DSCN0561.JPG DSCN0347.JPG DSCN0352.JPG cman20190304230846837.png cman20190308003017785.png cman20190308003110980.png cman20190305225322081.png NPO法人日本住宅性能検査協会

2020年10月10日

本来の意味することだったり、目的なんかを忘れてしまうと、それが何の為に存在しているのか分からなくなってしまうのですね。そして思わぬ方向に流れが変わってしまう。

8CE58823-C0F8-4FE3-838B-86CD3407BC2C.jpeg

家賃保証会社、という存在なんですが。

私は、20年程前から同じ賃貸マンションで生活しています。
当時は、今とはまったく別の仕事をしていたので契約に関して
詳しくありませんでした。
家賃保証会社の存在は知りませんでした
そもそも家賃保証会社そのものは10年程前くらいから広まってきたそうです。
当時、私が心配していたのは、
家賃の支払い能力は十分にあるのに
連帯保証人になってくれる身内がいなくなってしまった場合、
どうしようか?と、言う事でした。
現にそういったケースで借りられないといった
事例を聞いたからです。
そんな時に、連帯保証人の代わりの存在として登場したのが
この家賃保証会社なのでしょう。
ですから、基本的な前提として
借主は、家賃の支払い能力は十分にある。しかし、
大家つまり貸主が求める連帯保証人がいない。
そんなケースに対応するものとして
家賃保証会社が出来たんだと思います。
つまり、家賃保証会社は保証人がいない借主のために
出来たわけですね。

そして、借主が家賃保証会社に保証料を支払うのは、
借主の連帯保証人の代役料としてだと思います

つまり、お金で連帯保証人を雇っている意味合いですね
しかし、この場合、本当の連帯保証人ではないので
仮に家賃を滞納した場合、雇われた連帯保証人は
滞納分を肩代わりしますが、最終的には借主は
お金を工面して雇われた連帯保証人に返さなければいけません。
この仕組みは今の家賃保証会社にもあてはまります。

わたしも、個人事業主ですので
業務提携している家賃保証会社はあります。

借主がしっかりと家賃の支払い能力がある場合は
家賃保証会社が連帯保証人を求めることはありません。
ただ、緊急事態の場合に本人以外の誰かに緊急連絡先を
指定しています。借主本人が死んでしまったりした場合の
対応に必要だからです。ですので、緊急連絡先に指定された人が
滞納家賃の肩代わりをすることはありません。

しかし、巷では、様々な家賃保証会社があり
悪質な業者もあるようです。そうした業者では
連帯保証人を指定してくるところもあるのでしょう。
トラブルが生じるのは、こうしたケースでしょうか。

名古屋市内では、殆どが、連帯保証人を求めるよりも
家賃保証会社を指定しているそうです。
市外へいくとまだ連帯保証人でOKのところもあるそうです。


管理会社、家賃保証会社、
こうした存在が巷で認知され、
社会のシステムに組み込まれていきます。


こうなってくると
連帯保証人がいるにもかかわらず、一律に家賃保証会社で
契約させようとする流れになれば、本来、借主の為にあった
家賃保証会社が、今では、大家つまり貸主のための
存在に成り代わってしまったわけです


身内で保証人になってくれる人がいるのに
毎年余分な保証料を支払っているのです。

何か変、といっているのは
このことです。


rabby20.jpg


私は、この「何か変」を変えていきたいです。
問題なのは「管理会社」だと私は思います
だから、大家さん自身が管理している物件を探しています
大家さん自身が管理するとなるとそんなに多くないです。
営業下手な私にとって大変なことです。
昔ながらの大家さんを探すのは大変です。
できれば、皆さんの助けが必要です。

知り合いに大家さんがいらっしゃれば
お声をかけて頂ければ嬉しいです。

また、空き家をお持ちの方、
戸建てにお住みでお部屋が余っている方、
大家さんしてみませんか?

