DSCN0561.JPG DSCN0347.JPG DSCN0352.JPG cman20190304230846837.png cman20190308003017785.png cman20190308003110980.png cman20190305225322081.png NPO法人日本住宅性能検査協会

2021年01月03日

なぜ、契約の更新料をとるのか。賃貸住宅管理会社の基幹事務に「賃貸借契約の更新に係る事務」があるからだとおもうのです。

DSCN0352.JPG

全ての管理会社が、とは言っていませんが
サブリース契約をしている管理会社は
私は、必要ないと思っています。
というか、サブリースが問題となっているようですが、
勉強会でも取り上げられているほどのことですから
やはり問題なんです。

サブリース業者、多くは管理会社を含んでいますが
客付け業者にとってやり難いです。正直なところ。

賃貸住宅管理会社の基幹事務って何だと思いますか。

賃貸住宅管理会社の基幹事務
@家賃、敷金等の受領に係る事務
A賃貸借契約の更新に係る事務
B賃貸借契約の終了に係る事務

これをみると分かりますが、
なぜ、契約更新料を取るのか?
取らないと仕事にならないから。

管理会社無かったら
きっと更新料も無いですよね。

サブリースって
トラブルのもとだと
私は思います。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

文句ばかり言うけど、結局、あなたがたは大手の業者を選んでいるんじゃぁない。

IMG_0200 (2).JPG

何も知らないと、結局
金額が高くても
目の前のサービスを利用してしまうのです。

今、すぐに必要無くても
利用する予定はこの先無いと
思っていても、
いつ必要になるのか誰にも分りません。

相談できる相手を見つけておくのは
とても賢明なことです。

私なら、いつでも相談にのりますよ。

さて、
あなたが部屋を借りないといけない状況になった時
どうしますか?

やっぱり駅前の
なんちゃらメイトとかなんちゃら部屋ネットとかの
看板をたよりにしますか?

身近に相談相手がいないと
そうなって当然です。

しかし、そういったところは
たいてい管理も行っているはずです。
そして、ほぼ間違いなく
家賃保証会社と関わっています。
となれば、例えオーナーが
「保証人がいたらそれでいいよ」といったところで
「保証会社のサービス付けましょう」とささやかれ
保証会社のサービスが付くことになります。

ですから、そこで
「保証人がいればOK」は
ほぼありません。

逆に、古くからある「〇〇不動産」といった
見たところ入り難そうなところなら
大家との古くからの関りで
「保証人のみでOK」の物件もあるでしょう。
しかし、オーナーが高齢化したり、
世代が交代して経営方針を変えて管理会社を
付けたりして昔ながらのやり方をしなくなって
きているので、あまり期待できないかもしれません。
これは、時代の流れ、トレンドなんですね。

オーナーさんの中には、
管理会社を信用していない人も多いのではないでしょうか。
まだ、ご自分で管理されているオーナーさんが
いらしたら、ご連絡頂けると嬉しいです。


親からの相続で戸建てをどうしようかと
悩んでいる方、一定期間、誰かに貸すといった
「定期借家契約」で誰かに貸してみませんか
定期借家契約では、一年未満の契約でもできます。
それに、期間が満了したら必ず出て行って頂けるので
普通の借家契約より便利です。

実家を空き家にしておくよりも
定期借家契約で貸した方が有効活用でき
ちょっとした社会貢献にもなります。
面倒な管理会社を通さないため
双方にトラブルもすくなく、借主にも費用負担が
少なく喜ばれます。

お考えに賛同して頂けるオーナーを
探しています。
お部屋を貸しても良いと
考えているオーナーさん、いましたら
是非是非、ご連絡下さい。

また、お知り合いで
このような話題がでたら
私の活動を思い出して頂けると
嬉しいです。

ご連絡お待ちしています。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

国土交通省が「賃貸住宅管理業者登録制度」「家賃債務保証業者登録制度」を設けました。

DSCN0356.JPG

昨年の勉強会で話題になったキーワードです。

そもそも何でわざわざ「登録制度」なんか設けたのか?
それは、例のあれですよ。(←ここをクリック)

管理もそうですが、それに合わせて、
保証人の問題は、オーナーさんにとってとても
ストレスになることらしいです。
つまり、家賃滞納の問題なんです。
人的保証の場合、回収が面倒なんです。
そもそも連帯保証人から100%回収できる可能性は
無いわけです。しかし、そういった面倒な事を
肩代わりしてくれる業者(保証会社)がいたら
オーナーとしては嬉しい話です。
しかも、年間に保証会社に払う保証料は借主が払うわけで
貸主の懐は痛みません。

登録制度が設けられたということは、
賃貸住宅の賃貸契約で貸主と借主の間に
管理会社が入っている場合は、
必ずこの制度の枠組みに組み込まれていることになります。

つまり、これは、
システムなんです。

借りるためには、このシステムに従うしかありません。
つまり、「いやなら借りるな」ということなんです。

しかし、これは、貸す側、借りる側、どちらかの責任ではなく
結果的にこのような方向に行き着いてしまった、ってことなのでしょう。
人との関りを鬱陶しいと感じ、効率や利便性を求めた末の
結果だと思うのです。
だから、局所的にみて、大家が悪いとか管理会社が悪いとか
借主に問題があるとか偏ったみかたは何も問題の解決に
ならないと私は思うのです。


家賃債務保証業者登録制度については←ここをクリック

家賃債務保証保険事業の概要←ここをクリック


賃貸住宅管理登録制度←ここクリック
Q&A←ここをクリック

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

近年の賃貸住宅事情、まずはそこから。共通認識をしましょう。

8CE58823-C0F8-4FE3-838B-86CD3407BC2C.jpeg

サブリースの問題が知れ渡ったのは、
これです↓

大東建託の内幕 ?アパート経営商法?の闇を追う

新品価格
¥1,650から
(2021/1/3 00:49時点)



アパートが建てれそうな土地を所有しているオーナーをみつけ
言葉巧みにあおってアパートを建てさせる。
しかし、建てても所有者本人にはアパートを経営するチカラなんて
ありませんから、ふつうは断りますよね。
でも、業者は、一括借り上げして、業者が集客から
管理までしますと説得して契約をさせる。
もちろん、現金でアパート建設費用を捻出できるオーナーは
そういないので、多くは、銀行からローン契約する。
しかし、一括借り上げのサブリース契約より
ローン契約の方が長い。しかも、適当な理由で
サブリース契約を早々に契約解除するケースが後を絶たず
結局、二束三文で物件を明け渡してしまい多額の借金が
残されてしまうといったトラブルが多発した、といった
内容が書かれています。

昨年の勉強会でも、この問題が取り上げられました。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

賃貸住宅で何が今、問題になっているのでしょう?


rabby20.jpg

なぜ、今、サブリース契約が問題になっているのでしょうか?

賃貸住宅の管理は、従前、自ら管理をするオーナーさんが中心でしたが、
オーナーさんの高齢化、そうでなければ、サラリーマン大家化が増えたり
管理の内容が高度化したこともあり、管理を専門としている管理会社に
委託するオーナーさんが増加したことが背景にあります。

さらに、賃貸経営までも管理業者に一任できる、いわば”サブリース方式”も
増加してくる中で、管理業者が介在することでオーナーあるいは入居者との
トラブルが増え、契約の内容の誤認を原因とするトラブルが増え
今、社会問題になっています。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)
ファン
検索
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ゆるり不動産さんの画像
ゆるり不動産
代表者の瀬戸口です。 ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。 引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子の住宅問題にも取り組み始めています。 もし、周りでこうした問題で誰に相談したら良いか 悩んでいる人がいましたら、お声かけ下さい。 まず一度、お会いしてお話しましょう。物件の話の前に、住まいに対する考え方、ライフスタイルに至るまで、たわいのないお話から人生観に至るまでお話できたら幸いです。 「会って話をする」、その行為の中からお客様が思い描いている住みたいお家やお部屋が分かってくると思っています。 http://fanblogs.jp/yururifudousan/archive/187/0
プロフィール