髪の毛パッサパサ!ゴッワゴワのキッシキシ!: 生活-マネジメント
スポンサーリンク
カテゴリアーカイブ
リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

posted by fanblog

2015年09月07日

髪の毛パッサパサ!ゴッワゴワのキッシキシ!

gazou14-1.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp
夏の間に紫外線をたっぷり浴びて披露した髪の毛が、
秋から冬にかけて乾燥することで荒れ放題に…

どうすれば髪の毛に艶ができるのか、
まとまりのあるしなやかな髪の毛に…

髪の毛のセルフケア方法を確認しましょう!

≪パサパサの原因≫

・シャンプーが合っていない
・洗い方が間違っている
・乾かし方が間違っている
・紫外線で傷ついている
・栄養不足
・パーマやカラーリングで髪に負担をかけている
・ストレスで栄養が行き渡っていない

≪改善策@シャンプー≫

gazou14-2.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp

シャンプーにも様々な種類があり、「保水成分が多く含まれているもの」や
「洗浄力の強いもの」、「ほとんどが自然由来成分で配合されていて、添加物の少ないもの」。
これらが一般的なシャンプーの種類となります。
そして、パサパサ髪には、「水分を補給する」「油分を奪いすぎない」という点を
上手にできるシャンプーが良いシャンプーといえます。
市販されているシャンプーで安いものとなると、界面活性剤という刺激の強い薬品を
配合した洗浄力の強いものが一般的です。安くてコストパフォーマンスが良い上に、
洗浄力が強いので、洗い終わった後もスッキリとします。
しかし、髪に必要な水分や油分まで洗い流してしまうので、
パサパサ髪になりやすい傾向にもあります。
髪の為には添加物が少なく、保湿成分が配合されているもの。
さらに、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーを選ぶことが大切です。
他の商品と比べると、やや値段が高いのがデメリットですが、
パサパサの髪に潤いを与えてくれますので、徐々にツヤが生まれてくるでしょう。      』
出典 http://www.atama-bijin.jp/hair_care/hair/dry_hair/

パサついた髪にツヤを出すには、トリートメントのケアは欠かせないですね。
トリートメントをしたら5分程度置いてから、洗い流すようにします。
タオルで巻いたり、シャワーキャップをかぶると、
トリートメントの成分がより髪に浸透しやすくなりますよ。
また、トリートメントは頭皮につけるのではなく、髪の先を中心につけるとうにします。
頭皮につけるとトリートメントの成分が頭皮に残ってしまい、
頭皮の健康にも悪い影響を与え、髪のパサつきの原因にもなってしまいます。
シルクプロテイン配合など、タンパク質が配合されたトリートメントがいいとされていますが、
自分の髪質にあったものを見つけましょう。 』
出典 http://josei-bigaku.jp/beauty/pasapasakami50029/

≪改善策A洗い方≫

gazou14-3.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp

◆洗う前に目の粗い櫛でとかす
髪は濡れると絡まりやすくなりますので、最初の段階で、
目の粗いクシや、手ぐしで髪を梳かします。
この作業は、埃や剥げかかっている古くなった角質を浮かせ、
シャンプーのときに汚れを落としやすくしてくれる作業でもあるんです。
髪の長い人は、いきなり髪の毛の根元からするのではなく最初は毛先だけ、
そして髪の中心部辺りから毛先へ、
最後に根元から毛先へと何回かに分けてブラッシングしましょう。
ときどきクシ通りが悪い時があるかもしれませんが、
ゆっくりと優しく丁寧に梳かしてくださいね。

◆プレシャワーリングをする
この作業を行うことにより、なんと、約70%の埃を落とすと言われているんですよ!
シャンプーの前に髪を濡らす作業のことなのですが、
濡らすと言うよりも流すという感じですね。シャワーなら2分くらいですね。
洗面器で汲まなければならない時には、ゆっくりと10回くらいかけてくださいね。

