DSCN0561.JPG DSCN0347.JPG DSCN0352.JPG cman20190304230846837.png cman20190308003017785.png cman20190308003110980.png cman20190305225322081.png NPO法人日本住宅性能検査協会

2018年11月29日

ゆるり不動産ができること

相談したいんだけど、誰に相談したいいのか分からない。
探してはみたんだけど、この業者が信頼できるかどうか分からない。

特に高齢者で独りで生活していると、これらの不安は通常よりも強いでしょう。
また、8050問題のように、高齢を迎える引きこもりの家族の方につきましては、親亡き後、残された子供たちのために不動産をどうしようと考えていると思います。私自身、今後将来親亡き後、実家をどうするか悩んでいました。多くの人は、実際それを誰に相談したら良いのか途方に暮れていることでしょう。
誰でも良いという訳にはいかないのです。
親身に話を聞いてくれて最後まで信頼して関わっていける、そんな不動産屋を探すのは難しい事です。


何が出来るのですか?
ゆるり不動産が相談窓口になり、問題を一つ一つ解決していくお手伝いをいたします。出来るだけ要望実現が可能になるように取り組んでいきます。もちろん、私一人では出来ない事もあります。そんな案件の場合は、信頼できる専門家の助言を頂いたり、場合によっては共同で行う場合もありますが、問題解決に向けて、様々なスペシャリストと連携していますので、安心してご相談して下さい。


他に何が出来るのですか?
ゆるり不動産は、支援者の会や集いに参加しています。そこで、ご希望であれば個別に住まいについてのご相談することができます。
お部屋をお探しの方には借主側業者(客付業者)として100%お客様の側に付いてお部屋探しをお手伝いします。

また、大家さんと仲介の媒介契約を結んだ時は、元付業者として、信頼できるお客様をご紹介いたします。

具体的にはどんなことをしてくれるのですか?
(具体的にはどんなサービスを提供してくれるのですか?)
・お独り暮らしで持ち家のある方は、今後のお住まいの活用についてご相談、お手伝いを致します。例えば、シェアハウスの提案です。(その他に、定期建物賃貸借、DIY賃貸、パーシャル賃貸、民泊等のご相談も致します)
・お独りで借家をお探しの方は、お部屋探し、お部屋の内見、契約を完全お客様側に寄り添って一緒に行っていきます。お部屋を探すことが難しい方もいると思います。例えば、高齢者や障がいをおもちの方、または、様々な理由で不動産屋に足を運べない方、一度、ご連絡下さい。
例えば、防犯や介護の問題などを考えると、シェアハウスで気の合った人と一緒に生活するのを選択肢として加えてはいかがでしょうか?

(特に、お部屋の内見では、お客様と同行してお客様の側に立ってチェック項目を確認し、場合によってはお客様の代わりに相手側つまり貸主側の業者に不明な点は問い合わせ、確認致します。
契約を結ぶ際は、その前に行う重要事項の説明については内容理解をお手伝いし、契約書内の項目は注意点を含め一緒に確認します。)

ゆるり不動産が受け取れる報酬は?
宅建業法で決められた報酬を頂きます。

無名の「あなた(ゆるり不動産)」に依頼する理由は?
大手の傘下でも無い、フランチャイズでもない、何のしがらみも無いので100%お客様の側に立つことができます。
借りる時、借りている間、退居時、そして、次に借りるお部屋も、ゆるり不動産・瀬戸口がお手伝い致します。(担当者が代わることはありません)

「重要事項の説明」の重要性について何処にもコメントがない。
「説明を受けた」と記憶している人はどれだけいるか。
そもそも「重要事項の説明書」の存在自体知っている人が、借りる人に対して何人いるか。
仲介手数料の説明が無い。借主の事前の承諾と知らない内に承諾させられていること。
本来手数料は、貸し手側から0.5カ月、売り手側0.5カ月である。
今まで、気が付きもしなかった事柄をお伝え致します。



初めてでも”失敗”しないお引越し ←ここをクリック



従来の部屋の借り方に「?」(疑問) をお持ちの方 ←ここをクリック






↓↓↓くわしいプロフィールはこちらをクリック
ゆるり不動産
ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、
高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。
引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子
の住宅問題にも取り組み始めています。


