2017年08月27日

博多

博多の友人とごはん。
博多、大好きです。
何を食べても美味しい。
友人がイカの活け造りを頼んでおいてくれました。
めっちゃ、幸せ♪

DSC_0055.JPG

宿泊は、日航ホテルです。
一休で予約しました。
6ヶ月で、一休のホテルを30万円使うと、ダイヤモンド会員に
なれます。これ、オススメです。
ホテルによっては、クラブラウンジが使えます。
今回の博多の日航ホテルは、部屋のアップグレードをして
くれました。また、チョコとドリンクチケットもいただきました。
アーリーチェックインやレイトチエックアウトを対応してくれる
ところもあります。



posted by YURIKO at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル

2017年08月24日

高松

うどんだけじゃない。
魚もスィーツもいろいろ美味しいです。
もっとも、うどん、とっても人気です。
行列のできる店、夜しか空いてない店。
うどんと一緒におでんを食べる。
そんな高松でやらせていただきます。

18528046_801199960034780_5619431074647007170_n.jpg

主催者が熱い。
彼の仲間も素敵な人ばかりです。

源義経の伝説の屋島があります。
商店街も活気あります。
野菜も美味しい。



posted by YURIKO at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年08月16日

オランダ

オランダに行ってきました。
せっかくなんでアムステルダム情報です。
参考になれば嬉しいです。

空港からは、列車でアムステルダム中央駅に
行くと、とっても便利です。

トラムは、とっても便利です。
一日券、二日券を購入するといいです。
使用開始から24時間、48時間使えます。
トラムの中でも購入できます。
(トラムによっては、係りの人が乗っていないので注意です)


20708139_10210211797911571_561517982504537031_n.jpg

Wi-Fiの使える場所も多いです。
とにかく、観光客が多いです。
コインロッカーは、少ないです。

クレジットカードしか使えない場所も多いです。
コインロッカーもです。

ファーストクラスの列車のチケットを持って
いるとラウンジが使えることを初めて知りました。
コーヒー、紅茶が無料で飲めます。



posted by YURIKO at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年08月08日

何を捨てるか

断捨離中のわたし。
「1日、10個、物を捨てる」
と、決心した。1ヶ月は順調に捨てた。
でも、なかなか捨てられなくなった。
かといって、そんなに使っているわけでもない。

「いつか使うかも」
「これ、高かったし」
「思い出の品やし」

そんな言い訳が出てきた。
片付けられない人の典型らしい。

14233873_1134071436667743_1117690232_o.jpg

きれいな部屋を想像する。
持って死ねないよ・・・と、自分に言い聞かせる。
物と向かい合うって、意外と難しい。
いかに向かい合ってこなかったかを思い知らされる。
年末までには、ありえないくらいにキレイな部屋でいたい。

そのきっかけになったのがこの本。

きれいでなければ稼げません

新品価格
¥1,620から
(2017/8/8 20:24時点)




身の回りのキレイが大切。
その言葉に納得。
彼女がわたしのことを「先生」と呼ぶ。
なのにわたしができていないとまずいよなあ。
と、いうことで、頑張ります!!



posted by YURIKO at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 美と健康

2017年07月10日

全国・講師オーディション

第8回全国・講師オーディション。

本選は、ニコニコ動画の公式チャンネルになります。

いろんな仕事があることを知って欲しい。
いろんな生き方があることを知って欲しい。
そんな思いで続けてきました。

エントリーも受付中です。
 ↓ ↓ ↓
https://akoshi.com

わたしの夢に賛同してくださった
KADOKAWAさんに感謝しかないです。
ありがとうございます。

14589976_919808284791232_5311629557919756419_o.jpg

たくさんの人が応援してくれている。
協力してくれている人に感謝です。
まだまだ、伝え切れていないこともいっぱい。
それでも、ちょっとは、わかってもらえていかな。
仕事の楽しさを伝えたい。
本気で生きるって悪くない。
そんなことを伝えたい。
何よりも、本気で生きる楽しさを伝えたい。



2017年07月02日

欽山

わたしの大好きな旅館です。
温泉も素敵ですが、料理が素晴らしいです。
少しずつ、美味しいものが出てくる。
「お腹いっぱい」
なのに、食べられる。

予約は、いつも一休です。





今回は、エステもしました。
季節を合わせるとホタルも見れます。
庭園がとってもきれいです。

新幹線だと新神戸で降りて、地下鉄で
谷上経由がオススメです。
有馬温泉口まで、連絡したら送迎して
くれます。歩いても行けますが、送迎
ラクチンです。



IMG_5863.JPG
">


温泉も何度も入りました。
13時チェックインの12時チェックアウトなんで
ほぼ24時間滞在できるのも嬉しい。
ゆっくりさせていただきました。
大阪から有馬温泉までバスもあります。

プレゼントもできます。
ちなみに、わたしは、夫にプレゼントして
一緒に行きました。(笑)



posted by YURIKO at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅館

ピエール プレシウーズ

京都で夫婦でお泊まり。
軽く美味しいものが食べたい。
タバコが苦手なわたしたち夫婦は、
市内で全席禁煙でヘルシーなお店を
一休レストランで探してみました。





そこで見つけたのがここ。
ピエール プレシウーズ。
フレンチのお店でした。
そのまま一休で予約。
結果、めっちゃ満足でした。



IMG_5879.JPG
">


場所は、高倉通と六角通が
交わる場所でした。

美味しかったです。
何よりも体に優しかった。
ワインも楽しみました。

お店の人も感じ良かった。
素敵な京都の夜でした。

京都の街、大好きです。
学生時代を過ごした街だから。
ここには、いろんな思い出がある。



posted by YURIKO at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年06月29日

ナオミとカナコ

不思議です。
殺人犯なのに応援したくなる。
東野圭吾の世界です。
ハラハラ・ドキドキして読みました。
ドラマ、見てないのが、ちょっと悔しい。

ナオミとカナコ (幻冬舎文庫)

新品価格
¥832から
(2017/6/29 21:55時点)




理由は何なのだろう。
みんな自分勝手だということ。
だから、主人公に肩入れしてしまうのかも。

引き込まれました。
寝食忘れて読んでしまいました。

こんなのを書けたら幸せです。
わたしは、まだまだです。

オンナの敵はオンナ―男たちにも知ってほしい! 働く女たちの現実

新品価格
¥1,512から
(2017/6/29 21:59時点)




でも、せいいっぱい書いてます。
伝えたいことがいっぱいです。
いつかは、小説書きたいです。
posted by YURIKO at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年06月26日

水野旅館

弟の嫁が「ふるさと納税」にはまっていた。
それまで興味が無かったけれど、それを機会に
興味を持ったら、意外と、やっている人が多い。

「なによりも、地域活性のネタがあるかも」

と、いうことでいろいろ調べてみた。
そこで出会ったのが「さるふる」のサイト。





特別欲しいものがあったわけじゃない。
ただ、なんとなく気になったのが、ここ
佐賀県の唐津にある「水野旅館」。
雰囲気がある。田中角榮さんも訪れたことが
あるらしい。

IMG_5851.JPG

唐津に行ったことがなかった。
行ってみたくなった。
しかも納税したら行ける。
ということで、申し込んてみました。
料理旅館だけあって、料理が最高でした。


IMG_5854.JPG

本当にこんなのが返礼品でいいのかなあ。
かなり感動。
伊勢海老にいかの活け造り。
ちなみに、唐津市の納税の返礼率は5割らしい。
後で知りました。

IMG_5855.JPG

返礼品にお金をかけすぎ・・・という意見も
ある。でも、これが無かったら、わたし、
唐津に行ってないかもしれない。
お酒も飲んだし、ついでに唐津でゴルフして
もう一泊唐津の別のホテルに泊まった。

ということは、唐津の経済効果にちょっとだけ
貢献しているよなあ。
何よりもその町を知るきっかけになった。
また、唐津にも行ってみたい。こんなに
博多に近いと思っていなかった。
ふるさと納税、やっぱりいろんな「きっかけ」に
なります。まだまだ研究の価値ありそう。




posted by YURIKO at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル

2017年06月20日

しんがり

個人的に企業小説は好きです。

山一證券破綻の話。
実名もポンポン出てきます。
ノンフィクションです。
「誰かが最後のしりぬぐいをしなければならない」
奥深いです。
そして、日本の闇。
小さな先送りが大きな問題となって行く。
なんか、今の日本かもしれない。
山一證券は、破綻したけれど、誰が今の日本を守るのか。

正しいことが世の中に認められるとは限らない。
でも、流されててもダメ。
いろいろ考えさせられる一冊です。

たくさんの人に読んで欲しい。
そんな本でした。

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)


posted by YURIKO at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) |
ファン
検索
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール