<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
カジヤマ シオリ(@Kindermeer )さんの画像
カジヤマ シオリ(@Kindermeer )
元女性アシスタントディレクター。 心は広島とオランダにおいてきぼりですが、名古屋市民です。 いちにんまえのトラベルライター目指し、日々これまでの旅行経験や映画や洋楽、西洋美術や海外ドラマなどについての記事を更新してます。 ネタになるだけ、今までの経験は無駄じゃない!
執筆先一覧
たびねす:http://guide.travel.co.jp/navigtr/833/
ランキングシェア:https://travel.rankingshare.jp/jmpgykxgpl/top
Twitter:@Kindermer
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
検索
ファン

広告

posted by fanblog

2016年08月05日

オランダがなぜこんなにも好きすぎるのか(ワーホリ国追加希望)





8月か…8月か…
いかがお過ごしでしょうか、カジヤマシオリです。

体調不良によりいろんなものが滞っております。

ほんとは体調不良…ではないのですが実際そんな変わんないっていう。
事情によりなんで体調不良なのか、その理由をオープンにできません。
昨今の事件でそういう問題により神経質になってるっていうのもあります。
早く差別や偏見がなくなって、オープンにすることが当たり前にできる世界になってほしいものです。

この前置きとは関係ないのですが、
今日はこんな話題で。
「オランダがなぜこんなにも好きすぎるのか」





ブログやツイッターで「オランダ行きたい」「オランダが恋しい」「むしろ住みたい!」
とその愛を爆発させまくっている私。
(うるさくてすみません)
ワーホリ可能な国へ早く追加されないかなあと切望。
加えて、オランダ国内で日本人が労働ビザなしで働けるという特例について、
なくなりそうだと聞いております。
今後どうなっていくのかもかなり気になってます。

なぜこんなにも愛を叫んでいるのか。
大好きなポイントを紹介します。





@フェルメールの故郷(その他すばらしいアーティストを輩出)

IMG_1022.JPG
(左がフェルメール作「デルフト眺望」)

これがイチバンの理由です。
卒業論文でフェルメールを取り扱ったほどに好きなのです。
現時点で、35点前後と言われるフェルメール作品、そのうちの半分以上をこの目で見てます。
ダメダメなわたしをヨーロッパへ駆り立てたきっかけといっても過言ではないでしょう。
最初はフェルメール作品を見たくて、卒業旅行としてチェコ・オーストリアの旅へと出たのです。(学校の勉強でイタリアに行ったことはありますが)そしてイギリス、オランダ、またイギリスと訪れました。

日本で見るのもいいけど、やはりヨーロッパ現地の美術館で見る感動はやみつきになりますね。
加えて日本よりも混んでないし(重要)

彼の生まれ育ったオランダで見た時の感動はひとしおです。
今までとくらべものになりませんでしたよ。
実際に作品を見たあとに散策したデルフトの街。もう大好きな気持ちが爆発しそうで辛かったです。
こんな思いがあるのでオランダが大好き。

レンブラントやゴッホという有名画家の故郷でもありますし。
ホーホやステーンも好きだし。
偉大な画家たちを多数輩出しているからか、オランダは美術館がとても多い!現代のアーティストの活動も盛んな気がする。そういうのも私にとっては大きなポイントです。

A単純に街並みが好き

IMG_1053.JPG
(ヒルバーサムの住宅街)

街並みが完全に好みですね。イギリス・グラスゴーといい勝負してるんですが、やっぱりオランダのほうが。
運河が流れる様子、古い建物が多いところ、現代的なビルと共存する景色、やたら教会も多い。観光地でなくとも住宅の並ぶ雰囲気も好きだったり。住宅街は背の高い建物が少ない。街によって微妙に特徴がちがうのも好きなポイント。同じオランダなので大きな差はないんですが、それでも少しずつ違う。

Bオランダ人の話す英語が好き。オランダ語がわからなくてもやさしい

これは完全に好みです。なんだろう…

ネイティブな英語よりも、英語を第一言語をしないけれどヨーロッパ民、というオランダ人の話す英語のほうがわかりやすいです。
そりゃ中にはネイティブレベルの人もいるし、人によって差があるのはわかってます。
だけど、オランダの人の話す英語は、どこか教科書のような感じなんですよね。
ネイティブの流暢さではなく、教科書のきっちりとした英語。悪い意味ではなく。
訛りがあるかどうかよりも、そういう英語のほうが助かるんです。
私はネイティブ英語よりもそういう英語のほうが聞きやすいんです。
教科書で勉強してきた私にとっては助かります。
共感していただけるだろうか…(不安)

オランダ語ってやはりマイナーな言語だと思います。日本語しかり。
その自覚があるからか、私が英語オンリーとわかれば、話せる人は英語で話してくれるし。
その環境も助かります。
だけどオランダ語ができるに越したことはない。オランダ語マスターになりたいよ!

Cほどよい大きさ

何の大きさ?
って感じですね(笑)

オランダ1周も夢じゃないくらい、大きすぎない土地も好き。
たしか九州と同じくらいの広さなんですよね?
なのに見どころがつまっているのも素敵。国境近くから反対側の国境近くまで移動するのも日帰りでいけちゃいそうなくらいってききました。
アムステルダムから電車で1時間以内のところに、日帰りでいける観光スポット多いし。
このコンパクトさが好き。同じイギリスなのにエディンバラからロンドンまで電車で5時間…ってことがないのがいい。





Dなぜかバンドがかっこいい

なぜか(笑)
ブログやツイッターで再三話していますが、これも結構大きい。

Only Seven Left(以下OSL)



DareDevils



Lucas Hamming



Bombay



The Overslept



日本では(ほぼ)知名度はないでしょうが、
かっこいいですみんな…!
こういうバンドがあるっていうのが大きいです。
そりゃ日本にもかっこいいバンドいるし、世界中見ればたくさいんいる。
だけどオランダのバンド、ちょっと違う感じがしてかっこいい。
いつかオランダでライブに行きたい。そのためにはOSLの活動再開、切実に求む!


以上、5つご紹介しました。
けっこう主観も入ってるし、自分の好みで語った部分が大きい。
ですが!ほんとにオランダ、おすすめです。
興味のある方は過去記事をさかのぼっていただけるとありがたい!




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5310317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。