2017年11月18日

合格できる全商簿記検定(会計)勉強法

ここでは、簿記実務検定1級(会計)に合格できる勉強法をお伝えします。

全商簿記(会計)合格への3つのポイント

【1】 まずは、仕訳が解けるようにせよ!

簿記の学習で最も基本となるのは、仕訳です。それに、全商簿記の会計で出題される仕訳のパターンはそんなに多くありません。

まずは、仕訳(大問1)の勉強から始めましょう。仕訳が分かるようになれば、他の問題も解きやすくなります。


【2】 勘定科目の分類を覚えよ!

大問2(分析・計算問題)と大問4(決算問題)を解くには、勘定科目がどのグループに属するか覚えておく必要があります。

例えば、流動比率を導くためには、そもそも流動資産がどれか分からないといけません。貸借対照表や損益計算書に転記するときも、どの欄に勘定科目を書けばよいか分かりません。

勘定科目一覧と分類は教科書に載っていると思うので、そこを問題を解く前に見ておきましょう。

以下にも簡単にグループ分けの基準を載せておきます。


○ 貸借対照表

資産
流動資産(売掛金や受取手形、および1年以内に現金化する資産)
固定資産(1年を超えて現金化する資産)
繰越資産(費用であるが、特別に資産として計上することが認められたもの)

負債
流動負債(買掛金や支払手形、および1年以内に支払期限が到来する負債)
固定負債(1年を超えて支払期限が到来する負債)

純資産
資本金
資本剰余金(株主からの払込金額のうち資本金以外のもの)
利益剰余金(会社の利益から生じたもの)


○ 損益計算書

販売費および一般管理費(商品の販売に要した費用)
営業外収益(主な営業活動以外の活動から生じた収益)
営業外費用(主な営業活動以外の活動から生じた費用)
特別利益(会社の活動で臨時的に生じた利益)
特別損失(会社の活動で臨時的に生じた損失)




【3】 決算問題は仕訳ができれば解ける!

決算問題(大問4)は解法までに4つのステップがあります。

1.付記事項の仕訳をする。

まずは、付記事項の仕訳を行います。問題用紙の空白のところに書いておいて、元勘定残高に勘定科目が既にある場合は、修正します。ここで、金額を修正していなかったら、決算整理事項の金額も変わってくるので、注意しましょう。


2.決算整理事項の仕訳をする。

決算整理事項の問題パターンは決まっています。ですが、特に「期末商品棚卸高」のところでつまずく人が多いようです。棚卸消耗費や商品評価損についてもう一度復習しましょう。また、貸借対照表の「商品」は実地棚卸数量と正味売却価格を掛けた金額になります。この仕訳も問題用紙の空白のところに書いておいて、元勘定残高に勘定科目が既にある場合は、修正しておきましょう。


3.仕分後の勘定科目と金額を損益計算書および貸借対照表に転記する。

仕訳をしたら、勘定科目と金額を転記します。転記場所を間違えないようにしましょう。


4.金額欄で空白のままのところは、計算して求める。

利益や資産・負債の合計金額などは、回答用紙を見て計算して求めます。単純な足し算、引き算なので簡単です。


以上から分かるように、決算問題も結局は仕訳の問題です。

いきなり財務諸表を完成させることを目指すのではなく、まずは付記事項と決算整理事項がきちんと仕分けられるかに重点をおきましょう。最初のうちは、仕訳だけを解いたあと、すぐに解説を見てあっているかどうか確認してください。

まとめ

簿記は仕訳が最重要です。まずは、仕訳の学習から取り掛かりましょう。




【このカテゴリーの最新記事】

2017年10月22日

情報処理検定1級(プログラミング部門) 勉強のコツとは?

ここでは、全商情報処理検定(プログラミング部門)1級の合格できる勉強法をお伝えします。

情報処理検定1級(プログラミング部門)合格への4つのポイント

【1】 最初の15問は全問正解を狙え

大問1〜3の15問(30点分)は用語と計算の選択問題です。

最初の15問は用語とある程度の計算問題を覚えれば、全問正解も目指せます。しかし、そのあとの問題は遥かに難易度が高くなっています。プログラミング部門は他の全商検定に比べ、全体的に問題が難しいです。貴重な30点を落とすわけにはいきません。

また、そのうち約20点分はビジネス情報部門でも出題される問題となっています。ビジネス情報を受けたことのある人は対策しやすいでしょう。


【2】 フローチャートを理解せよ

プログラミング部門1級で出題される主なアルゴリズムは以下の通りです。

・ コントロールブレイク
・ 多次元配列の利用
・ 多分岐
・ 順位付け
・ バブルソート
・ セレクトソート
・ インサートソート

これらのアルゴリズムを理解すればフローチャート(流れ図)の問題(45点分)を攻略することができます。種類としては決して多くはありません。

高校で使う問題集には必ずアルゴリズムの学習のポイントや説明が載ったページがあります。基本的なフローチャートも載せられていると思います。

このフローチャートが理解できなければ、後の問題を解くのは困難です。プログラミング部門の場合は、分からないまま問題を解いても、分かるようにはなりません。他の全商検定とは違って暗記では対処できません。

