最新記事
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://fanblogs.jp/zidousilya/index1_0.rdf
2016年01月19日
フォルクスワーゲンのニュービートルバッテリー交換と最安値リサーチ
フォルクスワーゲンのバッテリー交換は簡単なので自分で交換てきます。
ただ運転席のガラスは下げておきましょう。
バッテリーをつないだ瞬間にロックがかかる車種があります。

鍵を室内に置いておかなければ問題はありません!


ニュービートルバッテリー交換最安値.png


ニュービートルバッテリーのバッテリーは画像の赤丸の位置です。
このボックスの中に入っていますので手間が少しかかります。
しかしディーラーで交換した場合は3万円はしっかり取られると思いますので
インターネットで価格をリサーチしてからでも遅くは無いでしょう。


バッテリー代金というよりも工賃がバカみたいに高いので外車はお金が無いと
のれませんね。私もニュービートルに乗った時期がありましたけど、外れ車だった
ので新車後でもトラブル続きて大変でした。
イモビライザーなども壊れてメーターを交換してまたすぐ壊れてしまい不運でした。
また排気ガス不正問題があり中々厳しい環境下にあるようです。


ひょっとすると不景気のあおりで設定部品も割増しになる恐れがあります。
ディーラーでもサービスの格差があるようです。


ビートルのバッテリーサイズは「EXIDE_EPX62」や「EXIDE_EPX75」などが
ついていますが適合バッテリーサイズは「 FP56219」で問題が無いと思います。
価格が半分くらいになるのでネットで買う方はかなりのメリットがあるのでは
ないかと考えられます。
ちなみにパナソニックなどでは「61-25L」となりますが、メーカーで数字が少し
違います。


ゴルフやポロ、ウ゛ェント、パサートなども似たようなものです。
バッテリーの上部に書いてある数字をバッテリーショップで打ち込んでみると
良いと思います。
交換が出来なくても量販店で交換してくれるサービスも始まりました♪


バッテリー比較サイト⇒  激安バッテリー市場(新品)





2016年01月13日
冬のバッテリーは性能が落ちるため気を付けよう
冬のバッテリーは性能が落ちます。
寒冷地仕様などだとバッテリーサイズで調整しますが、関東から南だとバッテリーが少し小さくなります。


小さくなると軽量化につながるため燃費も伸びるメリットがあります。
ただし、氷点下などに下がった気温ではバッテリーの性能が落ちるためエンジン始動が出来なかったりするトラブルが出てきます。


不安を抱える方は、大きめのバッテリーサイズを選ぶとよいかもしれません。
大きいバッテリーの前に、自分の車のバッテリー端子が「B端子」「D端子」なのかも調べておきましょう。また最近ではアイドリングストップ機能が付いている車がほとんどなので、専用のバッテリーじゃないと後々トラブルになることがあります。


緊急で付ける場合には特に問題がありませんが、アイドリングストップのボタンを出来れば押して解除させておきましょう。その場合は早めに交換をしてあげましょう。
過充電防止などが付いているため、元々のバッテリー番号がお勧めです。
サイズをアップしたい場合には、バッテリーサイズを大きくしても車両にはまるのか?を調べましょう。


軽自動車だと基本的に容量アップは難しいです。
解らないときは解る人に聞いても良いですが、ネットで型番を調べると簡単に解りますよ〜