雪遊びに必要なもの-其の1「子供のスノーウェア」: ファミキャンGo!!

広告

posted by fanblog

2018年02月13日

雪遊びに必要なもの-其の1「子供のスノーウェア」

IMG_6382.jpg

雪遊びに必要なもの。

今回は子供の雪遊び用のスノーウェアを紹介します。

スポーツ用品店のアルペンさんで、店員さんのお薦めなどを聞きながら選んできました。

ちなみに、我が家は2歳と5歳の幼児の男兄弟です。

育ち盛りなので、成長に合わせてサイズ調整できるもの。
リーズナブルだけど品質も良いものを探してきました。

最近の子供用のスキーウェアは成長にあわせて袖や裾の長さを調整できるものがお薦めとのこと。
また、小学生までは雪遊びがメインなので、それほど高価で高性能のものでなくても良い。
でも、防水性、保温性はしっかりしたものでないとダメなので品質面では信頼できるものが必要。

安かろう、悪かろうではいけませんしね。

何でもネットで気軽に購入できる時代ですが、こういったものは店舗で確認するのがやはり重要だと思いました。

一度確認すれば、相場やサイズ感などにある程度の基準ができるので、次回からはインターネットでも目利きができるようになりそうです。

私は、子供用であれば、スポーツ用品店のプライベートブランドがリーズナブルで品質も悪くないのでバランスが良いと思いました。

それを踏まえた上で、子供のスノーウェア、ブーツ、グローブなどを選んでみました。

まずは、5歳児(年中)用のウェアはこちらに決定。
IMG_6180.jpg
アルペンのプライベートブランドのIGNIOのウェアです。
IMG_6186.jpg
130サイズ。パンツ丈と袖丈を20cm紐で調整できます。
IMG_6183.jpg
子供用はサスペンダー付のオーバーオールが便利ですね。
IG1858EC10134_5_l.jpg
安全への配慮がされているので安心です。
IMG_6184.jpg
材質はポリエステル100% 身長115cm〜135cm
IMG_6185.jpg

こちらは2歳半の下の子用のウェアです。
IMG_6182.jpg
JOYRIDEという日本のメーカーです。
IMG_6187.jpg
もともと体の小さい子なので、かなり選択肢が限られてきます。
プライベートブランド商品にサイズがなかったので、こちらは一番下に90サイズがあったので助かりました。
IMG_6191.jpg
小さいのに機能が豊富
IMG_6190.jpg
材質はポリエステル100% 身長85cm〜95cm
IMG_6188.jpg

どちらも8千円以下だったと思います。
子供用のウェアは小学生まではソリ遊び程度なので、このぐらい安価なもので十分かなと思いました。

あとは手袋とスノーシューズを揃えました。
どちらもIGNIOのもの。
IG1858EC13525_1_l.jpg
スノーブーツのサイズ選びは靴下を二枚履きすることもあるので、一回り大きなサイズがお薦めです。
61tUc53LKPL._UY500_.jpg

ついでにソリも購入。

なんと激安の1080円
IMG_6327.jpg

アルペンのプライベートブランドのウェアは安価で助かりますね。
子供向けのウェアは調整がある程度できるので、ネットでスポーツ用品店のPVブランドを比較してみてもよいかも。

でも、安物とはいえ、1から揃えると子供2人分。

結構な出費になりました・・・

ウェア:8,000円
グローブ:1,600円
ブーツ:1,500円
靴下:800円
そり:1,080円

12,980円×2人=25,960円

次は大人のグッズですが、この調子では出費が怖いです。

IGNIOキッズウエア


IGNIOキッズウエア


IGNIO キッズ グローブ


<関連記事>
雪遊びの準備編 其の1(タイヤのチェーン)
雪遊びの準備編 其の2(必要なものをリストアップ)
雪遊びに必要なもの 其の1(子供のスノーウェア)
雪遊びに必要なもの 其の2(大人のスノーウェア)
雪遊びに必要なもの 其の3(スノーグローブ)
雪遊びに必要なもの 其の4(スノーゴーグル)
雪遊びに必要なもの 其の5(スノーブーツ)

関連記事(雪遊び)

【おすすめの記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/7312658
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. 最大火力4.1kwイワタニのカセットコンロ、カセットフーbo-ex
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、sotoステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. ピコグリル「picogrill」新作の498レビューさらに調理がしやすく進化しました。
  4. 4. 最新ワンタッチタープ対決「コールマン・インスタントバイザーシェード」vs「カンタンタープ・キャンプカスタム」
  5. 5. ランドクルーザープラドにyakimaのルーフラック-メガウォーリアーを取り付けました。
  6. 6. ユニフレームのクッカーfan5はdx-duoのどちらを買えば良いか?
  7. 7. お洒落すぎる!!カーカムス「kirkhams」のスプリングバーテント
  8. 8. 小川キャンパルのロッジシェルターtcの設営にいってきました。
  9. 9. quechua「ケシュア」ポップアップテントは本当のところ便利か?
  10. 10. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上bbqサイトのレイアウト実例
  11. 11. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
タグクラウド
ガーデニングブログ
Stay Home Gardening
ガーデン
子供の収穫体験と、自家栽培ハーブでキャンプ飯を作りたくてガーデニング&ブログも始めました。育苗・ベジトラグ・LED栽培・自動散水など色々チャンレンジしてますが、全く人気ないので悲しいです。 こちらも是非みてください!


人気ブログランキングへ
楽天おすすめ商品
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。