広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年07月04日

治療院経営に必要な事。

現在の治療院経営は一昔に比べ大変な時代です。
だからこそ経営力が必要になります。
某請求団体に在籍している時から、よく運営じゃなく経営するようにアドバイスをさせて頂きましたが、改めて運営と経営の違いをご説明させて頂きます。

経営とは、組織の将来を考えて、持続的に利益を得て組織を発展させていくことです。

運営とは、今ある資源(人、物、金)で成果を出しつつ組織を動かしていくことです。

似ているようで異なります。
ですが、多くの治療院は残念ながら日々の忙しさから運営している状態です。
運営の場合、茹でガエルの法則になりやすい為、経営意識を持ち将来を考えて行動して頂きたいと考えアドバイスしております。

茹でガエルの法則とは、
カエルをいきなり、熱湯に入れるとすぐに飛び出しますが、冷たい水にいれて徐々に水温を上げていくと、気がつかないで温度はどんどん上昇する。
そして、ある瞬間に熱いと初めて気づいたカエルは逃げようとするが、温度の上昇によって本来のチカラを奪われ、最終的に茹で上がって死んでしまう。
ビジネス環境の変化に対応する事の重要性、困難性を指摘するために用いられる警句のひとつです。

茹でガエルにならない為に、将来を考えて目標を設定し目標を達成する為に戦略、戦術が大事です。
数年前までは開ければ患者様が来院する時代でしたが、今は厳しい時代です。
全体的に厳しいのかと言うと、まだまだ開業する治療院は多いです。
厳しいと言われる時代でも開業する治療院が多い現状、勝ち組、負け組の治療院がはっきり出てきております。

勝ち組と言われる治療院経営をしている人の多くは、目標、戦術、戦略をしっかりしている所が多いと感じております。
戦国時代でも現代でも、目標、戦術、戦略に必要になるのが情報になります。

あなたの治療院は顧客情報を有効活用しておりますか?
某請求団体に在籍している時から何でだろうと思う事が沢山ありました。

他業種をいろいろ経験した私にとってまず一番最初に気になった事は、個人情報を扱っているのに活用している先生が少なすぎると感じました。
他業種にとっては、喉から手が出るほど欲しい顧客情報なのに、暑中お見舞いや年賀状だけの方が多く個人情報を有効に活用している方が少なく感じました。

中には、DMや電話営業している方もいらっしゃいますが・・・・
それでも有効活用していないと思います。

どんなコンサルタントだって全く情報がわからないまま的確なアドバイスは出来ません

とある先生から「売上が少なく経営が難しいので何とかして欲しい」と相談を受けました。
私は、神様では無いし、常に治療院に居る訳でもなく、どんな患者様が来院しどんな状況なのかがわかりませんので情報が欲しいとお願いした所、開業してからの数年分の日計表、数十冊を渡されました。
日計表には残念ながら、患者様の名前と頂いたお金しか記載が無く、また、大事な情報が全くまとめていなかった為、残念ながら的確なアドバイスは出来ませんでした。

『彼を知り己を知れば百戦殆からず』
これは『孫子(そんし)という、中国の兵法書』(軍学の書)の一節である。

自院分析をしっかりしていなければ、この厳しい時代で勝ち組になる事が難しいでしょう。
逆に、自院分析をしっかりしておけば、将来ライバル店が増えてもライバル店の事を知れば危いことはない。


もし自院分析をしていないのであれば自院分析をし、顧客情報を有効活用し経営戦略、戦術を練ってみませんか?
ファン
検索
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
接遇(2)
月別アーカイブ
プロフィール
金地さんの画像
金地
治療院コンサルティングをしております金地です。 関東近県の治療院でコンサルをしております。 また、全国福祉療法師連合会の会長をしております。
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。