広告

posted by fanblog
プロフィール

ゆうこん
ご訪問ありがとうございます(*^_^*) 童話を書いています。大好きなものに出会えたときのときめき。そばにあるだけで感じる安堵感。たくさんの「大好き」に出会いたい。Thank you for visiting.I write a story of children's book.After in Japanese,I write in English. Please enjoy.
リンク集

人気ブログランキングへ
ファン
検索
検索語句

広告

posted by fanblog
2014年08月03日
大人も子供も読んでほしい本
ぼくと戦争 (225x400).jpg

今日は、大人も子供も一度は読んで欲しい本をご紹介します。

「ぼくと戦争の物語」 漆原智良 作  山中桃子 絵 (フレーベル館)

もうすぐ終戦記念日がやってくる

日本に大きな影響を及ぼした太平洋戦争

戦争を知らない世代のかたは、歴史の中のことのように感じるかもしれないが

あなたのお父さんやお母さん、おじいさんやおばあさんは、現実にこの中で生きていたのです。


この物語は、作者である漆原先生の実体験をお書きになっています。



主人公の心平は東京の下町で暮らしていた。

戦火が激しくなり、都会に住む子供達は地方へ疎開することになる。

お父さんの実家へたったひとりで疎開することになった心平。



「がまんすることだな」

『わずか一分の停車時間。父は「わかるな」とうような目つきで、何度も顔を上下にふってちいさくわらった。』(本文中より)

たったひとり残ることになった心平の心細さ
いつ何が起こるかわからないこの時、小学生のわが子を、たったひとり、残して帰らなければいけなかったお父さんの心

読んでいて胸がしめつけられるようでした。もうやだ〜(悲しい顔)


疎開先の会津の小学校では毎日のように農作業や竹ヤリ訓練が行われた。
慣れない事ばかり。

黒潮小島から疎開してきた親戚で同級生の洋太は、島では海の20メートル深いところまでももぐって獲物をとってくるたくましい子だ。


『だが心平は先生にほめられても、わら人形がかわいそうで、なぜか勝ちほこったような気持にはなれなかった。
隊列にもどったとき、洋太がぽつりとささやいた。
「魚をつくのとは、わけがちがう」』(本文中より)


純粋で優しい子供たちが、人の形をしたわら人形を突く練習をしなければならなかった戦争どんっ(衝撃)

心平は辛い思いのなかでも、理不尽な厳しさを示す大人に、戦争のためにそうせざるをえないのかもしれない、と思いをめぐらせます。
家族に会いたい、一緒に暮らしたい、その思いは叶うのでしょうか

最後まで目が離せません。

この作品は戦争のなかで子供たちが心を傷めながらも歯を食いしばって生きてきた
本当にあったことが生き生きと描かれています。

読みながら何度も涙で文字が見えなくなりました。もうやだ〜(悲しい顔)

この作品を読んで、ぜひ、戦争の悲しみを知ってください。


もう二度と戦争を起こさせてはなりません。

心に深く残る大切な作品です


人気ブログランキングへ



ぼくと戦争の物語 (ものがたりの庭)

新品価格
¥1,296から
(2014/8/5 20:07時点)





 
この記事のURL
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
http://fanblogs.jp/tb/2648827
 
コメント
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


コメント
yumeさん、こんばんは(*´∀`)
いつもありがとうございます!


台風、近づいてきましたね。

それるといいなあ

yumeさんも気をつけてくださいね\(^-^)/
Posted by:ゆうこん at 2014年08月08日(Fri) 23:06


ワゴンRさん、こんばんは(*´∀`)
いつもありがとうございます!
お返事遅くなってごめんなさい。m(__)m

8月15日が終戦記念日ですね。

家族と離れて暮らすだけでも大変なのに、子供たちも、心を傷めながら生きていたんですよね。

平和が何より大切ですね♪
Posted by:ゆうこん at 2014年08月08日(Fri) 23:03


ゆうこんさん こんばんは〜☆

台風接近中ですね(^o^;)

お互いに 十分に気を付けましょうネ!
Posted by:yume at 2014年08月08日(Fri) 20:11


こんばんは。

そういえば、8月に終戦記念日がありましたね。
東京から会津まで疎開して、わら人形を攻撃したりするなんて、子供も大変だったんですね。

戦争のない世の中が一番いいですね。
Posted by:ワゴンR at 2014年08月05日(Tue) 23:04


ランスロットさん、こんばんは(^_-)-☆
お久しぶりです!
わあ〜♪ お元気でしたか?
コメントありがとうございます!

戦争の怖さ、悲しさ、人の命が失われるということはほんとに、語り継がないといけないですね。

私達大人も、わかっているようで、実は、当時の生活の実態を感じてないのです。
もし、自分だったら、と思って感じてほしいですね☆
Posted by:ゆうこん at 2014年08月05日(Tue) 20:11


こんにちは。

お久しぶりです。
戦争については、
ちゃんと語り継がないといけないですね。

確かに大人も子供も読んで欲しい本ですね。
Posted by:ランスロット at 2014年08月05日(Tue) 17:12


ガブリエルさん、おはようございます!
いつもありがとうございます!

私も昨日、ちらっとNHKを見たとき、その番組やってました。
白黒の映像だと、遠いきがしても、カラーになると、現実化して感じますね。

誰かがやってくれるから安心なんて思っていてはダメですよね。
自衛隊の人だって、同じ人間。戦争に行きたい人はいませんからね。
平和が続くように、私達の自由をなくさないように、
同じ過ちをくりかえさないでほしいですよね☆
Posted by:ゆうこん at 2014年08月04日(Mon) 10:22


Yumeさん、おはようございます!
いつもありがとうございます!

人間の形をしたわら人形、人をつく、を想像すると、やりきれない思いがあったと思います。
純粋なだけにつらかったですよね。

おまごちゃんは、保育園でもう習っているのですね。
えらいなあ♪

平和をみんなで続けていきたいですね♪
Posted by:ゆうこん at 2014年08月04日(Mon) 08:59


現在も戦争というか、
色んな地域で争いが起こってますが、
今の日本に住んでいると遠い世界の事なんですよね
でも、日本でも同じような事が起きていたんですよね
たまたま、今日NHKで戦争の映像が流れていて、
白黒の映像を最新技術でカラーにしていましたが、
カラーになると、急に現実味が湧くんですよね
二度とあんな映像を現実に起して欲しく無いですね
Posted by:ガブリエル at 2014年08月03日(Sun) 23:29


こんばんは☆

今、読ませて頂いてじ〜んと伝わって来るものがあります...(涙
わら人形を突く練習は、さぞかし辛いですネ...

二度とあってはならない戦争!の怖さ
家族・友達の絆も...何もかも失う怖さ!
でも、実体験の本を読んでこそ初めて知らされる戦争の意味...

読んでおくべきだと、切に感じました。

8月6日も近づいてきます!
資料館の中は悲惨ですが、こちらも感じるものが
大きいです。

孫の保育園でも、もう戦争の怖さを
生々しく聞いていたようです...
こちらが、びっくりしましたが、きちんと捉えてましたね...☆

長くなりすみません<m(__)m>
Posted by:yume at 2014年08月03日(Sun) 22:23



 

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。