広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

【場面緘黙症】”いじめ”をする彼らの目的

稼げるブログ A8ネット 登録は簡単ですよ〜
下記をクリック↓
 





【ご紹介】無料レポート ダウンロードはこちら

子育ての7つの秘訣(子どもの可能性を広げるために)
http://mailzou.com/get.php?R=46428

こんにちは

ゆりママのホームページへようこそ\(^^)/



”いじめ”をする彼らの目的


いじめる側は、人の嫌がる事をしてみて
人はどんなことをすれば辛いと感じたり、
怖いと感じるのか研究します。



そして、いかに大きく精神的に苦痛を
与えることができるかにエネルギーを
使い果たします。



いじめている相手の苦しんでいる様子や
涙、辛さを見るのが底知れぬ快感であり楽しみなのです。

この楽しさを得るためなら
自分の全エネルギーを使うことに惜しみはしません。


結果が・・・楽しいからです。


この快感を得るためにしつこく繰り返します。

ですから彼らにとっては”いじめ”をしている意識は

殆どなくて自分たちの欲望(楽しさを求める)であり
娯楽の一部にしかすぎないのです。


だから相手のこと(辛さや)を考える余地は全くありません。


彼らの”いじめ”の目的は自分の欲求(楽しく生きる)を
満たしているのですから。


映画やアニメなどのシーンで暴力や戦いの場面を
よく見かけます。


そしてヒーローが「勝った、負けた」と言って楽しみます。
そのアニメや映画、ドラマを見て楽しむ娯楽と良く似ているのです。


しかし、彼らの娯楽には”負け”いくさは
ありえないことで常に勝ち続けていなければなりません。


そして、その映画やドラマの世界で得た快感を
自分たちの生活の中でよりリアルにドラマ化して
楽しんでいるんですね。


自分たちが上位で「おまえ」は
俺たちの支配下であるというドラマを作って
それを認識させるために”いじめ”を繰り返します。


そして人間の本能である”楽しく生きたい”という欲望を
このような形で満たしているのです。


このようないじめる側の彼らの本質を知っておくのも

いじめ対策をしていく上で必要なのではないでしょうか?



彼らの目的や理由はともあれ

卑劣”いじめ”は

絶対許さない!この信念は持ち続けたいですね。



【ご紹介】無料レポート ダウンロードはこちら↓

子育ての7つの秘訣(子どもの可能性を広げるために)

http://mailzou.com/get.php?R=46428


【場面緘黙症】いじめ!は”卑劣な暴力行為”と認識

稼げるブログ A8ネット 登録は簡単ですよ〜
下記をクリック↓
 




こんにちは

ゆりママのホームページへようこそ\(^^)/




わが子が”いじめ”に遭ったら・・・


”いじめっ子”の感情の背景には、人をおとしいれて
自尊心を保とうとしたり誰かに自分を認めてもらいたい
(注目されたい)。


また
不満や心配な事があっても人に相談ができない。
(言ってしまうと自分のプライドが傷つくから)


その怒りや不信感など感情のコントロールをするため
他人に八つ当たりしたりして感情のはけ口にしている。

いじめっ子にはそういった共通点があるように思います。



いじめっ子の理由はともあれ、

いじめられているわが子を最大限に守る必要があります。


”いじめ”のターゲットになった子どもは心身に深い傷を負います。


私は

心や体に傷を負うということ事態”いじめ””暴力と思っています。

しかし同じ暴力でも

【刀の傷はいつか治ります。

しかし心に負った傷は深く残ります。】



“いじめ”は、その子どもが“いじめられている”と感じ
辛い、苦しいと思ったら

大人から見てどんな些細なことのように見えても

まず“いじめ”であると理解して話を聞くようにしましょう。


「そんなことぐらい!」の一言が大きな不信感になり
話してくれなくなります。


話してくれなくなったら取り返しがつかない事態に
発展してしまうことを肝に銘じておきたいですね。


勇気をだして話してくれたことを”褒め”
あげましょう。

そして、どんなことでも話せる雰囲気作りを
心がけておきましょう。


新学期は特に子どもたちは緊張しているものです。

学校から帰ってきた子どもたちに「今日はどうやった?」
「友達できた?」「勉強は?」「クラブは?」

このように立て続けに声かけをしているお母さんを
見かけます。

これは話せる雰囲気づくりとは言えないような気がします。
聞きたいけどちょっとだけ


”待つ勇気”も必要なのでは・・・


無料レポート
『【場面緘黙症】の子供たちへ!
〜緘黙症は必ず克服できますよ♪〜 』

http://mailzou.com/get.php?R=58256

【期間限定】2月10日まで↓

『学校では教えてくれない人生で大切なことを学べる学校』
 “無料10日間セミナー”

