広告

posted by fanblog
プロフィール

ゆうこん
ご訪問ありがとうございます(*^_^*) 童話を書いています。大好きなものに出会えたときのときめき。そばにあるだけで感じる安堵感。たくさんの「大好き」に出会いたい。Thank you for visiting.I write a story of children's book.After in Japanese,I write in English. Please enjoy.
リンク集

人気ブログランキングへ
ファン
検索
検索語句

広告

posted by fanblog
2012年05月22日
たからもの(my  treasure.)
あれは、いつのことだったろう。

まだ3つ(歳)か4つ(歳)の頃
小さな私は、お父さんと
どこかの駅にいた。
一緒に電車に乗って帰るのだ。

売店には、おいしそうなお弁当にお菓子、本や新聞と
色とりどりのものが、くっつきあって並んでいた。

うわあ。

首をぐるりとまわしてみあげていると、
1冊の絵本が目にとまった。

おかっぱの髪の女の子の絵が表紙だ。

「お父さん、あれ!」

私は絵本を指さし、お父さんのズボンをひっぱった。

「うん?」

お父さんは、ひょいっと私をだっこし、私の顔をのぞきこんだ。

「あれ、ほしい」

私は、まっすぐに絵本を見つめ、指さした。

「いいよ」

おかっぱの女の子の絵が、私の手のなかにある。
私はお父さんの手をひき、いそいそと電車のほうへ歩いた。

電車のふたりがけのいす。
窓側にちょこんとすわり、待ち切れずに絵本を開く。

初めて見る絵に、口をぽかんとあけたまま、見とれる。

「とおりゃんせ、とおりゃんせ・・・」
お父さんが絵本を見ながら、歌いだした。
私はお父さんを見上げ、歌を聴く。

絵本は、童謡の歌の絵本だった。

・・・・
あれから、どれだけ開いたことだろう。
どれだけ歌ったことだろう。

らくがきもいっぱいあるけれど、
今でも大事にもっている、
わたしのたからもの。

それは、大好きなお父さんが買ってくれたものだから。
When was that day?

Maybe When I was 3 or 4 years old,
I was at the somewhere train station with my father.
We get on the train to back home.

There are inviting lunch box,snacks,book and newspaper,
many color ones at the station stall.

Wow!

When I looked up at sth,I found a picture book.
The cover was bob hair girl.

'Dady, look!'

I pointed the picture book and pulled my father's pants。

’What?'

My father took me up his arms and look at me.

'I want that picture book'.

'Okay'

I hugged the book .
I pull his hand and hurried up to the train.

In the train,I sat the seat with my father.
I couldn't wait and I opened the book.

As soon as open the book,my mouth opened.
Because the picture is amazing for me.

'♪To~ryannse to~ryannse....♪’
Father sung the song 'Toryanse '(You can go)with looking at the book,
I looked up my fatherand listen to his song.

The picture book was Children's song's book.

・・・・
How many times did I open?
How many times did I sing?

Though there are many scribblings,
I have haved ,

it's my  treasure.

Because it's the present by my father.  






こちらは、本日発売!
『おいらはケネルキャット サスケ』(佼成出版社): http://youtu.be/lGNC5t2lCcM @youtubeさんから あの、クイールのそばにいたのは猫のサスケだった!ハンカチなしには読めません! 中村文人作 5/22発売 















IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】

ファッション&ビューティマガジン「ar」公式ショッピングサイト


雑誌「JJ」ファッション通販サイト★JJmode★


CD/DVD/GAMEの買取価格が高い! 楽-YA買取ネット


















http://menscasual.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=1_6&products_id=71


 
この記事のURL
 
 

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。