2017年11月25日

オンナの敵はオンナ

こんな CMを仲間が作ってくれました。
よかったら、見てください。



たくさんの女性を取材させてもらった。
いろんな女性の声をいっぱい聞きました。
楽しく、盛り込ませていただきました。

男性に読んでもらいたい。
「女性活用」
と、一言で片付けずに、人としてどう
活かすかを考えて欲しい。
もちろん、男性も一緒だと思っている。

オンナの敵はオンナ 男たちにも知ってほしい!働く女たちの現実 [ 大谷由里子 ]

価格:1,512円
(2017/11/25 16:50時点)
感想(0件)


posted by YURIKO at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年09月26日

はじめて講師を頼まれたら読む本

「ちょっと話して」
と、頼まれたら誰でも講師。
そんな人たちに役立つ本を書きたかった。
ロングセラーさせていただいていたこの本が
リニューアルされました。

最新版 はじめて講師を頼まれたら読む本 [ 大谷 由里子 ]

価格:1,512円
(2017/9/26 23:00時点)
感想(0件)




いろんな仕事、いろんな人生をいろんな人に
伝えて欲しい。
そんな気持ちで出させていただいた本です。

そして、こんなこともさせていただいています。

全国講師オーディション

心をつくる言葉。
未来をつくる言葉がいっぱいです。
 ↓  ↓  ↓
https://akoshi.com/primary/

もちろん、視聴は無料です。

14589976_919808284791232_5311629557919756419_o.jpg


良かったら、サポーター会員として応援
してください。
posted by YURIKO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年06月29日

ナオミとカナコ

不思議です。
殺人犯なのに応援したくなる。
東野圭吾の世界です。
ハラハラ・ドキドキして読みました。
ドラマ、見てないのが、ちょっと悔しい。

ナオミとカナコ (幻冬舎文庫)

新品価格
¥832から
(2017/6/29 21:55時点)




理由は何なのだろう。
みんな自分勝手だということ。
だから、主人公に肩入れしてしまうのかも。

引き込まれました。
寝食忘れて読んでしまいました。

こんなのを書けたら幸せです。
わたしは、まだまだです。

オンナの敵はオンナ―男たちにも知ってほしい! 働く女たちの現実

新品価格
¥1,512から
(2017/6/29 21:59時点)




でも、せいいっぱい書いてます。
伝えたいことがいっぱいです。
いつかは、小説書きたいです。
posted by YURIKO at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年06月20日

しんがり

個人的に企業小説は好きです。

山一證券破綻の話。
実名もポンポン出てきます。
ノンフィクションです。
「誰かが最後のしりぬぐいをしなければならない」
奥深いです。
そして、日本の闇。
小さな先送りが大きな問題となって行く。
なんか、今の日本かもしれない。
山一證券は、破綻したけれど、誰が今の日本を守るのか。

正しいことが世の中に認められるとは限らない。
でも、流されててもダメ。
いろいろ考えさせられる一冊です。

たくさんの人に読んで欲しい。
そんな本でした。

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)


posted by YURIKO at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月26日

平田進也さん


日本旅行のカリスマ添乗員の平田進也さん。
わたしたちの仲間の岡部佳子さんの
出版記念パーティにかけつけてくださいました。

中国人観光客の財布を開く80の方法(新潮新書)




平田さんのパワフルさに感動。
歩くパワースポット。
歩く地域活性。
本気で人を楽しませようとしてくれる。
何回お会いしても、パワーもらえます。

カリスマ添乗員が教える 人を虜(とりこ)にする極意

新品価格
¥1,404から
(2017/4/26 23:15時点)




熱いメンバーの熱いパーティ。
いっぱい元気をもらえた夜でした。
久しぶりに平田さんともゆっくり
お話をすることができた。
ますます尊敬します。

18056582_763391443836592_2046244088120701739_o.jpg

まだまだやりたいことがある。
まだまだやらなきゃならないことがある。
地域を元気にしたい。
人を笑顔にしたい。
その思いだけは、わたしも平田さんも
岡部さんも一緒。



posted by YURIKO at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年02月09日

松江と米子でやらせていただきます

松江と米子で出版記念講演会させていただきます。
神様のいる地域、大好きです。
一緒にさせてもらうのは、石川和男さん。

仕事が「速いリーダー」と「遅いリーダー」の習慣 (Asuka business & language book)

新品価格
¥1,620から
(2017/2/9 21:49時点)




最近、絶好調のスーパーサラリーマン。
わたしなんかよりもはるかにすごい。
そして、人の面倒見もいい。
かなり尊敬しています。
彼といると元気になります。
だから、彼のことをたくさんの人に
知ってもらいたい。
ということで、松江、米子に誘いました。