http://k2promote.com/item/20374/1314/

無料です。ご興味ありましたら上記アドレスからダウンロードしてください。

稼げるブログA8ネット 

稼げるブログ A8ネット 登録は簡単ですよ〜
下記をクリック↓
 


【場面緘黙症】子どもが危ない! 【ネットいじめ!】の恐怖!

稼げるブログ A8ネット 登録は簡単ですよ〜
下記をクリック↓
 




こんにちは

ゆりママのホームページへようこそ\(^^)/



新入学を控えた園・児童・生徒を持つ保護者の
みなさま〜

心の準備はできていますか?

みなさん、ほとんどの方が

口に出さずとも”いじめ”

敏感になっておられるようですので


今日は

【ネットいじめ】の実態について書きますね。


【携帯メール】

「死んでください」「臭い」「キモイ」
などを連発し、繰り返し送信してきます。


また

【チェーンメール】で

一人の子どもをターゲットにして
チェーンメールで流すように指示して多くの人に
広まらせます。


どこかで留まると「次はお前の番だ」と
強迫するので怖くて次の人に送信してしまいます。


なのでチェーンメールはなかなか断ち切れません。



【なりすましメール】

他人の名前を語って

「俺は●●だ!何か文句あるんならメールしてこい!」

このように他人の名前でメールアドレスも書き込んできます。


【掲示板】

パソコンのネット上で『学校裏サイト』を
立ち上げ掲示板に悪口や個人情報、
その子の家族のある事、無いことを書き込みます。


などが横行しているようです。



【ネットいじめ】の直撃を受けている子どもは


身体的暴力などのいじめより、心と精神に
非常に大きなダメージを受けます。


■子どもに

携帯電話を持たせる時の心構え



社会情勢が悪化している中で携帯電話の普及率
は極めて上昇しています。


もはや携帯がなかったら仕事にならない現状で
好景気に向けて産業が活発に発展するには


携帯電話は無くてはならない戦略の武器でもあ
り文化といえるのです。が


世界が認めている携帯文化が、いじめの凶器に
使われているのも現状です。


残念なことに、こういった世界的文化には
必ずその裏が潜んでいます。


小学生はまだ携帯をもっている子供は
さほど多くはありませんが


中学生になると塾などの送り迎えなど
親子で連絡を取り合う手段として
携帯電話を所持するようになります。


また友達とのコミュニケーションを
メールで楽しむようにもなり、その文化が


より良い人間形成の力になるのなら携帯を持た
せてあげることも必要になってくると思います。



しかし上記のように


「ネットいじめ」が氾濫している現状を

みると携帯を子供に持たす意味


十分考えたうえで、よく子供とも話し合ってから

持たせるように心がける必要があるのではな
いでしょうか?


私の登録無料レポートです。

良かったら読んでください。

『【場面緘黙症】の子供たちへ!
〜緘黙症は必ず克服できますよ♪〜     
急がず 焦らず 諦めず
”負けたらあかん!”応援メッセージ』

http://mailzou.com/get.php?R=58256

上記アドレスからダウンロードしてお読みください。



後日
「ネットいじめ」のレポートも掲載します。

ネットで稼ぐa8



【場面緘黙症】から対人恐怖症に。その大人の悩みとは・・・

こんにちは

ゆりママのホームページへようこそ\(^^)/



最近、子どもの頃、自分も
「場面緘黙症だったかも知れない」

そして
大人になった現在は対人恐怖症

人とのコミュニケーションができず

悩んでいる。

そのような方からよく相談を受けます。


その悩みの本質は

コミュニケーションできない=就職できない。

なんですね。


それができないため
収入を得る手段が閉ざされ


これから先、長い人生自分は
どうやって生きていけばいいのか。という

不安がますます膨れ上がっているんです。


私は思うんです。


今、人とコミュニケーションする
練習を試みながら就職活動しても


企業は話せない人をそう簡単には
受け入れてくれないのが現状です。


家にいられる環境があるなら

家で生活できるだけの収入を得られる

仕事についてみてはいかがでしょうか?


