exclamation×2 著者書別リスト exclamation×2

本のリスト
■医学・医療
血液と生命の知恵晴れ
医者が患者をだますとき晴れ
薬の9割はやめられる松田 史彦晴れ
パウル・シュミットのドイツ波動健康法
がん患者よ、近藤誠を疑え
あなたが知っている健康常識では早死にする・近藤 誠
健康診断は受けてはいけない
ワクチン副作用の恐怖 ・近藤 誠
医者の大罪・近藤 誠
インフルエンザワクチンはいらない
帯津良一のホメオパシー療法
医者が学んだ祈りの力
睡眠薬中毒 内海 聡
むし歯ってみがけばとまるんだヨ
名医は虫歯を削らない・小峰一雄
コレステロール 血圧 血糖値 下げるな危険! 薬があなたの体をダメにする・大櫛 陽一
くすりの害にあうということ
薬のやめどき・長尾 和宏
医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣・長尾 和宏
うつ消しごはん
ガンの疫学と血液・千島 喜久男
医療大崩壊 船瀬 俊介
不要なクスリ 無用な手術・富家 孝
橋本病・バセドウ病 夢21
■健康
次項有 現代病は塩が原因だった
一生使える脳 長谷川 嘉哉
健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵・鶴見隆史
花粉症は1週間で治る・溝口 徹
やってはいけないウォーキング
ヨガの喜び 沖 正弘
『らくらく毛管運動』で若返る
アワ歌で元気になる
活性酸素に負けない本
体が若くなる技術・ミトコンドリア
ねこ背は治る
精神科医が教える50歳からのお金をかけない健康術
あらゆる病気の原因は「お血」にある
病気の原因は汚血
病気にならない生き方
死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい
腸の力であなたは変わる
孟司と誠の 健康生活委員会
死ぬまで元気に生きるための七つの習慣

■食べ物
日本の長寿村・短命村晴れ
その食生活では若死する晴れ
長寿村・短命化の教訓晴れ
長寿村の秘食
自然治癒力が上がる食事:小峰一雄
すごい塩 白澤 卓二
鎌田式 健康ごはん
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物
家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法
食の堕落と日本人 小泉 武夫
食品の裏側2 実態編
安い食べ物には何かがある
長生きしたけりゃ肉は食べるな
こうして作れば医者はいらない
一汁一菜でよいという提案
若杉友子の一汁一菜
ジョコビッチの生まれ変わる食事
小麦は食べるな!
シンプルに暮らす
種子法廃止でどうなる?
世界の長寿食 森下敬一
パンと牛乳は今すぐやめなさい
■少食
甲田式健康道 決定版
長生きしたければ朝食は抜きなさい
朝食をを抜いたらこうなった
奇跡が起こる半日断食 すまし汁
一日一食のススメ
人の運は少食にあり
空腹こそ最強のクスリ
週1断食で万病が治る
■ナチュラル・ハイジーン
「フォークス・オーバー・ナイブス」に学ぶ超医食革命
フィット・フォー・ライフ
からだの力が目覚める食べ方
■味噌
体質と食物―健康への道
健康食みそ
■サラダ油は危険
オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい
認知症が嫌なら「油」を変えよう
サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!
その「油」をかえなさい
油を断てばアトピーはここまで治る
本当は危ない植物油
なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか?
病気にならない人は何を食べているのか
長命革命
■瞑想
お医者さんがすすめる すごい瞑想
瞑想メソッド100
マインドフルネス瞑想入門
瞑想のあすすめ
ヒマラヤ聖者のマインドフルネス
自信エネルギー開発法
■スピリチュアル
生きがいの創造
生命誕生の事実
アワ歌で元気になる
冥界からの電話
いのちのヌード
ゆるゆるの法則
金星人オムネク・オネクのメッセージ
地球人になった金星人オムネク・オネク
■携帯電話
携帯電話 隠された真実
コロナと5G
■世の中の真相
日本が売られる晴れ
離間工作の罠 池田 整治晴れ
未だ占領下にある日本の是非を問う
この国を操り奪う者たち
99%の人が知らないこの世界の秘密  内海聡晴れ
日本会議の正体 青木 理
25%の人が政治を私物化する国
STAP細胞の正体
政府はもう嘘をつけない
GHQ焚書図書開封
知らなかった、ぼくらの戦争
もう一つの「幕末史」
常識が変わる 200歳長寿!
秋山佳胤のいいかげん人生術
一生、薬がいらない体のつくり方
■人文・思想・暮らし
「炭」これは便利だ!102の使い方
生命誕生の真実
あきらめないUNSTOPPABLE晴れ
寂しい生活 稲垣 えみ子晴れ
人生はどこでもドア: リヨンの14日間
もうレシピ本はいらない
ぼくたちにもうモノは必要ない晴れ
国家と教養 藤原正彦晴れ
〇の近い△を生きる「正解」や「正論」にだませれるな
「農業を株式会社化する」という無理
日本農業再生論
ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉
思った以上の人生は、すぐそこで待っている
八正道
信じる力が幸運を呼ぶ
おかげさまで生きる
自分を休ませる練習
食べない、死なない、争わない
食べない人たち
発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方
老ける脳と老けない脳・友寄英哲
私の生活流儀 本多静六
「和の食」全史
元気に下山 五木寛之
孤独のすすめ 五木寛之
人間の芯 曽野綾子
ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ
ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が「豊か」なのか
幸せのメカニズム
アウトプット大全
本を読む人だけが手にするもの
ネット断ち
1冊読み切る読書術
トリノトリビア
1からわかるキネシオロジー
大河の一滴
今すぐしなくてはならないこと
幸せになる遺伝子の使い方
君のやる気スイッチをONにする遺伝子の話
命と人生を決める歯臓と遺伝子
進化する里山資本主義
目覚めよ、松果体
自粛バカ
知ってはいけない現代史の正体
人生で大事なことはみんなゴリラから教わった
新型コロナと巨大利権
永遠の0

■経済
お金の流れで読む 日本と世界の未来晴れ
資本主義の終焉と歴史の危機
国貧論
国富喪失
銀行消滅
あらゆる領収書は経費で落とせる
税金を払わずに生きてゆく逃税術
■菜園
タネの未来
現役サラリーマンの自給自足大作戦
畑が教えてくれたこと
野菜は小さい方を選びなさい
■IT
AI入門講座

オススメYou-Tube
次項有甲田光雄ラジオ深夜便 1/6
安田節子 種子法の廃止や食べものの安全基準の緩和?
日本のタネが危ない!山田正彦先生(元農水大臣)
合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験
絶食療法の科学
安保徹博士(2013.06.09星陵会館)
安保徹博士「ワクチンは危険がいっぱい
船瀬俊介先生 クスリは飲んではいけない
船瀬俊介先生『抗がん剤で殺される?』
内海聡医師「99%の人が知らない世界の秘密を暴く!」ワールドフォーラム2014年4月現代医学を問う講演会
現代医療は経済活動
最新記事
写真ギャラリー
◆調味料(アミノ酸等)
正体と秘密
超身近な怖ろしい害
食品添加物で病気になる
食品添加物の危険性.com

actto BST-02 ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)

新品価格
¥1,480から
(2016/1/29 15:29時点)

【送料無料】ツインバード コンパクト精米器 精米御膳 ホワイト MR-E520W [MRE520W]

価格:12,860円
(2016/9/13 04:29時点)
感想(44件)

白米,7,5,3分に設定できる
米5合まで

血液をきれいにして病気を防ぐ、治す 50歳からの食養生 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2017/9/21 04:31時点)


アルツハイマー病 真実と終焉"認知症1150万人"時代の革命的治療プログラム

新品価格
¥1,944から
(2018/8/4 13:06時点)

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

テクノAO 一般家電用【電磁波防止グッズ】【ポイント3倍】

価格:14,300円
(2016/1/14 05:05時点)
感想(15件)

