広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

ゆうこん
ご訪問ありがとうございます(*^_^*) 童話を書いています。大好きなものに出会えたときのときめき。そばにあるだけで感じる安堵感。たくさんの「大好き」に出会いたい。Thank you for visiting.I write a story of children's book.After in Japanese,I write in English. Please enjoy.
リンク集

人気ブログランキングへ
ファン
検索
検索語句

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年04月21日
おたまじゃくし( tadpole)
子供のころ、この季節になると毎日していたことがある。

おたまじゃくし取りだ。

家のすぐそばを川が流れていた。
弟と私は、毎日川に入り、
おたまじゃくしをつかまえた。


まあるい頭にひゅるんと伸びたしっぽ。
本当はまっすぐ伸びているのに、ゆるゆる泳ぐ姿から、
しっぽが曲がっているような錯覚をする。


手足が出る前の、頭としっぽだけの時が一番好きだった・・・今も変わらず(^ヮ^)/

「おたまじゃくし〜」
心の中で声をかけながら、水の中をのぞきこむ。
ゆるゆるゆる   ゆるゆるゆる
のびやかにおよぐ

「まって まって」
息を殺し、まばたきもせずにあとを追う。
ちいさなおわんだっただろうか。
水の底にしのばせ、「今!」そのときに、さっとすくいあげる。
金魚すくいの、あの要領だ。

つかまえたおたまじゃくしは、バケツの中へ。
あきることなく、ただひたすらに、おたまじゃくしをすくう。
たまらなくわくわくする時間だった。

夕方になり、やっと帰ることを思い出す。
バケツいっぱいに入ったおたまじゃくしを連れて
なんともいえぬ達成感。

バケツは家の外にある水道のそばに置いた。

ごめんね。おたまじゃくし。
あの頃の私は、連れて帰った君のことを
まだ考えられなかったみたい・・・
お母さんとも離れ離れになったのにね・・・・


何日かすると、家の周りには、いつも小さなかえるが跳ねていた。
「あれ〜、かえるがいっぱい」

私はまだ、おたまじゃくしがかえるになることも知らなかった・・・

When I was a child,I did one thing every day in this season.

Catching tadpoles.

There is a river near my house.
My brother and I were hunting them in the river every day.

Role head and soft swing tale.
It's tale is not bent.
But we sometimes missimagine it like bent.

I liked the form which have only head and tale,no hands no legs......I like,too now.


'Hey! Tadpoles'
I talked to them in my mind,I peeked into the water.
swing swim swim swing
They swim happily and relaxily.

'Wait wait'
I'm quiet and grasp and chase without blinking.
I wonder I used a small rice bowl.
I was ready to catch.
When the timing 'now!' comes,I catch it up speedy.
like a Goldfish scooping.

After catch,I put in the backet.
No get tireding,I was crazy for catching.
It was the attractive time my heart beats faster.

Toward evening,I remenber to go home.
I walked to back with my today's happy backet.
What a fullfilment!

I put it by my house of outside.

I'm sorry,Tadpole.
I couldn't think about you that days....maybe.
You had to saparated from your mother.


After several days,There are some flogs around my house.
'Why are you here?'

I didn't know 'tadpole grown up the flog' yet.












IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】




















>> 次へ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。