雪遊びに必要なもの-其の2「大人のスノーウェア」: ファミキャンGo!!

広告

posted by fanblog

2018年02月13日

雪遊びに必要なもの-其の2「大人のスノーウェア」

zz-13065103-3_403.jpg
雪遊びに必要なもの。

子供のスノーウェア選びが無事に完了したので、いよいよ大人のスノーウェア選びです。

ウィンタースポーツ(スキー・スノーボード)の初心者にお勧めのウェアは何か?

インターネットで調べても好きなデザインを選ぼう、とか、値段場ピンキリだったりなど、賛否両論でよくわからなかったので、今回もスポーツ用品店を物色してきました。

ざっとお店を見た感じでは、スノーボードウェアは若者向きで派手派手ですな。
子連れのアラフォーおっさんには、ちょっと厳しいです。

やっと落ち着いたデザインのものを見つけて手に取ると「バートン」というブランド。

デニムカラーのジャケット。
IMG_6174.jpg
IMG_6172.jpg
グレーのパンツ。
IMG_6177.jpg
IMG_6175.jpg

上下合わせて定価5万近くがセールで3万7千円か。

バートンはスノーウェアでは、かなり鉄板(ベタな)のブランドのようですね。

バートンと言えば、個人的にはキャンプチェアのブランド、ヘリノックスとのコラボでも有名なんで、疎い私でもその名を耳にしたことはありました。

色々なサイトで、迷ったらバートン買っとけ。

と書いてあるのを見かけましたが、有名なだけに人とかぶることもあり、アンチの方もいるそうな。

なんとなく、キャンプ用品メーカーでいう、スノーピークのような存在でしょうか?

私は単純に色味やシンプルなデザインが気に入りました。

さて、ウェアを持ち帰って、ディテールを確認してみます。

今回購入したのは、バートンのコバートジャケットというシリーズのウェアです。
IMG_6292.jpg
付属していたタグの表記によると、防水性、保温性、シルエットが同社水準では並みの製品のようです。
IMG_6322.jpg
おそらくこの価格帯でもリーズナブルな方なんでしょうね。
どの業界でも上を見るとキリがないですね・・・

Living Liningという、体温の変化に応じて自動で内部環境をコントロールする3レイヤーシステムが採用されているそうです。
IMG_6293.jpg

○ジャケットの詳細

IMG_6290.jpg
IMG_6291.jpg

私は身長170cmですがMサイズだとちょっとダボダボスタイルになります。
メーカーサイトのモデルさんを見る限りでは。

ミドルフィットで着たい人は、180cm L 170p M 160cm S
ダボダボスタイルが好みの人は170cmぐらいでもLを選ぶ感じのようです。

私はLだとダボダボ過ぎて、雪遊びではズボンの裾が余り過ぎる。
Sを選ぶと普段着ぐらいにピッタリだったので間のMを選びました。

スノーボードをやり始める方で若い人はLサイズの方がカッコいいのかな。
おっさんがやると不自然なのでMサイズ推奨ですw

<各サイズ詳細>
Sサイズ:
着丈 81.5cm、肩幅 47.0cm、身幅 55.0cm、袖丈 71.0cm

Mサイズ:
着丈 84.0cm、肩幅 49.0cm、身幅 58.0cm、袖丈 72.5cm

Lサイズ:
着丈 86.0cm、肩幅 50.0cm、身幅 61.5cm、袖丈 75.0cm

内側もとてもあたたかそう。
IMG_6308.jpg
ポケットには鍵を落とさないようにフックが付いていました。
IMG_6301.jpg
胸ポケットから内側にメディアプレーヤーのコードを通す穴があります。
IMG_6296.jpg
内側に小さなメッシュポケットがあります。
IMG_6300.jpg
脇に通気用のファスナーがあり、開けるとメッシュになっていました。
ベンチレーションですね。
IMG_6306.jpg
後でまた説明ありますが、裾は2重になっていて、パンツと連結できるようになっています。
IMG_6304.jpg

