの安全基準の緩和?
日本のタネが危ない!山田正彦先生(元農水大臣)
合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験
絶食療法の科学
安保徹博士(2013.06.09星陵会館)
安保徹博士「ワクチンは危険がいっぱい
船瀬俊介先生 クスリは飲んではいけない
船瀬俊介先生『抗がん剤で殺される?』
内海聡医師「99%の人が知らない世界の秘密を暴く!」ワールドフォーラム2014年4月現代医学を問う講演会
現代医療は経済活動
最新記事
写真ギャラリー
◆調味料(アミノ酸等)
正体と秘密
超身近な怖ろしい害
食品添加物で病気になる
食品添加物の危険性.com

actto BST-02 ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)

新品価格
¥1,480から
(2016/1/29 15:29時点)

【送料無料】ツインバード コンパクト精米器 精米御膳 ホワイト MR-E520W [MRE520W]

価格:12,860円
(2016/9/13 04:29時点)
感想(44件)

白米,7,5,3分に設定できる
米5合まで

血液をきれいにして病気を防ぐ、治す 50歳からの食養生 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2017/9/21 04:31時点)


アルツハイマー病 真実と終焉"認知症1150万人"時代の革命的治療プログラム

新品価格
¥1,944から
(2018/8/4 13:06時点)

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

テクノAO 一般家電用【電磁波防止グッズ】【ポイント3倍】

価格:14,300円
(2016/1/14 05:05時点)
感想(15件)

トータルヘルスデザイン - 宇宙情報

メール seaside_cycling@yahoo.co.jp

2017年09月03日

日本の長寿村・短命村

日本の長寿村・短命村―緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める

中古価格
¥4,999から
(2017/9/3 04:48時点)


 昭和10年(1935年)から36年間の間に、北海道から沖縄まで全国990カ町村を歩いて回り、長生きの村と短命な村を実地調査し、同じ地域でも食生活の違いにより大きな差があることを解析された。
 流通が発展し、地域の特性が薄れた現代では出来ない稀有で貴重な研究。

(近藤正二博士:1893年〜1977年:東北大学名誉教授)

 長生きは「遺伝だ」とか「気候がいいところが長生きする」「重労働のところは早く老化して長生きしない」「酒を飲むところは短命で、秋田県が日本一短命なのは、ドブロクを飲むからだ」とみんなが言うものだからそうだろうと思ったものですが、それを説く人が、実地調査をやっていないのです。物事は机上で考えて、結論をだしてはなりません。実地に、実例を集めてみなければ結論を出してはいけないという気持ちで、長生き村と短命村を次から次へ回り、実地にとらえて、一つの結論がでてきたのです
【短命な食生活】
・白いごはんの大食
・野菜、豆をあまり食べない。
・魚ばかり食べて、野菜の食べ方が極めて少ない。(魚でも魚の切り身と小魚を食べるところでは、小魚のほうが長生き。)
・りんごやみかんの産地では果物は食べるが、野菜が少ないので短命(果物は野菜のかわりをしない)
【長寿の食生活】
・大食いでなく、さかなか大豆で作ったもの(豆腐や納豆など)を毎日を食べる
・海藻を毎日食べる(海藻を常食している人は脳卒中がすくない)
・人参、大豆、いも、かぼちゃも一度にたくさん食べるのでなく、少量でも毎日食べることが大切
■志摩の海女(P49)長寿が多い
 「男は働いではならない」という土地柄で、よく働く。
 甘い菓子を差し出すと一つ口にいれておいしいと言うが、二つ、三つと手をつけない。「じつはのどから手が出るようにほしいのだが、これを食べたら、水に潜ってアワビをとるとき、おなかが重苦しくとれないから」といわれた。
 「人参を食べるか」と聞いたところ、「じつは好きではないのだが、海に深く潜って、アワビをみつけて、いざ、というときの全身を力をいれる、人参を食べていると、そのとき力がでるから止めれません」という話をきかせてくれた。
 睡眠の心がけていて、夜8時すぎには床につく
 同じ海女でも伊勢湾に浮かぶ神島の海女は野菜をつくっていないため、野菜不足で長生きしていない。
〇輪島の海女は魚と白米の大食で長生きの人が少ない。長寿者は魚か大豆を常食にし、しかも野菜をたくさん食べているところ

■塩焼きを生業として平家部落(P57)
 三重県南島町に、新桑竈、栃木竈、小方竈、赤崎竈、道行竈、大方竈という竈のついた小さな部落が点在し、その間に古和浦、神前浦、贄浦、慥柄浦などという浦がついた部落がある。竈とついたほうが平家部落で、浦のほうが先住の漁民部落。平家部落の人は、むかし、先住の人との間で魚はとらないという約束でこの地に住むことを許されたので、魚をとらず、ときどき買って食べる程度で、崖のすそに畑をつくり、いもや青い野菜をつくって自給していて、海藻は常食している。それにひきかえ、先住の漁村の食生活は、漁業で得た金銭で米を買い、魚ばかり食べていて、畑をもたない。したがって長寿者率が平家部部落にくらべたら低い。

■沖伊良部島の部落での長寿の違い(P80)
 国頭という部落など長寿の部落が多いが、後蘭部落は、他部部落に比べると長寿者が少ない(短命でなく普通の部落)。その原因は、他の部落は水田をやっていない。いも、雑穀を主に、小魚、海藻を食べているのに、後蘭部落だけは水田があって、昔から米を偏食していた。
 国頭で、96歳のおばあちゃんに会って話をした。その要点は、「海藻は、若い頃から好きで、毎日食べてきた。魚や豚も好き、お茶は少ししか飲まない。野菜も好き。病気もしたことなく、今でも芭蕉布を織る工場へ毎日仕事に出る。焼酎が大好きで、仕事が終わると焼酎の中に黒砂糖を入れて二合飲む。」
 この島の住民は豆腐、みそをたくさん食べている。これも長生きに大変役立っている。

■長寿の少ない西表島の租納地区(P86)
 畑がなく、沖縄にはめずしく水田が開かれ米をつくっている。また11月からは、猪を取って食べる。冬の肉食、夏秋の米食が大変極端で、野菜はほとんどたらない習慣で、長寿者率が低い。

■竹富島(八重山群島)は周辺の島に比べ長寿(P88)
「沖縄で大豆は珍しいですね」と聞いてみますと「昔は大豆などつくっていなかったのですが、前我名釜多(マエガマカナタ)という人が、大豆を食べなければいけない、といって、島にはじめて大豆を持ちこみ、島人に奨励したからです」という話でした。
 米を全然作っていない竹富島は、甘藷(さつまいも)が主食で、粟、稗も食べています。野菜は人参、大根などいろいろで豊富に食膳に供します、豆類は大豆の他にうずら豆も作っています。(うずら豆も前我名釜多の指導)
 普通の野菜の他に、テノリアとかタプナー(長命草)という野草を摘み取って常食する習慣がある。
 魚は自分でとってきて食べるから小魚で、海藻はアオサなどをよく食べている。豚肉はほとんど食べない。酒は飲むようですが、深酒はしない風でした。
 島がきれい。約470年前に西塘(ニシトウ)という人が、家の内外、道路までもきれいにするようにすすめ、汚水や水溜りをなくさせたそうです。戦前の八重山はマラリヤに悩まされ廃村も出たくらいですが、この竹富島だけは西塘の教えを忠実に守ったために蚊の発生もなくマラリヤが発生しませんでした。

竹富町の島々と長寿者率(1967年)
島名 居住人口  70歳以上 長寿者率
竹富   425  68    16%
黒島   657  33     5%
小浜   728  42     5.7%
新城   102   3     3%
鳩間   194   7     3.5%
西表   585  24     4.1%
波照間 1313  32     2.4%

