2017年05月05日

全商検定の試験時間をランキングにしてみた

全商検定の試験時間はどのくらいなのでしょうか?

1級を取得するために必要な試験時間をまとめて、時間が長い順にランキングにしました!


1位  3時間

全商簿記実務検定試験
会計 1時間30分 + 原価計算 1時間30分

会計実務検定試験
1科目 1時間30分で、3科目中2科目以上の合格で全商1級です。
よって、最小3時間〜最大4時間30分になります。


3位  2時間

商業経済検定試験
1科目 1時間で、4科目中2科目以上の合格で全商1級です。
よって、最小2時間〜最大4時間になります。


4位  1時間30分

全商英語検定試験
内リスニングは25分〜30分です。


5位  1時間

珠算・電卓実務検定試験(計算用具 珠算・電卓)
普通計算部門 30分 + ビジネス計算部門 30分

情報処理検定試験(ビジネス情報部門・プログラミング部門)
筆記のみで実技はどちらもありません。


9位  45分

ビジネス文書実務検定試験
ビジネス文書部門 35分(筆記試験15分 + 実技試験20分) + 速度部門 10分




ビジネスコミュニケーション検定試験は?

ビジネスコミュニケーション検定の試験時間は41分30秒(筆記試験40分 + 面接試験1分30秒)です。ただし、1級の種目ではないので、ランキングからは省きました。



2017年04月08日

合格できる全商英検1級の勉強法

全商英検1級は、全商検定の中で1番合格率が低く、問題も難しいです。

ここでは、全商英検1級に合格できる効率的な勉強法をお伝えします!

もちろん僕は全商検定1級に合格していて、他にも実用英検2級とTOEIC745点も取得しています。

問題構成から攻略法を探る

問題形式や配点からどの問題が重要なのか見分けていこうと思います。
まず、問題構成をおさらいしましょう。

(1) アクセント問題  5点
(2) 短文リスニング  5点
(3) 短文リスニング  5点
(4) 会話文リスニング  5点
(5) 長文リスニング  10点
(6) 会話文リスニング  10点
(7) 長文要約  10点
(8) 会話文選択  10点
(9) 短文穴埋め  10点
(10) 長文穴埋め  10点
(11) 短文言換  10点
(12) 並び換え  10点

合計
アクセント 5点
リスニング 35点
リーディング 60点

満点 100点(合格点70点)


リーディングのウェイトが高いですね。ただし、長文問題は少なく、短文〜会話文が多めです。

リスニングも問題が長いものは少ないです。

文法的な問題も少なそうです。

では、これから具体的にどう勉強すればよいか、ポイントを4つお教えします。


全商英検合格への4つのポイント

【1】大問1(アクセント)は捨て問題

アクセントの問題を解けるようにするには、ただ暗記するのみです。基本的にコツなんてありません。

たかが5点のためにアクセントを時間を掛けて覚えるのは非効率です。それにアクセントを暗記したとしても、単語の意味や発音が分からなければ意味がありません。


【2】単語の暗記に徹する

実教出版の試験問題集の付録に「級別単語集」があります。

その単語集には級別に出題範囲の全ての単語が掲載されています。(4級1,000語+3級600語+2級550語+1級500語)

実は、そこに書かれている単語を9割ほど暗記できれば合格できます! 1級で出題される単語の範囲は、2,650語です。その中の1,000語は4級の範囲なので、中学レベルの単語力があれば見なくても大丈夫です。

まず、単語集の3級・2級・1級ページを見て、知らない単語をチェックしていきましょう。そしてチェックした単語をひたすら覚えていきます。

英単語の暗記には時間を掛けてください。全商英検はリーディング問題が60点を占めています。リスニングも単語を聴き取れれば解ける問題ばかりです。


【3】文法は知らなくても合格できる

全商検定の場合、文法を知らなくても英単語さえ分かれば合格できるレベルとなっています。(実用英検やTOEICの場合は文法力がかなり必要です。)

文法を学ぶよりは、単語を暗記した方が全商1級合格に直結します。


【4】リスニングは過去問を解くのみ

リスニングのウェイトは35点なので、ある程度の問題演習は必要です。過去問は何回か解いて、解説やリスニングの英文もちゃんと読んでおきましょう。

リスニング1問ごとの時間は短いので、単語とその発音を覚えていれば、簡単に解けるでしょう。


まとめ

全商英検 ≒ 単語力テスト です。
なによりもまず英単語を暗記しましょう!


2017年03月18日

全商検定9冠は本当にスゴイのか?

全商検定で全種目1級に合格することを俗に「全商検定9冠」といいます。

ここでは、全商9冠達成はどれだけスゴイことなのか検証していきます。

全商9冠達成人数は?

