DSCN0561.JPG DSCN0347.JPG DSCN0352.JPG cman20190304230846837.png cman20190308003017785.png cman20190308003110980.png cman20190305225322081.png NPO法人日本住宅性能検査協会

2019年04月24日

日本人に知ってもらいたいですよね

日本語ボランティア研修2019
開かれた地域社会をめざして
2019年4月13日
第1回 お話を聞く会
「日本人に知ってもらいたい日本語教育の話」
講師:尾崎明人

東海ネットワーク主催での研修会に参加してきました。

講師のお話をお伝えします。

尾崎先生は、今回のお話を2つの大きなテーマでお話されました。

@42年間 日本語教育についてどんなことを考えてきたか。
A今の日本の状況の中で日本語教育をどう考えたらよいのか。
先生自身はっきりしないもやもやした状態について。

まず、@から。
どうして先生は日本語教師になったのか。
高卒後、会社勤めの中で海外で生活したい夢が膨らんだ。
しかし、当時海外に行くには経済的にハードルが高かった。
あるとき、海外で日本語を教えているという記事を雑誌で見て
日本語教師になってやろうと決め、
1972年国際基督教大学(ICU)に入学したそうです。
1976年初めてお金をもらって日本語を教え
その後、東海大学、モナシュ大学、姫路獨協大学、名古屋大学、
名古屋外国語大学で日本語を教えました。

教え始めのころ
発音、文法をしっかり教えることに重点をおいていたそうです。
しかし、モナシュ大学で教えることになった時
担当の教授に「あなたは、ネイティブの日本人ですから
会話を教えて下さい」と言われたそうです。文法は外国の教師が
教えるから、と言われたそうです。
「会話ができるって どういうこと?」

例えば、こんな会話を想像してみて下さい。
奥さんがデパートに行ってバーゲンで洋服を買ってきた。
早速、家に帰って着てみて、夫に
「ねぇ、見て。これ、どう?」
って、言うんです。

さて、
(何てこたえます?)

例えば、こんな感じでしょうか。

夫「なかなかいいじゃぁないか」

(このこたえ、いいですね)
でも、本当のことをいっちゃだめですよ。
この時、「これ、どう?」って言うのは、
褒めてという意味が含まてれいるんですね。
そして、夫の「なかなかいいじゃぁないか」のこたえで
奥さんが「そうかな?」と切り返してきたら、・・・
これらは、コミュニケーション上の意味、社会言語能力なのです。
先生は、モナシュ大学時代、
コミュニケーション重視の会話教育を体験されたわけです。
そして、先生は、こうも考えたわけす。
コミュニケーションの目的を達成するために行動する能力
(社会文化能力)コミュニケーションの為に生きているわけではないでしょ。
日本語できたらビジネスうまくいきますか?
しっておかなくてはならないことがいくつもある。知らないと
ハッピーになれない。
「幸せのための日本語教育」って、何?

教室で教えられること、教えられないことってあるでしょ。
会話は、その場の個別的で具体的な判断でやり取りされているわけですから
教室だけではとても無理。それに、能力が発揮されるかどうかは、
相手や場面、心理状況によっても違ってきます。
そして、学び手が本当に言いたい会話、学びたい日本語を
教師は知らない。だから、学び手が言いたい内容を重視する話題ベースの
日本語教育を考える。特に、「文化」という捉えどころのないものは教えきれない。

学び方を学ぶ
例えば、日本語コースが終了しても学び続けられるようになることが
本当は大切なこと。自力で自分の目と耳で確かめながら試行錯誤を
続けられるようになることが大切だと、先生はおっしゃっています。

学ぶため、楽しむための日本語と
生きるための日本語

外国人を日本に同化させるような日本語教育はどうなんでしょう?
日本語が修得できたとしても、それだけで幸せに生活ができるわけではないです。

学ぶ人が安心、安全な暮らしにつながる幸せのための日本語教育って何?

日本語を教える人は、それを考え続けないといけないと
私は、感じました。

さてAは、現状の状況です。
単純労働の受入れ施策
建築作業員、コンビニ店員、介護職、看護職など
少子高齢化でしかも成り手がいない職場に外国人を投入する。
国は、
外国人材の受入れ、共生のための総合的対応策として
円滑なコミュニケーションの実現
日本語教育の充実
生活のための日本語の標準的なカリキュラム等を踏まえた日本語教育の全国展開
地域日本語教育の総合的体制づくり支援、日本語教室空白地域の解消支援等で
6億円の予算を投じているわけです。
でも、期待できるでしょうか?

