DSCN0561.JPG DSCN0347.JPG DSCN0352.JPG cman20190304230846837.png cman20190308003017785.png cman20190308003110980.png cman20190305225322081.png NPO法人日本住宅性能検査協会

2020年05月03日

「ひきこもる子どもの支援に関わる人や、高齢の親の介護に携わる人には、 家族にまつわる情報をどう収集し、どう共有するのか多角的な視点が 求められる。」P59(8050問題の深層 〜川北稔著〜)

8050問題の深層: 「限界家族」をどう救うか (NHK出版新書)

新品価格
¥880から
(2020/5/3 10:27時点)




「支援が必要な人達」と括ることがよいかどうかは別として
何等かのサポートが必要という点からみると
「子育て中の共働きの親」であったり、「シングルマザー、ファーザー」
であったり、「外国籍の人達」であったり、「障がいのある人達」
であったり、「何らかの理由で収入がえられていない人達」は、
何か、今、バラバラの支援を受けているようにみえますね。

川北さんの著書にも、言及されているように、
8050問題の際、高齢の親の介護として支援に入っている
支援者は、同じ屋根の下でもう一つのひきこもりの問題として
ひきこもり地域支援センターの支援者と何らかの情報共有が
されているのかが問題としてとりあげられています。

シングルマザーであっても、そのマザーが高齢になり
その子どもがひきこもっているのであれば、8050問題に
なり、食生活や不慮の事故で障がいを負えば「障がい」の
問題にもなるわけです。

私は、以前、介護の仕事をしていました。
今は、週末、日本語教室で日本語をボランティアで教えています。
ひきこもりの当事者会にも参加したことがあります。

そこで、感じたことは、やはり、
お互いの接点が無い、と言う事です。
ほぼ、話題にも上がらない。
この違和感は何だろうと思いました。

だから、そうした集まりには、ことあるごとに
他の支援を必要としている人達の事も話題にあげるように
してきました。

なんか、こんな書き方をすると上から目線って言われそうですが、
決してそんなつもりではありません。

自分自身、ある意味当事者であると感じています。
だからこそ他人事ではなく自分事としても考えています。
もちろん、私の中では、私なりの考えがありますが、
それを他の当事者の人に話しても必ずしも共感を
得られるとは思っていません。
当事者、と一括りにしても皆違うのです。
それを画一的な支援をしても無理です。
だからといって、皆違うから諦める、それも
違うと思うのです。
どこかで共有できるものはあるはずで
たとえ一人で生きていくにしても
どこかで誰かとつながっている、
ここで支援が受けられる、と言った安心感が
どこかにあればいいなと思います。
「話を聞いてほしい」と思えば
聞いてくれる人がいる、そんな社会。

私と「お話したい」あるいは
「話を聞いてほしい」方は、
是非、ご連絡下さい。





↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2020年04月17日

私が本当にしたいこと、それは、この社会で「生き残ること」なのです。それは、むしろ自分のために始めた事でもあるのです。どうせ生きるのなら、楽しく生きたいです。

2FCADA24-AF4C-41B1-BD9F-0497587B3C14.jpeg


私が、ブログのタイトルとしてあげている対象とするお客さんとして
高齢の人、障がいのある人、海外から日本に来た人をあげています。
誤解の無いように改めてはっきりとお伝えしないといけないです。
私は、決して上から目線とか、同情したりとか、助けたいとか、
支援したいとか、何か「してあげる」的なことを考えているわけでは
ありません。自分が何か出来るなんて、おこがましい話です。
そもそも、自分自身が誰かから支援して欲しい立場でもあるので、
むしろ、自分が本当は誰かに助けて欲しい、支援して欲しい、
そういった事を自分で発信していこうと、そういう想いで
始めたことは確かです。だから、突き詰めれば、今、していることは
「自分の為」なのです。
今月4月は、私の誕生月です。あまり知られてもいず、少ない人からの
お祝いの言葉があっただけのひっそりした誕生日を過ごしました。