収入が得られるようになって
自分にもお金儲けができるという

自信が生まれると

対人恐怖症

克服できるのではないでしょうか?


現代はネットで収入を得るのも

簡単で普通ですから。




あっ!言い忘れていました。

先日、私の友人からこのブログに訪問してくださった方に
プレゼントしたい。と

無料プレゼントの提供を申し出てくれました。


『アフィリエイト入門マニュアル』というものです。

これからの時代ネットビジネスが
主流になりつつあるため

現在も有料で売られている商品ですが
完全無料での提供ですから
安心して受け取ってください。

ただ、現に有料で売られている商品なので
無料提供の場合


下記の3つの無料レポートを
ダウンロードしなければならないという
条件が付いているそうです。

ちょっとだけ手間はかかりますが
すべて無料なので安心して手に入れてください。


無料レポート

http://mailzou.com/get.php?R=5875
http://mailzou.com/get.php?R=39115
http://mailzou.com/get.php?R=31303



レポートをダウンロードされましたら、下記フォームより
プレゼントの申請をしてください。

『アフィリエイト入門マニュアル』
プレゼント申請フォーム:

http://123direct.info/tracking/af/728619/uK7Gd6SC/

それでは、早速、無料レポートを
ダウンロードして

アフィリエイト(ネットで稼ぐ)の
突破口を開いてください。

もし、あなたがネットで収入を
得たいと考えていらしゃるなら


無料プレゼントのマニュアルで
最初の一歩を踏み出してみては
いかがでしょうか?


私も、来年本を
出版するつもりなので


年金生活のため少しでも
収入を得たいと思い
アフィリエイトでネット収入を試みています。

【場面緘黙症】 ”目は心の窓”

こんにちは  ゆりママです。


場面緘黙児が社会恐怖症
合併してくると


を理解してあげる手段が
なかなか見つからず


思案にくれることがあります。、


でも基本的に心に大きな恐怖心
あることを理解してあげていれば


コミュニケーションの赤い
必ず見つかりますよ。


をしっかり見て語りかけましょう。

目は「心の窓」とか

「目は口ほどに物を言う」
言われています。


子どももあなたのを見て
心の中を探っています。


口でいくらきれいな言葉を
並べても見透かされます。


本気であれば心は通じます。


そして、その大人の人を

信頼できるようになれば

恐怖心は小さくなっていきます。


言葉を発後させることよりも

信頼関係を築くことが一番の特効薬です。


あっ言い忘れていました。

先日、私の友人からこのブログに訪問してくださった方に
プレゼントしたい。と無料プレゼントの提供を申し出てくれました。


『アフィリエイト入門マニュアル』というものです。

これからの時代ネットビジネスが主流になりつつあるため
現在も有料で売られている商品ですが、完全無料での提供ですから
安心して受け取ってください。

ただ、現に有料で売られている商品なので無料提供の場合


下記の3つの無料レポートを
ダウンロードしなければならないという
条件が付いているそうです。

ちょっとだけ手間はかかりますが
すべて無料なので安心して手に入れてください。


無料レポート

1つ目:http://mailzou.com/get.php?R=31303
2つ目:http://mailzou.com/get.php?R=26008
3つ目:http://mailzou.com/get.php?R=39115


レポートをダウンロードされましたら、下記フォームより
プレゼントの申請をしてください。

『アフィリエイト入門マニュアル』
プレゼント申請フォーム:

http://123direct.info/tracking/af/728619/uK7Gd6SC/


無料レポートをダウンロードされた事が
確認できましたら次回プレゼントを
メールアドレス宛にお送りさせて頂きます。

それでは、早速、無料レポートを
ダウンロードして


アフィリエイト(ネットで稼ぐ)の
突破口を開いてください。

もし、あなたがネットで収入を
得たいと考えていらしゃるなら


無料プレゼントのマニュアルで
最初の一歩を踏み出してみては
いかがでしょうか?