フローチャートが分からないと、それより難しいプログラム言語の問題(25点分)も解けるわけがありません。

しっかり代表的なフローチャートを理解できるようにしておきましょう。後で苦労することになるよりは、先に理解する努力を払う方が得策です。




【3】 過去問演習は必須

プログラミング部門では特に問題演習が必要となります。暗記ではなく、理解を意識して問題を解いていきましょう。

ただ、問題集の問題は注意が必要な場合があります。本試験に出ない難しすぎる問題や変にひねった問題が出るからです。

ですので、過去問題集を解くのが一番よいでしょう。


【4】 マクロ言語の方が簡単

大問7(プログラミング言語 25点分)は「Java」と「マクロ言語」のどちらかを選べるようになっています。

授業で習っている方を選択すればよいのですが、独学の方は「マクロ言語」を選択することをおすすめします。

なぜかというと、「マクロ言語」のほうが文法は簡単だからです。プログラミング初心者にはマクロ言語はハードルが低めです。ExcelVBAで簡単にコーディングして実行できるのも魅力です。

もちろんプログラマーを目指している人はJavaのほうが将来的に役立つので、Javaを学ぶのはよいことですが、独学の人はマクロ言語のほうが合格しやすでしょう。

まとめ

プログラミング部門の勉強で大切なのは、暗記より理解です。

まずは基本的なフローチャートを理解することが合格への近道です。


2017年10月21日

全商情報処理検定―2つの部門には共通点がある!

全商情報処理検定は全商簿記実務検定と同じく、商業高校であればどの学科の人も受けさせられると思います。

受験者数も結構多いです。授業でも情報処理に結構時間を割くと思うので、避けては通れないです。

全商情報処理検定にはビジネス情報部門プログラミング部門の2種類があります。

どう違うのか?
共通点はあるのか?
なぜ別々の検定ではなく、部門で分けてるのか?
といった疑問を解消しましょう!

ビジネス情報部門とプログラミング部門の違い

● ビジネス情報部門

ほとんどの商業生が受ける検定です。

検定内容は、ただのExcelのテストです。ただし、1級ではデータベース(Access)の問題も出ます。

どちらにしても、Excel関数の使い方が主な問題内容です。2級と3級には筆記だけでなく、Excelの実技問題があります。でも1級は平成24年から筆記のみになりました。

ビジネス情報部門と聞くとなんかカッコイイかもしれませんが、実質は「表計算ソフト部門」でいいと思います。


● プログラミング部門

ビジネス情報部門に比べ受験者はかなり少ないです。主に情報系の学科の生徒が受けます。合格率は低く、レベルも比較的高いです。

検定内容は、名のとおりプログラミングのテストです。

プログラミングとは、簡単に言えばコンピュータのソフトウェアを作ることです。コンピュータプログラムの流れが書かれた図であるフローチャートの問題、プログラミング言語(Javaかマクロ言語のみ)の問題が出ます。商業科の人で1級に合格するのは結構難しいですし、プログラミングを授業で習っている人でも受からない人もいます。


ここで見てきた通り、ビジネス情報部門とプログラミング部門は別物です。

ならば、「全商情報処理検定 ビジネス情報部門」「全商情報処理検定 プログラミング部門」というように部門を作るのではなく、ビジネス情報は「全商ビジネス情報検定」、プログラミングは「全商プログラミング検定」にすればいいと思いませんか?

問題内容も難易度も異なるのに検定名が同じだと混乱を招くと思います。

しかし、この2つの部門には共通点もあります。



共通点とは?

プログラミング部門の最初の15問(30点)の内、10〜11問はビジネス情報部門と出題範囲が同じです! 用語問題は重複しているところがあるということです。

商業高校生の皆さんにはありがたいことだと思います。プログラミングの勉強を全くしていなくても20点くらいは取れるということですから。

テストを分けているなら出題範囲も違うものにした方が、個人的には良いと思いますが。。。

検定名を別々にしない理由

全商の考えとしては、用語は出題範囲がかぶっているから、検定の名前を分けるよりは、検定名は「全商情報処理検定」という同じ名前にしといて、代わりに2つ部門を作っているのかもしれないです。

あと、全商情報処理検定3級というものがありまして、そちらは部門に別れていないのも理由だと思います。

以上、全商情報処理検定についてでした。



2017年09月25日

情報処理検定1級(ビジネス情報) 勉強のコツとは?

ここでは、全商情報処理検定(ビジネス情報部門)1級の合格できる勉強法をお伝えします。

即効性があり、時間があまりなくても効率的に合格できる勉強のポイントをまとめました。ポイントをおさえれば、Excel関数が苦手という人も合格できます!

