広告

posted by fanblog

2019年05月18日

バジルの間引き時期・タイミングと方法

今日は、プランターで栽培している、バジルの間引きをしました。
写真のように、葉同士が干渉して、全体的に込み合ってきました。
s_DSC_4018.JPG

バジルの間引きの時期と方法

間引きをする目的として、植物の風通しを良くして、十分な日光に当ててより大きく育てるため行うそうです。
間引きの方法として、ある程度生育して、葉同士が干渉して込み合ってきた頃に、茎が太くてしかりしとした芽を残して、葉が欠けているなど、発育の悪いバジルを中心に間引きます。
発育の良いバジルもいっしょに抜いてしまわないように注意しながら、最初は2〜5cm間隔。最終的には10〜15cmの間隔になるようにします。
間引いたバジルの葉は、料理に使えるそうです。

間引き後の状態です。
葉同士の干渉がなくなり、間隔を広く取ったこともあり、全体的にすっきりとした感じになりました。
s_DSC_4019.JPG

間引き自体は、ほかの野菜とやり方が同じなのでスムーズに作業できました。
1回目の間引きを行ったので、最終的には10〜15センチの間隔になるように生育をみながら間引きを行いたいと思います。
天気が良い日や、気温が高い日が続いたこともあり、バジルの生育が良く本葉が出始めました。
水やりの際に様子を見つつ、葉が黄緑色になるなど、生育に影響が出てきたら、肥料を追加するなどして大切に育てていきたいと思います。

ハーブは、プランターで手軽に栽培することができ、料理に使えたり、室内に置くと、ちょっとしたインテリアにもなるのでおすすめです。
初心者でもハーブを簡単に育てられるので、興味がある方は、バジルをはじめとしたハーブを育ててみてはいかがですか?
バジルの種を探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8814521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。