広告

posted by fanblog

2019年03月03日

土の中に保存した大根の取り出し

昨年の秋に、土の中に埋めておいた、大根を取り出しました。
土の中に大根を埋めることによって、長期保存することができます。←これも先人たちの知恵ですね。
昨年は、たくさんの大根を収穫することができ、食べきれる量ではなかったため、残りの大根を土の中に埋めて保存しました。

埋めた場所です。埋めた場所が分かるように、棒で目印をつけておきました。
こちらを、スコップを使って、大根を傷つけないように慎重に土をどかしました。
s_DSC_3539.JPG

土をある程度掘ると、わらが出てきました。
わらをどかすと大根が出てきました。
s_DSC_3538.JPG

食べる分取り出してみましたが、大根が腐ったり、凍ることなく収穫したときと同じ状態になっていました。
土の中は、ある程度の温度があるため、長期保存に適しているそうです。
あらためて先人たちの知恵に驚きました。

大根を作りすぎて、食べきれなくなった場合は、土の中に埋めて長期保存することをおすすめします。
畑がない方は、肥料袋に土を入れその中に入れておくと、同じ効果が得られるそうです。
長期保存することで、新鮮な状態を保つことができるので、機会があったら実践してみてはいかがですか?

話が変わりますが、暖地では3月頃から、大根の春の種まきが始まります。
ホームセンターでも、大根の種が売られるようになってきました。
初心者でも比較的育てやすい野菜なので、皆さんも、家庭菜園で大根を育ててみてはいかがですか?
おすすめの大根の種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8601933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。