DSCN0561.JPG DSCN0347.JPG DSCN0352.JPG cman20190304230846837.png cman20190308003017785.png cman20190308003110980.png cman20190305225322081.png NPO法人日本住宅性能検査協会

2018年12月23日

映画『凶悪』の背後にあるもの

凶悪 [DVD]

新品価格
¥2,998から
(2018/12/23 03:26時点)




藤井修一 - 山田孝之: スクープ雑誌「明潮24」の記者。
須藤純次 - ピエール瀧: 死刑囚。元暴力団組長。
木村孝雄 - リリー・フランキー: 「先生」と呼ばれている不動産ブローカー。

映画「凶悪」
タイトルにあるように「悪」がテーマであることには変わりはないわけであるけど、
ここでは、この「悪」に対する感情の「怒り」について考えてみたいと思います。
ここから話す内容は、あくまでも「私」の個人的な感想であり、実話の内容や
当人の実際の気持ちなど知らないことを前提に、「私」の思ったことを単に
話しています。それを踏まえてこの「怒り」について考えてみたいと思います。
私は、この「凶悪」に出てくる「怒り」は2種類あるとおもっています。
一つは須藤が木村に対して抱く「怒り」、そしてもう一つは藤井が須藤や木村に
対して抱く「怒り」です。前者は、同じ者同士が仲違いをして抱く「怒り」です。
つまり、裏切りに対する怒りです。だから、この怒りは、恨み辛みが無くなれば
その怒りの和らぐ程度の怒りにすぎません。喉元過ぎれば熱さを忘れるってヤツです。
しかし、後者の「怒り」は、須藤、木村のした行為、ひいては人の持つ本質的なものに
対する怒りであるわけです。ちょっと3人の生活をみてみましょう。藤井は、彼の母と
妻との生活です。仕事のため家庭の事は妻に任せきりで、妻の方は認知症の母の面倒とか
精神的にも肉体的にもアップアップの状態に対して、須藤や木村の生活は、金の出所は
別として、生活自体は藤井よりもずっと健全にも見えます。須藤や木村の生活はまるで
権力者の生活スタイルにも似ているようにも感じてしまいます。そして、面白いのが
須藤の「怒り」を解消するのに藤井を利用したということです。藤井に自分(須藤)の罪を
認め懺悔し木村のせいで被害にあっているように仕向けている。結果、藤井のおかげで
木村が捕まり須藤の怒りは解消されたわけです。権力者って、よくこういう手を使いますね。
権力者同士が争っている。権力者Aと権力者B。BがAの利益を奪ったことからAが怒り
なんとかBから取り返したいがAだけのチカラではどうにもならない時に、Aは
民衆のチカラを借りてBから取り返すわけである。Aは民衆に上手に働きかけ
いかにBが悪いことをしているって洗脳し、民衆とともにBを倒すわけです。
しかし、民衆はAに踊らされているだけを知らない。民衆が無知であるため
Aの真意がわかっていないのです。Aに唆された民衆。でも、Aは民衆の為になんてこと
なんて全然思っていないわけですから、Aが勝ってAに利益が戻った後で初めて
事実が分かったことになります。須藤や木村は人として最低な行為をしているにも
関わらず、外見は落ち着いて穏やかに見えます。しかし、藤井は正義の名のもとで
奔走しても生活は最低の状況です。メンタルもかなり危ないところまで来ていると
思います。これも社会の構図からして権力者と民衆の関係にも似ているでしょう。
この映画の見どころは正にそこでしょう。須藤が上手に藤井を利用している事が
よく見えます。
藤井、須藤、木村の3者の関係は、まさに何処の社会的な関係にも似て興味深いです。


↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8410743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ゆるり不動産さんの画像
ゆるり不動産
代表者の瀬戸口です。 ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。 引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子の住宅問題にも取り組み始めています。 もし、周りでこうした問題で誰に相談したら良いか 悩んでいる人がいましたら、お声かけ下さい。 まず一度、お会いしてお話しましょう。物件の話の前に、住まいに対する考え方、ライフスタイルに至るまで、たわいのないお話から人生観に至るまでお話できたら幸いです。 「会って話をする」、その行為の中からお客様が思い描いている住みたいお家やお部屋が分かってくると思っています。 http://fanblogs.jp/yururifudousan/archive/187/0
プロフィール