広告

posted by fanblog

2019年03月13日

ブロッコリーの花蕾が出てきました!

昨年の秋に苗を定植した、ブロッコリーから、花蕾が出てきました。
防寒対策のためビニールトンネル内で栽培していましたが、冬の寒さに耐えきれず、葉が枯れた状態になっていたため、今後の生育は期待できないと判断して、ビニールトンネルを撤去しました。
しかし、2月下旬から3月上旬にかけて、気温が上がったこともあり、一時は枯れた状態でしたが、その後、復活して花蕾が出現しました。

葉の一部が枯れた状態ですが、ブロッコリーの小さな花蕾が出てきました。
s_DSC_3568.JPG

近くから見た様子です。小さな花蕾が出ているのがお分かりいただけるかと思います。
s_DSC_3569.JPG

チンゲンサイ同様、一時は枯れかけてきたため、春先の収穫は厳しいと思っていましたが、気温が高さが助けとなり、復活してくれました。

ブロッコリーは寒さに強いのか気になったため、ネットで調べてみると、雪に耐えられるかは分かりませんでしたが、寒さには比較的強いようです。
よく目にする花蕾が紫色に変色する理由として、寒さから身を守るために「アントシアニン」という成分を出しているため変色するようです。
ちなみに、ブルーベリーも、アントシアニンを出して、木や葉の表面が赤色に変色します。
環境は違いますが、自らの身を守るための自然現象だそうです。

紫色に変色したブロッコリーですが、自然現象なので食べても問題なく、茹でると元の色に戻るそうです。
また、寒さから身を守るために糖度が高まるので、甘くて美味しいそうです。
冬の寒さに当てたブロッコリーは甘さが増すようなので、春先の収穫が楽しみです。
甘みのあるブロッコリーを収穫したい場合は、冬の寒さに当てて育てると良いそうです。

話は変わりますが、暖かい地域では、ブロッコリーの種まきや、苗の定植時期となります。
読者の皆さんのなかには、種から育ててみたい方もおられるかと思います。
温度を一定に保てる、ビニールハウスや、ビニール温室等があれば、種から育苗することが可能です。
私も、ビニールハウス内で、ポットに種をまいて苗を作っています。
種からブロッコリーの栽培を考えている方は、ブロッコリーの種を購入してみてはいかがですか?
おすすめのブロッコリーの種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8633075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。