○パンツの詳細

ジッパーのメインポケットに大き目のフラップのマジックテープのポケット
IMG_6309.jpg
後ろにも2つのポケットがあります。
IMG_6310.jpg
メインポケットにもジャケットと同じようなフック付き。
IMG_6313.jpg
内側は部分的にメッシュになっていて蒸れにくそう。
腰回りがゴムのマジックテープで調整できるのでベルト要らずです。
IMG_6312.jpg
パンツにも内股に通気用のジッパーがあります。
IMG_6311.jpg
裾は2重になっていて外側はジッパーで広げられるようになっています。
IMG_6314.jpg
内側はゴムでピッタリ固定できます。端っこの金具はブーツに引っ掛けるのかな?
IMG_6315.jpg
ジャケットと連結させたところ。
後ろがマジックテープ、両サイドはボタンで留める感じです。
IMG_6317.jpg
ジャケットの裾をまくり上げるとこんな感じ。
これをパウダーガード、または、ウエストゲーターと呼ぶらしいです。
雪が入ってこないようにする仕組み。
IMG_6320.jpg
上下あわせるとこんな感じです。
我ながら地味ですが、おっさんにはちょうど良いです。
IMG_6323.jpg

上記のような連結の仕組みがあるのは知らなかったので、ウェアを上下同じメーカーでそろえると連結できるものがあるので、そこは確認ポイントですね。

あと、上着の袖にも雪が入らないようにハンドゲイターが付いているもの、内側にパスケース用のポケットがあるもの、などがあるそうですが、私の購入したものには付いていませんでした。

ちなみに奥様のも同じバートンのジェットセットジャケットというシリーズ。
こちらもシンプルで良いと思います。
IMG_6324.jpg
レディースは裏布地に柄が入っていて可愛いですね。
パンツは軽くフレアになっています。
IMG_6325.jpg

既に3回ほど雪山で利用してみましたが、防水性、保温性はもちろんですが、蒸れないのでとても快適です。

デザインも長く使えそうでとても気に入りました。

コバートジャケット



ジェットセットジャケット


SOCIETY PT


<関連記事>
雪遊びの準備編 其の1(タイヤのチェーン)
雪遊びの準備編 其の2(必要なものをリストアップ)
雪遊びに必要なもの 其の1(子供のスノーウェア)
雪遊びに必要なもの 其の2(大人のスノーウェア)
雪遊びに必要なもの 其の3(スノーグローブ)
雪遊びに必要なもの 其の4(スノーゴーグル)
雪遊びに必要なもの 其の5(スノーブーツ)

関連記事(雪遊び)

【おすすめの記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/7312915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. 最大火力4.1kwイワタニのカセットコンロ、カセットフーbo-ex
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、sotoステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. ピコグリル「picogrill」新作の498レビューさらに調理がしやすく進化しました。
  4. 4. 最新ワンタッチタープ対決「コールマン・インスタントバイザーシェード」vs「カンタンタープ・キャンプカスタム」
  5. 5. ランドクルーザープラドにyakimaのルーフラック-メガウォーリアーを取り付けました。
  6. 6. ユニフレームのクッカーfan5はdx-duoのどちらを買えば良いか?
  7. 7. お洒落すぎる!!カーカムス「kirkhams」のスプリングバーテント
  8. 8. 小川キャンパルのロッジシェルターtcの設営にいってきました。
  9. 9. quechua「ケシュア」ポップアップテントは本当のところ便利か?
  10. 10. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上bbqサイトのレイアウト実例
  11. 11. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
タグクラウド
ガーデニングブログ
Stay Home Gardening
ガーデン
子供の収穫体験と、自家栽培ハーブでキャンプ飯を作りたくてガーデニング&ブログも始めました。育苗・ベジトラグ・LED栽培・自動散水など色々チャンレンジしてますが、全く人気ないので悲しいです。 こちらも是非みてください!


人気ブログランキングへ
楽天おすすめ商品
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。