住いの問題は他人事では無いと思いませんか?
独りで解決するのはとても難しい。
だから、皆で助け合って
よくしたいと思っています。

よろしくお願いします。


855CA3A3-3449-4D83-87A2-E1CDDB1D8BDB.jpeg

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2020年10月07日

そもそも借りる人と貸す人が対面して話し合える場を提供し、契約の仲介をする。そして貸主つまり大家さんご自身がご自分の物件を管理をしていれば管理会社などいらない。

025829D3-968A-49A5-80CB-A6C8160395C0.jpeg


およそ20年前、
私が賃貸物件を借りた時は、契約の更新料など取られなかったし、
連帯保証人がいたら家賃保証会社で家賃保証の契約もする必要もなかった、
というか、その当時は、家賃保証会社が存在していなかったように思う。

しかし、今、どうなんでしょう?

もちろん、以前の様に、更新料無し、連帯保証人のみでOK、の物件も
確かにあるでしょう。
 −−−−−@

しかし、多くは、
決められた期間が来ると、契約更新手続きをして、更新料を支払う。
連帯保証人がいても、管理会社絡みの家賃保証会社の家賃保証契約を
結ばされて定期的に支払いがある。
−−−−−A

@の場合、多くは、大家が直接物件を管理しているケースでしょう。
大家の裁量で融通が利くのでとても柔軟性のある契約が可能なため
借主にやさしい物件と言えるでしょう。
また、間に入る不動産屋の裁量によって契約前に
貸主、借主が対面して十分に話せる時間があれば
互いの人柄が把握できるため柔軟性のある契約が可能でしょう。
管理会社がそもそも無いので、そこに生じる出費がそもそも無いのです。
大家、つまり貸主も確かに自分で管理しないといけない負担はあるものの
借主を自分の目でしっかり確認できるので安心だし
管理会社に余分な出費も掛からないメリットがあります。
借りる側も、管理会社に支払う管理費などの余分な出費が無いので
メリットがあります。

Aの場合、
大家と借主の顔が見えない。間に入る管理会社がいい加減だと
貸主、借主双方とのコミュニケーションが希薄になるので
ちょっとしたことでトラブルの原因になります。
間に管理会社があるので大家は管理しなくて楽ですが、
管理会社がいい加減だと出費がかかります。内情がわからないと
管理会社のいいなりになり、結局、管理会社のいいように利用されるわけです。
そもそも、大家は管理会社など信用していないそうです。
(ある大家さんが暴露しました)
借主、貸主、管理会社、仲介業者、互いに信頼もせずただ契約をかわすのみ。
柔軟性も無いから、ほんの些細な事でも裁判沙汰になる問題に発展します。

当然、私が求めているのは、
@ です。

そのために、大家さん自身が物件を管理している大家さんに
お会いしたいのです。

これを読んでいる奇特な大家さんがいましたら
是非是非、ご連絡下さい。

また、お知り合いで大家さんがいらしたら
ご紹介ください。

実は、いろいろな事情でお部屋を借りるのが難しい人がいます。
少しでもご理解がある大家さんを探しています。



↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2020年04月27日

「社会通念」って? 社会の常識、人間社会の暗黙の了解や一般的に受け入れられている「常識」「良識」「見解」という意味で社会共通の物差しのようなものなんだね。

rabby23.jpg


民法の「債権法」って、明治29年に制定されてから
約120年間、実質 改正は行われていなかったんだね。

検索すると、今、実に多くの法律家さん達が、挙って
民法改正のネタでブログの書き込みがされているのを
見ることができますね。(笑)

ですから、私如きが、
「偉そうに法律語ってんじゃあねえ」って
言われそうなので、語りませんが、
私にとっての大切なお客さんには、
知っておいて欲しいことは
伝えておきたいなぁと思っています。

