ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
プロフィール
やーいまんさんの画像
やーいまん
プロフィール
リンク集
月別アーカイブ

2022年11月26日

真相が明らかにならない

赤木さんマフラー.PNG財務省ぐるみの決裁文書改ざん問題の発覚から約4年。25日の大阪地裁判決は改ざんを主導した佐川宣寿(のぶひさ)・元理財局長(65)の賠償責任を認めず、改ざんの経緯も財務省の調査報告書をなぞりながら認定しただけだった。「裁判所も夫の死の真相に向き合ってくれなかった」。自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻雅子さん(51)はこう悔しがり、控訴する意向を明らかにした。
 午後2時、大阪地裁の大法廷。雅子さんは中尾彰裁判長をじっと見つめ、約7分間の判決理由の朗読に耳を傾けた。改ざんの苦悩をつづった夫の手記を忍ばせて臨んだが、被告席には佐川氏のみならず、佐川氏の代理人弁護士の姿もなかった。
 文書改ざんが発覚した直後の2018年3月、赤木さんは自宅で命を絶った。「国家に翻弄(ほんろう)された夫の死の真実を知りたい」。雅子さんはその一心で提訴した。
 訴訟では、改ざんの核心に迫る新事実が明らかになった。国は21年6月、存否の回答も拒んでいた「赤木ファイル」をようやく開示し、調査報告書で公表されていない経緯が判明する。
 全518ページのファイルには、理財局幹部らが逐一、佐川氏に報告しながら、財務局に改ざんの指示を繰り返した実態が記され、赤木さんらが抵抗していた状況も記載されていた。
 雅子さんは「開示された時は、墓前に『ありがとね』と伝えた。夫が命がけで残したもので、佐川さんの口から真相を聞き出す重要な証拠になると思った」と言う。
 雅子さん側は佐川氏の本人尋問を求めたが、地裁は「不必要だ」として採用せず審理を進めた。判決は改ざんの経緯や佐川氏の関与について赤木ファイルの内容にもほぼ触れず、佐川氏の賠償責任は国家賠償法の規定に基づき問えないとした。「道義上はともかく、佐川氏が説明、謝罪する法的義務はない」。こんな判断も示されていた。
 「バッサリと切られて残念だ。佐川氏は犯罪行為をしたのに法律に守られて理不尽だ」。赤木さんのグレーのマフラーを首に巻いて取材に応じた雅子さんはそう憤った。
 国は1年前、雅子さん側の請求を認める「認諾」に踏み切った。雅子さんは真相究明の機会を閉ざす姿勢に反発する一方、淡い期待も抱いた。岸田文雄首相が財務相に、遺族への丁寧な対応を指示したからだ。
 雅子さんは認諾後、改ざんを捜査した大阪地検に財務省が提出した文書の開示を求める訴訟も起こした。一部でも公表されれば解明が進む可能性もあるが、国はその存否すら回答していない。
 改ざん問題の再調査を求める雅子さんの訴えには、40万人以上から賛同の署名が寄せられている。雅子さんは「心身ともにしんどいが、訴訟を続けていきたい」と訴えた。
 雅子さんの代理人を務める生越照幸弁護士は記者会見で、「国賠法の規定があれば、公務員は何をしてもいいのか。誰も責任を取らず、真相も明らかにならない前例を作ってしまった」と判決を批判した。
張本人の安倍さんがいなくなって流れが真相に向かっていたのにこの判決は残念ですね

為替は底を確認するかのようにヨコヨコが続いていますが12/2(金)22時30分の雇用統計で弱い数字が出ない限り138円あたりを割れない場合はまたじりじり円安の再開となるでしょうか
11月21日から11月25日まで結果レンジ
ドル円は 138.04-142.25
ユーロドルは 1.0222-1.0448 でした
11月28日から12月2日までの予想レンジ
ドル円は 138.00-143.00 
ユーロドルは 1.0150-1.0450 としました

2022年11月19日

試運転は何があるかわかりません

次世代路面電車脱線.PNG19日未明、栃木県宇都宮市で次世代型路面電車「LRT」が試運転中に脱線する事故があった。けがをした人はいなかった。
 午前0時30分ごろ、JR宇都宮駅の東口で試運転をしていたLRTがカーブを曲がり切れずに脱線して近くの歩道に乗り上げた。この事故で車両の先端などが破損したほか、LRTの軌道と歩道の間にある車止めポールが倒れた。
目撃者「ボンっていう音がした。まさか脱線とは…」
 宇都宮市によると、運転士や周りで見ていた人にけがをした人はいなかった。
 LRTはJR宇都宮駅の東口から芳賀町までの14.6キロを結ぶ路面電車で、来年8月の開業に向けておとといから試運転を始めたばかりだった。
不幸中の幸いというか試運転でよかったですね 試運転は大事ですね

