妊娠初期にお酒を飲んだけど大丈夫?: 生活-マネジメント
スポンサーリンク
カテゴリアーカイブ
リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

posted by fanblog

2015年09月02日

妊娠初期にお酒を飲んだけど大丈夫?

gazou18-1.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp
妊娠初期のまだ妊娠が判明する前、そうと知らずにお酒を飲んだけど
胎児に悪い影響はでないか心配…

お酒を飲まれる方で、妊娠に気づかずにお酒を飲むケースは多いです。
今回は妊娠初期の飲酒について確認していきましょう!

≪妊娠初期とは≫

gazou18-2.jpg
出典 http://www.beginning-pregnancy.com/initial.html

妊娠期間は3ヶ月単位で、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期の3つの期間に分けられます。
「妊娠初期」は妊娠4〜15週(妊娠2〜4ヶ月)、
「妊娠中期」は妊娠16〜27週(妊娠5〜7ヶ月)、
「妊娠後期」は妊娠28〜39週(妊娠8〜10ヶ月)をいいます。            』
出典 http://www.babycome.ne.jp

≪胎児へ影響を与える仕組み≫

gazou18-3.png
出典 https://www.google.co.jp/imghp

妊娠中に飲酒をすると、お母さんの身体から血管・胎盤を通して、
アルコールが胎児へと送られます。胎児の身体はとても小さく、
アルコールに対する免疫もありません。
赤ちゃんが体に入ったアルコールを排出するには、お母さんの2倍の時間がかかります。
もしあなたがアルコールを摂取してしまったら、
赤ちゃんは長時間酔っぱらった状態になるということ。
泥酔してしまった場合は、赤ちゃんはさらにその倍もぐでんぐでん状態になっています。
大人であってもアルコール摂取によって、細胞や神経が死んでしまいます。
当然ながら小さな赤ちゃんの細胞や神経も死んでしまうので、
発達も遅くなってしまいます。                          』
出典 http://iku-labo.jp

≪妊娠初期の飲酒は問題なし≫

gazou18-4.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp
『たくさんの人が妊娠に気づかずに、「アルコールを飲んでいた」と口にするようです。
しかし妊娠超初期のアルコールが赤ちゃんに影響することは、まずないと言われています。』
出典 http://ikujizubari.com

「妊娠に気づく前に飲酒してしまった」と心配する人も多くいますが、
妊娠初期のアルコールは胎児への影響はまずないとされています。
その理由は胎盤ができる前で、
血液を通じて赤ちゃんに影響を送っていないため、とされています。          』
出典 http://192abc.com

≪知っておきたい妊娠中飲酒での胎児への影響≫

gazou18-5.jpg
出典 https://www.google.co.jp/imghp
◆胎児性アルコール症候群

妊娠中の飲酒によるアルコールの影響で、
『胎児性アルコール症候群』になる可能性があります。
これはお母さんが摂取したアルコールの影響を受け、
赤ちゃん自身が受ける先天性疾患です。
胎児性アルコール症候群の主な症状はこちら↓
・特異顔貌…小頭症、人中形成不全、薄い上唇、短い眼瞼裂
・成長障害…子宮内胎児発育遅延、出生時の低体重・低身長
・中枢神経障害…発育遅延、多動症、精神発達遅滞、行動異常
これらの症状がすべてあらわれるわけではなく、
精神発達遅滞などの中枢神経障害がみられるケースが多いです。            』
出典 http://iku-labo.jp
◆どれくらい飲んでしまうと影響が出るのか

これは明らかになっていないところで、過去の症例では、
常習性ではない“時々の飲酒”で障害が起こった例もあります。
また逆に、母親がアルコール依存症で毎日飲酒していても、
赤ちゃんは障害を持たずに生まれて来る場合もあります。

ですが、統計によれば、毎日缶ビール4本か、それ以上の飲酒をした場合、
FASのリスクが大きくなると言われています。
また、同じ量を飲むにしても、毎日ビールを1本ずつ飲むよりも、
週に一度一気に7本飲む方が、リスクが上がるようです。

例えば、毎日ワインをグラスに半分ずつなど、少量の飲酒の危険性に関しては、
まだきちんとした結果が出ていません。                       』
出典 http://papimami.jp
◆胎児性アルコール症候群の予防法

妊娠初期でも後期でも
飲酒を一切しなければ絶対にありえない疾患です。

予防方法は100%飲まないことしかありません。
1回でも飲むと、可能性は高くなります。

お酒の瓶や缶に
「妊娠中の飲酒に対する胎児への影響」等、
注意書きが書かれていますよね。

飲酒は多かれ少なかれ、
胎児へは大きな影響を与えるんです。

胎児性アルコール症候群だけじゃありません。
お母さんに飲んで何も影響がなくても、
赤ちゃんにとってお酒は≪害≫でしかないんです。                  』
出典 ttp://first.girlsninshin.com

≪まとめ 〜妊娠初期の飲酒〜≫

gazou18-7.jpg
出典https://www.google.co.jp/imghp
いかがでしたでしょうか。
妊娠初期での飲酒は一先ずのところ胎児への影響はほぼないようです。
「ほっ」とできる結果内容ですね。

妊婦さんは精神的に安定することも大事です。
あまり気にせずに妊娠生活を楽しみましょう!

posted by alkman at 18:06 | TrackBack(0) | 美容-症状-妊娠

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/4136392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。