検索
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年01月31日

飯島ゆりえ

飯島ゆりえ ジャンタナチャンピオンシップス.jpg

〔出身地〕東京都(豊島区 池袋)
〔身長〕155cm
〔主な戦績〕
・1983年 第1回ミス東京 優勝
・1983年 アジア女子ボディビル選手権 2位
・1984年 第1回ミス関東 優勝
・1985年 ミス日本 2位 
・1988年 インターナショナルウーマン アマチュアボディビル大会 優勝
・1988年 ハワイアンインターナショナル アマチュアボディビル大会 優勝
・1989年 日本人初のIFBB女性プロボディビルダーへ転向
・1993年 ミス・オリンピア出場
・1999年 ジャンタナチャンピオンシップス出場
     (この後、両膝の手術を受け、一線から退いた。)
〔Sky Raker's eye〕
東京近郊のゴールドジムのスタジオで、銀髪でボブヘアの女性トレーナーを見かけたことはありませんか? ただならぬオーラを纏ったそのお方こそ、「女子ボディビル界の生きる伝説 こと飯島ゆりえさん」で、現在はゴールドジム公認パーソナルトレーナーとして活躍されています。飯島ゆりえさんを超える女子ボディビルダーは、まだ国内に育っていません。
ウエイトトレーニングに出会ってから僅か数年でトップ選手に上り詰めたゆりえさんが、素質に恵まれていたのは確かです。が、国内でのウエイトトレーニングセオリーに疑問を感じ、会社を辞めて渡米するほどの情熱を持った女性ボディビルダーが、他にいるでしょうか? IFBB女性プロボディービルダーを14年間続け、唯一無二のカリスマ性を武器に数々のメディア出演と講師をこなし、女性ボディビルダーが活躍するフィールドを開拓してくれたゆりえさん。石井直方さん、宮畑豊さん、北村克己さん、小沼敏雄さん等と共に、日本ボディビル界の黄金期を盛り上げたゆりえさんが、女子ボディビルの発展に寄与した功績は計り知れません。私たち後進は、その恩恵を享受するだけでなく、さらに発展させていかなければなりませんよね。また、選手としてだけでなく、指導者としても長年ボディビルと向き合ってきたゆりえさんが持っているノウハウは、至宝です。チャンスがあったら、是非とも直接指導を受けてみてください。

飯島ゆりえ プロカード.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/7261394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
倉崎 楓子さんの画像
倉崎 楓子
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。