全国のプロミスATMが利用できます。申込みは公式ホームページからどうぞ!
ファン
最新記事
カテゴリアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ユニーファイナンスの2016年度承認率は期待できる

消費者金融会社の審査はかなり流動的です。承認率もその時期その時期で、かなり上下します。ユニーファイナンスのような中堅クラスの消費者金融会社であればなおさらです。
原因としては、
@調達資金の関係
A不良債権発生率の関係
B広告宣伝費の関係
C与信方針の関係
D社内キャンペーンの関係
など様々です。
もちろん、属性などの条件が絶対的に良い方は、いつ申込みをしても可決となりますし、他社延滞中などの方は、いつ申込みをしても否決となります。
しかし、一般的な中間層の申込者にとっては、承認率の上下は、重要なポイントになります。

【ユニーファイナンスの承認率は?】
ユニーファイナンスも例外ではなく、承認率は上下しています。
高い時は10%を超えますが、低い時は3%台の時もあります。
実のところ、2016年度上半期は、昨年度と比較して低めの数値で推移していました。

【2016年度下半期は承認率に期待!】
しかし、当サイトでは2016年度下半期はある程度、期待が持てると予想しています。
その理由は以下のようなことです。

@本格的にインターネットキャッシングへの切り替えを進めている
ユニーファイナンスは、もともと対面式を基本とした地元密着型の営業スタイルからスタートしている会社です。
その営業スタイルを大切にしていた分、インターネットキャッシングで全国展開を開始するについても、急激な方向転換はなかなか困難なことであったと推察されます。
しかし、ユニーファイナンスも、最近では、無人店の閉鎖をすすめるなど、本格的に対面式からネットキャッシングへの切り替えを図ってきています。

A広告宣伝費を削減していない
現在、ユニーファイナンでは、広告宣伝費などの引き下げも行っておらず、上半期の承認率の低迷は資金調達などが原因ではなかったようです。
また無人店を2店舗閉鎖した分の獲得をネットで目論むために、今後、インターネットキャッシングでの承認率はupしてくることが予測されます。

今後も当サイトでは、ユニーファイナンスの承認率についての動向を随時レポートしてゆきます。
中堅消費者金融への申込みは、少しでも可決となる可能性が高い時期に申込みをすることをおすすめします。



※申込みは公式ホームページからどうぞ!

審査に時間がかかるのは理由があります

ユニーファイナンスの審査は、ある程度時間をかけてじっくり選別するのが特徴です。
このため、即日融資などのスピード融資には対応できなくなってしまうケースも発生します。
消費者金融に申込みをする方は、急な入用でお金を至急必要としている方が多いので、このことはデメリットに感じる方も多いと思います。
しかし、このようなスタイルは、デメリットであると同時に大きなメリットにもなっていると言えます。
じっくりカウンセリングを行って融資を行う分、他社で否決になるような方も、可決となる可能性もあるからです。

【カウンセリングの意味】
ユニーファイナンスの口コミを確認すると、審査時にカウンセリングで、多少、耳の痛い話をされる方もいるようです。受け取り方は人それぞれですが、消費者金融の現場は、最終的に融資をしないような方に無意味な説教をするほど暇ではありません。
逆に言えば、そのような話をされるということは、カウンセリングを行ってなんとか融資をしようということの表れです。
融資を受けたいのであれば、誠意をもって対応することをおすすめします。

【カウンセリングまで進めば可決の可能性は高い】
ユニーファイナンスの審査は、インターネットの申込みフォームに入力した内容と指定信用情報機関の内容で、まず、絶対に融資ができない内容の方を除いています。
カウンセリングまで審査が進んでいる方は、ここで残った方なので、カウンセリングでよほど対応を間違いなければ可決となる可能性は大です。

このようにユニーファイナンスは、じっくり丁寧な審査を行うため、あえて審査スピードを犠牲にしている部分があります。申込みをする時はその特徴を理解して、申込者側も腰を据えて対応する方が良い結果になるでしょう。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスへのゴールデンウイーク中の

消費者金融にとってゴールデンウイークや年末年始など、大型連休時のキャッシング申込みは、連休中よりも連休明け直後に集中する傾向にあります。
またインターネットキャッシングの場合、振込みは連休明けになるので、連休明け直後はその処理も集中するので、かなり慌ただしくなるのが通常です。
もちろんユニーファイナンスもこの傾向は例外ではありません。

【申込みが集中すれば可決率が下がる】
もちろん、申込み件数によって審査基準が極端に変化することはありませんが、審査担当者の心情としては、申込み件数が多い時は、可決と否決の狭間にあるような微妙な申込みに対して無理をして融資を行わなくなります。
逆に、申込み件数が少ない時は、多少、がんばってでも融資をすることが多くなります。
このような傾向を考慮すれば、キャッシングの申込みは、連休中、連休明け直後は避けるのが無難かもしれません。

【狙い目は連休明け翌週】
当サイトが推奨する申込み日は連休の余波も落ち着いた翌週以降です。
この方が普段通りの安定した審査基準で対応してもらえる可能性が高いので安心です。
但し、前述したように、これはあくまで可決と否決の狭間にあるような申込みを融資するかしないかという問題で、大方の審査基準にはほとんど関係ありません。
あまり神経質に考える必要はありませんが、ユニーファイナンスのような中規模消費者金融は大手に比べてこのような傾向は強いと思われるので参考にして下さい。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスの承認率を検証

ユニーファイナンスには日々、多くの申込みが入りますが、このうち、実際に融資まで至るのはわずか10%未満です。
この数値は、承認率(可決率)と呼ばれています。
この承認率は、いわゆる「大手」では、70%~80%と高い数値で推移しますが、中小規模の消費者金融会社では、その顧客層は、どうしても大手で利用できなくなった方になるので、承認率は10%未満となることが通常です。
この数値だけ見ると、審査が通るのはこの狭き門をくぐらなければならず、かなり厳しい印象を持たれる方もいるかもしれません。

【否決案件のほとんどは総量規制が原因】
実際の審査では、否決となる方の50%ほどは、
・総量規制に抵触
・無職無収入
といった理由です。
このような状態の場青は、法律的にも残念ながらどうしようもありません。
仕事をしていて、現在の借入れが総量規制に抵触していない状態であれば、それだけで、承認率は格段にあがります。

【延滞以外のトラブルには柔軟】
その他、ユニーファイナンスでは、過去の金融事故にはかなり柔軟な審査を実施しています。
もちろん現在、延滞中の方や遅れがちの方は、否決となる可能性は高まりますが、いわゆる「延滞」に関する金融事故には、かなり柔軟です。

【まとめると】
まとめると、以下のポイントを押さえているだけで、ユニーファイナンスでの審査は高確率で可決となると思われます。
・総量規制に抵触していない
・延滞関連のトラブルがない
このように分析すれば、ユニーファイナンスの承認率は、実際は、思っているほど厳しい数値ではありません。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

指定信用情報機関の調査で既存借入の状況はかな

【指定信用情報機関の返済能力調査で判明すること】
ユニーファイナンスの審査においては、指定信用情報機関である株式会社日本信用情報機構JICCを利用した返済能力調査が行われ、他社の借入れ状況などを調査します。
ここで判明する項目は主だったもので下記のような内容になります。
・直近12ヶ月の入金履歴(延滞日数)
・他社の取引形態(融資やキャッシング等、保証、リース、ショッピング)
・包括/個別(いわゆるリボルビングか否か)
・貸付日/契約日
・貸付/利用金額、保証額
・出金日/利用日
・出金額/利用額
・入金日
・残高
・入金予定日(次回返済期日)
・完済日

(このようにかなり細部まで確認をされることになりますが、利用している会社名までは判明しません。)
また、異動情報として、
・3ヶ月以上の延滞(延滞解消)
・法的手続きを取られた形跡
・債務整理、自己破産、特定調停、民事再生の形跡

