最新コミック情報

広告

posted by fanblog

2018年12月22日

ゲート 自衛隊 15巻

「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」の最新刊情報を作品情報と共に発表します!

【作者】
柳内たくみ/竿尾悟

【出版社/掲載サイト/連載開始年】
アルファポリス/アルファポリス 電網浮遊都市/2011年

【新刊発売日】
14巻:2018年12月1日
15巻:未定

【主要キャラクター】
伊丹 耀司(いたみ ようじ)
同人誌好きのオタク自衛官。
銀座事件で多数の民間人を救った功績が認められて陸上自衛隊二等陸尉に昇進し、門(ゲート)の向こう側「特地」に派遣される。
「喰う寝る遊ぶ その合間にほんのちょっとの人生」がモットーの自他共に認めるオタクで、趣味に生きるために仕事をする。
勤務態度は不真面目だが、いざという時には頼りになる。

テュカ・ルナ・マルソー
エルフ上位種族の娘。
炎龍の襲撃により村は全滅するが父の機転で一人生き残り、調査に訪れた伊丹たちに救出される。
金髪碧眼の美人で、性格も優しい。

レレイ・ラ・レレーナ
ヒト種の賢者、魔導師。
コダ村の老賢者・カトーの二番弟子で、魔法を学ぶ。
口数が少なく表情も乏しいが、好奇心旺盛で頭脳明晰。

ロゥリィ・マーキュリー
暗黒の神エムロイに仕える亜神。
黒ゴス神官服を纏い、巨大なハルバートを武器として扱う。
いわゆる戦闘狂で、独特の価値観を持つ。

ヤオ・ハー・デュッシ
銀髪のダークエルフ。
手負いの炎龍に居住地を奪われ、炎龍を退治してくれる戦士を求め自衛隊を訪ねる。
ロゥリィの信徒となり、「ヤオ・ロゥ・デュッシ」に改名する。

ピニャ・コ・ラーダ
モルト皇帝の娘で、帝国第三皇女。
騎士団を従える女傑で、日本との戦いにも前向きだったが、自衛隊の戦闘を見たことで戦意を失い、日本と帝国の講和交渉の仲介役となる。
日本にて「芸術」と出会い、腐女子に目覚める。

【あらすじ】
西暦20XX年、夏。

白昼の東京・銀座に突如「異世界への門」が現れ、中から溢れ出した中世ヨーロッパ風の軍勢と異形の怪異達が民間人を襲い始める。

これを撃退した陸上自衛隊は、敵の実態を把握すべく門の向こう側「特地」へ足を踏み入れる!
posted by comicday at 18:34| アルファポリス
検索
出版社カテゴリー
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。