◆スタイリング剤を先に落とす
スタイリング剤が大量に頭に付いていると、シャンプーの泡立ちを邪魔するので、
髪の毛どうしが、擦り合わさる原因につながります。
少量のシャンプーを手に取り、軽く泡立てて洗い流します。

◆髪が長い人は要注意!
髪が長い人の中に、下を向いて、髪の毛を逆さまにして洗う人がいますが、
逆さまにすると、キューティクルの壊してしまうことにもなりかねませんので、
上を向いて洗ってくださいね。

◆シャンプーは優しく丁寧に
ゴシゴシとシャンプーをする人がいますが、これは決してしてはダメです。
最初にシャンプーを手のひらに取り、ゆっくりと軽く泡立てて髪の毛に馴染ませます。
しっかりと泡立たつまでもみ洗いしてくださいね。
泡だったら、ゆっくりと頭皮を指の腹で洗っていきます。
決して力強くゴシゴシと洗ったり爪で洗ったりしないでくださいね。
頭皮を洗うときには、下から上に洗うようにしてください。
指の腹でマッサージするように小さな円を描きながら、おでこの方からつむじの方へ、
耳の上の辺りからつむじの方へ、襟足からつむじの方へと、
下から上に動かしながら洗ってください。
下から上に洗わないと、髪の毛は毛穴から少し下向きに生えているため、
上手に毛穴を洗えない可能性が高いんです。
髪の毛自体をゴシゴシと洗う人がいるようですが、
髪の毛はシャンプーの泡が行き渡れば、それで十分汚れは落ちますので大丈夫ですよ。

◆洗い流しはしっかりと
これが一番重要といっても良いほどです。
サッサとかけて、終わりにする人がいるようですが
シャンプーはしっかり洗い流してくださいね。
シャワーなら3分、洗面器で汲まなくてはいけない人は、20回以上かけてください。
頭皮をマッサージしながら、しっかりと洗い流してくださいね。
フケやかゆみの原因は、シャンプーが頭皮に残っているからともいわれているので、
しっかりと洗い流してくださいね。                           』
出典 http://sara-kami.com/care/araikata.html

≪改善策B乾かし方≫

gazou14-4.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp

髪の乾かし方でも髪のツヤは違ってきますよ。
ツヤを出すにはブラシで引っ張りながら乾かすこと。
髪がパサついて見えるのは、髪にウェーブがかかりまっすぐではないからです。
引っ張って乾かしてあげることで、髪がまっすぐになりツヤも出ます。
また、ドライヤーを使うときには髪から20cm程度離し、
一ヵ所だけにドライヤーの風があたらないようにしましょう。
さらに最後に冷風にするとツヤが出やすくなりますよ。
あまり乾かしすぎるとパサつきが出てしまうので、乾かし過ぎには注意しましょう。     』
出典 http://josei-bigaku.jp/beauty/pasapasakami50029/
最近では髪の毛を傷めず、且つ早く乾かすためにタオルを髪の毛に被せたまま
ドライヤーで乾かすことが主流なようです。

≪改善策C食生活を見直す≫

gazou14-5.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp
サラサラ髪を作るために普段の食事から、髪に良い成分を摂取しましょう。
髪に良いとされている成分
・たんぱく質
・鉄分
・亜鉛
・ビタミン
これらの成分が多く含まれるものを積極的に取り入れましょう。
主に、海藻類や大豆などが有名ですよね。
ちなみにですが、たんぱく質は肝臓から作られていますので、
アルコールの過剰摂取は髪にとってはあまり良くありません。
さらにインスタント食品や、揚げ物など動物性脂肪の多いもは避けましょう。
頭皮の脂が多くなってしまって、健康な髪を作り出すことができなくなってしまいます。
また、夜遅くの食事や、食べ過ぎは髪にとって良くありませんので、注意が必要です。    』
出典 http://hapila.jp/cause-damaged-hair

≪改善策D頭皮マッサージ≫

gazou14-6.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp

頭皮の血行を促進するために、マッサージを行うようにしましょう。
頭皮マッサージの方法を紹介します。
1、両手の親指を両側のこめかみにそえます。
2、残りの4本のの指を頭のてっぺんにそえます。
3、頭のてっぺんから、こめかみに向かってほぐすようにマッサージを行います。
4、次に、前頭部の生え際から後頭部にむかってマッサージを行います。
以上になります。あまり強い刺激を与えずに優しくマッサージするのがポイントです。
入浴後の体温が上がって、血行が促進されている時に行うとより高い効果を得ることができます。』
出典 http://hapila.jp/cause-damaged-hair

≪改善策Eオイルをつける≫

gazou14-7.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp

髪にオイルを塗ってよくなじませ1時間くらい置きます。
その後シャンプーをしてよく洗い流しましょう。
シャンプーの後、オイルを使うという方法もありますので、
使用方法や使用する量には注意しましょう。
髪にツヤを出すオイルというと椿オイルがよく知られていますね。
椿オイルには髪のうるおいを閉じ込めてくれる効果や、
熱から髪を守ってくれるという効果があると言われています。                』
出典 http://josei-bigaku.jp/beauty/pasapasakami50029/

≪グッズ紹介≫


◆コンディショナーまでノンシリコン!【AROMAKIFIシャンプー&コンディショナー】



ヘッドスパのリラックスとサロンの艶めく髪「AROMAKIFI」
アロマメーカーの天然アロマオイルを使用、
シャンプーはもちろんコンディショナーもシリコン不使用。

◆美髪成分でとかすだけでサラサラ流れる艶髪に【美容師さんの艶髪ブラシ】



とかすたびに美髪成分がたっぷり染み出し、美容院でトリートメントした後のように
サラサラ流れる艶髪になる「美容師さんの艶髪ブラシ」。
ブラシ部分のマイクロカプセルに、美髪成分のセラミドとマカダミアナッツオイルが
たっぷり閉じ込めてあります。
髪をとかすだびに、カプセルから成分が染み出て使い続けるうちに髪が蘇ります。

◆髪をケアする低温トリートメントドライヤー



元々ヘアモデル用に作られたドライヤーを一般向けに改良しました。
通常のドライヤーは高熱で髪がヤケドしていましたが、
この低温トリートメントドライヤーなら優しい温度でスピード乾燥ができます。
ご愛用者様の満足度は99%を獲得しました。
女性はもちろん男性の頭皮ヤケド対策にも是非お勧めですから家族みんなで使えます。
一度、この商品を紹介してみてください。
今、美容家電がいかに売れているかを実感していただけるはずです。
<トップヘアモデルも愛用する本格商品>
淵江真由美様インタビュー
http://bkouza.com/jp/pro/6603.html

◆くせ毛を→するるるんっ♪とまとめる薬用シャンプーサンプル【クイーンズバスルーム】



「くせ毛・ダメージ・薄毛」といった髪のストレスを
薬用の力で健康な状態へと導く、「薬用ヘアソープ・トリートメント」です。

アミノ酸由来の独自洗浄成分と化学的に証明された優れた保水力によって
髪と肌をやさしくしっとりと洗い、潤すことでダメージヘアはもちろん、
くせ毛もしなやかなで扱いやすい髪へと導いてゆきます。

※1Kg=100万円ともいわれ、漢方にも使用される超高級成分「冬虫夏草」(※保湿剤として)を配合。
※ヘアソープはノンシリコン
 トリートメントはシリコン配合

≪まとめ≫

gazou14-8.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp
いかがでしたでしょうか。
艶とコシのある髪の毛には皆惹かれます。

改善策を施しても、
直ぐには劇的な効果は見込めないかもしれませんが、
地道にコツコツ美髪を目指していきましょう!
posted by alkman at 11:45 | TrackBack(0) | 美容-症状

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/4153020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。