広告

posted by fanblog

2011年10月09日

霧の村?

10月に入るとピエモンテの山の中ではかなりの確立で霧が発生します

朝方は、前が見えなくなるぐらいのかなり濃い霧が発生して、幻想的な雰囲気になります

前に紹介した、ブドウ品種のネッビオーロはネッビア(霧)というイタリア語が元になっているそうです

霧が発生しているこの時期に収穫して、ワインの仕込みをするので、バローロなどのワインで有名な村や町はブドウの臭いと、霧で本当に不思議な風景に出会えると思います



バローロの街並みと、バローロの城です

これが、この時期には一面霧に覆われます
posted by ガブリエル at 22:57| ピエモンテ州
リンク集
ブログのためのアフィリエイト
カテゴリアーカイブ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。