16118123_1323181864439227_204498906_n.jpg

楽しく働くコツをお伝えします。

こちらからも申し込みできます。

3月4日は米子です

3月5日は松江です

素敵な出会いがあると嬉しいです。
楽しい時間らなると幸せです。
posted by YURIKO at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年01月13日

ノベルティ

「オンナの敵はオンナ」出版記念講演会を
各地の仲間が企画してくれています。
そんな仲間の気持ちがとっても嬉しい。

何かお土産を渡したくて、ノベルティを作って
みました。「オンナの味方」ということで
温まってもらおう・・・と、企画しました。

14963278_1154643857946492_3286750850093338702_n.jpg

1月27日は福岡です。

1月30日は福井です。

良かったら、ぜひ、いらしてください。
主催者メンバーもとってもステキな仲間です。
懇親会も企画してくれています。

新春特別講演会でもこのノベルティ配ります。


こちらは、大阪・東京・福岡でやらせて
いただきます。


楽しい時間にしたいと思っています。
ステキな時間にしたいと思っています。
明るく笑顔になる企画にしたいです。




posted by YURIKO at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年12月15日

宇倍神社

鳥取のパワースポットと聞いて行ってきました。
それが宇倍神社。
祀られているのは竹内宿禰。
360歳以上も生きた人らしい。
だから、長寿の神様とも言われている。
初詣は、長蛇の列ができるそうです。

15327442_1328289340555358_1402038830554525032_n.jpg

雰囲気ありました。
祈祷もしていただきました。
何よりも神主さんたちがエンターティメント。
笑わせてくださいます。
楽しませてくださいます。
こんな神社、大好きです。

もちろん、祈りました。
重版出来!
ありがたいことに、たくさんの人が
応援してくださっています。
そして、ひたすら神頼みです。

オンナの敵はオンナ―男たちにも知ってほしい! 働く女たちの現実

新品価格
¥1,512から
(2016/12/15 22:52時点)


posted by YURIKO at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年11月17日

読書モード

読書の秋。
ということでやたら本を読んでいる。
今、読んでいる本はこれ。
相変わらずの堀江節。
辛口トーク。
でも、おもしろい。
わたしは、いろいろ納得できる。

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

新品価格
¥1,404から
(2016/11/17 21:38時点)




元々、ウシジマくんは好き。
ドラマも映画も観ている。
リアルな世界。
救いようの無い世界。
でも、時々、救いがあったりする。

奪るか奪られるか。

お金は何のためにあるのか。
お金って何なのか。

いろいろ考えさせられる一冊です。

蔵のある町。
蔵のある家。
日本には、まだまだたくさんある。
そこに住んでいた人はどうお金と向きあって
いたのだろうか。
過去の人たちにとってお金って何だったの
だろうか。

持って死ねない。
でも、無かったら無かったで困るかも。
お金のために生まれてきたわけじゃない。
なのにお金で死ぬ人がいる。
お金に振り回される人がいる。

やっぱり、奥深い。
そして、こんなに理路整然と書いている本
なかなかない。

14702396_10207781711680934_7112684079756101341_n.jpg

次は、何を読もうかなあ。
そして、わたしに何が書けるのだろうか。
まだまだ秋の夜は長い。
posted by YURIKO at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年11月16日

オンナの敵はオンナ

何がなんでも書きたかった。
ぜったい、わたしが書きたかった。
本気でいっぱい女性の本音を集めた。
それがこの本。
ちゃんと頑張っている女性を応援して欲しい。
男性にこそ分かって欲しい。

オンナの敵はオンナ―男たちにも知ってほしい! 働く女たちの現実

新品価格
¥1,512から
(2016/11/16 23:27時点)




もちろん、給料も昇格も大切かもしれない。
でも、居心地の良い場所が欲しいだけの女性も
たくさんいる。
気持ちよく働かせて欲しいだけ。
誰かのために頑張りたいだけ。
そんな気持ちを汲んで欲しい。

弱者を阻害しょうなんて思っていない。
強者をうらやむこともしたくない。
でも、普通に頑張っている人たちにいろんな
しわ寄せが来ていることにも気付いて欲しい。
そんな気持ちで書いた。

15137604_1006164726176572_3834103934434788289_o.jpg

独りよがりにならないように気をつけた。
いろんな女性の声に素直に耳を傾けた。
思った以上に女性が女性で悩んでいた。
「女性は仲間」
と、勝手に決めつけないで欲しい。
そんな話もあった。

お互いに理解ができて、地域やこの国を
元気にできたら嬉しい。
そう思って書いた。

書かせてもらったきずな出版さんに感謝
しています。

posted by YURIKO at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) |
ファン
検索
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール