<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
カジヤマ シオリ(@Kindermeer )さんの画像
カジヤマ シオリ(@Kindermeer )
元女性アシスタントディレクター。 心は広島とオランダにおいてきぼりですが、名古屋市民です。 いちにんまえのトラベルライター目指し、日々これまでの旅行経験や映画や洋楽、西洋美術や海外ドラマなどについての記事を更新してます。 ネタになるだけ、今までの経験は無駄じゃない!
執筆先一覧
たびねす:http://guide.travel.co.jp/navigtr/833/
ランキングシェア:https://travel.rankingshare.jp/jmpgykxgpl/top
Twitter:@Kindermer
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年11月26日

pk/ぶっ飛んでて、真剣で、物事の本質に迫ったインド映画







ほんとはずいぶん前に見てた映画ですが。
「pk」というインド映画を見ました。今日はそのレビューです。

ネタバレにならないあらすじを。
宇宙船で地球にやってきたけれど、いざ自分の星に戻ろうと思ってたら、そのために必要なカギを何者かにひったくられ、自分の星に戻れなくなった男。
留学先のハンガリーで失恋し、母国インドに戻ってテレビ局のリポーターをするヒロイン・ジャグー。当たり障りのない、批判を恐れたネタばかりをやるテレビ局に対して抱いていたフラストレーション。この状況を打破したいと思っていたところに現れたのが、その男。「神様が行方不明です」というビラを電車内で配り歩いていた。「これはネタになるんじゃ…?」と踏んだジャグーがその男をおいかけるところから、ストーリーが始まります。
しばらく、その男がなぜこういうことをすることになったのか?という回想が入り込んで、テレビに出ない?と提案するジャグー。神様ってなに?人は神様に願うけれど、現実はそうはうまくいかない。それはなぜ?人が神にすがる純粋な心と、このしくみを使って悪儲けをするものに迫ろうとする。

「pk」とは、インドでは「酔っ払い」をさす言葉だそう。
pkと呼ばれる男は、地球に降り立ったときは何もみにまとわず、
何も話すことができず、もといた星と同じ方法でコミュニケーションを取るべくいろんな人の手を握ろうとし、
そのさまから、pkと呼ばれるようになった。

いやー長かった。深かった。インド映画大好きです。
ただハッピーなだけなんじゃない。「宗教」って何?神に誓うって何?ってことに問題提起をしてくれてます。
人間なのか天使なのか、宇宙人なのか。まったく不思議な存在のpk。
すっごくコミカルなんだけど、しっかり真実を追求してくれてます。

アーミル・カーン、ここでもさすがの活躍ですね。
この不思議な存在をここまで演じ切れるのも彼、とびっきり大きな目と耳がそれっぽい(笑)
冒頭でフルヌードをさらしてますが、たまりません。すっごくムキムキで…
ただのpkではない、世の中の悪いことに迫ってやろう感がひしひしと伝わってきます。
ひそかに思いをよせる女性に、好きだって言いたいけれど、なかなか言えない。そのもどかしさと、好きな人の幸せをほんとに願うひたむきさ。きゅんとくる要素も満載ですね。

あと、特筆すべきはヒロインのジャグー!インド映画のヒロインって、なんだかすごく可憐で、お姫さまっぽさがあって、とびきりの美女。あんまり得意じゃないタイプ(笑)
だけどジャグーはとても親しみがもてました。ショートカットもかわいかった!
友達になりたい。男の人に守ってもらうんじゃなくて、自分で未来を切り開いてくタイプの。
活発で、とても好感もてますね。正しくないことははっきりと言えるその強さ。うらやましい。
インド映画のヒロインのイメージとはかけ離れてましたが、それがあえてストーリーにいい影響があったかもしれない。
pkみたいな男の人がメインなら、きゃしゃで美しいお姫さまみたいな女の子よりも、クラスメイトにいたら人気ありそうな女の子のほうがあってますね、うん(笑)