今回の民法改正の特徴は、
「当事者の合意の重視」
なんです。

これは、私も、研修を受講して確認できたことなんですが、
今回の改正目的には、日本の民法にも
取引上の「社会通念」にも影響されることのない
「当事者の合意」
を重視する英米法的な環境を築くことなんだそうです。
これは、驚きでしたね。
こうして少しずつアメリカナイズされていくんですね。
草が少しずつ根を張って大きな石を割るように
多くの市民が知らないところから少しずつ浸食するように
日本が変わっていくのですね。それが結果的にどうなるか。

さて、この改正は、4月から、もう既に改正されているのです。
だから、今、貴方が、部屋を借りようとする場合、
新しい民法が適用されているわけなのです。

今後は、より契約の「内容」が重視される傾向が強くなるそうです。

改正民法では、
契約その他の債務の発生原因
及び取引上の社会通念に照らして

と、いう文言がありますが、
契約に「特約」があれば、
「社会通念」に優先する旨を
法務当局は明言しているそうです。

社会通念上こうですよね、っと言われても、「特約」で別の約束を
したのであれば、「特約」が優先されるってことなんですね。

だから、それを知らずに
「普通、常識的に考えてこんなのおかしいですよ!」って
言っても、
「いやいや、契約書の特約見て下さいよ。
ちゃんと、特約に書いてあるじゃないですか。」
それで終わりです。
(ただし、明らかに度を越えた特約の場合は
無効になることもありますが)通常は、特約が優先されて
しまいます。残念、ですね。

例えば、賃貸物件であれば、
「ハウスクリーニング」が、この特約に絡んできます。

特約がなければ、通常、貸主がこの費用を払うのですが、
特約を結べば、借主に負担させることも可能です。

恐らく、それすら知らない人が多いです。

部屋を借りた経験のある人なら、経験上
こうした原状回復をめぐるトラブルとガイドラインの
内容を知っている人もいるでしょう。
しかし、それでも実際に管理会社や大家と
交渉できる人はそう多くはいないでしょう。
助っ人として「敷金診断士」にお願いすることも
ありますが、いくらかの費用がかかります。
それでも幾らかでも戻ってきますが、
時間と労力は半端ないと思います。疲れますよ。

それなら、借りる前から、条件を知っておくとか
契約書をしっかり理解することをした方が楽です。

ハウスクリーニングや鍵の交換も借主が負担することが
わかっていてもそれでもこの部屋を借りたいのであれば、
それは互いに了解したことであるのだから納得いくわけです。

私は、異業種からの起業をしてこの業界に入ったので
大手の業者の担当者がどこまでそれを説明しているかは
知りません。しかし、4月以降は少なくとも
こうした状況は説明されることでしょう。
借りる時は
注意深く聞いて下さいね。

私は、必ず説明致しますのでご安心下さい。

「宅地建物取引士」も士業ですので、常に法律の事は
勉強しています。


↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2020年03月10日

「薄暗くなったらヘッドライトを点けるのは、 自分自身が見るためではありません。 相手に見てもらうためなんです」 元F1ドライバー中嶋悟

B069BA86-E13B-4B23-90FA-980B9E58702E.jpeg


皆さん、自動車運転している時、
どのタイミングでヘッドライトを点けますか?

「暗くなったら」
そうですか・・・

おそらく、皆さんは、ヘッドライトを点ける点けない
の判断は、自分が見えるか見えないかを基準にしていませんか?

「だって、そうじゃぁないか。見えないから点けるんじゃぁないか。」

ヘッドライトを点けるのは、自分が見るためではなく
相手に見てもらうためなんです。

これを書いても、まだ、ピンとこない人はいるでしょう。
ライトを点ける意味は、自分のためだけではない、ということなんです。
相手に自分が「ここにいるよ。だから気を付けてね」と伝えるためなんです。
自分の周りが明るくなって通る道がよく分かる。それだけでは無いんです。
一番大事なのは、相手に気付いてもらうこと。そうすれば
事故が回避できるんですね。
知っている人には、当たり前の事なんです。でも、
知らない人の方が多いんじゃぁないかな。


