全国のプロミスATMが利用できます。申込みは公式ホームページからどうぞ!
ファン
最新記事
カテゴリアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ユニーファイナンスの取り立て行為の実態

ユニーファイナンスの督促について口コミを確認すると、「1日に何度も電話が入る」、「乱暴な口調で請求された」など、決して良い評判とは言えない内容も見受けられます。
ユニーファイナンスの顧客管理の実態ははたしてそのような口コミの通りなのでしょうか。
今回はユニーファイナンスの督促について検証してみました。

【督促の口コミはネガティブな内容が普通】
督促についての口コミは、実際に返済を延滞して督促された方が書いているはずです。
そして督促されるのは誰にとっても気分の良いものではありません。
誤解を恐れずに言えば、“督促の口コミは、督促された延滞者が腹立ちまぎれに書いている”ということが多いと思います。
このため、自然、督促に関する口コミはネガティブな内容が多くなります。
ユニーファイナンスに限らずどこの会社の口コミでも、「いつまでも支払を待ってくれました」とか「感じの良い督促でした」などはあり得ません。

【取り立てには規制がある】
法律上では、督促行為は原則、8時から21時までの間であれば問題ありません。
また回数も、日常生活に支障をきたしかねない過度の連絡は問題ですが、1日に2回から3回の範囲であれば、一般的に許容範囲です。
このような督促行為について各消費者金融会社は、貸金業法以外にも、社内規定などの決まりを設けています。
また、ユニーファイナンスも加盟している日本貸金業協会では、自主規制基本規則で「取り立て行為に関する規則」を設けており、過度な督促行為を禁止しています。
いまどきは行き過ぎた督促行為が問題になることは、業者にとってもメリットがないので、ユニーファイナンス規模の会社では、まず考えられません。

当サイトの調査では、ユニーファイナンスの督促は、法律上も自主規制基本規則の観点からも、問題ないものと判断され、安心して利用できます。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスの顧客応対に関する口コミを

ユニーファイナンス口コミを分析すると、その顧客応対に関する記載がチラホラ見受けられます。その中には、
“電話応対の人の態度がデカい!”
“速攻電話切られた!”
など、ネガティブな内容もあります。
(ちなみに当サイトで、ユニーファイナンスに問い合わせをしたところ、そのような印象は受けませんでした。)
しかし、大手の過剰な、マニュアル的サービス業トークに慣れている方には、やや失礼に感じるのもしれません。
このような、口コミを投稿する方は、中堅消費者金融会社への申し込みに慣れていないのかもしれません。

中堅消費者金融会社の担当に求められること】
ユニーファイナンスをはじめ中堅消費者金融会社へ申込みをされる方は、誤解を恐れずに言えば、「大手での審査が通りにくい方」といことになり、リスクの高い申込者ということになります。
そのような申込者が多くなる中堅消費者金融会社の担当者に求められることは、当たり障りのないマニュアルトークではなく、申込みフォームへ入力されたことだけではわからないような生活情報の詳細を聞き出す能力と、返済を滞った顧客から速やかに債権を回収する能力です。
このため、審査時の質問事項はどうしても多岐に渡り、それを失礼に感じる方もいるかもしれません。
また、ざっくばらんな物言いが、やや乱暴に感じる方もいるかもしれません。
しかし、審査担当者も、なるべく審査を通すために、様々な項目の確認をしているわけで、それ以外に他意はないので、理解するべきことかとも思います。

【申込み後に利用有無を判断するのもアリ】
とは言っても、消費者金融会社との付き合いは、互いの信頼か関係が重要です。自分自身にあった業者かどうか、申込みをしてから判断されてもよいと思われます
ユニーファイナンスの健全性、安全性は、以前、記事にしましたが、かなり高く折り紙つきです。
まずは、それらの口コミに惑わされずに、申込みをしてみることをおすすめします。


※ユニーファイナンスは安心・安全です。申込みは公式ホームページから!

ユニーファイナンスの口コミ評価を検証する!

ユニーファイナンスはインターネット上の口コミが非常に少ない会社です。
その上、本当に利用者が書いているのか怪しい記述もあり、なかなか公正な口コミ分析は困難です。

そこでユニーファイナンスをどこよりも詳しく解説している」と自負している当サイトで、ユニーファイナンス口コミを徹底検証してみます。


@「債務整理後支払い済の方は審査対象だが自己破産債務整理中の方は審査対象外」というのは本当か?
これはユニーファイナンス口コミや評価を書いたネット上の記事でよく見受けられる記述ですが、結論から言うと、現在は自己破産債務整理をした方でも審査対象になっているようです。(平成26年5月現在)
確かに、従来の消費者金融会社の審査では、自己破産した方は債務整理した方よりも低い評価で見られていました。
しかし、近年は過払い返還の増加で、自己破産の数は減少し、債務整理の数は増加傾向にあります。
(本来、自己破産すべき状況の方でも過払い返還があれば自己破産をせずに債務整理で対応が可能になっています。)
簡潔にまとめると、債務整理をする方と自己破産をする方の違いは主に下記のようになります。
・債務整理・・・過払い返還での清算が見込める方
・自己破産・・・過払い返還での清算が見込めない方
このような傾向は、近年、特に顕著化しています。
このように現在は、過払い債務の有無で、整理の方向性は決まることが多く、債務整理者よりも自己破産者の属性が必ずしも劣るということはありません。
このような傾向を受けて、ユニーファイナンスをはじめ各消費者金融会社の審査基準も変化してきています。
過去自己破産した方も、申込みをする価値は十分にあります。


A「複数の借入があるのに審査が通った!」または「審査が厳しい。貸す気がないのでは!」など人によって感想が違うのはどうしてか?
ユニーファイナンス比較的柔軟な審査を行っていますが、その評判は両極端に分かれています。
原因は、「ユニーファイナンスの審査は、総量規制の範囲内で複数の借入がある方や自己破産債務整理をした方への審査は柔軟だが、他社支払延滞中や他社支払いが毎回遅れ気味の方への審査は厳しい」ということだからでしょう。
現在、ユニーファイナンスをはじめ消費者金融会社には、キャッシングの審査をする時に指定信用情報機関を利用した他社借入調査を行うことが義務付けられています。
指定信用情報機関から得た情報によって、「他社借入額」の他に「他社の延滞有無」や「過去12ヵ月の延滞日数」が判明します。
審査が厳しいとの口コミは、他社延滞中の方や過去1年以内に他社延滞したことがある方だと思われます。
“他社延滞は審査に非常に不利になります”から要注意です。


B「いろいろ聞かれたあげく否決になった」というのは本当か?
そのようなケースが、どうしても出てくるのはやむを得ないでしょう。
審査中にいろいろと聞き取りされるのは、丁寧に審査を行っている証拠です。
何も聞き取らないで否決にすることは簡単に出来ます。
しかし、ユニーファイナンスでは申込みされた方をなるべく可決にするために、簡単に否決にしないで聞き取り(ヒアリング)を行っています。
その結果、否決となることもありますが、手間を惜しまず聞き取りをする姿勢は、ユニーファイナンス
の努力と言えるでしょう。

C「電話の対応が悪い」というのは本当か?
これはその方のとらえ方によるので何とも言えません。
しかし、当サイトでもユニーファイナンスに問い合わせすることがありますが、不愉快な対応をされたことはありません。女性スタッフが対応してくれて親切で感じは良かったという印象でした。
最低限度、暴力的な対応をされることはありませんので、気にする必要はないでしょう。


C「督促が厳しい」というのは本当か?
現在、消費者金融会社暴力的な取り立て行為はかなり厳しく禁止されています。
平成22年の改正貸金業法施行によって、その傾向はより強まりました。
何をもって厳しいというのかは、その方の受け取り方になりますが、ユニーファイナンスの督促は合法的なことしか行いません。
また近年、企業にはコンプライアンス(法令遵守)が非常に厳しく問われる時代になってきています。
もちろん延滞すれば電話連絡が入ったり通知が発行されたりしますが、あくまで合法的な範囲でのことです。
暴力的な取り立てをした消費者金融会社が被るデメリットは計りしれません。

これらのレポートはユニーファイナンス口コミ評価を当サイト独自の調査で検証したものです。口コミはあくまで個人の感想ですからもちろん当サイトとは異なった意見もあると思います。あくまで目安・参考としてお役立てば幸いです。

※申込みは公式ホームページからどうぞ!
プロフィール
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査さんの画像
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査
ユニーファイナンスでの借入から審査まで、どこよりも詳しく解説しています。 キャッシングを考えている方は、是非参考にしてください。
ブログ
プロフィール
リンク集
最新コメント
検索
当サイトの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。