このような書き方をすると、寂しい感じを与えてしまうかもしれませんが、
ささやかなものが私は好きです。
成功とか失敗とか、勝った負けたとか、何をもってそう言えるのでしょうね。
死なずに生きている、こうして雨風しのげる家がある。
傍らに愚痴を言えるパートナーがいる。
社会人としては負けている存在でもあるし、
社会的に成功しているわけでもない。しかし、こうして二人仲良く生きている。
今思うことは、それが続けられるようにいろいろな活動を続けている。
ただそれだけのことなのです。成功もしていないし勝ってもいません。
でも、この社会でサバイブしています。
知られていないけど、世間には、
私たちの様にひっそりとでもしっかりと生き抜いている人達はいるのです。
ですから、勝ち負けにこだわらず、成功とか失敗とか、
何を基準に線引きしているか分からない尺度で生きていくのは止めませんか?
肩に力を入れない生き方、
でも、楽しい生き方を考えている人にこの記事を読んでほしいですね。

私は、10X+5歳(Xは想像してください)になりました。
私の祖父の時代では、定年を迎える年になりました。
私が、お客さんとして対象としているのは、
高齢の人、障がいのある人、外国の人、なんですが、
どうしてそういった人たちを対象としているのか
そして、それがどう「自分の為」なのかを話したいと思います。
高齢の人は、そのまんま自分の数年後の状態を表しています。
自分の親の問題、自分自身の問題、親と子の問題と目前に迫る自分の
立場を考えています。老後の住まいの問題、親から相続した家屋を
どうしようか?残された子どもがどうしたら良いかわからず、
慌てて良からぬ業者の手に引っかかってしまうかもしれません。
もし、自分が何の知識も無かったのなら、
ほぼ完全に引っかかってしまうでしょう。
或いは、あまりに疑い過ぎて、
本当に親切な業者まで追い返してしまいかねません。
つまり、何にも知らないから良し悪しが分からないのです。
私は、そうなりたくありません。だから、勉強して、この仕事を
始めたのです。多くの人が私の様に、知識を付けて対応できるわけでは
ありません。それぞれ専門のお仕事があるわけですし、いろいろな事情で
情報を知らない人だっているわけです。
情報を共有できる人達とつながることが、
これから大切になってくると思います。
私の活動は、点と点をつなげることかもしれません。
お互い、持ちつ持たれつ、でしょう。
助け合いましょう。私も、知らない事は、助けて欲しいです。
私の知っている事は、お伝えできると思います。
その為に活動しているのかもしれません。
障がいのある人も同じです。身体はもとより精神にしても
決して自分と無関係では無いと感じています。以前の介護の仕事では、
事故で車いすを使うことになった人の介護をした経験があります。
事故は自分にも起こりうる可能性があることです。
誰もが不自由なく住まいの問題に関わることが出来れば
自分にとっても安心ですし、安心な社会になるはずです。
そんな想いで取り組んでいます。
外国から来た人については、これは、私の海外の生活が関係しています。
4年程、海外で生活した経験があります。その時やはり、
親身になってくれる方が傍で助言してくれたら安心できると
常に思っていました。賃貸の部屋を借りる時は、ホント心細かったです。
幸い大家さんがとても良い人だったので助かったわけですが、
そういう人ばかりではありません。不安が少しでも無くなるためには、
同行してくれる心強い助っ人がいてくれたらどんなにか心強い事か。
日本に来ている外国の人だって同じですよ。心細いですよ。
私は、日本人として、日本に来た人に「日本に来て良かった」と
思って欲しい、ただそれだけで活動してます。日本語教室で
日本語を教えたりするのもそうです。
その延長上で住まい探しもお手伝いしたいと考えています。

さて、
ここまで、辛抱強く読んで頂きありがとうございます。
いくらかでも私の活動の考えをご理解頂けたかと感じています。
お仕着せがましいように「活動」「活動」といっていますが、
見せびらかしたようにいっているわけではありません。
ただ、自分のまわりが「こんなふうにつながったら安心できる」と
思ったことをしていきたいと思っているだけです。

サバイバルプランについては、実はいろいろと考えています。
一緒に活動してくれると貴方にとってのサバイバルプランにもなるはずです。
勘違いして欲しくないですが、どうしたら節約できるとか、
就職して社会的に成功するとか、
そいういった何か一発逆転的なものでも、
安い賃貸物件を紹介するコーナーでもありません。

この社会で生き残るためのことを貴方と考えていきたい、
そんな場であればと思っています。

今回も、最後まで読んで頂きましてありがとうございます。



↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年11月19日

続けていく、たったそれだけの事なのに、どうしてこんなにも難しいのか? 恐らく、こんな事は私一人しかしていないんじゃあないかなぁ。 でも私一人が行動しても、どうしようもないんだろうか?

こんばんは

ゆるり不動産、代表者の瀬戸口です。

結局、
無名の個人事業主は見向きもされない

それでも、続けていく理由。

知れば、絶対賛同してくれるはずなのに
何故、知ろうともしないのか?


さて、
今回の あいちトリエンナーレ、
皆さんどう思われましたか?

なんでしょうか、偉そうに何か語りたくありませんが、
思うことがあるとすれば、
続けていくことって、難しいんだなぁ、と感じたことです。

回を重ねるたびに難しくなるのでしょうか。

前回までは、観た後の良かった感がありましたが、
今回は、それが極めて薄い。

今回のテーマは、情の時代、
良いテーマだと思いますよ。
個人的には、今回を含め4回の中で、かなり良い
テーマだと思っていました。

なんでしょうか。
結局、お金なんでしょうか。
お金があればもっと楽しめる作品が集められたのでしょうか。
それとも、政治的な問題でしょうか。
どちらにしても、観る側は常に蚊帳の外です。

おそらく、今回は、テーマ云々よりももっと他のところで
いろいろあったんだね。

続けていく、たったそれだけの事なのに、どうしてこんなにも難しいのか?
恐らく、こんな事は私一人しかしていないんじゃあないかなぁ。
でも私一人が行動しても、どうしようもないんだろうか?

私の活動は、お客様の意見にじっくり耳を傾け
お客様が知らない事、知らないといけない事なのに知らない事、
説明されても本当は何が重要なのか事情を知らないため
質問すら出来ない現状があります。


私は、事実としてしっかり理解できるまで説明する姿勢で
います。多くの不動産屋は、大家さん側に付いているので
不利になる言い方は絶対にしません。そのことが問題なのに
それすら知らないお客さんがあまりにも多すぎる。

これは何も不動産に限ったことではないです。

福祉にしても
教育にしても

そして、アートにしても

知らされずに、お金を払っている私たちが
一番損をしている。


一緒に変えていきたいんだけど
誰もついてこない現実。




↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年07月10日

体感して感じる、これが関係ってもんじゃないでしょうか


「客を連れてこい」って言われた〜 の記事をまず読んで下さい。

借りたくてもなかなか借りられない人、
私が思うのは、結局のところ
大家さん次第なんです。
大家さんがOKならOKなんです。
私は、お客さんに
一人ひとり長い時間かけて面談をしています。
自分が関わっていきたい方以外は
基本的にはお引き受けしません。
(これは良い悪いとかでは無く
考え方や活動趣旨に合わないことを意味します。
お客様の為にも他の不動産屋を紹介します。)

それは、私のブログを見ていただけるのなら
おわかりでしょうか。

これを読んでいる皆さんの中で
親切な大家さんをご存知なら
是非、ご紹介して頂きたいと思います。

大家さんと一緒に
住みやすい街づくりのお手伝いをしたい。
一緒に協力して頂ける仲間を探しています。

ご連絡頂けると嬉しいです。
どうか
よろしくお願い致します。


現状は、どうでしょうか。
地域によって違いはあると思います。
もちろん、個々の不動産屋でも違います。
しかし、実際のところ、大家さん次第ではないかなぁ。
もっとも、それを誘導しているのは不動産屋であることも事実だと思うし。