多文化共生社会と地域日本語教育
多文化共生(あいち多文化共生推進プラン2022)
国籍や民族などのちがいにかかわらず、すべての県民が互いの文化的背景や
考え方などを理解し、ともに安心して暮らし活躍できる地域社会

さて、
どうやって理解し合うのでしょうか?と先生は問うています。
理解するだけていいの?
尊重し合うことが大事ではないですか?
では、尊重し合うとは、具体的にどういうことか?
どうやって折り合いを付けるのでしょうか?
ともに安心して暮らすには何が必要ですか?衣食住は?
日本語が話せても安心して暮らせるわけではないよ。
そして、もう一つ大事なこと。
彼らも税金を払っているわけです。公平だと思うような
税金の使い方をどうやって決めるのでしょうか?

地域日本語教育の課題って?
日本語学習の機会が保証されていないです。彼らは、日本語を学習する「権利」が
あるでしょ。

そして、日本語教育をボランティア任せにしている。

先生は、提案してます。
1、ボランティア中心の日本語交流活動(広義の日本語教育的な活動)
2、専門家による日本語コースの運営(狭義の日本語教育の活動)

(この提案、まさに、私自身最近、想い描いていた日本語教育に似てるなぁと
感じました。なんか先生と同じ考えで嬉しい)



↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年04月18日

また、ホタル 見たいですね

ヒメボタルって
日本固有種なんですね。

大府市でも、このヒメボタルをみることができるそうです。
そういえば、小学生の頃は、まだ実家の付近でも
ホタルを見る事ができました。

大府も開発がすすみ、ホタルでさえも
生き辛い社会になってしまいました。

変革は、やはり下から、
一人一人の意識の変革から・・・

それを可能にしていくには、議員を議会に送ることも
重要になってくるでしょう。じゃあ誰がやるの?

「鷹羽ふみこ」さんは
立ち上がったんです。

そうなんです。平成31年4月
大府市市議会議員選挙があります。現在(4月18日)現在活動中。

「鷹羽ふみこ」さんは、大府市市議会議員選挙に立候補されたのです。

すごくないですか?

そして、私は、選挙カーの運転手を火曜日、木曜日、土曜日の夕方から夜にかけて
選挙カーで市内を回ります。

なぜ、「鷹羽ふみこ」さんを私が応援しているのか。
もともと、知り合ったのは、大府市の「日本語教室」でした。
慣れない私に、お声かけして頂いたのは、「鷹羽ふみこ」さんだったんです。
おまけに「選挙事務所」を探す時、真っ先に物件探しの依頼をしてくれた人も
「鷹羽ふみこ」さんでした。うれしかったですね。

だから、自分としては、何か手伝いたいと思ったわけです。
WIN_20190418_02_12_09_Pro (2).jpg
それで、選挙カーの運転を引き受けたわけです。



↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年04月10日

ガイドラインは法的な拘束力を持つものでもない。

平成23年8月
国土交通省住宅局
原状回復をめぐるトラブルとガイドライン
再改訂版
より

P3
”ガイドラインは、あくまでも負担割合等についての
一般的な基準を示したものであり、法的な拘束力を
持つものでもないことから、ガイドラインのほかに
原状回復にかかるトラブルの未然防止となりうるような
実務的な方策も必要である”

”チェックリストなどは、証拠資料となりうるため
迅速な解決のためにも有効であると考えられる”


私は、お客さん、つまり、借主になる人をトラブルに巻き込まれたり
必要以上に費用を払わないように情報を伝えたいと思っています。
もちろんこれは、ボランティアではありません。
お金も取らずに働きはしません。

相談は、もちろん、無料です。
不動産屋は、”相談料”は取れません。

私のお客さんになって頂き、賃貸契約の仲介をさせて頂き
契約締結までお世話できることで仲介手数料を頂く。
それが、私の報酬になるわけです。

こういったものは、信頼関係です。
お客さんが、私を信頼して頂けるから、情報を提供できる
わけだし、お客さんが契約を依頼してくれるから、
私もお客さんを信頼できるわけです。

例えば、お客さんが、私から契約する素振りを見せながら
散々情報を聞き出したにもかかわらず、結局、他社で契約
してしまう。
不動産会社は、お客さんを引き止めるために、いろいろと
策略をねります。「とにかく、今日中に契約させてしまう。
他の客にとられますよと不安がらせる」、などするでしょう。
契約してしまえば、後は適当にあしらわれます。契約書
しっかり読まなかったお客さんの方がいけないんです。とか
言って、支払う必要もない原状回復費用を払わされたり。

現状は、そんな感じですよね。
お客さんは、不動産屋に多大な期待もないでしょうし。

こうした、疑心暗鬼な信頼関係で、お客さんは
大事なお部屋の賃貸契約を締結しているわけです。

私自身、振り返ると、20年前
賃貸で部屋を借りた時、いかに自分が無知であったと
反省しています。今は、わかりますが、
当時は宅建の知識などあるはずもなく、全て、
相手、つまり大家側の不動産屋の言いなりでしたね。
「仲介手数料1カ月分頂きます」と言われても
「はい、わかりました」と無知で同意してんの。
(ホント、我ながらバカじゃない?って
今思い出すと向かっ腹立つ!)
本来、仲介手数料なんて半月分でいいんです。
それすら知らんかったから、同意させられていたことも
知らずにいろいろ払ってんだよね。

来年は、民法改正です。
(それすら知らん人、いるでしょう)

敷金、って言葉が条文化されます。
(たぶん、殆どの人はそれも知らんでしょう)
どうします?知らん状態で、部屋を借りようとして。

宅建業者は、シラーっと特約で「〇〇〇は、払って下さい」
と契約書に書き込むでしょう。何も知らんから
「あっ、そうですか、わかりました」と納得させられて
サインしちゃう。前金で金、払っちゃう。

わたしから見たら、「ああぁ、やっちゃった。」てなもんですね。

今年は、まだ、現行民法ですから、まだいいですが。
いや、それでも退去する時には、改正民法ですから、
いや、ガイドラインは平成23年で再改訂だから
それに従う必要がありますね。
しかし、ガイドラインに法的な拘束力を持つものでもない。
だから、ある時は、「ガイドラインに書いてあります」と
言って、お客からシラーっと請求するだろうし、
借主が敷金返せ、って言うと「いや、法的拘束力ないから」とか
「特約でこうだから」とかで結局請求してくることでしょう。

その時、あなたは、独りで立ち向かえますか?
契約した時の不動産屋さんは味方してくれますか?

わたしなら、味方になれるかもしれません。
まぁ、それは、あなた次第ですが。


↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年04月08日

中村区にある シェアハウス

(注意)−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この記事は、物件紹介ではありません。
自分が思い描いていたシェアハウスに近いシェアハウスってことで
こういったシェアハウスが名古屋にもあるんだなぁ、と知って
嬉しくなったもので、住んでいる方にお願いして話を聞かせて
頂いた次第です。写真はその時のもので、ご興味がありましたら、
「ゆるり不動産」の瀬戸口までご連絡下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、4月4日木曜日
名古屋市の中村区にありますシェアハウスをご紹介しましょう。

このシェアハウスは、私が理想としているシェアハウスに極めて
近い存在です。
特徴:
一見、民家、でもシェアハウス。
入居人数は、3〜4名。ちょうどよい人数。
短期でも、長期でも借りれる。
家賃は、一部屋:3万円前後

このような物件だと、業者が間に入っても殆ど手数料取れない
ですから、実際の契約も間に不動産屋は入っていないそうです。

でも、私にとって面白い物件でした。
これを一つの例として
他にも増やしていって欲しいと思いました。

これは、今後の私の課題です。

さて、少し写真を見て下さい。
シェアハウスの様子をご覧ください。

DSC_0053.jpg
DSC_0051.jpg
DSC_0050.jpg
DSC_0046.jpg

DSC_0047.jpg
DSC_0048.jpg

DSC_0044.jpg
DSC_0043.jpg
DSC_0045.jpg

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

新しい生き方としてのシェアハウス

単身高齢者の対策の一つにシェアハウスを
提案したかったんですが、
「高齢者は家に他者を受け入れることに
多大な緊張感をもっている」
強い拒絶感、ストレス。
そうかといって、独りで問題無いわけでもない。
「寂しい」という言葉をよく聞く。

