広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年05月09日

ヘルパンギーナに親子で発症しました。

おはようございます。


ヘルパンギーナと聞いて、すぐに分かる方は、

小さいお子さんが居る方と思います。

私は、最近自分で体験し知りました。


4月30日(木)息子が、保育園から帰ってくると、

体がポカポカし熱があるみたいだから、医者に行ってくると

奥さんが連れて行きました病院

熱も39度辺りまで上がり、とても辛そうでした。

先生からは、「ヘルパンギーナ」と診断されました。

ヘルパンギーナ??

初めて聞く病名でした。

ヘルパンギーナは、急性のウイルス性咽頭炎であり、

乳幼児を中心に夏季に流行する夏かぜの代表的疾患です。

5月から8月にかけて流行し、全体の90%が、

5歳以下の乳幼児で、中でも1歳代がもっとも多いそうです。

実は息子が通う保育園で、ヘルパンギーナが流行しているようですふらふら


症状は、最初に38度〜39度の熱を発症します。

熱は、2〜3日間続いたら治まっていきます。

熱が治まった後に、喉が腫れ、口の中全体に水泡が出来ます。

(水泡は、口内炎のような感じです)

食事や水分を取るとき、喉は痛いし、水泡に触れるとシミルし、

結構大変な状況が続きます。

水泡が直るのは、一週間ぐらいかかります。


ヘルパンギーナには、薬がないようで、自然治癒で直していくようです。

お子さんには、水泡が痛く辛いと思います。

息子も、食事の際に、口の中を何度も気にしていました。

ヘルパンギーナ.JPG
保育園に提出する書類です。


実は、私もヘルパンギーナを発症しました。

5月4日に、熱を出し2日間寝込みました。

今は、口の中全体に水泡が、あります。

大人が体験しましたが、熱も高くまであがりますし、

喉の腫れ痛み、水泡のシミル痛みと、

苦痛が続きます。

病気中の食事は、喉に負担がかからない軟らかいものが良いかもしれません。


予防策は、毎日の手洗い、うがいが一番のようです。

これからピークを迎えるヘルパンギーナにご注意を手(パー)




posted by ぐろぐろ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気
プロフィール
検索
お勧めリンク集
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー

人気ブログランキングへ
最新コメント
にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。