紹介してそれで終わり、面倒くさく無いお客だけ紹介する、多くの不動産屋は賃貸の場合は数をこなさないといけなわけですから当然でしょう。

信頼関係って言う意味は、要するに、金が払えるか否か、その要素を満たしているかいないかの判断材料としての情報。

正直なところ、今、私が借りているところも
顔がみえません。大家さんにしろ
不動産屋にしろ、顔が見えません。

そんなもんかなぁ。

人間関係、そんなもん、なんでしょうか。


しかし、しかし、しかし、
私には、少しの希望があります。

前回、事業用の賃貸契約を結んだオーナーさんと、
実は、今もつながりはあります。
契約して、ハイさよならではないですね。
契約書をわたしたり、入金の件で話しをするために
まめにオーナーさんのところに顔を出すと
名前よりも先に顔を覚えられます。
たまにアポ無しで行っても「ああ、あんたか」
と言って話しを聞いてくれます。

話していると、抱えている問題を話してくれます。
私は、それに真摯に向き合いたいと思うようになります。
オーナーさんから見れば私は沢山ある選択肢の一つに
過ぎないかもしれません。

しかし、私に話しを持ちかけてくれる人は
そう多くはいません。昨年一年活動して
そう実感してます。

そもそも私に興味が無ければ、話しすらしてこないです。
こちらがメールしても、何の返信すらない。

そんな中での問い合わせとかの話しを持ちかけてくれることは
逆に言うと選んで頂いたと言う感じの方が強いですね。

面談してゆったりした気持ちで話しが出来たのなら
私は、この案件を引き受けたいと思うようになります。
真摯に向き合いたいと思えるのです。

なんだか理想論ばかり掲げて・・・
いや、最初の段階でお客様のことを知っておかないと
最終的にトラブルが発生してお客様に迷惑をかけてしまうからです。

だから、出来るだけ面談するようにします。
そこで依頼まで結びつかなくても
「繋がり」は残ります。次回の
依頼に結びつけるからです。
契約に至らなくても、関係は続きます。
知人を紹介してくれることもあります。

これが、関係ってもんじゃないでしょうか。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

手話奉仕員養成講座(基礎編)

令和元年6月から、
手話の勉強がスタートします。
「入門編」に続く
「基礎編」です。

基礎編では、
手話の基本文法を学び
相手の手話が理解でき
特定の聴覚障害者とならば
手話で日常会話ができるようになる
ことを目指しています。

6月から11月までのコースです。

私の今年の目標は、
聴覚障がい者の話し相手・友達をつくる、です。

手話を教えてくれるお友達を募集しています。
よろしくお願い致します。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年07月09日

私は、それでいいんじゃぁないかなぁ と、おもっています

今まで知らなかった人に会う。
昨年からずっとこの活動をしてきたようです。
知らない内に、今まで知らなかった人に会ってきて
いたんだと、思い返して感じています。

日本語教室
学びに来ている外国の人
教えに来ている地域の人

手話教室
手話の先生、受講生

不動産保証協会
同業の会員の人

様々な集いに参加して出会った人達

そこからつながる更なる新しい出会いと
つながり

私は、この仕事を始める前は
ここまで自分が前に出られる人間だと思っていませんでした。

なんで、今、それが出来ているんだろう?

それは、やはり
自分が会ってみたい、話してみたい
そう思った人しか話していない、ってこと。

嫌な事はしたくない。

私の身なりは
「およそ不動産屋らしからぬ」身なりでしょう。
だから逆に同業者から「なんだアイツ」と思われているに
違いありません。

私は、それでいいんじゃぁないかなぁ。
と、おもっています。

もっともっと、いろんなタイプの不動産屋が出てきて欲しいです。


知らない人に出会う (TEDブックス)

新品価格
¥1,420から
(2019/7/18 02:50時点)



↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年01月02日

気付かない事に気づくには どうしたらよいと 思いますか?

