DSCN0561.JPG DSCN0347.JPG DSCN0352.JPG cman20190304230846837.png cman20190308003017785.png cman20190308003110980.png cman20190305225322081.png NPO法人日本住宅性能検査協会

2020年10月31日

今回は、あえてご紹介したい物件ですね。 何かスゴイってわけではないです。普通の空き家なんですけどね。 でも、借主さんにとっては借りやすいんじゃぁないかな。そう思います。

【お願い】お電話でお問い合わせをされる方は、必ず、留守電にメッセージをお願い致します。
メッセージを残して頂けない場合はご対応できません。
予めご承知おき下さい。


こんにちは
「ゆるり不動産」専任の宅地建物取引士で敷金診断士でもある代表者の瀬戸口康樹です。

ラビーという名の「うさちゃん」マークの
全日本不動産協会・不動産保証協会の会員でもあります。

物件の情報は
この協会が提供している「ラビーネット 不動産」というサイト
☟クリック
https://rabbynet.zennichi.or.jp/
に載せています。多くの会員さんが豊富な情報を載せています。
一度ご覧ください。

今回の私の紹介する物件ですが、
ここです☟クリック
今回の物件情報掲載
https://rabbynet.zennichi.or.jp/rent/home/5840721015/

DSCN1743.JPG
家賃6万円 (愛知県岡崎市鴨田町字北魂場)

この物件のオーナーさん、つまり大家さんですが、
ご自身で物件を管理されています。
管理会社が関わっていないので余分な費用は掛かりません。
管理会社の勝手な取り決めも理不尽な条件もありません。

しっかりと借主さんの想いが直接オーナーさんに伝わります。
借主さんに優しい物件といえます。

さてさて、
物件サイトにも情報は載せていますが、入力が限られているので
想いの多くは伝えられませんでした。
そこで、ここで幾つか補足したり
載せられなかった写真などをお見せしたいと思います。

中古の戸建て平屋の物件です。
1968年に建てられましたが、
2008年に改修工事が行われています。
2020年の5月まで前の借主さんが住んでいまして
借主さん退去後、一部リフォーム工事を行っております。
ですので、すぐにでも住める状態です。
中古なので浴槽などは使用感がありますが、
次の借主さんの為に余分な出費となる費用は
最小限に抑えています。

例えば、ここの物件には、「エアコン」が
DSC_0139.jpg

設置されていますが、一般的なクリーニングしか
行っておりません。

なぜか。

次に借りる方の事を考えています。
借りる方の中には、前の持ち主のエアコンは
使いたくないとお考えの方もいるでしょう。
つまり、最新のモノを使いたいと考えている方なら
既存のエアコンは使わない事になります。
この場合、専門業者に頼んで決して安くない出費で
エアコン内のクリーニングやメンテナンスを行っても
全て無駄になってしまいます。クリーニングや
一部リフォーム工事は行っていますが、基本的には
既存のモノはそのままです。
(大家さん自身で設置物の動作確認は行ってません。)
大家さんの出費が増えればそれを管理費や
家賃に上乗せしたりとか見えないところで
出費の回収をしようとする考えが出てしまうだろうし、
結局、そのしわ寄せが最終的に借主の出費につながります。

しかし、上記のエアコンの例を出しましたが、どちらかの
思惑で勝手にしたことは、結局無駄な出費になってしまうのです。
それは、避けたいと思いました。

この物件は、前の借主がまだ入居中、退去の話が出ていた頃から
大家さんから話のあった物件です。リフォーム工事の業者も
私の紹介で行っております。その際にも、出来るだけ費用を
掛けずに行っております。頻繁に大家さんのお店に出向き
お話合いの中で進めてきたことです。

エアコンにしても、浴槽にしても、トイレにしても
台所に設置してあるガスコンロにしても
実際に次の借主さんが使ってみて、このままで大丈夫で
あれば、それはそれで良いし、修繕が必要であれば
大家さん側で修繕の依頼をかけます。