為替はアメリカの弱い経済指標の発表で137円台までドル安になりましたがすでに高値から14円ほど下げているため感謝祭の週もあって一旦持ち直す動きになるでしょうか
11月14日から11月18日まで結果レンジ
ドル円は 137.66-140.80
ユーロドルは 1.0271-1.0480 でした
11月21日から11月25日までの予想レンジ
ドル円は 138.50-141.50 
ユーロドルは 1.0225-1.0475 としました

2022年11月12日

置き土産はダム破壊

ダム破壊.PNG米民間企業マクサー・テクノロジーズが11日に公表した衛星画像で、ウクライナ南部ヘルソン州のカホフカ水力発電所のダムの一部が破壊された様子が明らかになった。
 ニューヨーク・タイムズ紙によると、州都ヘルソン市周辺からのロシア軍撤退に伴い変化が見られた。ウクライナ軍が奪還しても利用できなくする「焦土作戦」の一つの可能性がある。
 ロシアのやることは情けないですね 戦争の後は損害賠償でいいのでは・・

為替はアメリカ消費者物価指数発表に尽きる一週間となりましたが12月から金利の上げ方がなだらかになるのではということですがどちらにしても金利はまだまだ上がるわけである程度押し目があった後はまた上昇に転じていきそうですね
11月7日から11月11日まで結果レンジ
ドル円は 138.46-147.56
ユーロドルは 0.9896-1.0364 でした
11月14日から11月18日までの予想レンジ
ドル円は 135.00-141.50 
ユーロドルは 1.0200-1.0600 としました

2022年11月05日

シブリパークオープン

ジブリパークオープン.PNGスタジオジブリの世界観を楽しめる「ジブリパーク」が1日、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園内にオープンする。前日の31日には記念式典が行われ、パークの責任者を務める宮崎吾朗監督らがテープカットをして開園を祝った。
 オープンするのは「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」の3エリア。ジブリ映画に出てくる建物を再現し、さまざまなキャラクターを展示した施設で、来年度には「もののけの里」「魔女の谷」の2エリアも公開される。
県が総事業費約340億円をかけて整備し、スタジオジブリと中日新聞社が共同出資する会社が管理運営を担う。記念式典で大村秀章知事は「ジブリという世界的コンテンツを盛り込み、今までにない、日本が誇れる公園ができた」とあいさつした。
 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは、宮崎駿監督がジブリパークを秘密裏に訪れ「俺には思いつかない面白さがある」と喜んでいたことを明かした。「不安は尽きない」と開園目前の心境を吐露し「何度も足を運んでいただけるパークを目指したい」と話した。
 入場は日時指定の予約制で、エリアごとにチケットが必要。すでに年内の分は完売したという。
 関東ディズニーと関西USJとありましたが大きなテーマパークが東海地方にもできて行ってみたくなる人が多くなりそうですね

為替はFOMCと雇用統計と大きなイベントがありましたがそれほど大きな動きにはならず火曜日のアメリカ中間選挙と木曜日22時30分の10月アメリカ消費者物価指数でも今週と同じようなレンジで推移するでしょうか
10月31日から11月4日まで結果レンジ
ドル円は 145.66-148.85
ユーロドルは 0.9730-0.9976 でした
11月7日から11月11日までの予想レンジ
ドル円は 146.00-148.50 
ユーロドルは 0.9800-1.0000 としました

2022年10月29日

膨れ上がったヘビのお腹

ヘビに飲み込まれる.PNGインドネシアで仕事に出掛けたまま行方不明となっていた54歳の女性が体長約7メートルのニシキヘビに飲み込まれ、死亡しているのが見つかりました。
 草木が生い茂るジャングルにいたのは、腹の膨れた巨大なニシキヘビです。
 地元メディアによりますと、スマトラ島の村に住む女性は23日、仕事のためゴム農園に出掛けましたが、夕方になっても帰宅しませんでした。
 女性の夫から依頼を受けた警察がゴム農園を捜索したところ、女性のサンダルや髪を覆う「ヒジャブ」などが落ちていたほか、近くに腹の膨れた体長約7メートルのニシキヘビがいました。
 警察が捕まえて確認したところ、胃の中から女性の遺体が見つかったということです。
 インドネシアでは、2017年と2018年にもニシキヘビに人が飲み込まれる事故が起きていました。
 毒ヘビも怖いですが大きいヘビも危険ですね

為替は12月の利上げ幅が0.5%に鈍化するのではという予測からアメリカ10年国債金利が頭打ちになりドル円も一旦頭が重くなってきましたが来週は11月2日水曜日27時からのFOMCと30分後のパウエル会見と4日21時30分からの雇用統計でかなり変動が大きくなりそうです
10月24日から10月28日まで結果レンジ
ドル円は 145.10-149.70
ユーロドルは 0.9806-1.0093 でした
10月31日から11月4日までの予想レンジ
ドル円は 143.50-148.00 
ユーロドルは 0.9750-1.0000 としました

2022年10月22日

また5円変動ですね

また5円動いた.PNG政府・日銀が再び為替介入に踏み切りました。円相場は昨夜、32年ぶりとなる1ドル=151円台後半まで円安が進んだ後、一時146円台まで一気に5円以上、円高方向に値を戻しました。
円相場は昨夜、32年ぶりの円安水準を更新する一時1ドル=151円90銭台まで急ピッチで円安が進んでいましたが、午後11時40分ごろから急速に値を戻し、1時間あまりの間に146円台前半まで一気に5円以上、円高方向に進みました。
政府・日銀の関係者は取材に対し、為替介入に踏み切ったと認めました。
政府・日銀は、先月22日に146円目前のタイミングで24年ぶりの円買い・ドル売り介入を実施し、一時140円台まで値を戻しましたが、その後は再び円売りドル買いが加速し、円安に歯止めがかからない状態が続いていました。
市場関係者は「介入のインパクトを高めるため取引が少なくなる金曜日のニューヨーク市場の時間帯を狙って介入に踏み切ったのだろう。一気に5円以上、円高に戻しており、かなり大規模な資金を投入したのではないか。ただ、効果は長続きしないだろう」と話しています。
 いくらやっても金利差でドルは買われやすいのには変わりなく焼け石に水ですね

前回の大規模介入と同じような動きになるということでレンジ予想をしました
10月17日から10月21日まで結果レンジ
ドル円は 146.15-151.94
ユーロドルは 0.9704-0.9875 でした
10月24日から10月28日までの予想レンジ
ドル円は 147.00-150.50 
ユーロドルは 0.9750-0.9950 としました

2022年10月15日

ブレーキが利かない

バス横転事故.PNG静岡県小山町須走の県道・通称「ふじあざみライン」で、観光バスが横転して1人が死亡し、少なくとも20人が重軽傷を負った事故で、現場手前の対向車線にバスのものとみられる両輪のタイヤ痕が残されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は、バスが対向車線に大きくはみ出し、運転を制御できない状態になっていたとみている。
 バスは13日午前11時50分頃、富士山須走口5合目から約5キロの下り坂で、右カーブを曲がりきれずに横転した。カーブ手前の対向車線には車体右側だけではなく、左側のタイヤ痕も確認された。また、バスが乗り上げた道路左側ののり面まで、タイヤ痕がほぼ直線的に残っていたという。
 バスの運転手で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで逮捕された野口祐太容疑者(26)(埼玉県飯能市)は調べに対し、「ブレーキが利かなかった」と話している。県警は今後、ドライブレコーダーを解析するなどして原因を調べる。
 県警は15日午前、野口容疑者を過失運転致死容疑で静岡地検沼津支部に送検した。
ブレーキが利かなくてサイドブレーキを使ったという話もありますね 山道を下るときはエンジンブレーキを使ってゆっくり走行するしかないですね

為替はドル円が週末節目の147.65をあっさりと突破してしまい日本時間ではない為介入もないだろうということでするすると32年ぶりの高値水準へ到達してしまいましたが週明けいきなり何かしかけてくるか当局の動きが注目されます
10月10日から10月14日まで結果レンジ
ドル円は 145.21-148.86
ユーロドルは 0.9631-0.9808 でした
10月17日から10月21日までの予想レンジ
ドル円は 147.50-149.50 
ユーロドルは 0.9650-0.9850 としました

2022年10月08日

クリミア大橋大火災

クリミア大橋爆破.PNGロシアが8年前一方的に併合したウクライナ南部のクリミアと、ロシア南部を結ぶ「クリミア大橋」で8日早朝、大きな火災が起きました。
現地からの映像や写真では、橋の付近から炎や黒い煙が上がっている様子がわかります。
この火災についてクリミアで活動する親ロシア派勢力の幹部は、けが人はいないとする一方、橋が損傷し一部が崩落したとしています。
ロシアの治安機関などでつくる「国家反テロ委員会」は「橋の自動車道路でトラックが爆発し、近くを走行していたクリミアに向かう列車の燃料タンクの貨車に引火した」と発表しました。
また、ロシアで重大事件を扱う連邦捜査委員会が捜査を開始したほか、プーチン大統領はミシュスチン首相に対し、政府委員会を設置して原因究明を急ぐよう指示を出しました。
 プーチンの怒りは頂点に達しているかもしれませんが核の使用は絶体いけませんね

為替は下値は底堅く上値は介入ポイントまでは上げていけないということで落ち着いた相場になっていますが146円を抜けない限りはしばらくこんな感じが続くでしょうか
10月3日から10月7日まで結果レンジ
ドル円は 143.52-145.44
ユーロドルは 0.9718-0.9999 でした
10月10日から10月14日までの予想レンジ
ドル円は 143.75-146.00 
ユーロドルは 0.9450-0.9800 としました