事故は起こるかもしれない、万が一であっても、それを
想定した運転、元F1ドライバーの中嶋悟さんはそう言っています。

事故を起こさないために出来る事をする。
早めのヘッドライト点灯、車間距離を開けるとか、
その他にも危険回避の運転を知るべきです。
同乗している子供にも安全教育はすべきでしょう。

しかし、これは、車の運転の話だけでは無いのです。

相手の為に、自分がすること。それを、今だからこそ
考えるべきではないでしょうか。

コロナウイルス、
皆、どうでしょうか。うつされないように〇〇〇をする。
そうではなく、うつさないように◎◎◎する。

今は、情報が多すぎて洪水の様におしよせてきていますが、
殆どの情報が自分にとって不要なも。それを選別する術が
必要になります。情報が多い割には本当に大切な情報は
実はほとんどの人は知らないのです。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年08月23日

重要事項の説明、ってご存知ですよね。 えっ? 何ですか?それ? っと言う方へ。

こんにちは、
ゆるり不動産、代表者で専任の宅地建物取引士の
瀬戸口康樹です。

皆さんの今の住まいは、賃貸物件ですか?

まず、借りる契約をした時の事を思い出してみて下さい。

契約する前に、担当の人が何やら説明してませんでしたか?
そうそう、それです。

重要事項の説明です。

この説明は、とても重要です。

これから生活する場所について、しっかりした情報は必要ですよね。
室内の状態など。
契約の根拠となる説明ですが、聞いて「うんうん」とうなづいて
何か分かった気になって、勢い余って「印鑑」押してませんか?
か、と言って、
一字一句読んで、じっくりこれから借りる室内の説明を読み返したい。
しかし、皆さん、どれくらい時間かけて検討されますか?
「十分検討しましたが、双方の意見が結局合わず、今回はキャンセル致します」
と、言えればいいですが、ほぼ、その場で決めてませんか?
「また集まって契約続きをする時間なんて無い。」「面倒くさい」

しかし、契約をするかしないかを決定づける重要な事項の説明なんです

今回の話題は、「IT重説」について
巷に、IT重説の説明は沢山あります。IT? っと言う方は、
「IT重説」と検索すると関連記事にたどり着くことが出来ます。
文字通り「説明」ですから、双方対面で説明するわけです。
「IT」っていうのは、本来対面説明であったのを
環境が整っていればPCをつかって
テレビ電話感覚で担当者から重説の説明を聞くわけです。

今回話題の「IT重説」については
極めて個人的な意見として、書かせて頂きます

私がここで言いたいのは、使い方、云々よりも
それを導入する意味なのです。

PCを使えば、距離の遠近の問題は無くなります。
業者としては助かりますね。たくさんのお客さんに
対応ができます。お客さん側から見れば
指定した時間で対応してくれるので便利と思われるでしょう。
多くの方が問題なく使いこなし今後このシステムが当たり前の
世の中になることでしょう。

手放しで喜べますか?

「全てそうでは無いので、従来の内容も残るから」
お慰み程度に言ってくれますが、

私の考えが古いのかもしれませんが、
信頼関係って、やはり
直接、対面してないとできない、って思っちゃうんです


卑近な例が、このブログです。
いくら「私にお問合せ下さい」って書いて
自分の想いを伝えても、実際に会って話していないから
どこかに「胡散臭い」と思っていることでしょう。


PCのモニタで
「はい、今から説明しますね」っていって
IMG_0161c.jpg

こんなオッサンがいきなり画面に出て説明されても
どうなんでしょうか?


ゆるり不動産は、対話を大切にしています。
対話は、もちろん対面です。ゆっくりと話をする。
そこからでないと、信頼関係は構築できません。


時代を逆行しているようですが、
契約って、結局、人と人との関係です。
近道は無いと思っています。

住まいについて、相談したことがございましたら、
お気軽にお問合せください。



 

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年08月14日

「話して何になるの?」って言う、あなたに、 「話す、対話する」ことで自分の中で「何か」が変わる、と私は思うのです。

IMG_0201.JPG

令和元年8月6日
コネクトスポットで、プレオープニングイベント
「つながり・わかちあい・サロン」が開かれ
ゲストとして参加致しました。


今回、このサロンで、話のポイントになったこととしては、
「レール」というキーワードです。
「人生のレール」

さて、みなさん

まずは、対話から始めませんか?」って言う事なんです。

えっ?