トータルヘルスデザイン - 宇宙情報

メール seaside_cycling@yahoo.co.jp

2019年03月19日

「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業論

「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業論 [ 内田 樹 ]

価格:1,540円
(2021/3/14 04:57時点)
感想(0件)


■内田:「農業にも生産性を」とよく耳にしますが、・・・
養老:そもそも僕、本気で聞きたいんだけど、みなさんは自分の人生、生産性が高いと思っているんですか?「生産性」ってもっともらしく聞こえるんだけど、ほとんどの人は生産性ゼロですよ。いやマイナスじゃないかな。少しは足元を見てごらんなさいよって。(P2)

■養老:農業に「生産性」を求めるという考えは、もともと無理があるんです。たとえば、アメリカの中西部のトウモロコシ畑なんて、本当に100年も200年も続けられると思っているとしたら、いずれ大変なしっぺ返しを食らう。
内田:100年後、どうなっちゃうんですか。
養老:あの辺を飛行機で飛ぶと、緑と茶色の丸いものが見えるんです。スプリンンクラーで水を撒いているから、畑が丸いの。それを効率的だと言っているけれど、その水はどこから来ているのか、という話でしょ。地下を流れている氷河の溶けた水を、ひっきりなしに吸い上げているわけなんだから。
内田:水がいずれなくなるんですか。
養老:そう。やかんを沸騰させ続けたらなくなるのと同じ理屈です。淡水でも空焚きしたら塩だけがのこる。その手法を続けていたら、周囲は塩だけになるでしょう。アメリカはそれを「生産性の高い農業」と呼んでいるわけだけれど、いったいそんなことがいつまで続けられるのか、と聞きたいですよ。
養老:遺伝子の組み換えだってそう。イタチごっこになるに決まっているんです。農薬もそうでしょう。いずれは雑草のほうに除草剤耐性がついて、より強力な別の除草剤を開発しなければなくなって----。雑草のほうが作物より種類が多いから、頑張るのも早いわけです。だから、僕は冗談でなく「いずれは除草剤耐性の木が生えてきますよ」って言っているんです。
・・・・・
 だから僕は農業を経済問題として語るのは、まったくの間違いだと言っているの。かつての人々には、人は土から生まれて土に還るという意識があった。農業というのはもともと、自分たちと分かち難いものとして自然といかに共存していくか、という話であったはずなんだ。(P219)

■世界各国にある固有の食文化は、すべては、飢餓の回避のための工夫です。主食が多様であるのは、リスクヘッジのためです。米を食べる集団があり、小麦、豆、イモを食べる集団がある。集団ごとに主食が散らばっていると、例えば、米だけがかかかる病気が流行って、米を主食にする集団が飢えて壊滅しても、他を食べる集団は生き残れます。米を食べる集団も米がなくても、トウモロコシやイモを食べれば生き残れます。これは飢餓対応の基本戦略です。
 でも、グローバル経済は、食文化を均質化することを要求します。地球上の70憶人が全員同じような食生活を営むということは、食料生産の合理性から言っても、流通や消費のコストから言っても、最大の利益が期待できるからです。だから、グローバル経済は食文化をフラットすることを狙っています。でも、生身の人間はそれに強い違和感を覚える。それは、できるだけ多様な食文化を確保しておくということが飢餓を回避するための人類学的工夫だったからです。(P16)
 僕がつねに「多様性が必要だ」と言うのは論理的に正しいというような気楽な話をしているのではありません。多様なものが混在している社会しか危機的状況を生き延びられないからです。(P19)

■農業を営利企業のつもりでやった場合、たぶん失敗する。農業という産業が成立するためには、その段階として膨大な「不払い労働」が存在するからです。
 農業が成り立つには、山、森林、湖沼、河川、海洋というすべての自然環境が整備されていなくてはなりません。山、森、川、海が守られて初めて農業が成立する。ある面積の耕地さえあれば単独で農業が成立するというものではありません。これまでは不払い労働として農業従事者自身が担ってたきた。草を刈ったり、道路を補修したり、河川を修繕したりという作業は、それ自体農業ではありませんが、誰かがそれをやらないと農業が成立しない。でも、もし仮に営利企業が農業に参入してきた場合に、彼らは農業が成立するための環境整備のコストをはたして負担するでしょうか。僕は負担しないと思います。
 それは、企業経営の基本戦略が「コストの外部化」にあるからです。営利企業の創意工夫はいかにして自分が負担すべきコストを「他に押し付けるか」にかかっています。コストを外部化することに成功した企業ほど、大きな収益を上げることができる。ですから、農業が成立ための基盤整備についても、企業は「環境保全は自治体の仕事だ。そういうことに税金を投入すべきだ」というはずです。コストを外部化しないで引き受けたら、農業ではほとんど利益が見込めないからです。
 しかし、「強い農業」論者はこの問題を(意識的にか無意識的にか)見落としているように思えます。
 「強い農業」論者は農地を統合して、機械化して、収量を増やして、人件費コストを削減すれば、儲けがでると電卓を叩いているかもしれません。
 農業というのは、100年200年というスパンで考えていかなければいけないものです。株式会社は当期利益至上主義ですから、長いスパンの中で、国土を安定的に保全して自給システムを維持するということには何の関心もない。でも、それを責めても仕方がない。株式会社とは「そういうもの」だからです。
 例えば、原発は一度事故が起きれば、大変なことになる。しかし、そのようなリスクを冒しても目先の金が欲しいという人たちが電力会社を経営している。それは、国土と国民の持続可能性には興味がない。当期の収益しか眼中にない。でも、それは、彼らが非人間的であるからではありません。そうではなく、長期にわたって存続するということ自体が株式会社にとっては何の意味もないことだからです。
 アップルもグーグルもフェイスブックもあと10年後に存在するかどうか誰にもわからない。老舗の東芝も三菱自動車も日産も神戸製鋼もあと何年存在するか誰にもわからない。来年倒産しても誰も驚かないでしょう。
 だから、あらゆる社会制度を株式会社に準拠して制度化するというのはたいへん危険なことだとつねづね申し上げているのです。
自治体は民間企業のようであると言い出して市民の喝采を浴びたのは大阪の橋下徹前市長でした。けれども、自治体は良質の行政サービスを安定的に供給するシステムであって、利益を上げることや、コストをカットするために存続するわけではありません。定常的に機能すべき制度を市場原理や競争原理を持ち込んで改変したらどういうことになるか。それは大阪市の現在の行政の混乱をみれば明らかでしょう。
 医療や教育も20年ほど前から「株式会社化」の波に洗われています。
 資本主義は株式会社そのものの寿命にはまったく興味を示しませんが、それとは裏腹に経済成長は永遠の続くことを前提にしています。でもそれは、夢物語です。(P28)

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8649744
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
よく見るサイト
ぴかぴか(新しい)最近の懸念・関心
馬渕睦夫さんディープステート
子供達のワクチン接種の話
池田整治さんのFBより
5G推進にストップを
ワクチンに除草剤が混入
落ち葉でプランター栽培
Saarahat(サアラ)さん
PCR検査
化学肥料が地球温暖化に
天然塩はなにより大事
現在の異常気象は800年周期
民営化は公営よりコスト高
ナチュラアルハイジーン

血液と健康の知恵新装版 医学革命の書 [ 千島喜久男 ]

価格:4,180円
(2021/3/23 04:15時点)
感想(0件)

離間工作の罠【電子書籍】[ 池田整治 ]

価格:1,408円
(2021/3/23 04:13時点)
感想(0件)

プロフィール
さんの画像

 食べ物や健康に関する本が多いのは、原因不明の角膜潰瘍という病気になり、左眼がよく見えなくなったからです。食生活が悪かったのでしょう。  正しい食生活をしていたら、原因不明の病気にはならなかったかもしれません。
プロフィール
twitter exclamation×2 
 
最新記事
カテゴリーアーカイブ
リンク(健康)
リンク(真相)
Ryutaimoji.jpg
VOA Health