「きっと、うまくいく。」もとてもよかったけれど、
こっちもかなり好印象ですね。

2016年11月17日

妄想トリップ!次の旅の妄想はドイツ

AME74dmakitex_TP_V.jpg

ドイツのイメージはバウムクーヘン。しかしながら、ドイツでは日常的に食べられているものではないそうだ





なかなかヨーロッパにも行けませんで。

でも契約社員ながら有休はきっちり消化させてもらえるそうなので、有休が発生する期間までとりあえず我慢して、そこからまたヨーロッパへ飛んでいきたいと思います。

それまでの期間は、妄想でしのぎます。そう、妄想トリップ!
題して「妄想トリップ!次の旅の妄想をする」
…そのまんまじゃねーか。
おそらく有休5〜7日に土日休みを4日くらいくっつけて旅することになりそうなので
金曜の夜に日本を発つ→土曜の昼頃にヨーロッパ着→次週の金曜あたりにヨーロッパとグッバイ→土曜または日曜に日本
というスケジュールに固定して、やってみます。

ということで、今日の妄想先は…
「ドイツ」
です!

それでは早速。
土曜午前にベルリン着
その後ステイ先にスーツケース搬入、余力があればそのあとフェルメールとカラヴァッジョを見に絵画館へ。美術館の閉館時間が過ぎていたり、余力がない場合はミッテ地区を街歩き。ハッケシェ・ヘーフェ(ビルのなかにトレンドの個人経営のショップがいくつもある)とかも行ってみたいし、大聖堂は外観だけでも…。とりあえず早めに帰る。
夜はとくにこだわりなし(気の向いたお店に入ってもいいし、日本から持参したインスタントの何かでもいいし、スーパーやファストフード店で調達するのも…)

日曜の朝(11:00〜)フェルメールを見に絵画館へ。(前日に見てればスルー)
ペルガモン博物館も行きたい。テレビ塔やブランデンブルク門も。ベルリンの名所めぐりもいい。気ままに街歩きしてお気に入りのショップを見つけるのも。昼はカフェとかBIO系のお店がいいかな。





月曜は朝から移動。ドレスデンへ。(電車で約2時間)。昼前にドレスデン着、スーツケースをステイ先へ搬入。そこからフェルメール目当てでアルテ・マイスター絵画館へ。そのあとノイシュタット地区をふらふら。「世界一美しいミルク屋さん」ことモルケライ・プフントは外せない。エルベ川の夜景を堪能。ひとりのクルーズは寂しそうだからやめときます…


火曜の朝、もし早起きできたらドレスデンの街中を1〜2時間散策。見たりないところを。そして、午前中のうちにブラウンシュワイクへ移動(電車で約3時間半)。昼過ぎにブラウンシュワイクへ。アントン・ウルリッヒ美術館の近くにできるだけステイ先を取りたい。ささっとランチ後に美術館に直行。美術館に荷物を預けて(クロークありますよね…?なければ先にステイ先へスーツケース搬入)。鑑賞。閉館間際までいそう。Happy Rizzy Houseってまあいかにもヘンテコカラフルな建物の存在を知ったので、興味本位で訪れちゃいそう。ふらふら街歩きしてみたい。

水曜の朝からは移動。現時点ではケルン(電車で約4時間)、またはフランクフルト(電車で約3時間)を検討中。フェルメール目当てではない(フランクフルトのシュテーデル美術館にある「地理学者」は日本で鑑賞済み。またチャンスがあれば見たいなという程度の思い入れ)
ので、行くところはたぶんその時に決めるかなあ。ケルンなら大聖堂は外せないし、コロンのお店にも行きたい。フランクフルトなら迷わずフェルメール。そしてその町に宿泊。フランクフルトなら木曜もそのまま滞在して木曜じゅうに帰国するのもアリ?金曜でもいいと思うけど。ケルンなら次の日にデュッセルドルフに移動し、金曜じゅうに帰る?

これだけ休みがとれればドイツ横断できそうですね、電車での移動がとても多くなってますが。ほぼ毎日移動が組み込まれてますが、ちょこちょこ立ち寄りながら。ジャーマンレイルパスの出番ですね…

さすがにオランダまでは足を伸ばすことはできないですか。
ケルンとかフランクフルトをすっ飛ばしてアムステルダムまで向かえば、5時間少々かかりますが行けるみたいです。
ケルンまで行くのと1時間ちょっとしか変わんないんだもんな。ケルンは帰国するときにデュッセルドルフまで出なきゃいけないけど、アムステルダムには空港あるから、そこまで行っちゃえばそういうこともないし。
でもオランダ大好きな欲張りさんだから、デルフトとかヒルバーサム(大好きなバンドの活動拠点)も行きたいし、行ったことない街も行きたいし!