また、借主さんの好みで新しいものにしたいのであれば、
大家さんと話し合いで費用の分担を決めたりします。

基本的に話し合いでDIYは可能です

特に、長期でお住まいを考えている方であれば、
こうした費用については、大家さんは
かなり柔軟にお考えのです。
お話合いができるので、互いにしっかり
想いが伝われば、お互いに納得の行く着地点に
落ち着くことでしょう。

戸建ての空き家の場合、
所有者が近くに住んでいるとは限りません。
多くの場合、亡き親の家を子供が相続して
それを貸すというケースもあるからです。
子どもの中には、親の近くに居住していることも
ありますが、多くは、遠方の場合あるいは
近くても直ぐには行けないケースもある場合は、
多くは管理会社に委託するでしょう。
投資目的であればなおさらですね。
この場合は借主が借りている最中に
オーナーチェンジになる可能性もあるでしょう。
当然、このような場合であれば、管理会社も
関わっているし、家賃保証会社で保証契約をさせられるし
契約更新で更新料も取られるでしょう。

この物件では、そんなことはありません。


この物件は幸運なことに、オーナーさんは
物件から30分以内で行ける場所にお住まいです。

サイトにも紹介しましたが、
近くにスーパーマーケットがあります。
「大樹寺」バスターミナルがあり
名鉄東岡崎駅、JR岡崎駅、に行けます。
スーパーマーケット前にもバス停があり、
香嵐渓方面、大門方面、滝団地方面、
上米内、大沼方面に行けます。


さて、物件、その周辺の写真を少し載せますね。

DSCN1241.JPG
↑物件の前の通路です。通りから一軒奥に入ったところに建っています。
物件は写真右手側です。通路から玄関まで階段があります。

DSCN1239.JPG
↑残念ながら、階段があります。車椅子には不向きです。

DSCN1733.JPG
↑玄関を外から見た写真です。

DSC_0190.jpg
↑玄関を開けて入ったことろです。玄関中から外を見た写真です。
写真左側に下駄箱があります。

DSC_0180.jpg
DSC_0183.jpg
↑トイレです。

DSCN1247.JPG
DSCN1256.JPG
↑玄関入ってすぐのところにある和室(和室@)です。トイレは写真の右手側ですね。

DSC_0130.jpg
↑和室@内にある押れです。

DSC_0132.jpg
↑和室@から廊下側を見た写真です。写真右手側に廊下にある押入れがあります。

DSC_0133.jpg
↑廊下から押入れ(和室@横にある押入れ)を見た写真

DSC_0175.jpg
DSC_0172.jpg
DSC_0174.jpg
DSC_0171.jpg
↑浴室、キッチン側にある和室(和室A)です。

DSC_0138.jpg
↑廊下から和室A横にある押入れを見た写真

DSCN1687.JPG
↑キッチンから洋室を見た写真

DSCN1694.JPG
DSCN1695.JPG
↑洋室内の写真

DSC_0154.jpg
↑キッチンです。写真右手側に見えますガスコンロですが、

DSC_0197.jpg
↑これです
前の住人が退去後、動作確認はしていません。
問題無く使われていたそうですので、使用してみて不具合がありましたら
修理等の相談をオーナーとして下さい。借主が新規で購入する場合も
一度相談してみてください。費用分担等確認して下さい。

DSC_0155.jpg
↑キッチンの右側に浴室があります。
写真には、湯沸かし装置が見えると思います。

DSCN1680.JPG
↑これです。前の借主さん退去後は動作確認していません。
前の入居者は問題無く使っていたそうです。
これも不具合がありましたら使用を続けず、直ぐに
オーナーさんに連絡して下さい。