2022年10月01日

アントニオ猪木逝く

アントニオ猪木逝く.PNGプロレス界のスーパースター、アントニオ猪木さん(本名猪木寛至)が心不全のため1日朝、都内で死去したことがわかった。79歳だった。
心臓の難病を患っていた猪木さんは昨年1月から体調を崩し、入退院を繰り返してきた。昨年3月には「猪木さんが亡くなった」との情報が流れ、打ち消すようにツイッターに「今日も一日リハビリを頑張りました。アントニオ猪木最強の敵と闘っています」と投稿。その後はSNS上で闘病の様子を公開していた。
昨年11月にはNNK・BSプレミアムでは、猪木さんの闘病生活に密着したドキュメンタリー番組が放送された。番組では病名が「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」と明かされ、番組は大きな反響を呼んだ。今年5月には青森を訪れるなど回復に向かっているとみられたが、心臓の病は悪化していたという。
猪木さんは力道山の弟子として故ジャイアント馬場さんと並び日本プロレス界を築き上げ、リング上では数々の激闘を演じてファンを沸かせた。1976年6月にはボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリとの世紀の一戦≠燻タ現させた。98年4月に引退後もプロレス・格闘技界の総帥として強い影響力と人気を誇った。
また、89年と2013年の参議院選挙で当選。政治家としても活躍した。
 あの元気ですかぁの猪木さんが・・ 元気があれば何でもできる で元気をもらった人もたくさんいるでしょうね ご冥福をお祈りします

為替はアメリカ10年債金利上昇で一時4%にのせじりじりドル高が進みますが日銀による円買い介入をやるかもしれないという重しで狭いレンジで1週間をおえましたがしばらくヨコヨコと落ち着いた状態になるでしょうか
9月26日から9月30日まで結果レンジ
ドル円は 143.18-144.90
ユーロドルは 0.9535-0.9853 でした
10月3日から10月7日までの予想レンジ
ドル円は 143.50-146.00 
ユーロドルは 0.9700-0.9850 としました

2022年09月24日

送電鉄塔も足場をとられた

静岡大規模停電.PNG台風15号の影響で24日、静岡県内は静岡市内を中心に一時最大で約11万9000戸が停電した。中部電力パワーグリッドによると、同市葵区の山間部にある2基の送電鉄塔が土砂崩れによって倒れたことが原因で、鉄塔の倒壊は異例という。同日午後4時現在、大部分で停電は復旧している。
 同社によると、停電は24日午前2時ごろ発生。午前7時の最大時で、静岡市葵区で約9万9000戸▽同市駿河区で約1万7000戸▽同市清水区で約970戸――などに及んだ。
 ドローンで被害状況を確認したところ、午前8時過ぎに、送電鉄塔2基の倒壊が判明した。1基は土台が崩れており、電線に引っ張られるようにもう1基が土台から倒れていた。2基とも、高さは50〜60メートル程度で、1979年に造られた。昨年10月に点検した際は異常はなかったという。
 同社は、倒れた鉄塔付近の電線を切断し、電力の供給ルートを変更する応急処置を講じた。これにより午後4時半現在、2700戸まで停電は縮小した。当面は問題なく電力を供給できるが、鉄塔の再建などには数カ月かかる見通し。中村佳津宏・静岡支社長は「鉄塔が山間部にあり、停電発生が深夜だったため、原因の特定に時間がかかり申し訳ない」と謝罪した。
 24日午前は、静岡県庁などがある葵区中心部の交差点は信号機が消え、警察官の誘導に従い、歩行者や自転車が恐る恐る道路を渡っていた。葵区の男性会社員(38)は、勤務先があるビルの入り口付近で上司からの連絡を待っていた。「インターネットがつながらず、仕事にならない」と困惑した様子で語った。コンビニ店で食料を調達していた60代の主婦は「冷蔵庫も消え、断水も続いていて料理ができない」と話した。
 停電を受け、静岡市内にある県立総合病院や静岡赤十字病院、市立静岡病院は自家発電で対応。県内23の災害拠点病院の診療に影響はなかった。
 台風シーズンですが3連休のたびにやってくると影響が大きいですね

為替はやるぞやるぞと言っていた円買い介入を22日木曜日ホントにしましたが1日のドル円変動幅が5.56円と史上6位の大きな変動を記録しました さすがに上にいくとまたやるかもという恐怖感で神経質な動きになってきそうですね
9月19日から9月23日まで結果レンジ
ドル円は 140.34-145.90
ユーロドルは 0.9668-1.0050 でした
9月26日から9月30日までの予想レンジ
ドル円は 140.50-143.50 
ユーロドルは 0.9600-0.9850 としました