これって、明らかに矛盾しています。

まずは、情報から、でしょうか。
知らないと考えられませんから。

こちらがいくら「良いよ。面白いよ」と言ったところで
何の効果もない、むしろ逆効果。

新しい生き方として「シェアハウス」を提案しないと、
そもそも納得すら出来ないわけです。

これは、今後の私の課題です。


↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

シェアハウスにどんなイメージをお持ちですか

シェアハウスについて考えてみます。

シェアハウス、って言っても
いろいろあります。

話を聞いている人は、
自分自身、体験あるいは見聞きした情報
の中でしかイメージできません。

だから、ビジネスホテルみたいな大きなところから、
民家を利用したルームシェアに近いカタチの
シェアハウスまであります。

もちろん大きなところは管理会社がついていて
対応は全て管理会社のスタッフと行うことが
殆どです。大家さんの完全営利主義、
税金対策、資産運用、お金が入ってくるなら
何でもいい、そんな感じでしょうか。

私にとって、それは、ちょっと違うのだと
思います。

しかし、私の思っていることを押し付けるわけでは
ありません。

皆さんは、シェアハウスにどんなイメージを
おもちですか?


↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

私にとっては 他人事では無い

平成31年3月24日
わたしが出来る事は、ほんの些細なことです。
でも、それが少しでも助けになれば
それは、嬉しい事です。

日曜日、日本語教室で教えている
ベトナム人の男性。ベトナムにいる家族を
呼び寄せたくて昨年10月、申請書を出しても
未だに応答がないことに不安を抱いていたので、
今回、
名古屋国際センターへ、いって通訳を交えて
行政書士にいろいろ聞きに行きました。
結論的にいうと日本に来て
一年たっていなかったので住民税課税対象者でなかった
ため、必要な書類が整っていなかったこと等が
原因らしいです。が、たとえ忙しいとは言え
入管でもう少し説明してあげればいいのに、
外国人が多すぎるのでそこまで手が回らないのでしょうか。

まだまだ、私のチカラ不足を感じています。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

裁判傍聴

平成31年3月20日
裁判傍聴

この日は、とある”損害賠償請求事件”の裁判の傍聴に行きました。
知り合いの裁判です。
弁論(判決言渡)
ものの5分で終了。
しかし、わたしは、
彼の裁判の傍聴は、途中からですが、昨年の9月から傍聴してます。
9月、11月、12月、3月
一体何の損害賠償請求か?
あまり詳細をここで話すと個人情報の件で知り合いにわるいんで
大体の感じでお話します。
もめているのは、運転免許にまつわることです。
話は、ここまでしかできませんが、障がいを持つ方が
免許を取得するは、いろいろと障がいがあるのだなぁと
知りました。通常、私たちは、ATからMTにする際なんか
自動車学校へ行けば済む話ですが、彼の場合、学校から拒絶された
そうです。障がいに対応していないから、が理由なのだそうですが、
そんな差別的なことがあるのは知りませんでした。
だから、直接、平針の試験所に行ったわけですが、そこでも
問題があったそうです。すったもんだがあって
今回の裁判に発展してしまったそうです。

私が、驚いたのは、その日、その法廷で行われる
裁判が9件もあり、どんな内容かと言うと
「生活保護徴収金決定取消請求事件」
「難民の認定をしない処分取消請求事件」
「在留特別許可義務付け請求事件」これは3件
「退去強制令書発付処分等取消請求事件」これは3件
「延滞税の取り消し請求事件」
と、外国の人にまつわる事件の多さに驚きました。

自分が関わろうとしている人たちは、いろいろな問題を
抱えていることに改めて気づかされました。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)
ファン
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ゆるり不動産さんの画像
ゆるり不動産
代表者の瀬戸口です。 ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。 引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子の住宅問題にも取り組み始めています。 もし、周りでこうした問題で誰に相談したら良いか 悩んでいる人がいましたら、お声かけ下さい。 まず一度、お会いしてお話しましょう。物件の話の前に、住まいに対する考え方、ライフスタイルに至るまで、たわいのないお話から人生観に至るまでお話できたら幸いです。 「会って話をする」、その行為の中からお客様が思い描いている住みたいお家やお部屋が分かってくると思っています。 http://fanblogs.jp/yururifudousan/archive/187/0
プロフィール