広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
若さを保つにはスキンケアも大切だけと

やっぱり体の中からキラキラよね〜

と的を得たハート矢お考えの方も多いと思います。




おっしゃる通り、

質の良い食事料理を摂ることが

やはり美肌キラキラには一番大事なようです。



サーモン大好きハート


今アメリカで最も注目されている

ドクターズコスメブランドのひとつ、「ペリコンMD」。

この研究開発者でもあるニコラス・ペリコン医師は

アメリカ版ヴォーグでも

トップドクター冠の1人に選ばれたこともある

人気の皮膚科医なんだそうです。


この彼のスキンケアラインは

「しみ」、「しわ」、「たるみ」などに

効果絶大なようです。   (◎皿◎)ナンデスト!!


本も何冊か出版しているペリコン医師なんですが

昨年後半には新たなアンチエイジング本を出版し、

また最近ではプレアンチエイジングとして

若年層向けのプレ–アンチエイジングラインを発表し、

注目されているそうです。  ほっほう〜♪ 若いうちから…ね






そんな彼がオススメするアンチエイジング食材とは?  
              あら?今日、引き延ばし過ぎ?(;^ω^A


家庭菜園もできるそう…



ペリコン医師は、

なんといっても食生活が大切だと言っています。

最新本は美肌というよりは

体全体のアンチエイジングの方法クローバー

について書かれているそうですが


この本の中で紹介されている

アンチエイジングに効果のある食材のなかで

特に日本でも手に入りやすい食材はこちらです。




■クレソン


医師がダントツでおすすめするのが

クレソンなんだそうです。

クレソンは特にガン予防に効果が高く

デトックス効果のある酵素を体内でつくり出してくれる、

抗酸化作用の高い優れた野菜だそうです。


「ステーキの横についている、あのお飾りみたいなのでしょ?」

とあなどってはいけませんne(*´ω`)


クレソンはサラダにはもちろん、

ソテーや、お鍋にも、

ピリっとした苦みが結構くせになりそうな

案外使いやすい野菜です。


きれいな水が

栽培に必要と言われているようですが、

ベランダ菜園などでも育ちやすいそうなんですよノ´▽`)ノ


またクレソンだけでなくアブラナ科の野菜

ブロッコリ、大根、カラシナなど)

も同じような効果があるので

クレソンが手に入りにくい場合は

アブラナ科の野菜でも代用がOKOKなんだそうです。 やった〜!




■鮭


アスタキサンチン」が豊富に含まれる鮭も

積極的に取りたい食材なようです。

このアスタキサンチン

高い抗酸化作用があり、

それはビタミンEの1000倍

とも言われています。  わ〜い!(≧▽≦)


養殖ものの鮭(特にノルウェー、スコットランド産)は

化学物質に汚染されていることがわかっているので

できれば天然ものを食べるほうがよいようです。



オス&メス…



他にも抗酸化作用が驚くほど高い

エピガロカテキンを含む緑茶や、

その原料と特殊な製法が特長の

グリーンマグマという日本ブランドの青汁

の摂取も薦めておられるそうですyo!   そうなんだ、日本のね…電球



ワビサビ…



日本人が好んで頂く野菜の多くが

実はアブラナ科だったり

は日本人の朝定食の定番だったり


私たち日本人の食生活は

アンチエイジングに効果のあるものが

案外基本になっているのかもしれませんne♪




朝はコーヒー!という方も

たまには緑茶で一日をはじめてみるのも

若さを保つキラキラにはいいかもしれないです…yo(*>∀<*)



【永徳 鮭乃蔵】塩引鮭・イクラの通販サイト





今日も最後まで読んでくださって本当にありがとうございます…(*´Н`*)満腹♪
身近な食材で手軽に若々しさを保つことができますようにクローバー
With loveハート矢
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。