2019年03月12日

冬キャベツの生育状況

日曜日に、山の畑に定植している、冬キャベツの様子を見てきました。
気温の高さで雪解けが進み、畑の表面が見えるようになってきました。
防寒対策のため、キャベツに不織布をかけたトンネルを作っていましたが、雪の重みでトンネルが倒れていました。幸い支柱は折れていなかったので安心しました。

倒れたトンネルを撤去して、中の様子を見てみたら、結球したキャベツが出てきました。
s_DSC_3560.JPG

冬キャベツの特徴である、楕円形に結球した、肉厚の黄緑色の葉になっていました。
s_DSC_3561.JPG

見た目から、結球しているのを確認できたので、固さがあるか、玉を手で押してみたところ、まだ結球途中で、ふわふわとやわらかかったため、球を固くする為に収穫を見送りました。
厳しい寒さで枯れてまったのではないかと心配していましたが、枯れることなく、冬の寒さに耐えて育っていました。

冬キャベツは、別名「寒玉」と呼ばれ、特徴的な肉厚の葉と、甘みも含まれているそうです。
そのため、加熱時に煮崩れしにくく、ロールキャベツや、ポトフにして食べると良いそうです。
私は、ロールキャベツが好きなので、収穫したら、ロールキャベツを作って食べたいと思います。
旬の時期は、2月だそうです。
私が住んでいる地方は、2月は雪が降る時期なので、3〜4月頃に収穫できそうです。

これから気温が高い日が続いてくるため、雪解けが進むとともに、温度が上がって生育が良くなってくると思います。
キャベツの状態を日々チェックしながら、春の収穫まで大切に育てたいと思います。

話が変わりますが、暖かい地域では、3月頃から、春キャベツの種まき時期となります。
ビニールハウスや、ビニール温室などの、温度が高めの場所で育苗することで、種から苗を作ることが可能です。私も、ビニールハウス内で育苗して苗を作っています。
夏の収穫に向けて、種からキャベツの栽培を考えている方は、キャベツの種の購入してみてはいかがですか?
おすすめのキャベツの種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



タグ:キャベツ
posted by ばさわ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
ファン
検索