なども掲載されています。
このように近年、JICC調査では他社の借入状況について、かなり細部まで掲載されており、申込み時に嘘の申告をしても必ずばれてしまいます。

【否決要因のほとんどは指定信用情報機関調査までで決まる】
貸金業法改正に合わせてJICC情報はより詳細になりました。
現在のJICCの情報は、かなり精度の高い内容になっており、審査するのに非常に役立つ内容になっています。実際にユニーファイナンスが審査を行う際もこのJICC調査で、7割以上が淘汰されてしまいます。
残りの3割が一次審査通過ということで、二次審査の詳細確認、ヒアリングに進むというイメージです。
二次審査まで進んだ方は、実質的な審査落ちはほとんどありません。(キャンセル、書面不備、連絡取れずなどで融資に至らなくなる方がほとんどです。)

【申込みは他社状況が悪化する前に】
ユニーファイナンスに申込みを検討されている方は、借入れしている他社の状況が悪化する前に申込みをおすすめします。
他社の支払状況が良ければ、かえってそれが実績と見なされ、審査上、有利に働く可能性すらあります。


※ユニーファイナンスは安心・安全です。申込みは公式ホームページから!

ユニーファイナンスで50万円以上借りる方法

ユニーファイナンスをはじめ中小規模の消費者金融会社の審査では、新規借入時の利用限度額が50万円以上になることはほとんどありません。
初めて消費者金融を利用する方の申込みが多い大手と違い、既に他社で借入をしている方や、自己破産債務整理をした方などリスクが高い申込みが多くなるので、貸付金額や貸付率が低くなるのはやむを得ないと言えます。
しかし取引実績次第では、50万円を超える貸付も可能になってきますし、100万円を超える大型の貸付も実績があります。

【初めての取引で実績をつくる】
前述したように中小規模の消費者金融会社は、リスクが高い申込みが多いので、全体的に貸し出し金額は抑えがちです。
ユニーファイナンスも例外ではなく、取引実績がない方への融資は限度額を抑えめにしています。
しかし、初回の取引で返済を遅れることなく実績をつくれば、負債額の極端な増加や収入の極端な減少がない限り、次回利用したときには利用限度額は必ず上がります。
(もちろん総量規制の範囲内ですが)
消費者金融会社としても、返済力のある回収見込みが高い顧客に、より高額なお金を貸出しするほうが利益になります。

【初回取引はお試し期間】
結論から言いますと、ユニーファイナンスをはじめ中小規模の消費者金融会社から50万円借りるのは、初回の取引では非常に難しいと思われます。
高額融資を受けれるようになるには、初回の少額の融資で実績を作るしかありません。
中堅消費者金融会社の観点からは、「初回取引は様子見」です。
本来であれば10万円ほどの少額融資ばかりでは利益も少ないので、1人当たりの残高は上げていくべきです。
しかし、初回取引の顧客はリスクが高いので、実績がある再貸や増額で1人当たりの貸出残高をあげる傾向にあります。
また、逆に、初回取引で、支払遅れが続いたりするようでは、完済した後は、二度と融資はしてもらえなくなってしまいます。
このように、初回融資はその後の付き合いに大きく影響を与えることになるので大変重要な取引になります。
くれぐれも支払の遅れはないようにして下さい。


株式会社ユニーファイナンスへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!