情報処理検定1級(ビジネス情報部門)合格への4つのポイント

【1】 用語問題は満点を目指せ

情報処理検定1級では大問1〜4は用語に関する問題がほとんどです。

大問3の内2問は、計算が必要な問題ですが、そのほかは用語を覚えていれば正答できます。つまり、用語問題は41点分出題されます。合格点は70点なので、用語を全て正解すればあと29点取ればよいということになります。

用語の得点を上げるには、過去問を解く、採点する、復習するのを繰り返すのが一番の近道です。ただ用語と説明を見るのではなく、実際に問題を解いてみましょう。問題を数多くこなすのがポイントです。用語の種類もそんなに多くなく、同じような問題が繰り返し出題されているので、満点に近い得点がマークできるようになると思います。

また、用語の覚え方のコツ(特にアルファベットの用語)は他の記事に書いていますので、そちらもご覧ください。
全商情報処理検定 用語を簡単に覚える方法とは?


【2】 SQLの出題範囲は狭い

データベースは1級で初めて出題される分野です。Excel関数は3級、2級の内容も出題されますが、SQLは2級の内容は全然関係ありません。ですので、範囲は割と狭く、Excel関数が苦手な人も対策しやすいと言えるでしょう。

↓ 出題されるデータ操作言語はこれだけです。
INSERT INTO VALUES <挿入>
UPDATE SET WHERE <更新>
DELETE FROM WHERE <削除>
SELECT (DISTINCT) FROM WHERE <問い合わせ>
LIKE
BETWEEN
IN
EXISTS
GROUP BY (HAVING)
ORDER BY (ASC, DESC)

勉強する時に意識してほしいことは、Excel関数とは全く違うものであるということです。最初は戸惑うかもしれませんが、文法がきっちり決まっているので、慣れれば簡単に解けるようになります。




【3】 Excel関数は大問6を解きながら覚える

Excel関数も用語と同じく、テキストの説明を読む時間はあまり取らず、実際に問題を解いて覚えましょう。

おすすめは大問6を解くことです。過去問を数多くこなしましょう。分からない問題はすぐに解答解説を見ましょう。その方が効率的です。大問6も同じような問題が何回も出題されています。点数も1問4点と高いので合格へぐっと近づきます。


【4】 大問7は問題文を全て読む必要はない

大問7は一番難しいです。ただし、簡単な問題もあります。

作成条件が問いの前にありますが、それを初めに読む必要は全くありません。問いに書かれているセル番地の説明を見るだけで十分です。大問6の演習をしていれば幾らか得点できるでしょう。

最後の問題である大問7-問5は捨て問題です。解答しなくていいです。これを解くには作成条件を細かく読む必要があり、時間がかかります。また、解答したとしても正解の可能性は低いです。

まとめ

効率的に得点アップするには、用語問題と大問6を中心的に勉強しましょう。

大問7には勉強時間を取られすぎないよう注意が必要です。大問7に集中して、他のよく出題される問題を落とすことがないよう注意しましょう。



2017年08月26日

合格できる全商ビジネス文書検定 勉強法

ビジネス文書実務検定は全商検定の中でも比較的簡単ですが、1級はある程度対策しておかないと合格できません。

ここでは、ビジネス文書検定に合格できる効率的な勉強法を紹介します。

ビジネス文書検定合格への4つのポイント

【1】 まずは速度部門から取り掛かかろう!

ビジネス文書検定は筆記と実技からなるビジネス文書部門と速度部門があります。もちろん両方合格で級合格です。

どの級にも言えることですが、まず速度部門から取り掛かることをおすすめします。特に、1級はビジネス文書部門よりも速度部門の方が合格率は10%ほど低い傾向にあります。速度部門で落ちる可能性が高いということなので早目の対策が必要でしょう。

また、そもそもタイピング速度を上げておかないとビジネス文書部門の実技でも良い結果を出せません。初めのうちはタイピングを練習して速度部門が合格できるようにしておきましょう。


【2】 速度部門は練習あるのみ

タイピングに関しては、練習すれば誰でも速く打てるようになれます。

僕は、高校入学時はキーボードの配置も分からず、常にキーボードを見ながら打っていました。ですが、練習のおかげで高3で1級を取得できました。

練習の際は、必ず決められた指でキーを打つことを意識してください。また、キーボードをなるべく見ないようにしましょう。これが上達への近道です。

練習量には個人差があります。でも、練習すれば結果が付いてきます。すぐに上達するわけでもないので、長いスパンであきらめずに練習しましょう。


【3】 模試問題より過去問の方が簡単

「実教出版」の模擬試験問題集は本試験に比べやや難しい感じがします。

特に、ビジネス文書部門の実技は難しめの問題が多いです。体裁を工夫しないと1ページに収まらないこともありますが、本試験ではそのようなことは多分ないと思います。

ですので、過去問は必ず演習しておきましょう。


【4】 筆記対策はテスト前で十分

ビジネス文書部門の筆記は1級でもかなり簡単です。出題範囲も狭いですし、常識的な問題が多いです。

早めに勉強しても忘れてしまったら意味がないので、試験1週間前くらいからの対策で十分対応できると思います。



まとめ

タイピングの速度を上げることが最優先です。
タイピングの練習は早めにしておきましょう。


カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
プロフィール
Daichiさんの画像
Daichi
公立商業高校(情報処理科)を卒業しています。 商業高校生の先輩として全商検定や学校生活についてアドバイスします!
プロフィール
最新記事