皆さんの浴室は、どのような感じのつくりになっているのでしょうか。

今、私の住んでいるマンションは、浴室は玄関入って隣側にあるので、冬、隙間から冷気が入ってきます。部屋を十分暖めておいても寒いです。気密性の高いタイプの最近のタイプの物件では、そこまでの心配は無いので正直羨ましいですが。まぁ、何が言いたいかというと、
浴室が寒いと、シャワーを浴びた後、
いかに手早く身体を拭くかというテクニック
自ずと身に付くわけです。
これは、浴室が暖かい環境では想像できない技です。

介護をしていると、その技は意外と活かされます。施設などは、室内はもとより、浴室は適温になっているので年中快適な室温なのです。だから、施設内にいる限り季節感は全くありません。場合によっては昼夜も判断できないかもしれません。認知症の利用者が昼夜逆転する理由はそこにあるかもしれませんが、真実は闇の中です。

訪問介護ですと、基本、各家庭に訪問するわけです。所得の低い利用者は、安パートに住んでいるわけです。隙間風半端ないところもあります。そこでもやはり入浴の介助はあるのです。その時に私の技が光るわけです。自慢ではありませんが、
利用者の中では、
私を指名して入浴の介助を依頼するケースがたくさんあります

私は、施設の職員みたいに手際よくありません。決して手早くできません。
それでも利用者から指名がくるのはどうしてなのか?

皆さん、理由はおわかりですか?
そうなんです。技なんです。自分の体感、経験から出た技です。
しかし、技、って言っても特殊技能ではありません。ほんのちょっとした気付きなんです。コツなんです。それは、自分が実際に隙間風がある浴室で身体が冷えて湯冷めを感じる前に水分を拭き取るにはどうしたら良いかを自分の身になって考えることにあります。
仮に、無意識に自分が分かっていても、それを利用者さんに実際に実践できるかどうか、それも大切です。

では、どんなコツがあるか、知りたいですか?
ヘルパー時代、私に指名があるってことは、多くのヘルパーがそのコツを知らないってことなんですね。知っていたらそれを実践するだろうし、私より手早いヘルパーに依頼するはずです。

この記事を読んでいる方がヘルパーなら、きっと知りたいことかもしれませんね。
多くのヘルパーは気付きもしない。恐らく、ヘルパー講座では、殆ど触れないか、触れたとしてもヘルパー自身気付いていないはずなのです。体感として実体験として身体の拭き方を自分の身体で体感していない限り決して身に付かないからです。


皆さん無意識にしているかもしれませんが、意識して気付かないと利用者さんには出来ない行為だと思います。さて、皆さん、シャワーを浴びた後、身体を拭くわけですが、冷めないうちに拭くにはどうしたらよいでしょうか?

身体は、頭の先からつま先まであります。手早く拭かないと隙間風がある浴室では瞬く間に湯冷めをしてしまいます。どうしたよいでしょう?使うのはバスタオル一枚だけです。さあ、どうしますか?

まず、考えを整理することです。
そして、このように考えます。
まず、手早く、身体全体を拭こうと考えない事です。

えぇ〜!って思いますよね。ふつう。
そんな、いっぺんにできるわけないじゃぁないですか
じゃぁ、どうするんだ。こう聞きたくなりますよね。もっともです。
考えを変えるんです。
何処を最初に拭けば、「身体が寒く感じないか」を考えるわけです。
皆さん、寒い時、外出する時マフラーしますよね。何でですか?
首ってとても大切なんです。首さえ温めておくと、体感的に
手足が冷えていても思ったほど寒さを感じないのです。
この感じないという感じが大切なんです。
身体を拭く時もそうなんです。

まず、最初に拭く部位は首なんです。そして、首に続く肩、腕、という順で上から下へ拭いていけばよいのです。ポイントは首です。今日から実際にご自分でやってみると分かります。首、肩を最初にしっかり水分を拭いておけば、その段階でかなり体温は維持できます。利用者は暖かいと感じているまま着替えが行えるわけです。それが出来ていないと首とか肩に拭き残しで水分が残っていると最悪です。それが分かっていないヘルパーは今も相当数いると思います。私が、体験したり体感していることは、利用者さんにも同じであり、それが、共感や信頼につながることを経験しました。

不動産の仕事でも同じことがいえるのではないでしょうか?
私が体験して「こうだったらよかったのに」と思うことは他のお客さんにも同じことが言えると思うからです。それを信じて、今、活動しています。