ユニーファイナンスのヒアリング通過のコツ

ユニーファイナンスキャッシングの審査を受ける時、他社での借入や生活状況に関して簡単な聞き取り(ヒアリング)をされることになります。

これは大手消費者金融ではあまり見られない作業ですが、大手の審査が通らなかった方を審査対象としている中堅消費者金融では、ヒアリングを実施している会社が多く、主に下記の目的で行われます。
・顧客の収支状況の詳細確認
・詐欺や虚偽申込みでないかの確認
・顧客の返済意思を確認するため
・トラブルの多そうな(クレーマー)顧客を除くため

通常このヒアリングが実施されるのは、
・申込みフォームに入力した内容での属性審査
指定信用情報機関を利用した返済能力調査他社借入額の調査
に通過した方に限られますから、このヒアリングを通過すれば可決の可能性が大です。

≪ユニーファイナンスのヒアリング通過のコツ≫
@ 下手な嘘はつかない
他社の借入状況指定信用情報機関の調査で判明していますし、年収なども収入証明で確認をされることになります。また勤続年数も社会保険の交付日や資格取得日との整合性を確認されます。
下手な嘘をついてもばれることが多く、かえって信用を落とすことになります。
審査に不利益なことでも、正直に回答する方がよいでしょう。

A 最終的な返済方法(清算方法)があれば明らかにする
例えば、退職金がいくら見込めるので最終的にはそれで返済が可能など、具体的な清算根拠があれば、示しておく方が良いでしょう。

B 返済誠意を伝える
ユニーファイナンスをはじめ中堅の消費者金融会社は、大手と違ってはじめて消費者金融を利用する方の申込みはほとんどありません。
主となる顧客は、「大手消費者金融の審査が通らなかった方」になります。
このようにリスク層への貸出しを主としている中堅消費者金融の審査は、「返済誠意」が伝わるかどうかということが、最終的な審査の可否を分けるポイントになっていることが実は多く、「借入したお金は必ず返済してく」という謙虚な姿勢が伝わればOKです。

これらの聞き取り(ヒアリング)は、顧客の状況によって確認される項目も様々ですから、事前対策をすることは難しいのですが、上記のコツを参考に誠意をもって対応すれば、難なく通過することはできるでしょう。

※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスへの申込みは申込み件数が少

当サイトをご覧になっている方は、ユニーファイナンスのようないわゆる中堅の消費者金融キャッシングの申込みを検討している方が多いと思います。
しかし申込みをするタイミングにもちょっとしたコツがあるのはご存知でしょうか。

いわゆる大手消費者金融会社の審査は、オートスコアリングシステム(申込者の属性などを入力するとコンピューターが自動的に融資の可否や限度額を自動的に出してくれるシステム)を導入している会社がほとんどです。
オートスコアリングシステムを利用することで、担当者の主観や思い込みを排除できるのでムラのない決裁が可能になります。
しかし、このオートスコアリングシステムは、属性の良い申込者の審査には大いに役立ちますが、過去金融事故があった方などに柔軟な審査を行う中堅消費者金融会社の審査には完全に対応しきれていません。
ユニーファイナンスのような中堅消費者金融会社の審査では、担当者・決裁者の経験に基づく判断など、最終的にはどうしてもマンパワーが必要になってきます。

ですからどうしても申込みが多い時よりも少ない時の方が丁寧な審査をするようになってきます。
同じ申込みをするなら申込件数が多い時より少ない時に申込みをする方がおすすめです。

≪火曜から金曜日の間の申込みがおすすめです≫
一般的に月曜日のような休日明けは、申込み件数が多いので審査はどうしても厳しめになります。
しかし火曜から金曜は申込み件数が安定しているので月曜日に比べて丁寧に審査を行うことが可能になります。
(過去金融事故がある方などへの融資は本来例外融資になりますからなおさらです。)

≪月初より月半ば以降の申込みがおすすめです≫
営利目的の会社には営業目標数値(ノルマ)が決められています。もちろん消費者金融会社もその例外ではありません。
目標数値(ノルマ)達成に向けて、月初より月半ば以降の方が審査が通りやすくなる傾向があります。

ユニーファイナンスに限ったことではありませんが、中堅消費者金融へ申込みを検討している方は参考にしてみてください。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!
プロフィール
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査さんの画像
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査
ユニーファイナンスでの借入から審査まで、どこよりも詳しく解説しています。 キャッシングを考えている方は、是非参考にしてください。
ブログ
プロフィール
リンク集
最新コメント
検索
当サイトの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。