2021年03月14日

栽培キットのエリンギが発芽!

栽培キットのエリンギ(えりんぎ)が発芽しました。
栽培を開始してから、約1週間ほどで発芽しました。
菌床の端の方から、’にょきにょき´と、エリンギが生えてきました。
最初は、白い物体が出てきたので、カビかと思いましたが、傘が出てきたのが確認でき、そこで、キノコだと言うことが分かりました。

発芽した様子です。
密集して生えてきているのが、写真を見てお分かりいただけるかと思います。
DSC01149.JPG

最初に芽が出てきた方は、傘がしっかりできて、エリンギの形になってきました!
DSC01148.JPG

発芽させられるか心配でしたが、毎日霧吹きで水を与えて保湿したこともあり、発芽させることに成功しました。
収穫まで、霧吹きをかけて保湿する流れとなるので、大きなエリンギができるように、毎日の水やりをしっかり行いたいと思います。

(観葉植物)きのこ栽培キット でるまっしゅ えりんぎ(1個) 家庭菜園 北海道冬季発送不可

価格:1,380円
(2021/3/1 20:18時点)
感想(0件)




ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年03月01日

エリンギ栽培キットに挑戦!

今日は、エリンギ(えりんぎ)栽培キットを購入したので、発芽させる前の状態まで行いました。
今回紹介するのは、カネコ種苗株式会社から発売されている「でるまっしゅ」シリーズと言う商品名で発売されている、キノコ栽培キットです。
http://kanekoseeds-p.jp/products/%E3%81%A7%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%97%E3%82%85/
エリンギ栽培キットの作業方法

  1. 菌床ブロックの上面の上3cmのところで、袋の上部をハサミで切り、表面の菌を1cmほどフォーク等を使ってかき捨てます。
  2. 袋の中に水を注いで2〜3時間ほど水を入れておきます。
  3. 付属の日向土の袋にも水を入れて給水させた後に、水切りをします。
  4. 菌床に注水しておいた水を捨て、菌床表面に日向土を均一に広げて乗せます。
  5. 付属のビニール袋に入れて保湿します。栽培中は、日向土が常に濡れているように、霧吹き等で水を補給します。(水が留まらないように注意)


DSC01135.JPG

DSC01141.JPG

DSC01142.JPG

環境にもよりますが、1〜3週間ほどで発芽するそうです。直射日光や、風が当たらない、気温20℃〜10℃の場所で栽培します。

過去に、原木シイタケ栽培キットを購入しましたが、発芽せず失敗しました・・・・
特に、発芽前の保湿作業が難しく、この作業をしっかり行うことで、うまく発芽させることができるそうです。
私は、シイタケ栽培の際に、この作業で失敗したので、今回は、その点を注意して栽培したいと思います。

栽培の様子は、ブログで紹介するので、楽しみにしていてください!
室内でキノコ栽培が楽しめ、初心者でも楽しめるキットなので、記事を読んで、興味を持った方は、チェックしてみてはいかがですか?

(観葉植物)きのこ栽培キット でるまっしゅ えりんぎ(1個) 家庭菜園 北海道冬季発送不可

価格:1,380円
(2021/3/1 20:18時点)
感想(0件)




ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
ファン
検索