DSC_0160.jpg
↑浴槽の写真です。
確かに、浴槽は、ハウスクリーニングを行っても
使用感はあります。これが、気になる方とそうでない方がいます。
物件が気に入っても、「ここだけは換えて欲しい」のであれば
話し合いの中でオーナーさんも検討して頂けると思います。

さて、
以上になります。
また、気付いて書き足りない事がありましたら追加記入致します。



お問合せは、メールでお願いします。
下記の☟ ▼お問合せ の メールアドレスでお願いします。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2020年10月10日

本来の意味することだったり、目的なんかを忘れてしまうと、それが何の為に存在しているのか分からなくなってしまうのですね。そして思わぬ方向に流れが変わってしまう。

8CE58823-C0F8-4FE3-838B-86CD3407BC2C.jpeg

家賃保証会社、という存在なんですが。

私は、20年程前から同じ賃貸マンションで生活しています。
当時は、今とはまったく別の仕事をしていたので契約に関して
詳しくありませんでした。
家賃保証会社の存在は知りませんでした
そもそも家賃保証会社そのものは10年程前くらいから広まってきたそうです。
当時、私が心配していたのは、
家賃の支払い能力は十分にあるのに
連帯保証人になってくれる身内がいなくなってしまった場合、
どうしようか?と、言う事でした。
現にそういったケースで借りられないといった
事例を聞いたからです。
そんな時に、連帯保証人の代わりの存在として登場したのが
この家賃保証会社なのでしょう。
ですから、基本的な前提として
借主は、家賃の支払い能力は十分にある。しかし、
大家つまり貸主が求める連帯保証人がいない。
そんなケースに対応するものとして
家賃保証会社が出来たんだと思います。
つまり、家賃保証会社は保証人がいない借主のために
出来たわけですね。

そして、借主が家賃保証会社に保証料を支払うのは、
借主の連帯保証人の代役料としてだと思います

つまり、お金で連帯保証人を雇っている意味合いですね
しかし、この場合、本当の連帯保証人ではないので
仮に家賃を滞納した場合、雇われた連帯保証人は
滞納分を肩代わりしますが、最終的には借主は
お金を工面して雇われた連帯保証人に返さなければいけません。
この仕組みは今の家賃保証会社にもあてはまります。

わたしも、個人事業主ですので
業務提携している家賃保証会社はあります。

借主がしっかりと家賃の支払い能力がある場合は
家賃保証会社が連帯保証人を求めることはありません。
ただ、緊急事態の場合に本人以外の誰かに緊急連絡先を
指定しています。借主本人が死んでしまったりした場合の
対応に必要だからです。ですので、緊急連絡先に指定された人が
滞納家賃の肩代わりをすることはありません。

しかし、巷では、様々な家賃保証会社があり
悪質な業者もあるようです。そうした業者では
連帯保証人を指定してくるところもあるのでしょう。
トラブルが生じるのは、こうしたケースでしょうか。

名古屋市内では、殆どが、連帯保証人を求めるよりも
家賃保証会社を指定しているそうです。
市外へいくとまだ連帯保証人でOKのところもあるそうです。


管理会社、家賃保証会社、
こうした存在が巷で認知され、
社会のシステムに組み込まれていきます。


こうなってくると
連帯保証人がいるにもかかわらず、一律に家賃保証会社で
契約させようとする流れになれば、本来、借主の為にあった
家賃保証会社が、今では、大家つまり貸主のための
存在に成り代わってしまったわけです


身内で保証人になってくれる人がいるのに
毎年余分な保証料を支払っているのです。

何か変、といっているのは
このことです。


rabby20.jpg


私は、この「何か変」を変えていきたいです。
問題なのは「管理会社」だと私は思います
だから、大家さん自身が管理している物件を探しています
大家さん自身が管理するとなるとそんなに多くないです。
営業下手な私にとって大変なことです。
昔ながらの大家さんを探すのは大変です。
できれば、皆さんの助けが必要です。

知り合いに大家さんがいらっしゃれば
お声をかけて頂ければ嬉しいです。

また、空き家をお持ちの方、
戸建てにお住みでお部屋が余っている方、
大家さんしてみませんか?