ご相談の際は、お気軽にご連絡下さい。



↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

新しい年になりましたね

一年が経ちました。
あっという間でした。

昨年の賀詞交歓会で、一番最初に話しかけた方、
実は物理学の研究者でもあり、同業者でもある、
ユニークな方でしたが、研究の仕事に専念される
とのことで廃業されました。個人的に興味のある方
なので、いつか必ずお会いして研究の話を伺うつもりです。
私も、20代の頃は理系君でして、憧れていました。
そんなこともあって、宇宙とか素粒子論とか
話を聞くだけでワクワクします。

私は、それよりもやはりアートが好きなんでしょうね。
物理学にもそうしたアート的な要素をどこかで
求めていたのでしょうね。アートは私のライフワークです。
金にならないから仕事にしていないだけで、
依頼があればそれで生活していきたい、それほど好きです。
今回の「キュレーション講座」は楽しませて頂きました。
いずれ依頼される側に立ちたいと内心おもっていますが。
まぁ、それはさておき、今回のキュレーション講座で
実際、3人のアーティストを呼んで作品展を開き
約2週間の期間に約600人の来場者がありました。
まずは、成功何でしょうね。岡崎市から来年も依頼が
あったそうです。

そして、今年、1月、
いよいよ大府市でも
オオブショートフィルムフェスティバルが開催します。

そして、今年は愛知トリエンナーレがありますね。

面白い一年になりそうです。


↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2018年12月23日

映画『凶悪』の背後にあるもの

凶悪 [DVD]

新品価格
¥2,998から
(2018/12/23 03:26時点)




藤井修一 - 山田孝之: スクープ雑誌「明潮24」の記者。
須藤純次 - ピエール瀧: 死刑囚。元暴力団組長。
木村孝雄 - リリー・フランキー: 「先生」と呼ばれている不動産ブローカー。

映画「凶悪」
タイトルにあるように「悪」がテーマであることには変わりはないわけであるけど、
ここでは、この「悪」に対する感情の「怒り」について考えてみたいと思います。
ここから話す内容は、あくまでも「私」の個人的な感想であり、実話の内容や
当人の実際の気持ちなど知らないことを前提に、「私」の思ったことを単に
話しています。それを踏まえてこの「怒り」について考えてみたいと思います。
私は、この「凶悪」に出てくる「怒り」は2種類あるとおもっています。
一つは須藤が木村に対して抱く「怒り」、そしてもう一つは藤井が須藤や木村に
対して抱く「怒り」です。前者は、同じ者同士が仲違いをして抱く「怒り」です。
つまり、裏切りに対する怒りです。だから、この怒りは、恨み辛みが無くなれば
その怒りの和らぐ程度の怒りにすぎません。喉元過ぎれば熱さを忘れるってヤツです。
しかし、後者の「怒り」は、須藤、木村のした行為、ひいては人の持つ本質的なものに
対する怒りであるわけです。ちょっと3人の生活をみてみましょう。藤井は、彼の母と
妻との生活です。仕事のため家庭の事は妻に任せきりで、妻の方は認知症の母の面倒とか
精神的にも肉体的にもアップアップの状態に対して、須藤や木村の生活は、金の出所は
別として、生活自体は藤井よりもずっと健全にも見えます。須藤や木村の生活はまるで
権力者の生活スタイルにも似ているようにも感じてしまいます。そして、面白いのが
須藤の「怒り」を解消するのに藤井を利用したということです。藤井に自分(須藤)の罪を
認め懺悔し木村のせいで被害にあっているように仕向けている。結果、藤井のおかげで
木村が捕まり須藤の怒りは解消されたわけです。権力者って、よくこういう手を使いますね。
権力者同士が争っている。権力者Aと権力者B。BがAの利益を奪ったことからAが怒り
なんとかBから取り返したいがAだけのチカラではどうにもならない時に、Aは
民衆のチカラを借りてBから取り返すわけである。Aは民衆に上手に働きかけ
いかにBが悪いことをしているって洗脳し、民衆とともにBを倒すわけです。
しかし、民衆はAに踊らされているだけを知らない。民衆が無知であるため
Aの真意がわかっていないのです。Aに唆された民衆。でも、Aは民衆の為になんてこと
なんて全然思っていないわけですから、Aが勝ってAに利益が戻った後で初めて
事実が分かったことになります。須藤や木村は人として最低な行為をしているにも
関わらず、外見は落ち着いて穏やかに見えます。しかし、藤井は正義の名のもとで
奔走しても生活は最低の状況です。メンタルもかなり危ないところまで来ていると
思います。これも社会の構図からして権力者と民衆の関係にも似ているでしょう。
この映画の見どころは正にそこでしょう。須藤が上手に藤井を利用している事が
よく見えます。
藤井、須藤、木村の3者の関係は、まさに何処の社会的な関係にも似て興味深いです。


↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2018年12月01日

従来の部屋の借り方に「?」(疑問) をお持ちではありませんか?

さて、
皆さんお気づきかと思いますが、
空き家の問題がクローズアップされているように、
今は部屋が余っている状況にあります。

そんな状況にあるので大家は昔のように
「こちらの条件が嫌なら貸さないよ」が
できなくなっているとのことです。

今幅を利かせているのは私のいる不動産業界だそうです。
紹介するから広告費をくれと大家に言ったり、
借主から受け取らない分の手数料を大家が払え、とか。
大家もご機嫌伺いに度々不動産屋に菓子折りを持っていくそうです。
もちろん、全てがそうではないかもしれませんが、
全体の流れとしてはそんな空気が漂っているってことですよね。

わたしは、お客様の側で活動しているわけですが、
現実的には、同業者から嫌がられる存在だと
上記のうわさを聞いて思います。

ただでさえ安い賃貸の仲介に同業者がはいってこられると取り分が減るし、お客様に引っ付いて契約にいろいろと口を挟んでくるのでやりにくいそうです。

お客様にとって良いのは、業者にとっては厄介なものでしかないわけです。業者に厄介もの扱いされるということは結局のところお客様がその影響で部屋が借りられなくなってしまうので本末転倒になってしまいます。

だから、結果的に仲介業者は損ばかりで金にもならないことはしなくなります。そして、結果的に従来通りお客様は、「何か一応説明は受けたんだけど、それって重要事項説明だったの?」程度の感覚で契約して言われるままに手数料を支払うことに落ち着いてしまいます。

それ、どう思いますか?

結局、大きいものに巻かれてしまって・・・。
でも、部屋を借りれたから、いいや。
多分、そんな感覚なんでしょうね。
でも、それで、借りれる人はいいですよ。
条件悪いと、
「申し訳ありません。あなたにお貸しするお部屋は御座いません」
って言われたら、どうしますか?
名の知れた大手の駅前の不動産屋であればあるほど、
きっぱり線引きされるそうです。
弱者であったり、何らかの障害を抱えている人、
通常のお客様より手間の掛かる厄介な存在、
そんなふうに見られているのかもしれません。

大家、業界者、お客様、この中で
一番不動産の知識が少ないのはお客様です。
不動産屋に「お貸しする部屋はありません」と
いわれたら他にいくところがありません。

これを、読んで、
「私は、関係ない」
「財力もあり、社会的なチカラもある。何も困ることは無い。重説も分かるしや契約も従来通り問題無く結べる。自分の事は問題無い。」
そういう方には、私のような存在は不必要でしょう。

しかし、本当にそうでしょうか。

もし、従来の部屋の借り方に「?」をお持ちの方は、
是非一度、考えてみるのもよいと思います。

共に与え合う、そういう社会にしていきたいです。


(毎回、最後まで読んで頂きありがとうございます)




↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)
ファン
検索
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ゆるり不動産さんの画像
ゆるり不動産
代表者の瀬戸口です。 ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。 引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子の住宅問題にも取り組み始めています。 もし、周りでこうした問題で誰に相談したら良いか 悩んでいる人がいましたら、お声かけ下さい。 まず一度、お会いしてお話しましょう。物件の話の前に、住まいに対する考え方、ライフスタイルに至るまで、たわいのないお話から人生観に至るまでお話できたら幸いです。 「会って話をする」、その行為の中からお客様が思い描いている住みたいお家やお部屋が分かってくると思っています。 http://fanblogs.jp/yururifudousan/archive/187/0
プロフィール