ってなったら足りないだろうな。好きなバンドのライブがかぶりそうだったら、そこに合わせて旅程組んでってのができそうならいいと思う。たぶんアムステルダムではやってくれないだろうけどな…





おっと。妄想しすぎたようです。
それではこのへんで。

2016年10月30日

最近読んだ漫画を紹介したい(少女漫画)

これまで、少女漫画を読み漁る経験はほとんどありませんでした。
小学生のころの「ちゃお」以来…

そんなわたしですが、
まあ、AD時代は忙しくて色恋沙汰など…
今は職場がぐんと年上の人しかいませんし…
ということで、少女漫画でときめきをチャージしてる、23歳女子です…

ということで、ネタもないし、
最近読んだ少女漫画を!

☆初恋はじめました。/山田デイジー
(なかよし、講談社)

まさかなかよし系のコミックスを手に取るとは…!
主人公は地味メガネ読書大好きな女子。そんな女子が、学園イチのアイドルに告白されるという物語です!
超越したストーリーではあるものの、主人公女子に好感がもてます。高望みしたりドリーミーな感じではないのですが、
常識人で冷静。でありながら、今まで無縁だったリア充の生活に戸惑うところもなんかカワイイ…!
将来有望な走り高跳びの選手、しかもイケメンで可愛い系男子のハルキも、まあモテすぎててちやほやされすぎてるところがあるものの、いやな性格ではありません。モテること、陸上のすごい選手だってことを鼻にかけることもなく。
このハルキがすごくタイプなんです。ホイッスル!(少年サッカー漫画)の、ノリックこと吉田光徳のような犬っぽさ…!
このノリックがホイッスル!で言うほどスポットライトがあたらなかったキャラなので、ノリック欠乏症のわたしにはたまらなかった。

自分に恋愛なんてきらきらしたものは似合わない。だけど、その気持ちにしっかりと向き合おうとしてくれるハルキに、心がすこしずつ動かされていく様子。すきです、わたし!

初恋はじめました。1巻【電子書籍】[ 山田デイジー ]

価格:432円
(2016/10/30 21:54時点)
感想(0件)




初恋はじめました。2巻【電子書籍】[ 山田デイジー ]

価格:432円
(2016/10/30 21:55時点)
感想(0件)




初恋はじめました。3巻【電子書籍】[ 山田デイジー ]

価格:432円
(2016/10/30 21:55時点)
感想(0件)




初恋はじめました。4巻【電子書籍】[ 山田デイジー ]

価格:432円
(2016/10/30 21:55時点)
感想(0件)




初恋はじめました。 1-4巻セット

価格:1,853円
(2016/10/30 21:55時点)
感想(0件)




4巻まとめて購入しましたよ…

ほかにも手元に漫画があるのですが、
じっくり読んでからレビューしよっと。

日本シリーズ、カープ敗退に落ち込んでいる場合ではないのだ

2016年10月23日

時差ぼけしてるなら、ロンドンでミュージカルはやめとけ/夜中に犬に起こった奇妙な事件





今回はちょっとした思い出話です。
さくっとやりますよ。

IMG_3498.JPG

6月のロンドン滞在。
元役者ゆえ、舞台を見るのが好きな私。貧乏旅行でありながらも、ロンドンでミュージカルを見ることと、美術館を楽しむこと、
映画「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のロケ地めぐりをするのはゆずれない。
ということで、舞台、見ました!

以前滞在したとき、チョイスしたのは、フランク・シナトラのミュージカル。
セリフや演技はなく、過去の映像や歌を、舞台上で大勢のダンサーとオーケストラによる演奏とともに楽しむものでした。
今回は演技を!ということで、
「夜中に犬に起こった奇妙な事件」をチョイス!