平成27年度のデータを見てみましょう。

三種目以上1級合格者表彰受賞人数一覧

3種目 7,924 名
4種目 4,477 名
5種目 2,297 名
6種目 789 名
7種目 199 名
8種目 54 名
9種目 28 名
合計 15,768 名

1年の間に全商9冠達成したのはわずか28人です。毎日新聞にも「例年、全国で30人ほどしかいない難関」と書かれていました。

確かに9冠達成者は全国的に見ても少ないです。


全商9冠達成者が少ない本当の理由

全商9冠の人が少ないのは、ただ「問題が難しいから」というわけでもありません。

他にも、3つの理由があると思います。

【1】 9回も受けられない人が多い

全商9冠を達成するには、少なくとも9回は試験を受けないといけません。ただ、検定試験は1年に1回か2回あるのみです。

検定日が他の予定とかぶる人も多いので、全種目合格というのは週末の予定が空いていないと無理です。


【2】 商業高校生に限定される

そもそも全商検定の対象は商業高校生です。

一般の人が対象の多くの検定とは異なり、受験者数も少なければ、受験者の知識も少ないです。


【3】 全商9冠を達成する意味があまりない

全商9冠を達成しても高校を卒業したら、基本効力はありません。

卒業後のことを考えている人は、全商検定にこだわりません。その代わりに、実用英検や日商簿記、基本情報の取得を目指す人が多いです。特に進路がすでに決まっている人は、就職先、進学先で必要となることを学んでいく方がいいのではと思います。


結局、全商9冠はどれだけスゴイことなのか?

達成者数は少ないですが、「難関」という訳ではありません。

センター試験で国立大学に入学したり、実用英検準1級や日商簿記1級を取得したりする方が難しいです。商業高校生から見れば全商9冠はスゴイことだと思いますが、他の人から見ればそうでもないのも現実です。


2017年02月18日

全商推薦とは? 条件や基準・対象の大学を紹介!

商業高校生が大学に進学する方法として、「全商推薦」というものがあります。

ここでは、「全商推薦が一体どういう制度なのか」ということから、対象大学応募条件合格率までお伝えします。

全商推薦とは?

全商協会が商業高校の生徒を対象の大学に推薦する制度です。

「一般推薦」や「指定校推薦」といった推薦入試は商業高校が推薦しますが、「全商推薦」は全商協会が大学へ推薦してくれます。

正式名称は「全商協会大学特別推薦」です。

全商推薦の流れ

全商推薦の流れを簡単に説明します。

(1)高校ごとで推薦者を選考
(2)県単位で各高校の推薦者を取りまとめる
(3)全商協会が推薦者を選考・決定・各高校・大学へ通知[9月ごろ]



全商推薦に対応している大学は?(H27年度)

2つのグループに分かれています。
Aグループは、出願要件に全商英検を指定していない大学で、
Bグループは、全商英検を指定している大学です。

なぜ、全商英検で分かれているのか謎ですね。

ただ、Aグループの方がBグループよりも書類提出期限や選考日が3〜4週ほど早いという違いがあります。


● Aグループ

駒沢大学
高千穂大学
拓殖大学@
立正大学
中京大学
大阪商業大学
神田外語大学
東京経済大学


● Bグループ

拓殖大学A
中央大学
日本大学
法政大学
明治大学
関西大学
同志社大学
立命館大学
関東学院大学
専修大学
國學院大學
明海大学
関西学院大学
千葉商科大学

対象の学部・学科など、詳しくはこちらをご覧ください。

全商推薦の条件は?

全商協会より推薦を受けるには検定条件があります。

先ほど紹介したBグループの大学はもちろん全て全商英語検定1級(または実用英検準2級)が推薦条件となっています。

推薦条件は大学によってかなり違いがあります。ですが、検定条件として一番多いのは、全商簿記1級です。
進学を希望している人は、全商簿記1級は取得しといた方がいいです。

全商推薦の選考の基準は?

全商協会が決めることなので、詳しくは誰も分かりません。
ですが、全商検定1級を多く持っている方がよいのは確かです。評定も高いに越したことはないです。


全商推薦の選考の倍率は?

H27年度の場合、応募者数合計は280名で、決定者数合計は224名となっています。
倍率は1.25倍ということになります。

これはあくまで合計です。
大学別に見てみると、定員割れのところも結構あります。0名のところもあります。

大学によって倍率はかなり違うということを覚えておきましょう。

そして、推薦が通ってからの入試での合格率はほぼ100%でしょう。全商の推薦をもらえば、基本的にその大学に入学できると思います。


以上、全商推薦についてでした。
その他、全商推薦について詳しいことは進路指導の先生に聞くのが一番でしょう。


2017年01月29日

全商検定合格率 9種目のランキングを発表!

全商検定の合格率を紹介してきましたが、
ここでは全商検定1級 9種目の合格率を一覧にまとめ、ランキングにしてみました!
合格率を知ることは全商検定攻略の第一歩です。

全商検定1級 合格率ランキング

合格率が低い順です。

※ 部門別に合格率が集計されていて、種目単位での明確な合格率が分からないものは、目安として管理人が計算した種目合格率を記載しています。

[順位] [検定名称] [合格率]

1位  全商英語検定 約10%

2位  会計実務検定 約20% ※

3位  全商簿記実務検定 約25% ※

3位  全商情報処理検定(ビジネス情報部門) 約25%

5位  珠算・電卓実務検定(そろばん) 約30% ※

6位  ビジネス文書実務検定 約35% ※

6位  全商情報処理検定(プログラミング部門) 約35%

8位  珠算・電卓実務検定試験(電卓) 約45% ※

9位  商業経済検定 約50% ※




まとめ


全商英語検定1級がやはり一番合格率が低いようです。

「全商1級3種目を早く取りたい!」という方は、
合格率が高い「商業経済検定」「電卓実務検定」「ビジネス文書検定」を攻めていけばよいでしょう。


カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
プロフィール
Daichiさんの画像
Daichi
公立商業高校(情報処理科)を卒業しています。 商業高校生の先輩として全商検定や学校生活についてアドバイスします! 相談や疑問点があれば、どんどんコメントしてください。 よろしくお願いします(^^)
プロフィール
最新記事