私たちの行動範囲の中で見えているものは
極めて少ないってこと、皆さんご存知ですか?

私は、以前、介護の仕事をしていました。
高齢の方はもとより障がいのある方にも支援活動をしていました。
その時は、地域で福祉の支援を受けている人が
意外と多い事に驚きました。しかし、
介護の仕事に関わっていないと、そもそも障がいのある方との
接触が無いので、地域に何人いるのかすら知らないのです。
個々の活動の範囲や時間帯にもよりますが、
接点が無いのです。
自分の活動の方向によって関わてくる人が違ってくるのですね。

社会で「生き辛さ」を感じている人は、
実は意外と多いと思っています。
高齢の方、障がいのある方、の他に引きこもっている人、
子育てシングルの人、外国の人、全てではありませんが、
それぞれが生き辛さの壁があることも確かです。しかし、
それに関わっている支援者の方は意外と横のつながりが
無かったりします。そうなると、
それぞれ支援が必要なのにも関わらず、横の相互関係が
希薄であると意外と助け合うことができるはずなのに
すれ違いが起きてしまいます。

私は、「対話」を大切にしています。

「じゃあ、ただ、何でも話せばいいのか?」 
そう言っているのではありません。
相手の意見を聞き、自分の考えを伝える。
そこから、起こる「心の反応」
(スイマセン、何か偉そうに語ってますね)
(ただ、感じたこと、自身にとって気付きとして
書いています。生きやすい社会って何か常に想いはあります)

IMG_0200.JPG


今回、このサロンで、話のポイントになったこととしては、
「レール」というキーワードです。

「人生のレール」

でも、このレールって、何でしょう。
一般的に良いとされている生き方?なんでしょうか。
例えば、皆がそうしている、認めている、
「まぁ、普通そうでしょ」と思われている生き方
とでも言ったらよいでしょうか。
まぁ、とりあえず、ここでは、そんなような定義にしておきますが。

電車のレールを思い浮かべて下さい。
二本のレール、例えば、右側を上手く行っている時、
左を上手くいってない時とすれば、
右側を外れた時は、地位も名誉も手に入れた成功者、
皆とと違う皆が憧れる存在である反面、
左側を外れた時は、落伍者的な扱いをされる、
ってことになります。右側、まぁ、成功者的な見方ですが、
どちらかというと会社を飛び出して自分で起業しちゃった、
っていう感じで自由を選んだ人たちという括りにした方が
良いのかもしれません。しかし、自由を選んだ、
っていう視点でとらえるなら、左に外れたのもある意味、
自由に生きていると捉えられるかもしれません。私は、
そんな風に見てます。そうなれば、実は、
外れた右側と左側、端と端をつなげてグルっと
丸く筒の様に引っ付ければ実は両者とも同じになってしまう。

この解釈は、極端に思われ、賛否が分かれると思いますが、
皆さんは、この「レール」の話、どう思われますか? 
お考えをお聞かせ頂けると嬉しいです。

サロンでは、
「経験を積んでいくと、
レールの幅が広がる」
っという意見もでました。
なるほど、ですね。

そもそもレールって?
レールを引き合いに出す意味あるの?
っていう意見もでましたが。
そこまで話が進んでしまうと
それこそ「脱線」してしまうので
今回は、あくまで「レール」を話題に
進めていきました。

闇雲に話をせず
一つの考えとか意見に
耳を傾け、一緒に考えて話し合ってみる。
これを一つの活動として
一つひとつ積み上げていく

「つながる」って
ここから生まれるのかなぁ、って思いました。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年07月10日

消費者契約法の事業者って何、皆さんはご存知?

Q&A市民のための消費者契約法

新品価格
¥2,916から
(2019/7/10 03:00時点)




消費者契約とは、消費者と事業者との契約ということですが、
ではいったい、事業者って?

事業者は、個人も含まれます。営利事業でなくても
反復継続して行うものであれば、事業者になります。

賃貸人つまり大家さんは、
反復継続して住宅を貸し続け
反復継続して家賃収入を得ているので
事業者です。

ただ、個人で、住宅を賃貸する場合は
いろんな事情を総合的に評価して判断する必要があります。

たとえば、転勤などで一時的に部屋を貸す場合、
高齢の家族が施設に入所して空き家になった住宅を貸す場合、
同一の賃借人から反復継続して支払ってもらっているだけでは
事業者ではありません。

安易な判断はできませんが、
ようするに
貸す側は、常に事業者の意識を持って臨む姿勢が必要かなと
感じたわけです。

つまり、貸す場合は
必ず契約書を交わすとか、そのために仲介の業者を介入させるとか、
最初に費用はかかりますが、それだけの効果は感じると思います。
互いの関係が良い時は問題ありませんが、ちょっとしたすれ違いで
関係がこじれることはあります。

来年は民法がかわります。ますます契約が大切になります。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年05月07日

書籍「生きづらいでしたか?」を紹介したいとおもいます。

私の苦労と付き合う当事者研究入門
「生きづらいでしたか?」
細川貂々著


ずっと生きづらくて、しんどくありませんでしたか?
この本で最初に問いかけてくれた言葉です。
「はい、しんどかった」と素直に今は言えますね。

と言うことは、以前はとても人前では言えませんでした。

まず、この本ですが、著者細川貂々さんが「べてるの家」体験された
ことをもとに当事者研究について書かれています。

ここで注目したいのが、当事者はもとより
自分は健常者としてふるまっているが実際のところ
生きづらさを感じている全ての人が対象になっているところです。

@社会の枠にハマっていると思い込んでいる人。
でも実際はついらいんじゃぁない?

A社会のズレているけど頑張って適応している人。
しんどくない?

B健常者として規格品のフリして枠の中で生きていこうとして自分を
歪めてしまった人。

ゆがんだって気付ける場所、欲しいよね。

実は、私は、@ABどれも当てはまりますね。

引きこもったり、病院に行ったりしていない毎日満員電車で
ゆられて会社にまじめに通っている人の中には、
生きづらさを感じている人がいると思います。
私もその一人でした。

@ABの人は、ちょっとしたことで病気になったり
引きこもってしまう可能性があると思います。
実際私も、会社を辞めてからしばらく働く気力が無くなりましたから。
いや、働く気力というより枠にハマることのストレスでの拒絶反応でしょうか。

いろんな理由で社会活動に一歩前に踏み出せない場合、
どうしても@ABがあって、まずそれが気付ける場所が無いわけですから
無理やり出てもまた生きづらさを感じ、逆戻りしてしまうのを
繰り返してしまっているでしょう。

語り合うことから人間が本来持っている考える力を取り戻していく。
それは、生きづらさと付き合うコツを探ること。



生きづらいでしたか?: 私の苦労と付き合う当事者研究入門

新品価格
¥1,296から
(2019/5/7 02:02時点)


↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年03月31日

やっぱり成年後見より家族信託かなぁ

平成31年3月11日
『家族信託セミナー』

この記事を読んでいる方の中には高齢のかたもいるでしょう。
べつに、高齢に限らず、相続の問題は誰しも一度や二度
意識したことはあると思います。でも、実際に行動する人は
どれだけいるでしょうか。言うほど財産など無いから
関係無いとおもっているかもしれませんね。
しかし、財産の有無に関わらず、知っておくと得をすることも
ありますよ。きっと。
例えば、この家族信託もその良い例です。
皆さんは、相続とかよりもまず先に、思い浮かべるのは
「親が認知症になった時、どうする」ってことではないでしょうか。

皆さん、どうしますか?

と言うより、そもそも、考えたことありますか?

幾つか声が上がってくる中に「成年後見」って言葉が
聞こえてきます。
確かに成年後見制度を利用すれば親の資産について凍結は
防げますし、親の預貯金の管理もできます。
しかし、意外と使い難いし、経済的負担も軽くはありません。
意外な面を知らずに安易に選択してしまうと変更は
かなり難しくなります。

家族信託は、そうした問題に一石を投じるわけです。

「ゆるり不動産」では、そういったお話もできます。
実際にサービスを利用したければ、専門の司法書士さんを
ご紹介いたします。

「それって何?」それだけの問い合わせ、ご相談でもOKです。
お気軽にご連絡下さい。

↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)

2019年01月28日

「直接、 客を連れて来い」と言われた。 客付け不動産屋の現実

先週、突然電話連絡があり、
「選挙に出たいから事務所を借りたい」という依頼がありました。

依頼は突然に!
なのです。

それはともかく、これは嬉しいことです。
知ってもらう活動をしてきた成果であると
まずは自負しています。

「諦めずに続けてきた」だから依頼が来たんだ。

そう思いました。

しかし、残念ながら
予算面などで契約には至らない結果になりました。
DSC_0008.jpg


しかし、依頼を受けたおかげで
いろいろと勉強になりました。

居住用のマンション、アパートの部屋を
事務所として貸したがりません。
その理由の一つは税金のかかりかたです。
さらに、居住用に比べ、汚れの頻度が高くなるからとか
(人の出入りが多いから)
他の部屋の住人が決していい顔をしないとか、
戸建てなら近隣のうわさとか評価とか、

しかし、それは、どうゆう用途で使うかによって
同じ事務所でも全然違うのに一律に事務所ダメなんて
不動産屋は「大家がそう言うから」とか言ってるけど
それって本当に大家が言ってるの?って思っちゃいます。
大家にとって部屋が空いているということが問題なのであって
大家がOKならOKの筈なのに、
「いやぁ、大家がねぇ、そういうのダメっていっているから」
とか、
「この物件は、よその不動産屋を間にいれたくないから
借りる人を直接来させて」と露骨に言われたこともありました。

「大家でなく、不動産屋がそう言っているだけ」だと
結局、大家にとって大家側の不動産屋は頼みの綱なんです。
切られたらどうしようと、そればかり心配しているのでは
ないでしょうか。私はそう思います。
なぜなら、大家側の不動産屋に見捨てられると大家自身が
自分で借りる人を探さないといけないし、管理を依頼するにも
扱いにくいと感じることでしょう。それをいいことに
大家側の不動産屋は好き勝手をする、そう言う印象を
大家は持っていることでしょう。

とあるセミナーで、何軒も物件を持つ大家さんにお会いした
ことがあり、その時にポロっとこぼしたことは
「私、管理会社、信用してないんですよ」という言葉でした。
理由はあえて聞きませんでした。
これは興味深い発言でした。

「何人か、大家さんと知り合いにならないと難しいのかな」

「直接、客を連れて来い。」なんて、本当に大家はそう思っているのでしょうか。絶対に疑問が残りますよね。
なぜなら、こういうことです。

直接、客を連れて来い。つまり、下記の(A)(B)では、(A)ですね。
(大家)−(大家側不動産屋)−(客)          ・・・ (A)
(大家)−(大家側不動産屋)−(客側不動産屋)−(客) ・・・ (B)

AにしろBにしろ大家にとってどうでもいいことじゃあ無いですか?
だってそうでしょう。
仮にAの場合、大家側不動産に来店する客、
大家側不動産がどれだけ信用できているのでしょうか。
駅前をたまたまフラフラっとお値打ちな物件を見つけようとして問い合わせに来た客と
大家側不動産屋に客側不動産屋が訪ねて来て物件の問い合わせをするのと
大家としてどちらが信頼できるか分からないじゃぁないですか。
「直接、客を連れて来い」っていうのは、明らかに
大家側不動産が貸し手借り手両方から手数料を貰いたいために
言っていることになりますよね。


当たり前のように、あからさまに 言われた。

悔しいよね。直接店に訪問して対面してお願いしているのにも関わらず、直接、客連れて来いなんて、ねぇ。
これが現実なんでしょうね。悲しいね。

何でも抱え込んで、おいしい客しか紹介しない大家側不動産屋。
きっと、大家には、「もっと広告費出さないと客きませんよ」とか言って
客には、「今、物件が無くてね、この物件だけですよ。早い者勝ちですよ。」なんて焦らせて
狙い通りの物件を借りさせる。

賃貸の場合、不動産屋が客の依頼で不動産屋を訪ねる。そのこと自体、相手側の不動産屋は嫌がる。ただでさえ手数料が少ないのに、間にはいるなっ、て感じですね。

間に不動産屋が入ると、あれこれと根掘り葉掘り聞かれるから嫌なんでしょうね。

借りようとするお客さん、
原状は今も変わりません。

大家さんの皆さん、保険の見直しの様に
今まで契約している不動産屋を見直してみるのも一考ですよ。

私は、お客様の代わりに走り回ります。
物件も一緒に同行し必要なことをお伝えします。
人間ですから間違うこともあります。
プロとして恥ずかしいことです。でも、隠しません。
正直にお伝えします。
不明な点はしっかり調べて妥協しません。
出来る限りお客様に寄り添う不動産屋でいたいです。
そこまで、私が出来るのは、お客様との信頼関係があって出来る事なのです。

ですから、大家さんの皆さん、私は、安心して、お客様をご紹介できます。
このような、信頼できるお客様を
紹介できる不動産屋と仲間になりませんか?

私は、大家さんともしっかりした信頼関係を作りたいのです
そうすれば、安心して、信頼してくれる私のお客様をご紹介できます。

これは、大家さん、お客さんがgive & giveの関係なのです。
決して、間に入る不動産屋だけが美味しい思いをすることがあってはいけません。


はっきり言って、私のやることは、不効率です。
集客わるい、時間かかる、利益薄い、
誰がやるか! バカか、おまえ!


でも、借りる人、
独りで借りるの不安じゃぁないですか?
独りで内見して、何見たら良いかわかりますか?
重要事項の説明って知ってますか?
契約書に書いてあること全部分かりますか?
退居時の敷金トラブルについて知ってますか?
契約時に支払う手数料が同じなら、
専門家が一緒について契約した方が安心ですよね。


んで、大家さん、
私は、お客様としっかり向き合ってご紹介します。
お客様に契約に関してしっかりと説明し、それによって後々トラブルのないようにしていきます。大家さんにもご不明な点は隠さず伝えます。基本、余分な費用は受け取りません。独りで活動しているので、活動の仕方は素朴そのものです。大手の様に数勝負はできません。でも、その分人件費広告費は殆ど掛かりません。自分だけ得をするという考えでは、結果的に得るものは無いと私は考えています。知恵と機会を与え合う、そんな気持ちが大切だと思いませんか?


もし、興味がお有りなら、是非是非 ご連絡下さい。

一緒に活動できたらいいですね。


↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)
ファン
検索
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ゆるり不動産さんの画像
ゆるり不動産
代表者の瀬戸口です。 ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。 引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子の住宅問題にも取り組み始めています。 もし、周りでこうした問題で誰に相談したら良いか 悩んでいる人がいましたら、お声かけ下さい。 まず一度、お会いしてお話しましょう。物件の話の前に、住まいに対する考え方、ライフスタイルに至るまで、たわいのないお話から人生観に至るまでお話できたら幸いです。 「会って話をする」、その行為の中からお客様が思い描いている住みたいお家やお部屋が分かってくると思っています。 http://fanblogs.jp/yururifudousan/archive/187/0
プロフィール