この度、ゆるり不動産は、
エルズサポート株式会社と業務提携をして
家賃債務保証のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
お部屋を借りる際に必要な
「連帯保証人」を個人に代わり
エルサポート株式会社が家賃債務を
引き受けるシステムです。
日本在住で、家賃支払い能力のある方であれば
国籍を問わずご利用頂けます。

更に、ゆるり不動産は、
ホームネット株式会社と業務提携をして
見守りサービス
「見まもっTELプラス」のサービスを
ご紹介出来るようになりました。
このサービスは、
@安否確認
A費用補償(補償限度額100万円)
セットになった見守りサービスです。

「敷金診断士」とは、 内閣府認証特定非営利活動法人 日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図る専門家として、資格試験に合格し、所定の講習を経て登録を受けた者にこの資格が与えられます。不動産賃貸借における適切な原状回復工事の方法・費用を査定し、敷金・保証金を巡るトラブル防止に努めています。 ゆるり不動産には敷金診断士が在籍しています。

くわしく知りたい方は
是非是非、「ゆるり不動産」にご連絡下さい。



愛知県岡崎市に事務所があります『ゆるり不動産』は、
お客様との対話を大切に活動をしています。
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

24時間いつでも伺います(要予約)
(愛知県内であれば何処へでもお伺い致します。(出張訪問致します)
また、ご希望であれば、愛知県外であっても
全国どこでも、お伺い致します。)
(愛知県外であれば、交通費を頂く場合がございます)

ゆるり不動産』は、
「お客様のペースを大切にします。
じっくりと、ゆっくりと納得の行くまで
物件選びをお手伝い致します」

今までの部屋の借り方に
何か「?」を感じている方
まずはお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ
e-mail : yururi.fudousan@gmail.com
携帯電話:090-6461-1036 (10:00〜18:00)
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8341091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
(10/10)本来の意味することだったり、目的なんかを忘れてしまうと、それが何の為に存在しているのか分からなくなってしまうのですね。そして思わぬ方向に流れが変わってしまう。
(10/07)そもそも借りる人と貸す人が対面して話し合える場を提供し、契約の仲介をする。そして貸主つまり大家さんご自身がご自分の物件を管理をしていれば管理会社などいらない。
(09/02)貸す人、借りる人が歩み寄る事で、解決できることはいっぱいあるんです。効率を追求するあまり、結局、仕組みが複雑になり、手間を金で解決し、トラブルで更に出費し、最終的なしわ寄せは何も知らない借主に降りかかる。それが今の賃貸業。結局、誰が儲けているか分かりますよね。
(08/10)今まで会場での研修でしたが、今回、e-ラーニングで初めて「研修済証」を頂きました。
(07/10)私だって20代の若い支援者や当事者のいる「居場所」に 行きたいと思わない。 40代、50代の当事者が気軽に立ち寄れる「居場所」って 本当に必要なのか。場所だけ与えておけばそれでいいのか。 「居場所」より、1人でも気軽に話せる「仲間」がほしいよね。 「住まい」の事だけに限らず、私も感じている「生き辛さ」を あなたも感じているのなら、お話しませんか?
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ゆるり不動産さんの画像
ゆるり不動産
代表者の瀬戸口です。 ゆるり不動産は、今、独りきりで生活している人の老後、高齢者や障がいをもつ人の住宅問題に取り組んでいます。 引きこもりの子を持つ親の老後や親の亡き後の残された子の住宅問題にも取り組み始めています。 もし、周りでこうした問題で誰に相談したら良いか 悩んでいる人がいましたら、お声かけ下さい。 まず一度、お会いしてお話しましょう。物件の話の前に、住まいに対する考え方、ライフスタイルに至るまで、たわいのないお話から人生観に至るまでお話できたら幸いです。 「会って話をする」、その行為の中からお客様が思い描いている住みたいお家やお部屋が分かってくると思っています。 http://fanblogs.jp/yururifudousan/archive/187/0
プロフィール