広告

posted by fanblog

2018年03月10日

美味しい野菜を育てる必需品!家庭菜園で使う培養土の選び方

はじめに

家庭菜園をするのに必需品といえる培養土。ホームセンターなどでも売られていますが、種類が多くてどれを購入すべきか悩まれていませんか?
そこで、培養土の選び方のコツを紹介したいと思います。
12c9732fe31d31a21f2f30f25dec481b_t.jpeg

培養土とは

植物を栽培するために、肥料、腐葉土、石灰などを一定の割合で混ぜ合わせた土です。
あらかじめ肥料などが含まれているため、土作りをする手間が省けるので初心者におすすめです。

培養土の選び方

品質表示の有無をチェック

  • 適用植物名・用途
  • 配合原料名
  • 容量
  • 肥料が入っているか
  • 製造会社名と所在地、連絡先

これらがパッケージに明記されていると、メーカーが品質を保証していると判断できます。

酸度調整されているか
ほとんどの植物に適した酸度はph5.5〜ph6.5の弱酸性です。販売されている培養土はph6.0前後に調整されています。パッケージに酸度調整の表記があるものを選びます。

肥料が配合されているか
肥料が配合されているかどうかが明記されている培養土を選ぶようにします。
肥料が配合されている培養土は、植えつけ前に元肥を混ぜ込む必要がないいため、調合する手間を省くことができ、さらに、植えつけ後もしばらく追肥の必要がありません。

粒の大きさと重量
袋の透明な部分から土の粒の大きさをチェックします。
粒が大きすぎるものは根のなじみが悪くなるので植え付け初期の生育が悪くなる可能性があります。
また、細かすぎたり、粉の混じっているものは水はけが悪くなり根腐れを起こす可能性があります。
そのため、これらは重さでも判断できます。
重すぎる土は微塵が多く、軽すぎるのは株が安定せず、根の伸びが悪くなる可能性があるので、極端に重さの違う土は避けるようにします。

カビや水滴のチェック
袋の中に水滴が多くついている場合夏にカビが生えやすいので避けるようにします。
堆肥が十分に発酵していない未熟堆肥の場合は、袋の中にカビが発生していることがあるので、よく調べてるようにしましょう。
そのほかに緑色の藻が生えている土も水分が多いので避けるようにします。

価格
価格が手ごろな培養土を購入しがちになりますが、質の悪い培養土が販売されていることもあるので、品質表示を確認して購入するようにしましょう。

最後に

培養土の選び方について紹介しました。
ホームセンターなどで購入する際は、上記の点に留意して選ぶようにしましょう。
余談ですが、我が家ではこちらの培養土を使用しています。
上記の項目を満たしており、さらに価格も手ごろで購入できるのでおすすめです!
美味しい野菜を育てる=良い土なので、なるべく培養土にはこだわるようにしましょう!

オススメの培養土はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6761840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。