私も、来年本を
出版するつもりなので


年金生活のため少しでも
収入を得たいと思い
アフィリエイトでネット収入を試みています。




最後までお読みいただきありがとうございました。

【場面緘黙症】危機感!ゼロ




こんにちは  ゆりママです。


小学3年生ぐらいから本格的な”いじめ”
始まります。


でも3年生ぐらいの子供たちはそれが重大な”いじめ”だということには
気が付いていません。


コンパスのとがった先を「目をつむるな!」と言って
目の前まで近づけていく。


人に机の上に手を乗せさせ指を広げさせた所に

三角定規の角で5本の指の間を

誰が一番早く飛び越えられるか競争する。


ただ面白がってやっているだけなのですが


されている子どもはどうでしょう。


体が凍りつく恐怖!ですよね。


人の給食に鼻クソや消しゴムのカスを入れたりツバを吐いたりもします。


子ども達はただ、ふざけているつもりなのですが、


このようなことは”ふざけ”では通らないことを
しっかり教えていかなければならないことです。


緘黙児だけを守るという問題ではありません。


小さな危険、大きな危険。危険に大小の区別があるでしょうか。

「これぐらい」と見過ごした時に取り返しの付かない事態が

まっているという危機感


大人たちが知っておかなければならないのではないでしょうか?


そして、緘黙児を守るという事はこういった行為が

起こらないように緘黙児を含め子どもたちから

目を離しては
いけないということなのです。


子どもたちの中にはふざけや遊び心でやっているのだから、
嫌がらない子もいるかも知れません。

しかし、このような行為はとても危険です。


先生の見ていない子どもだけの世界では

このように凄まじいことが起きているのです。


そう言った危機感を教師を含め

私たち大人がいつも持ち続けていくことが

”いじめ”から子どもを守る最小限の手段なのではないでしょうか?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【ご紹介】

他の方の無料レポートをご紹介します。


『『脳を生かす発見学習』』

http://mailzou.com/get.php?R=19518&M=25409

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

【場面緘黙症】いじめ!は紙一重

”イタズラ””いじめ”紙一重です。


高校に入学して緘黙症を完治した娘ですが


小学校入学直後から”いじめ”で苦しんだのも事実です。


低学年の頃は”いじめ”というほど大げさなものではありません。


”イタズラ”という表現の方がマッチしているようですが


この”イタズラ”を放置しておくとそれがやがて”いじめ”に発展していきます。


緘黙児はイタズラされても”やめて”とか”イヤ”などの意思表示ができないので


先生に気付いてもらえず辛い思いをしている子供が多いです。


また、私たち大人や学校の先生の一言行動


子供たちの”イタズラ”や”いじめ”を助長しているということも
知っておきたいことです。


3年生ぐらいから”イタズラ”と言っていられない”いじめ”に発展していきます。


娘も・・・


次回お伝えします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【ご紹介】
他の方の為になる無料レポートをご紹介します。

考え方一つで豊かな人間関係が築ける法則が
あるんですね。ぜひ読まれることをオススメします。

『人間関係を良好にする 成功者の7つの思考法』

http://mailzou.com/get.php?R=48466&M=25409

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【場面緘黙症】うるさい!!!

娘は5歳の時場面緘黙症と
診断されました。


普通5〜6年で完治すると
言われていましたが、
娘の場合11年かかりました。


高校に入って友人に

「お・は・よ・・・」

一言が言えるまでに
1ヵ月かかりました。


毎朝、家を出る時、
一生懸命練習していました。


その一言がきっかけとなり
それからはあっという間に


学年一のおしゃべり生徒に
変身しました。


先生から

”うるさい!”とよく

叱られたけれどそれがヤケに

心地よかった」

そう話しています。


私のモットー

急がず 焦らず 諦めず


やさしく見守っていきましょう


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【ご紹介】

他の方の無料レポートをご紹介します。

幼稚園から高校までの公立と
私立の差額も徹底検証。

『教育貧困』にならないために、ご活用ください。

『子どもの教育費これだけかかる!』


無料レポート
ダウンロードはこちらから↓

<リンク:http://mailzou.com/get.php?R=31259&M=25409>

最後までお読みいただきありがとうございました。


    >>次へ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
プロフィール

ゆりママ
1995年著書 負けたらあかん!を出版しました。 場面緘黙症を乗り越えた娘の体験をもとに いじめによる自殺を何としても食い止めたいという思いで書きあげた本です。 大津いじめ事件に、心が傷み”死に急がないで!” と訴えたくてブログを立ち上げました。
リンク集
忙しい人に朗報!【便利な出前】ネットでらくらく注文♪ ドラゼミで学力アップ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。