■大山のふもとの西伯郡高麗村(P93)
 高麗村の調査に行くとき、鳥取大学衛生学の村江通之教授の所によって「高麗村というところが、県下でも長生きの人が多いのでこれから調査にいくんです」といったところ「あそこは鳥取県のなかでも有名な米どころです。米ばかり食べている人は、みな短命だと発表してこられた先生の論を改めなければならないかもしれませんね」と言われた。
 しかし、現地に行くと、米は売るために作っているので、きめられたわずかな日しか食べないとのことだった。なぜ食べないのかを現地の人に聞くと理由はその時はわからないが、後にわかった。
 明治の中頃、10年以上も村長をやった諸遊(モロユウ)弥九郎という「高麗村是」という村の規則の本があり、次のように記されていた。「近頃は村民が皆ぜいたくになってきている、そして米がたくさんあるからと今まで昔から麦を食べてきた人たちまでが、お米ばかり食べるようになってきた。わが高麗村だけは、そういうぜいたくなまねをしてはならぬ。米はたくさんあっても売り物にし、村民は麦とイモを主食にせよ。そのかわり、一年のうち次にかかげる日だけは米のごはんを食べてもよろしい。その時には一家の主人だけが食べるのではなく、やとい人にまで全部お米のごはんを食べさせること」その特定の日は一年に約十日しがあげられていませんでしたが、質実・勤倹の風を養なおうとしたのでしょうが、それが子や孫の長生きに通じたのでした。

■豆腐だけで長生きする岩手県の有芸村(岩泉町に合併)P110
 宿で、「仙台からわざわざおいでになったお客様ですから、お刺身でもあげればいいのですが、山の魚でがまんして頂きます。どうぞごゆっくり」とあいさつされた。しかし膳には魚がない。「山の魚はどれですか」ときくと、大きな二丁の豆腐のことだった。「ほほう、豆腐屋は大繁盛でしょうね」とういうと、「豆腐屋はありません。この地方では、自分の家でつくって毎日食べます」とのことだった。
 魚をはじめ動物食品を食べないのに長生きしているのは、この豆腐を豊富に食べてきたおかげだとわかった。
 周囲の村も大豆を作ってはいるが、みそを作る以外の大豆はお金に換えており、有芸村のように自分たちで毎日食べるということをしていないために、同じ産物を作りながら長寿者率が低くなっている。

■西山大豆で有名な長野市の西にある西山地方(P113)
大豆と新潟からくる海藻を毎日食べるので、長生き。

■長寿者の多い鳴沢村(富士五湖のひとつである西湖の近くの村)P114
とうもろこしを主食にしてきた村で、大豆の名産地。動物性食品は煮干以外ほとんどたべない。豆気の多い塩気の少ないみそを作って朝、昼、晩必ず食べる。みそ汁の中に野菜をたくさん入れる。
 「みそ汁は何杯ぐらい飲みますか」と聞くと「ここではむかしから、みそ汁は一回に六杯ときまっていますよ」との答えにはびっくりしました。

■宮崎県の西米良村(熊本県との県境近く)周辺の村は短命でないのにこの村だけ短命(P116)
 「ここではむかしからの習慣で、かぼちゃを絶対に植えてはいけない。屋敷内にかぼちゃがなると、その家の身上が潰れるというので、恐れて誰もつくらないのです。」かぼちゃは熊本県の名産ですが、西米良村だけは作ろうとしないので短命でした。

■人参を食べる村食べない村(P118)
 岩手県の水沢に近い真城村、南都田村は米どころで有名で、岩手県一番の短命村。しかし、真城村の「安久戸」という部落だけ一つ長生きの部落がある。他の部落は人参を作っていないのに、安久戸だけはつくっている。
 新潟の米どころにも、これとよく似た例がある。東頚城郡の巣本という村は、周辺の村は短命だが、この村だけ長生き。この村だけしか、大豆、人参をつくっていない。食べ物は大事でとくに人参などは欠かしてはならない。

■若死にするハワイの日系二世、三世(P126)
 一世は肉をあまり食べずに野菜や海藻、豆腐を食べるが、二世、三世は肉ばかり食べている。肉を食べているので、体格はいいが、40を過ぎると、心臓をおかされ、冠不全のため親よりも早く死んでいく。