シナトラは、英語がわからなくても、シナトラの歌を知ってる人ならきっと楽しめるものでした。
(お客さんは若い人そんなにいなくて、アジア人はわたしくらいだったけど…)
今回見た、夜中に〜はセリフが多い。
あと、ストーリーに沿って舞台装置がどんどん変わっていきました。
あと、主人公はアスペルガー症候群という設定。アスペルガーぽい演技かはさておき、かなり早口なんです。ちょっと言葉が絡まってる感じもあり。
英語がわからないときついです。早い展開と舞台装置の変更についていけません。
早口ながらも役者さんだから、発音悪いとかそれはないと思います。
主人公とっても頭脳明晰だから、ストーリーがぽんぽん進んでいきます。
いつその話になった?みたいな。





演出方法もかなり斬新だし、舞台装置もとても勉強になりました。
ストーリーはとても面白いと思います。アスペルガーというくせのある主人公が、死んだ犬の真相を解明するために周囲とかかわっていき、答えを導きだそうと奔走する姿。
あと、舞台装置的に、1階席で見るのはきついと思います。
なぜなら、1階席はまっ平ら。後ろにいくほど少しずつ席の位置が上がっていく、というのではなく、どこまでもまっ平ら。
前の席に大きな人が座ってると、装置の一部や役者さんの足元が隠れてしまいます。かなり見づらいです。
舞台の位置よりも客席のほうが少し下にあるので、どの席に座っても見上げるようになります。眠いとつらいです。首が痛いです。うとうと…
それと、横に広い劇場ではありません。シナトラやってた劇場のほうが、横に広かったです。

もしこのミュージカルが見たいなら、1階席よりも2階席のほうがおすすめかも。
それか、1階席のなるべく前の方。もしかしたらとびきり後ろのほうが首が疲れないかもしれないけど、それはそれで舞台上が遠いから見えづらいし…
あと、英語に自信がない人はなかなか理解が難しいかも。なじみのあるストーリーじゃない分(小説を読んだことがなければ)、ストーリーと英語の理解、ついていけなくなりそう。
あと、時差ぼけや旅疲れのある時はおすすめしません。頭がついていきません。すっきりとした状態で楽しみましょう。






無事就職でき、フルタイム勤務でなかなかパソコンに向かう時間がとれぬ…
有休でドイツ横断するのを夢見て、しばしがんばります。





2016年09月25日

赤い電話ボックスのポシェットの使い道を必死に考えた(募集中)





久しぶりのブログ更新で、何をしようか迷ってて、
目に飛び込んだのが、これ。

IMG_4039[1].JPG

完全なる衝動買い。
6月のイギリス旅行の際、帰国前のロンドン・ガトウィック空港のアクセサライズにて、ひとめぼれして購入しました。
日本にもアクセサライズ、いくつかお店があるみたいですが、行ったことない…

Accessorize 2016COLLECTION BOOK

価格:1,944円
(2016/9/25 12:17時点)
感想(0件)




ムック本も出してるらしいですね。

ヨーロッパではけっこう有名な、プチプラアイテムがそろう雑貨屋さん。
10代前半よりも前から大人まで楽しめるアイテムがいっぱいあります。コスメもバッグもヘアアクセサリーもジュエリーも。
安いぶんつくりも粗いところがあるものの、品揃え豊富で、いるだけで楽しい!

初めてアクセサライズを知ったのは、2013年、イタリア・フィレンツェ。
ブランドショップが揃うエリアにアクセサライズもあって、メガネかけた猫のがまぐちと、花柄カメラのネックレスを購入。
イギリスにももちろんあって、前回ロンドンに行ったときも外せませんでした。

こういうロンドンっぽいアイテムは、おみやげにぴったりですよね。
前回のロンドン旅行と品揃えがかなり変わってました。

しかし、使い道がわからない!
縦長で、大きな財布が入るかどうか。リップと手鏡とハンカチ入れたらぎっちぎちになりそう…!
使い道がわからないながらも見た目がポップでかわいいので、ディスプレイ用です、完全に!
一度も外に持ち出したことがありません。

IMG_4041[1].JPG

内側もビビッドなピンクでかわいい。
子ども用なんかな。ロンドン気分を上げるためだけのもの…?

この中に、シュシュをつめてみました。

IMG_4042[1].JPG

ちょうど、四角のサイズがシュシュの直径にぴったり!
形もくずれることなく、ジャストサイズでシュシュを積むことができました。
今、思いっきりショートカットでシュシュでまとめるほどの量と長さがないので、一時的にお蔵入りとなっています。
また髪の毛が伸びるまで、この中で一時保存してみようと思います。

完全にディスプレイ化してしまってるけど、
いつかこのポシェットを持っておでかけしたい!!
おでかけしてみたい!
ともくろんでます。

この使い方、考えてくれる方、募集中です。




×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。