住いの問題は他人事では無いと思いませんか?
独りで解決するのはとても難しい。
だから、皆で助け合って
よくしたいと思っています。

よろしくお願いします。


855CA3A3-3449-4D83-87A2-E1CDDB1D8BDB.jpeg

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2020年10月07日

そもそも借りる人と貸す人が対面して話し合える場を提供し、契約の仲介をする。そして貸主つまり大家さんご自身がご自分の物件を管理をしていれば管理会社などいらない。

025829D3-968A-49A5-80CB-A6C8160395C0.jpeg


およそ20年前、
私が賃貸物件を借りた時は、契約の更新料など取られなかったし、
連帯保証人がいたら家賃保証会社で家賃保証の契約もする必要もなかった、
というか、その当時は、家賃保証会社が存在していなかったように思う。

しかし、今、どうなんでしょう?

もちろん、以前の様に、更新料無し、連帯保証人のみでOK、の物件も
確かにあるでしょう。
 −−−−−@

しかし、多くは、
決められた期間が来ると、契約更新手続きをして、更新料を支払う。
連帯保証人がいても、管理会社絡みの家賃保証会社の家賃保証契約を
結ばされて定期的に支払いがある。
−−−−−A

@の場合、多くは、大家が直接物件を管理しているケースでしょう。
大家の裁量で融通が利くのでとても柔軟性のある契約が可能なため
借主にやさしい物件と言えるでしょう。
また、間に入る不動産屋の裁量によって契約前に
貸主、借主が対面して十分に話せる時間があれば
互いの人柄が把握できるため柔軟性のある契約が可能でしょう。
管理会社がそもそも無いので、そこに生じる出費がそもそも無いのです。
大家、つまり貸主も確かに自分で管理しないといけない負担はあるものの
借主を自分の目でしっかり確認できるので安心だし
管理会社に余分な出費も掛からないメリットがあります。
借りる側も、管理会社に支払う管理費などの余分な出費が無いので
メリットがあります。

Aの場合、
大家と借主の顔が見えない。間に入る管理会社がいい加減だと
貸主、借主双方とのコミュニケーションが希薄になるので
ちょっとしたことでトラブルの原因になります。
間に管理会社があるので大家は管理しなくて楽ですが、
管理会社がいい加減だと出費がかかります。内情がわからないと
管理会社のいいなりになり、結局、管理会社のいいように利用されるわけです。
そもそも、大家は管理会社など信用していないそうです。
(ある大家さんが暴露しました)
借主、貸主、管理会社、仲介業者、互いに信頼もせずただ契約をかわすのみ。
柔軟性も無いから、ほんの些細な事でも裁判沙汰になる問題に発展します。

当然、私が求めているのは、
@ です。

そのために、大家さん自身が物件を管理している大家さんに
お会いしたいのです。

これを読んでいる奇特な大家さんがいましたら
是非是非、ご連絡下さい。

また、お知り合いで大家さんがいらしたら
ご紹介ください。

実は、いろいろな事情でお部屋を借りるのが難しい人がいます。
少しでもご理解がある大家さんを探しています。



↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ゆるり不動産さんの画像
ゆるり不動産
代表者の瀬戸口です。 ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。 引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子の住宅問題にも取り組み始めています。 もし、周りでこうした問題で誰に相談したら良いか 悩んでいる人がいましたら、お声かけ下さい。 まず一度、お会いしてお話しましょう。物件の話の前に、住まいに対する考え方、ライフスタイルに至るまで、たわいのないお話から人生観に至るまでお話できたら幸いです。 「会って話をする」、その行為の中からお客様が思い描いている住みたいお家やお部屋が分かってくると思っています。 http://fanblogs.jp/yururifudousan/archive/187/0
プロフィール