■結語(P140)
 隠岐島は12カ町村があるが、米の足りない部分が大部分で長寿村。その中で米を多く産する中条村が一番長寿者が少なく、隠岐で海を持たないのはこの村だけです。隠岐の食生活の内容を調べるとカロリーとかたんぱく質でなく物についていうならば、
@魚も大豆も豊富
A野菜(特に人参、かぼちゃ、長芋等)が豊富
B米が少ない(麦が主で、甘露も多い。現在は米も摂っている)
C山菜に富む
D海藻の常食(ワカメを豊富に食べる)
E胡麻をよく食べる
この食生活は健康長寿にかなっています。
 伊豆の大島も隠岐の島に次いで長命な島です。大豆ができない点が隠岐に劣りますが、食生活はよく似ています。中でも野増村は特に長寿者が多いので、他村と何か違った特徴がないかと調べると、この村だけは魚の贓物を食べる習慣があることがわかりました。
 魚のわたを塩辛のようにして食べ、また味噌汁がわりにして食べています。他の五村はこの贓物を軽蔑して食べていません。この野増村が他村にくらべ、特に長寿なのは偶然ではありません。
 私も米作地である新潟県の生まれで、米にかたよった食生活を長年つづけてきたのですが、前に述べたような健康長寿のために望ましいと思われる食生活に改めたのです。(戦後:50代になって)
 特に毎食、大豆製品と魚を少量ずつ必ず食べるようにつとめ、また、油も毎日必ず摂るようにしました。すると自然に米の食べ方が少なくても十分満足するようになりました。それとともに疲労しやすい体がいつとはなしに疲れを感じない、根気のつづくような体に変わってきました。
 私は生来弱いからだで、疲れやすく、以前は二時間の講義が終わって教授室にもどると、まずソファーに体を横たえて煙草を一本喫うあいだ、体を休ませたものです。
 それが近年、いつの間にかソファーを忘れるようになり、現在そのソファーは書類を積み重ねる台に化してしまいました。仕事はますます忙しくなりましたが、全然疲れを感ぜず、昔よりも元気に愉快に勉強できるようになりました。
 食生活が私たちの活動力にこのように強く響くことは、日本人として重視しなければならない問題です。
 私の研究は全て理屈は抜きにして、もっぱら実際にたしかめて知りえた体験ばかりです。どうかひろく役立てて、元気に長寿を得られるように願ってやみません。


その食生活では若死する 近藤正二著 叢文社

近藤式(食べない生き方)


P.S. 日本の漁村で、魚肉と米に片寄った食生活をしているところは短命な人が多い。ナチュラルハイジーンにも「タンパク質と炭水化物は正しくない食事の組み合わせなので避ける」とされている。(タンパク質と炭水化物過多になり他の栄養素が不足するのでよくないとも言える。)
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6658682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
よく見るサイト
ぴかぴか(新しい)最近の懸念・関心
馬渕睦夫さんディープステート
子供達のワクチン接種の話
池田整治さんのFBより
5G推進にストップを
ワクチンに除草剤が混入
落ち葉でプランター栽培
Saarahat(サアラ)さん
PCR検査
化学肥料が地球温暖化に
天然塩はなにより大事
現在の異常気象は800年周期
民営化は公営よりコスト高
ナチュラアルハイジーン

血液と健康の知恵新装版 医学革命の書 [ 千島喜久男 ]

価格:4,180円
(2021/3/23 04:15時点)
感想(0件)

離間工作の罠【電子書籍】[ 池田整治 ]

価格:1,408円
(2021/3/23 04:13時点)
感想(0件)

プロフィール
さんの画像

 食べ物や健康に関する本が多いのは、原因不明の角膜潰瘍という病気になり、左眼がよく見えなくなったからです。食生活が悪かったのでしょう。  正しい食生活をしていたら、原因不明の病気にはならなかったかもしれません。
プロフィール
twitter exclamation×2 
 
最新記事
カテゴリーアーカイブ
リンク(健康)
リンク(真相)
Ryutaimoji.jpg
VOA Health